FC2ブログ
海賊2?
元記事はこちら

映画「海賊」来年の続編製作確定、サブタイトル「鬼旗 」.. 「探偵」の監督メガホン

[釜山=スポーツ朝鮮イスンミ記者]映画「海賊」が続編に戻る。
ロッテカルチャーワークスは、第23回釜山国際映画祭が真っ最中、6日夜、釜山海雲台BEXCOで「2018ロッテカルチャーワークスの夜」を開催し、2019年の映画ラインナップを公開した。特にこの日のラインナップには、過去2014年に公開され866万人の観客(映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワーク基準)を動員したコメディアクション映画「パイレーツ:海に行った盗賊」の続編が含まれた。続編のサブタイトルは、「鬼旗」である。

キム・ナムギル、ソン・イェジンが主演を引き受けた「海賊:海に行った山賊」は、初期の背景にクジラが飲み込んだ国璽を見つけるための海賊たちの奮闘を描いた映画で「海賊:鬼旗」は消えた王室の宝物を見つける海賊たちの物語が盛り込まれる予定である。先に「チェチェたロマンス」(2010)、「探偵:ザビギニング」(2015)を演出したことがあるキム・ジョンフン監督がメガホンをとる。

「海賊:鬼旗」のほか、この日のラインナップには、ユ・ヘジン・ユン・ゲサン主演の「言葉集まる」(オムユナ監督)、チョン・ウソン・キム・ヒャンギ主演の「証人」(イ・ハン監督)、パク・ソジュン・アン・ソンギ・ウドファン主演の「ライオン」(ギムジュファン監督)、いかさま師の3番目のシリーズであるパク・ジョンミン・リュ・スンボム主演の「タチャ:ワンアイドジャック」(グォンオグァン監督)、チェ・ミンシク・ハン・ソッキュ主演の「天文」(ホ・ジノ監督)、「我が家」(ユンガウン監督)、「風音」(ジーン金運監督)などが含まれた。

昨年と今年の「神と共に」シリーズで次々千万観客動員映画を誕生させたロッテカルチャーワークスが2019年にもまぶしい成果を成し遂げることができるか関心が集まっている。



キャストについてはまだ一切言及されて
いませんが、来年続編の製作が確定という
記事ですね。

監督が違うんですね。
ナムギル出ないなら観ません笑
どうなんでしょうね、続編というからには
普通に考えて同じキャストじゃないと。。。

1作目、エンドロールが流れる中
ヨウォルが地図を広げてますよね。
地図の中には何やら曰くありげな
しるしがつけられています。
果たしてそれは宝の地図なのか。

この続編のストーリーと繋がる気も
します。
繋げるのなら同じキャストにしないと
絵的にもおかしいですよね。
でもイェジンしだけ続投でも
観ません笑
[2018/10/08 19:52] | 出演映画 時代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
「クローゼット」クランクイン
昨日、 「クローゼット」がついにクランクインしましたね。
映画カメラマンのインスタにアップされてました(ナムギル写真
当然無し)
特に、正式な確定記事もないままのクランクインでした。
春川の方で撮影開始のようです。
ナムギルとチームの皆様、ファイティン〜!

春川といえば、北朝鮮に近いところですが今日の韓国の
KBSなんかは南北首脳会談関連のニュースを1日中放送するようです。
現職大統領の訪朝は11年ぶりということですね。

まだ少し暑かったりもしますが、やっと秋めいてきました。
今年の夏は、酷暑と天災に振り回された日本列島でしたが
台風、地震で被災された方にはお見舞い申し上げます。
今日のお昼は、なんとなく平壌冷麺を連想したからか
家にあったビビム冷麺を食べたのですが
秋の味覚、梨が丁度あったので入れてみました。
冷麺によく入ってますよね。
ところで梨を食べると「殺人者の記憶法」
テジュを思い出すんですよね。

テジュが結婚の事でビョンス宅を訪れて出された果物を
食べているというビョンスの妄想上の格闘シーン。
後ろからビョンスが襲いかかった時
梨を食べていたテジュ。そのままずーっと
頬張りながらビョンスと格闘するときの
梨が気になりませんか?笑

その梨、どうするんだよ、早く食べろよ、、みたいな。
これも、演技の計算なんでしょうね。
出すにも出せず、飲み込むにも飲み込めない不測の事態
というか、リアリティ増し増しです。
災難はいつ訪れるかわからないですから。
トイレ入ってる時かもしれないし梨食べてる時かもしれない笑

ところで。。。。ここまで書いておいてなんなんですが
あれ梨でしたよね?笑
林檎だったりして。今度DVDで確認してみよう。

なんだか、クランクインの話からどんどん
脈絡のない話になってしまいましたが
改めて、「クローゼット」が楽しみです!






[2018/09/18 13:58] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(2) |
『クローゼット』子役キャスティング
映画「クローゼット」子役のキャストが
決まったようです。

元記事はこちら

'天才子役'ホユル、ハ・ジョンウの娘になる'・クローゼット'キャスティング 



母'イ・ボヨンに続き、'父'ハ・ジョンウだ。

'演技派子役'、'天才子役'と呼ばれる俳優ホユル(9)この映画'クローゼット(キムグヮンビン監督)'を通じて、ブラウン管に続き、スクリーンデビューの申告式行う。 31日、映画界によると、ホユルは'クローゼット'でハ・ジョンウの娘として最終決定、撮影を準備中だ。

'クローゼット'は母親が死んだ後、間が疎遠になった父娘が山の中にある家へ行った起こる出来事を描いたホラースリラー映画だ。 ハ・ジョンウが父、キム・ナムギルが祓魔師の役割として早くから出演を決めており、ここにホユルがハ・ジョンウの娘として投入されて女性に呼吸を合わせる。

先立って、父と息子設定とされているが、関係者によると、当初から父と娘の話だったと。 関係者は"ネタバレになる可能性があり、慎重な姿勢だが、ストーリーを見ると、娘であってこそ話になる部分がある"と耳打ちした。

400対1の競争率を勝ち抜いてtvNのドラマ'マザー'でデビューしたホユルは成人俳優に劣らない演技で第54回百想芸術大賞TV部門女子新人賞トロフィーを獲得した能力者だ。 ホユルの受賞は歴代最年少記録だから、その意味を加えた。

ブラウン管デビュー作で、母イ・ボヨンともち米の餅ケミを誇ったホユルは、スクリーンデビュー作では父のハ・ジョンウを会うことになった。 イボヨンと、ハ・ジョンウすべて演技では定評がある俳優たち。ホユルも侮れない演技力を備えているだけに、イボヨンに続き、ハ・ジョンウとはどのようなシナジー効果を引き出すか期待感が高い。

ハ・ジョンウと尹鍾彬(ユン・ジョンビン)監督の中央(チュンアン)大学の同窓であるキムグヮンビン監督がメガホンを取った'・クローゼット'はハゾンウ所属会社アーティストカンパニーと尹鍾彬(ユン・ジョンビン)監督製作会社映画会社月光が共同製作し、CJエンターテインメントが配給している。 まもなく撮影に突入する見通しだ。





韓国の子役は上手ですよね。
こういう子達が大きくなってもそのまま
俳優を続けていたりするからいい意味で
末恐ろしいという感じ。
迫真の演技をみせてくれると思うと
この映画、ますます怖そうだー!
ナムギルさんもようやく9月から始動ですね。

[2018/09/01 15:30] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
Blu-ray /DVD 続々発売
ナムギルさん出演作のBlu-ray/DVDが8月2日
続々と発売そしてレンタル開始となり嬉しいです!


ドラマ「医心伝心 脈あり!恋あり?」
DVD SET1・1話~8話

(SET2は9月4日リリース)


詳細はこちら


キム・ナムギルより日本のファンの皆さまへスペシャルメッセージ動画


「殺人者の記憶法」DVD/Blu-ray


「殺人者の記憶法:新しい記憶」DVD


画像でかっ( ;∀;)


私はとりあえず、「殺人者の記憶法:新しい記憶」をAmazonで予約してゲット。さっき観終わりました。なんといってもテジュのキャラがたってるのは「殺人者の記憶法」!感動もするし。。。
ただ、初めて映画館で観た時の最後の5分が鮮烈すぎたので「新しい記憶」の方がまずは欲しかったです。ビョンスのCT写真からの最後のシーンのソルギョングさんのあの表情は(笑
そしてあのセリフ。ニヤリとしちゃうやられた感みたいなのがすごくありました。

ドラマと映画、この両作品を並べてみたときに一番感じるのがナムギルさんの俳優としての役幅の広さ。素敵ですね。優れたストーリーテラーだといつも思っています。大好きです!!

ここをみていらっしゃる方にはあまり該当しないかもしれませんが、もしこのドラマか映画、どちらかしかみていない方がいらっしゃったら是非とも両方観てナムギルさんのアメージングな振り幅を体感して頂きたいですね。両方ともレンタルもありますし。


さて。。。。余談ですが日本でDVD発売ラッシュ?を迎えている中、ナムギルさんが何をしていたかと思えば7月31日ですけれどもマスコミ向け試写会にお出かけだったようですね。『工作』 こんな映画 参考 Kstyleこちら

マネージャー氏のインスタに、「神と共に2」のハジョンウ、チュジフンやイジョンジェなど豪華メンバーの舞台挨拶写真があがっていたので、ナムギルさんも行ってるんですか?と思っていたら、お姿キャッチされた方がインスタこちらに「工作」とのことであげていらっしゃるのでそっちだったんですね。でも、「神と共に」にも行ってそうですよね。。。この映画、面白そうなので1?の方から観てみたいです。
それにしてもチョンウソン氏の白Tや周囲の人の服装と比べたら同じ季節と思えないようなナムギルさんの長袖上着姿。。。大丈夫でしょうか?体調とか。ちょっと冷房寒かった?(^ ^)クランクインを控えてますので身体を大事に体力気力マックス発揮できますように。







[2018/08/04 00:22] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
確定なんでしょうね
元記事こちら
ハ・ジョンウ・キム・ナムギル、父と退魔師で会う…恐怖映画'クローゼット'出演確定



ハ・ジョンウとキムナムギルは最近、'クローゼット'出演を確定した。


[トップデイリー]ハ・ジョンウとキム・ナムギルがホラー映画'・クローゼット'に会う。

この13日、映画界によると、ハ・ジョンウとキムナムギルは最近、'クローゼット'出演を確定した。

'クローゼット'は母親が死んだ後、間が疎遠になった父親と息子が山の中にある家に帰ってから起こる出来事を描いたホラー映画でハ・ジョンウ所属会社アーティストカンパニーと尹鍾彬(ユン・ジョンビン)監督の制作会社の映画会社月光が共同制作する。

ハ・ジョンウと尹鍾彬(ユン・ジョンビン)監督の中央(チュンアン)大学の同窓であるキムグヮンビン監督がメガホンを取っている。

また、'クローゼット'はハジョンウが企画から参加した作品であるといわれて早くから多くの注目を受けている。

ハ・ジョンウが父の役割を、キム・ナムギルが退魔師として出演して2人がホラー映画でどのような呼吸を見せてくれることができるか、その帰趨が注目される。

一方、'クローゼット'はキャスティングを終えた後、9月中旬から撮影に入る予定だ。



昨日の記事ですが13日時点から特に進展
していないのか。
結局事務所が確定を発表という、
すっきりした記事が出ないですがもう
確定と思っとくよ~
で、気になるのはドラマですね
[2018/07/21 06:59] | 出演映画 時代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR