「ワンデイ」DVD鑑賞の感想
今日は久々に日中一人の時間ができたので先日シネマートで購入した
「ワンデイ」DVDを観ました。何回観てもアホみたいに泣くのがわかっているので
一人の時にゆっくり観ようと思ってたんだよね。

改めて優しい映画ですよね。。まずガンスが優しい。
病院のベッドで横たわるミソに亡くなった妻のソンファの姿を知らず知らずのうちに
重ねていたのかもしれないけど、ミソとの交流が始まる前から優しい。

酔ったままミソの病室に石を返しに来て、ミソに語りかけているガンス。
最初に映画館で観た時、相手が聞いている聞いていないに関わらず
語りかける優しさとその優しい口調にうるっときました。
ミソが自ら命を絶ったのでは?と思っていたガンスは
「怖くなかった?」などと言っていますが、 後から妻のソンファの自死のことと
重ねていたんだとわかりますね。

ミソと出会ってからはイヤダイヤダと言いながらミソの
いう通りにしてあげるし、みえるようになったけど触れられなくなった
ミソを可哀想に思って水族館に連れて行ってあげたり
市場に行ったり。優しいガンス。そういう人だから保険会社の
営利追求、人道無視なやり方に嫌気がさしていく。
上司も、奥さんの治療費で相当金使ったんだろうから働かにゃ
みたいな無神経な事を平気で言うし。
後半、もう会社のことは見切っていましたね。

この映画は分類としてはやはりファンタジーかな。
幽体離脱のようになっているミソとガンスの交流も
最後のガンスの選択もファンタジー。
現実には、この行為は犯罪だし。。。
尊厳死の問題というのも難しい。身内に回復の
確率が極めて低いレベルの植物状態の人が
いるような方はこの映画を観たら苦しいと思います。
「何も意思表示できず横たわっているけれど
本当は、もう逝かせて欲しいと思っているのか」と考えたら。。。

お母さんが精神的にも経済的に苦しんで回復の見込みがない自分に
縛られているのを見るのが辛かったミソ。
同じような境遇だけど対比的に出てくるのが保険詐欺みたいな事をしている父親。
貧しくてもなんでも頑張る意味があるんだという存在として出てきたと思いました。
ガンスもエールを送っていました。
ミソのケースはそれとは違って、お母さんが頑張ってもどうしようもないという事なんでしょうか。
その上でのミソの選択が、安易なものではなくこれしか
なかったんだと思えてきます。

でも、この映画は尊厳死の問題を扱っている映画じゃなくて
ミソの気持ちを尊重した時に妻のソンファの
選択をやっと受け入れることができたっていうテーマだと思います。

クライマックスシーンの海辺でのミソの言葉。「最初より最後の方が記憶に残るでしょ。
私を忘れないでいてくれる?」「いい思い出として残りたい」
今まで泣くことすらできなかったガンスの号泣。。。
ここでやっと妻の死を理解し受け入れることができたんですね。

帰宅して、ずっと入れなかった妻の部屋に入るガンス。
窓際に立ち、何気無い日常の幸せ、いい思い出を次々と走馬灯のように思い出す
シーンがこの映画で一番好きです。この時のガンスがとても良い表情です。
微笑にも色々な種類があると思いますが、ナムギルさんの演技が素晴らしい。
本当にガンスの心情を現す微笑です。


音楽も良い!冒頭から音楽がいいです。
ナムギルさんのルックスもいいです笑今はちょっと細すぎと思うけど
このぐらいがちょうどいいです。
何も考えずとも、このルックスだけでも楽しめるぐらい。
子供の凧づくり凧揚げ、この辺りの表情や雰囲気、ナムギルさんの
素敵さが出てるなぁ~。
子供と動物といるときのナムギルさんの表情、最高だよね。
なんだろ、、、優しさが滲み出ちゃうのかしら。






予告編等の画像からお借りしました。

[2018/02/07 17:52] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(2) |
過去の記録  1月の渡韓②
小ネタが続きますが。。。
滞在中、前半は一人でホテル宿泊でしたが
後半は合流したいとこのオンニとオフィステルみたいな
部屋に泊まったんです。
忠武路だったんですが、1階がカフェになっていて上の方が
オフィステル。
そのエントランスにこのようなデコレーションが。
この、カチンコモチーフの飾り、よーくみたら CUT 3 TAKE 13って書いてあって
ギルペンさんなら、この数字にハッとするよね笑
IMG_4748_convert_20171228152618.jpg
最初、この建物のどこかに映画関連の会社とか事務所とかあるのかと
思ったんですが、部屋のオーナーさんに聞くと、ただの飾りとのこと。
さすが忠武路。。。。しかしこのオーナーさんは映画関連の仕事しているそうです。

IMG_4752_convert_20171228152646.jpg
IMG_4749_convert_20171228152707.jpg

こんなのがエレベーターの辺りまで続いています。
どんな映画があるのかな?とみていたら「おっ!」
IMG_4751_convert_20171228152724.jpg
いや〜ん、ナムギル〜!「後悔なんてしない」じゃないの〜。
思いがけない出来事って、一瞬、あがるね。

そのお部屋はこんな感じ。Airbnbで探しました。
IMG_4727_convert_20171228153158.jpg
反対側にくるりと振り向けば、キッチンや乾燥機、冷蔵庫など揃っています。
綺麗で快適でした。お隣は若いお姉さんが一人暮らしのようでした。
[2017/12/28 15:58] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(0) |
ナムギル釜山
ファンミで「プサネ カミョン~」って
歌ってくれましたがナムギルさん
昨日、今日とまさしく釜山に行ってるんですね。
「♪釜山に行けばまた君に会えるだろうか」って。。。
 会えねーわ!すみません。。。つい。
クランクインしてるからいくと思ってなかったですよね。

ゲルなどにも色々とお写真があがっていました。

そんな中、イルボンペンさんの中にもナムギルと遭遇した方も
あったそうで、ラッキーでしたね。

ウンパクことパクソンウンさんとのツーショットをお借りしました。


この兄貴によくなついているギルデンデン( ´∀`)
ウンパク兄さんに、たくさん可愛がってもらってますように。
映画撮影現場ではチョン・ジョエン兄さんが可愛がってください。

日本に来たら私たちにも可愛がらせてください。
可愛がるなんて上からかしら?
ヌナだからいいよね。。

[2017/10/16 01:18] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(0) |
本日放送、ホ先生~


いよいよ日付けかわって本日、初放送の
名不虚伝!
番組フェイスブックのほうでは
いろんな広報イベントが展開されてる
様子です。なんだかボーイズグループと
コラボしてたり。すごいなぁ。

放送日の、夕方6時からはVLive が
あるようですね。


あと、コアリのこの記事は
面白かったです。ドラマピックアップは
こちら

この中でちょっと気になったんですが
「朝鮮に戻ればどうせすぐに死刑になるその運命!
身分格差のない新しい世界で思いっきり鍼の実力を発揮しようと決心した彼の前にはあの女が、
ヨンギョンがいつも前を塞ぐ。それだけではない。その女のせいでしょっちゅう朝鮮へとバン!と行ってしまう事態まで起こってしまう。」という部分、
え?しょっちゅう?!なんか
新しいかも笑

そしてやはり2人は恋に落ちるのね
ロマンス、あったほうがいいよねぇ






[2017/08/12 00:16] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(0) |
キム・ナムギルの史劇愛。
今度は朝鮮一鍼


演技者キム・ナムギル. 写真提供|NEW

tvN ‘名不虚伝’に続き新しい映画も史劇選択

演技者キム・ナムギルが‘史劇不敗’に挑戦する。

キム・ナムギルが新しいドラマと映画出演作を全部史劇で選択して
興行追求に出る。


先に攻略する舞台はテレビ劇場だ。
8月放送予定のケーブルチャネルtvN週末ドラマ‘名不虚伝’で
朝鮮時代最高の漢方医師ホイム役を担って4年ぶりに視聴者前に立つ。
朝鮮時代と現代を行き来するタイプスリップを素材にした
ファンタジーメディカル ドラマで、朝鮮時代に該当する史劇分量を
キム・ナムギルが責任を負う。

ファンたちとドラマ関係者たちが関心を表わすのは
キム・ナムギルが唯一史劇で強気を見せるという点だ。
過去ドラマ‘善徳女王’で非塀役を担って50%に肉迫する驚異的な視聴率を記録して
スターダムに上がった彼は映画‘海賊’を通じても観客860万人を動員した。

キム・ナムギルは映画でも雰囲気を継続する態勢だ。
チョン・ジヨン監督の新しい映画‘トッケビ’(仮題)にも出演する。
来年封切りを目標に下半期撮影を始める。 朝鮮時代を背景にした映画は
罪のない民が国境を侵略した女真族で誤解を受けて広がる話を入れる。
キム・ナムギルは辺境村人を導く親分役を担った。

映画は撮影まで時間的な余裕があってドラマ準備に真っ最中である彼は
この頃鍼術を習っている。 ドラマに現れるホイムがホ・ジュンと同時代に生きた
‘鍼灸術の大家’で知られているためだ。 代役を使うといっても基本技を
習わなければならないという心に現在の漢方医師に鍼術を習うなど勉強の真っ最中だ。



史劇という視点の記事ですが実際、このドラマは時代劇部分と現代劇部分、
どちらの分量が多いのでしょうかね?
普通、タイムスリップものはタイムスリップした人物がした先の世界で
繰り広げる物語というイメージなのですが、だとすると
最初は時代物としても現代劇になるのかなと思ってました。
しかし、前みた記事では、なんと「男女同伴往復タイムスリップ」なんて
表現もあったし、なんだか色々と想像の余地ありますね(笑

そしてそして、映画の方はやっぱりやるのかなっていう。。。。

今、実際に鍼を習ってると、役作りに余念のないナムギルさんのご様子。
さすが。 
実際、それを使うことは無いとしても身体のツボなんか
覚えると現実生活でも役にたつんじゃないでしょうか。
ちょっとの不調はツボ押しやお灸で自己解決できそう。
忙しいナムギルさん、健康管理に気をつけて
ファイティン!!
[2017/06/15 17:17] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR