シネプレイのナムギル インタビュー印象的だったこと1
作品の話よりは俳優の考えを聞いてみようというインタビューで
最後まで興味深く読みました。中でも個人的に印象的だったことを
ピックアップして、ウダウダと語ってみたいと思います。

インタビューが行われた場所、、漫画喫茶。
昔ながらの形態の満喫のようですね。ちょっとレトロ感。。
帽子(キャップ)を深くかぶってジャージで
お菓子をつまみながら日中2時から漫画に没頭ですか笑
しかも常連というから驚きです。

これは、決して恥ずかしい行為ではないけれど、自分が
ファンを沢山もつ俳優だったら、敢えて言いたくなくない?普通。
この姿、、、決して素敵じゃないこの様子を晒すのはちょっと勇気がいるわ。
兎にも角にも、全く格好つけない男だなっていうのは間違いない。

漫画喫茶、お菓子を噛みながら、マンガに没頭していたキム・ナムギルの跡

ピダムの役作りには漫画の影響があるというのは有名な話ですね。
確かに、ピダムはキメ顏のショットとかコミックっぽいです。
私はそれが好きだったわ。漫画も好きです。。。
でも、ピダムだけじゃなくて、ほかにも色々漫画から学ぶというのは
びっくりです。

声についても、アニメの影響を受けたようなこと言ってるけど
これはちょっと突っ込みたい。デビュー初期に声のトーンのことで
何度も指摘された、との事ですが、デビュー初期っていつ?
ドラマに出はじめたりした頃でしょうか?舞台じゃないよね。
声優の発声になってたから指摘されたという話ですが、私が以前
聞いたのは、舞台俳優の発声になってて指摘されたって話でしたが。
どっちなんか~い。まぁどっちでもいいやもう。
ナムギル さんの愛すべきとこまたみっけ。
全部のことに完璧な説明なんてしなくていい。。。

声優云々のことは置いておいても、
今も演技する時声から感じられる感性を
重要視する方です。
これは演技を観ててもそう感じられますね。
ゴヌクとホイムが一緒の声でいいわけない。
もう一つ、突っ込みたいのは「るろうに剣心」
(韓タイトル風の剣心)の
版権をマジで買おうとしてたということ。。。
スラムダンクは読んだことないけど剣心は
うちに漫画もある程度揃っててだから思うのですが、
韓国でどう作りかえるのか全然イメージわかない。
原型とどめないと思うわ。。。
で、ナムギルに似合う役、なさそう。。。


そんな面白いナムギル さんですが、やっぱりちょっとこの人の
こういうところが他の人と違うんじゃないかと思ったのが
同時録音の技師に助言を求めたりします。という話。
同時録音の技師って音声さんみたいなこと?そういう人たちは感情の声に集中するから意見を聞いてみるそうです。
撮影時、監督の前でそれを聞くのは越権行為と誤解されかねないから、サインで対話するといいます。
肯定サインなら安堵して、ダメサインならもう一度、トーンを変えてやってみる。。。すごい。野球かよ。

その調子で撮影照明衣装などとも意見をよくかわすと。。。
それであの素敵な演技が完成するんですね。
「オレオレ俺が主役、俺がスター」じゃない
ナムギル さんの姿勢がわかります。みんなで一つの物を作り上げるとはそういうことだよね。


知ってはいたけど本当にジャージ好きですね。
服のほとんどがジャージです。
改めて言われるとその一言が重いわ。
昔、ジャージの為に女優に誤解されたこともあったそうです。
「こいつ何?私を無視するか?」となったそう。
だから、「誤解しないで下さい。私は相手を無視してるんじゃなくて
本当に服がジャージしかありません~」と話したところある瞬間から
そのような話をする必要がなくなりました。

そして。。。。シグネチャーになったのですね笑

運動が好きであったり、過去の交通事故で手術した肩や膝が
らくということもあるのだそうです。
誰か、ナムギルさんにプレゼントするとき、ジャージに匹敵するラクさで、でもお洒落見えする上質なお洋服、差し上げてみてはいかがかしら。

シグネチャアイテムジャージ。季節別 色別用途別に取り揃えている。


初耳だった話し。
MBCの公開採用タレントとしてデビューしたナムギルさんですが
公採タレントの契約期間は2年。知らなかったです~。
その2年間は、放送局勤務という形でコーヒー入れて電話も受けて
一幕劇に出演もしながら過ごしたそうです。
その時間がとても充実していて、助監督たちと交わったりしながら
放送局を渡り歩いていたそうで。。。流石のコミュ力!

でも、2年間が終わったら他の放送局に行ってオーディションを受けたんですね。
結果、オーディションでどこかに落ち着く前に売れはじめた感じなのでしょうか。
2003年にMBCに採用されて2005年に契約終了。2005年ってクムスンとか第五共和国までか。。。
2006年からは映画にではじめたり、ドラマは「恋人」とか「グッバイソロ」とかですもんね。


ギルストーリーで今、準備してるキャンペーンは「バス案内放送」だそうです。
地方の山奥に行くと、バス案内放送が出ないところが度々ある。
それで村のおばあさん、おじいさんの声を直接録音して停留場を紹介しようと思います。彼らが村について感じる愛情や自慢なども盛り込むつもりです。外地から来た旅行客たちに情報提供の面でもいいんじゃないかな
とのこと。いいですねぇ。。。発想が温かいです。


あと、前から関わっていた青年監督と短編映画支援事業。
サナイピクチャーズ代表、チョンウソンさん、チョンドヨンヌナ、ユジテさんファンジョンミンさんも支援してくれてるんですね。ドヨンさんは元からですがこのかた達、私の中で株があがった笑


続く。。。。
[2018/06/26 11:28] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(2) |
「ワンデイ」DVD鑑賞の感想
今日は久々に日中一人の時間ができたので先日シネマートで購入した
「ワンデイ」DVDを観ました。何回観てもアホみたいに泣くのがわかっているので
一人の時にゆっくり観ようと思ってたんだよね。

改めて優しい映画ですよね。。まずガンスが優しい。
病院のベッドで横たわるミソに亡くなった妻のソンファの姿を知らず知らずのうちに
重ねていたのかもしれないけど、ミソとの交流が始まる前から優しい。

酔ったままミソの病室に石を返しに来て、ミソに語りかけているガンス。
最初に映画館で観た時、相手が聞いている聞いていないに関わらず
語りかける優しさとその優しい口調にうるっときました。
ミソが自ら命を絶ったのでは?と思っていたガンスは
「怖くなかった?」などと言っていますが、 後から妻のソンファの自死のことと
重ねていたんだとわかりますね。

ミソと出会ってからはイヤダイヤダと言いながらミソの
いう通りにしてあげるし、みえるようになったけど触れられなくなった
ミソを可哀想に思って水族館に連れて行ってあげたり
市場に行ったり。優しいガンス。そういう人だから保険会社の
営利追求、人道無視なやり方に嫌気がさしていく。
上司も、奥さんの治療費で相当金使ったんだろうから働かにゃ
みたいな無神経な事を平気で言うし。
後半、もう会社のことは見切っていましたね。

この映画は分類としてはやはりファンタジーかな。
幽体離脱のようになっているミソとガンスの交流も
最後のガンスの選択もファンタジー。
現実には、この行為は犯罪だし。。。
尊厳死の問題というのも難しい。身内に回復の
確率が極めて低いレベルの植物状態の人が
いるような方はこの映画を観たら苦しいと思います。
「何も意思表示できず横たわっているけれど
本当は、もう逝かせて欲しいと思っているのか」と考えたら。。。

お母さんが精神的にも経済的に苦しんで回復の見込みがない自分に
縛られているのを見るのが辛かったミソ。
同じような境遇だけど対比的に出てくるのが保険詐欺みたいな事をしている父親。
貧しくてもなんでも頑張る意味があるんだという存在として出てきたと思いました。
ガンスもエールを送っていました。
ミソのケースはそれとは違って、お母さんが頑張ってもどうしようもないという事なんでしょうか。
その上でのミソの選択が、安易なものではなくこれしか
なかったんだと思えてきます。

でも、この映画は尊厳死の問題を扱っている映画じゃなくて
ミソの気持ちを尊重した時に妻のソンファの
選択をやっと受け入れることができたっていうテーマだと思います。

クライマックスシーンの海辺でのミソの言葉。「最初より最後の方が記憶に残るでしょ。
私を忘れないでいてくれる?」「いい思い出として残りたい」
今まで泣くことすらできなかったガンスの号泣。。。
ここでやっと妻の死を理解し受け入れることができたんですね。

帰宅して、ずっと入れなかった妻の部屋に入るガンス。
窓際に立ち、何気無い日常の幸せ、いい思い出を次々と走馬灯のように思い出す
シーンがこの映画で一番好きです。この時のガンスがとても良い表情です。
微笑にも色々な種類があると思いますが、ナムギルさんの演技が素晴らしい。
本当にガンスの心情を現す微笑です。


音楽も良い!冒頭から音楽がいいです。
ナムギルさんのルックスもいいです笑今はちょっと細すぎと思うけど
このぐらいがちょうどいいです。
何も考えずとも、このルックスだけでも楽しめるぐらい。
子供の凧づくり凧揚げ、この辺りの表情や雰囲気、ナムギルさんの
素敵さが出てるなぁ~。
子供と動物といるときのナムギルさんの表情、最高だよね。
なんだろ、、、優しさが滲み出ちゃうのかしら。






予告編等の画像からお借りしました。

[2018/02/07 17:52] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(2) |
過去の記録  1月の渡韓②
小ネタが続きますが。。。
滞在中、前半は一人でホテル宿泊でしたが
後半は合流したいとこのオンニとオフィステルみたいな
部屋に泊まったんです。
忠武路だったんですが、1階がカフェになっていて上の方が
オフィステル。
そのエントランスにこのようなデコレーションが。
この、カチンコモチーフの飾り、よーくみたら CUT 3 TAKE 13って書いてあって
ギルペンさんなら、この数字にハッとするよね笑
IMG_4748_convert_20171228152618.jpg
最初、この建物のどこかに映画関連の会社とか事務所とかあるのかと
思ったんですが、部屋のオーナーさんに聞くと、ただの飾りとのこと。
さすが忠武路。。。。しかしこのオーナーさんは映画関連の仕事しているそうです。

IMG_4752_convert_20171228152646.jpg
IMG_4749_convert_20171228152707.jpg

こんなのがエレベーターの辺りまで続いています。
どんな映画があるのかな?とみていたら「おっ!」
IMG_4751_convert_20171228152724.jpg
いや〜ん、ナムギル〜!「後悔なんてしない」じゃないの〜。
思いがけない出来事って、一瞬、あがるね。

そのお部屋はこんな感じ。Airbnbで探しました。
IMG_4727_convert_20171228153158.jpg
反対側にくるりと振り向けば、キッチンや乾燥機、冷蔵庫など揃っています。
綺麗で快適でした。お隣は若いお姉さんが一人暮らしのようでした。
[2017/12/28 15:58] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(0) |
ナムギル釜山
ファンミで「プサネ カミョン~」って
歌ってくれましたがナムギルさん
昨日、今日とまさしく釜山に行ってるんですね。
「♪釜山に行けばまた君に会えるだろうか」って。。。
 会えねーわ!すみません。。。つい。
クランクインしてるからいくと思ってなかったですよね。

ゲルなどにも色々とお写真があがっていました。

そんな中、イルボンペンさんの中にもナムギルと遭遇した方も
あったそうで、ラッキーでしたね。

ウンパクことパクソンウンさんとのツーショットをお借りしました。


この兄貴によくなついているギルデンデン( ´∀`)
ウンパク兄さんに、たくさん可愛がってもらってますように。
映画撮影現場ではチョン・ジョエン兄さんが可愛がってください。

日本に来たら私たちにも可愛がらせてください。
可愛がるなんて上からかしら?
ヌナだからいいよね。。

[2017/10/16 01:18] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(0) |
本日放送、ホ先生~


いよいよ日付けかわって本日、初放送の
名不虚伝!
番組フェイスブックのほうでは
いろんな広報イベントが展開されてる
様子です。なんだかボーイズグループと
コラボしてたり。すごいなぁ。

放送日の、夕方6時からはVLive が
あるようですね。


あと、コアリのこの記事は
面白かったです。ドラマピックアップは
こちら

この中でちょっと気になったんですが
「朝鮮に戻ればどうせすぐに死刑になるその運命!
身分格差のない新しい世界で思いっきり鍼の実力を発揮しようと決心した彼の前にはあの女が、
ヨンギョンがいつも前を塞ぐ。それだけではない。その女のせいでしょっちゅう朝鮮へとバン!と行ってしまう事態まで起こってしまう。」という部分、
え?しょっちゅう?!なんか
新しいかも笑

そしてやはり2人は恋に落ちるのね
ロマンス、あったほうがいいよねぇ






[2017/08/12 00:16] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR