FC2ブログ
熱血司祭キャラクタースチール
事務所インスタにて公開された
キムヘイル3態










「熱血司祭」キム・ナムギル、キャラクタースチール公開!




「熱血司祭」キム・ナムギルが制御不能の司祭に変身する。

韓国にて2月15日より放送予定のSBSドラマ「熱血司祭」は、一度燃えあがると誰も止めることの出来ない司祭と間抜けな刑事が老司祭殺人事件で出会い、共に捜査を始めるコメディ捜査ドラマ。お茶の間に楽しさとスリル満点のカタルシスを贈るドラマとして注目を集めている。



この続きは
コアリの和訳記事こちらでどうぞ

文中に「キム・ナムギルは初回の撮影から完璧にキャラクターに入り込み、制作陣の期待と感嘆を一身に受けたという。」
というのがありますが、脚本を読みこんでよく準備したからこそなのではないかと思います。

「奇妙な家族」でも監督が「本人の役割を明確に知って、常に何かを準備してくる俳優」と言ってました。


その作品のストーリー含めメッセージなり視聴者に感じて欲しい事なりを
語る駒となるのが俳優で
その点では主演も助演も同じ立場でいろんな役割を担っています。
ナムギルさんは物語をよく語ってくれる俳優。

でもまぁドラマ見る時、この作品のメッセージは?とかそんなに構えてみる必要もないですけどね。自然と感じる事だけで充分かとも思いますが何より楽しんでみる事ですよね。

司祭と刑事、共同捜査って面白そうですよね。
しかもこのコンビが凸凹であればあるほど面白味が増します。
日頃のストレスを解消できるほどスカッとするそうなので後味も良さそうかな。


あと何度も言っちゃいますが高身長と司祭服は
素敵に見える抜群の組み合わせ

裾を翻して歩く姿が最高にカッコいいのです。
このスチールにもありますし、ティーザーにもありました。
ふんだんにみれそう(≧∀≦)

ナムギルさん脚が長いだけにいつも歩幅が広くて
もっとゆっくり歩いてよーと思う時もあるんですが
こういうシーンの時はばえるわー

あとねぇ、個人的にイケメンが十字切る姿に萌えるので
いっぱいお願いしますЩ(´∀`Щ*)


[2019/01/22 12:58] | 出演ドラマ 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
熱血司祭ティーザー
昨年10月26日に行われた台本リーディングの
様子があがってきてましたね。

真剣ながらも笑いが絶えないような
愉しい雰囲気で行われたという
台本読み合わせ。
4時間があっという間だったとの事。
4時間というと大体4話分ですか?
すごいですね。これはもう朗読劇ですね!


ナムギルさんの表情がどれも穏やかで
怒り調節障害の片鱗も無いですが
台本を読んでいるときは豹変?笑





そして熱血司祭放送日時は金土の
午後10時からで確定したとの事。

初回の放送 2月15日(金)22時から

最近の放送局のトレンドは金土の
ドラマ放送だったらしいですがSBSは
ずっと週末ドラマだったそうで
このように曜日自体改編するのは
2年3ヶ月ぶりだとか。

そんな大きな編成の変更をもってして
放たれる第一弾、熱血司祭。
なんだかSBSの意気込みを感じますね。
それを背負ってる主演のナムギルさん。
期待に応える俳優ですからー。

そしてまた次のティーザーが。




個人的に、韓国男子なら回し蹴り
できて欲しいという願望があります。
ナムギルさん、できます笑子供の頃やってた
テコンドー、身体が覚えてるのかな。






これ面白いですね。
イハニ演じる検事が初めてミカエル神父を
見かけた時なんですね。
そういえば、設定にイケメン追っかけだか
っていうのがあったけどこういう事なのね。
早速、目をつけた?「いけてるわね」
みたいな感想を漏らしてますが、後光が
さしてるのは検事さん視点なんでしょうか笑


そういえば、またそのうちアップしたいんですが
私、12月の渡韓時
この教会も行ってきました。
全景が映ると、おぉ〜とあがります。
小高い場所にある素敵な教会でした。


[2019/01/20 03:20] | 出演ドラマ 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
熱血司祭人物紹介
SBSの熱血司祭ドラマページこちら


キム・ヘイル キム・ナムギル
キム・ヘイル(男性/39)― 洗礼名 ミカエル 司祭

アルコール依存症初期、禁煙禁断現象によるかんしゃく乱発、
荒い毒舌と皮肉さ! それでも足りなくて怒り調節障害まで!
この人の正体はカトリック司祭だ。
容貌は恩恵深い司祭にFitする顔の独裁者だが、
性質は汚いことこの上ない。栓が開かれれば全部無駄だ。
統制不能だ! だが、人間と世の中に対する
分析力、洞察力、判断力は非常に鋭くて正確だ。
なにをかいわんや、10年余り前までもヘイルは
[国家情報院対テロ特殊チーム]要員だった。
過去、ウィルキスタン反乱軍テロ団に捕まった韓国奉仕団員を
救出した途中、聖戦中にあった罪ない子供たちが皆
死ぬことになる爆発事故を体験する。 衝撃を受けてさまよった
ヘイルは魂の救援者であるイ・ヨンジュン神父に会って、少しでも
贖罪するために修道院に入って司祭の道を行くことになる。
しかしイ・ヨンジュン神父が疑問の死にいたって
ヘイルの怒りは再び火がつく。 以後過去要員時代の
優れた能力で事件を捜査し始める。




ク・デヨン キム・ソンギュン
クデヨン(男/40) -ソウル市クダン区クダン警察署強力チーム刑事

お人好し、バカ、ビビりそしてもう少し激しい表現で間抜けな奴!
これがクデヨンだ。 弱く見えたくないからなのか
やつの虚勢は警察署内で最も強い。
強力系刑事というこいつが強力なこととは
[きらびやかな歯]しかない。機転も利かなくて管内の事故という
事故はみな振ってまかり通る[やぶ蛇]の巨星だが
ところでまた、心は優しい。 涙も多くてむごい人ではない。
それでもっと答えがない。 強力系刑事としての能力は
1度ないが他の能力がある。
[ジャンケン大会アジア チャンピオン(韓国ジャンケン協会総務)],
[宝探し大会全国チャンピオン],[全国ドッジボール大会MVP],
[息止め我慢記録保有者]等等だ。 バカ司祭キムヘイルとの
共助以後人生に途方もない波が集まって、
刑事として自身を振り返ってみて憤然と立ち上がる。
もちろん迂余曲折をひどく体験するが本人の特異な
能力(?)を発揮してヘイルを助けて[強い奴]に生まれ変わる。






パク・ギョンソン、イ・ハヌィ
パク・ギョンソン(女/36) -ソウル中央地検特捜チーム検事

きらびやかな物言いと度胸、戦闘力を持つ唯一無二な
最高のオーベルヴィラニーズ(villainess)! いかなる状況でも
止めないで自分のペースを維持して状況を支配する。
徹底した仕事の処理、上司の命令に服従、鬼神のような政治力、
そこにずば抜けた美貌とセンスまで!
と同時に美男を明らかにする最強の‘オルパ’(面食い追っかけ)でもある。
権力の忠犬であり[我が方]でない[あちら方]熱血検事だ。
権力に従うといって卑屈だったり消極的でなくて
いつも言動が堂々としている。 強者のための判決を下して
大衆と言論の非難を受けても堂々としていて厚かましい!
現在の検察庁内[真骨](貴族)で[聖骨](王族)に成長中であり、
ラインにまともに乗っている。 クダン聖堂に行き人間味
あふれる法曹人コスプレしているがそのような彼女の前に
ヘイルが登場して選挙戦にも途方もない変化がおき始める。






ファン・チョルボム コジュン
ファン・チョルボム(男/39) -大凡貿易代表/元暴力団ボス

ニヤニヤと、口授、ふてぶてしくて、人々よく取りまとめるが...
悪質中の悪質だ! さらにボクシング選手出身で
並ぶ者がない途方もないファイターだ。
表面ではある田舎の村の人のよいニヤニヤした
青年会長のようだが内面は残忍、残酷で自分が犯した
ことに対して絶対後悔はない。 クダン区を受付、大凡貿易という
会社を設立して合法を偽装してあらゆる悪行を犯している。
また、地域[ロシア特区]私組織暴力団と関係を維持しながら
悪行に利用して、地域建築および行政不正に関与して
途方もない利益を地域カルテルに持ってくる。
カバンひもが短い(学歴がない)のが途方もないコンプレックスと高等学校卒業まで
検定試験で通過し放送通信大学入学して哲学を専攻中だ。
何かあるように見せようと! 仕事と勉強全てのものがうまく解決するか
したかったがキム・ヘイル神父という難敵に会う。
組織暴力団よりきびしい度胸で武装したヘイルが容易ではない。
久しぶりの喧嘩相手だ!






ソ・スンア クム・セロク
ソウル市クダン区クダン警察署強力チーム新入刑事

女子セパタクロー(タイの足蹴り)国家代表選手出身の強力チーム新入刑事.
嘱望されるセパタクロー選手だったが、セクハラを日常行う監督の
下顎骨にシザーズ キックを飛ばして重傷を負わせた後、協会から
永久除名にあった。 きれいで清純で弱い容貌だが..
実状は完全単純無知だ。 一度決心したことは
恐ろしく押し進めて誰も止められない。 フィールドから
きちんと上がってきた.. 完全根性そのものの女刑事だ。
メンター(指導者、助言者)に値する先輩がない状況で皮肉にも
司祭であるヘイルをロールモデルにし強力チーム刑事の能力をさらに育てていく。
ヘイルとデヨンの最も強力な味方であり突撃部隊だ!




読んでてクスッと笑ってしまう部分もありました。
細かい設定が作り込まれてるんですね。
キムヘイルさんはそういう過去があったんですか~。
恋人を失くして、とかよりいいですね(いいっていうと語弊あるけど)
で、特殊部隊要員時代のシーンがあると思いますがナムギルさんの
要員姿、「太陽の末裔」みたいな軍服姿、拝めるんでしょうか。
制服フェチ?としては嬉しいです。

今、撮影もたけなわと思いますが寒い時期なので大変ですね。
先日もソルギョングさんがコーヒー車の差し入れをして下さったようです。
私たちも差し入れしたいですね。
これしか言えないけどファイティン~٩( 'ω' )و

[2019/01/12 14:50] | 出演ドラマ 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
熱血司祭ティーザー





SBS 演技大賞で初公開された
「熱血司祭」ティーザー
Youtube SBSドラマ公式チャンネルより
共有させて頂きます


何度も見ちゃいましたー。
アクションシーンも沢山ありそうで大変。。。
ナムギルさん消耗しすぎてドラマ終盤、げっそり
痩せないといいなぁ。

最近のインタビューでも言っていた
ようですが、怒り調節障害という病気ですから
単に怒る事との違いをみせなければ
ならないので病的憤怒?
その辺をナムギルさんがどう演じるのか
興味深いです。ティーザーにも
チラッと出てましたがミサ中にパンを
食べてる信者に対して「ヤァ!!」と笑
怒りの沸点が低いんですね、で、急にくるっていう。。。
ただ現実的には一番関わりたくないタイプかもしれない(^^;
いや、こんな人にだったらむしろ罵倒されたいという
M気質が開花してしまう人もいるかも?笑

あと、こういう絵がみたかった!というのが
ありましたー。
悪い奴らをなぎ倒し、胸で十字をきる様子。
期待通りやないかい笑これや、これ!
ちょっと不謹慎ですけど十字をきる
イケメンってもえるんだよね。
敬虔な感じって素敵!

そして司祭服をはためかせて闊歩する素敵さは
(フィクションの世界では)高身長ならでは。

キムヘイル神父さん、垣間見た感じでは
男っぽい感じ。でもジェゴン刑事とはまた
違う男っぽさで、違うタイプの知らない男に
なってるナムギルさん。


基本、コメディタッチみたいですがヘイルさんが
どういういきさつで神父になったのか、心の傷が
ありそうだし、いろんな社会問題にも
きりこんでるようなので単におもろいだけで
終わらなそうなところがまたいいですね。

怒り調節障害神父とパボ(馬鹿)刑事の
名(迷?)コンビっぷり、とっても
楽しみですね!2月15日(金)初放送


[2019/01/04 20:58] | 出演ドラマ 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
ミカエル
DCインサイドナムギルギャラリーに
リンクを貼ってくれた方が
いたそうですが、広告代理店が
ドラマの協賛を募集する為
ドラマ概要を紹介しているネイバー
ブログページのようです。

こちら
相関図などもありますね。(さすがに新しい写真はまだ)

SBS月火ドラマ<熱血司祭>協賛募集!BY・ピープルラードキム・ナムギル、金ソンギュン、イハヌィのラインアップ
プロフィール
ピープルラード
マイミク本文その他の機能
こんにちは PPL&総合広告代行社<ピープルラード>ソスンピョチーム長です。
今日紹介する作品はSBS月火ドラマ"熱血司祭"です。
*製作支援
*協賛の件
*PPL
*字幕広告
ほかさまざまなPPLの進行お問い合わせや相談可能です。
知りたい事項はいつでも楽な方法でお話ください
詳細返事致します。


<ドラマ熱血司祭>です
<ドラマ熱血司祭-ラインアップ>BY・ピープルラード
SBS月火ドラマ"熱血司祭"
出演陣です。
-
キム・ナムギル、キムソンギュン、イハヌィ、クムセロク、コジュンラインアップであり、:)
怒り調節障害、激憤障害を抱えている'司祭キムヘイル'は
麗水にある自分の教区ですごく大きな事故を起こしそうになっている。
これに心の安定が必要だったヘイルは教区を離れて
お父さんのような存在である李英俊(イ・ヨンジュン)神父がいるソウルの亀潭聖堂に来る。
しかし、数日後'李英俊(イ・ヨンジュン)神父'は自殺を偽装して他殺されており、ヘイルは殺人の背後に大きな勢力が構えていることを直感する。 クダムク第1の組織暴力団と結託した地方有力者たち。
別名クダムクカルテル!
ヘイルは過去の本能(?)を発動させ、
教皇庁の助けで捜査に突入する!
ところで、能力はまったく何のない'クデヨン刑事'と協力することになる。
刑事よりさらに刑事のような神父、そして神父よりも慈悲深かった(?)刑事は
クダムクの隅々をついばみ、捜査して
結局、極悪非道なカルテルを一網打尽にしている。
以上
<ピープルラード>
ソスンピョチーム長の募集文章でした
関連した提案書は要請くだされば伝えいたします。
-
ありがとうございます

イメージをクリックすると、ホームページで連結されます。
もっと多様なマーケティング事例が気になるなら?
ホームページを訪問してください!



PPLっていうのは、
「Product Placement」(製品配置)
間接広告という事だそうです。
ドラマの中で小道具として
商品などを出して宣伝する。。。

ミョンブルホジョン(医心伝心)で言えば
カップラーメン?
農心(ノンシン)が提供だったから
間違いないですね。
実際、買ったよね~。広告効果絶大だわ。
ご丁寧にツナまで入れて食べたし笑
考えてみればいろいろあるね~。

逆にTシャツのブランド名とかに
モザイクかかってるのみかけるときも
ある。それなら最初から使わなきゃ
いいのにって思いません?

誰でも目にふれるところで広く
募集するのはおもしろいです。
スポンサーは大事ですね。
こうしてドラマは作られていくんですね。
さて、肝心のドラマの内容も
割と具体的に書かれてます。

キムヘイルさんは麗水(ヨス)の神父さん
なのね。まさか。。。なまってないよね?
なまりはちょっとやだな笑
実際、ヨスでロケしてたみたいでしたね。
インスタにもドラマのシーンなのか
オフショットなのかわかりませんが
子ども達とサッカーで遊んでる
ナムギルさんの姿(遠目)がアップされてました
(現在は削除されている)

で、ヨスで何かあって父と慕うソウルの
教会の神父さんの元へ行ったが
自殺偽装され殺害されていた。。。
で、キムヘイルさん火がついちゃうんですね。
刑事より刑事らしい神父と
神父より慈悲深い刑事。。。、
聞くからに面白そうです!

相関図を見てみると、キムヘイルさんは
ミカエルという洗礼名なんですね。
大天使の名前。。あぁなんか
このキャラ、いいな。

そして過去の共演者がまだいらっしゃった!
「海賊」のキムウォンへさんが警察側の
人でご出演なんですね。
「善徳女王」チュクパンでお馴染み
イムンシクさんは敵対側の大学教授教祖。
なんか懐かしい。。。
いろんな見所たくさんです。
ナムギル、キムヘイルになってくれて
良かった(^^)
[2018/12/10 08:25] | 出演ドラマ 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR