『近くで見守ったいたずらっ子キムナムギル二つの顔』 
オ・スンウク監督のインタビュー
ナムギルを認めてくれてる監督のインタビュー。
ナムギルがほめられてる記事が大好物な私、、これは
いい記事ですね〜。

『近くで見守ったいたずらっ子キム・ナムギル二つの顔
[ニュースエン文ジョヨンギョン記者/写真イ·ジェハ記者]

「直接会うまではすまなくも、その真価を知らなかった。
ところで一緒にしてみると、少年から悪魔の顔までのスペクトルが広い俳優でした。
それとなく鬼神のようなところがあります。もちろん可愛いしね。
間近でみたキム·ナムギルは多彩な人ですよ。無頼漢ながらも、そうでない。」

もしかしてキム·ナムギルがイ·ハンだった時代に出演した同性映画「後悔しない」を
記憶する観客がいるだろうか。
それから9年が過ぎた2015年、キム·ナムギルはまるで新人時代の
仮面をかぶったようにいきいきが深くなった顔を披露し、
映画ファンをもう一回驚かせた。
映画「無頼漢」(監督オスンウク/製作男ピクチャーズ)のキム·ナムギル。
「海賊」のいたずらっ子の顔はもはやなかった。

負傷で急に下車したイ·ジョンジェの空席をすっきり満たしてくれたキム·ナムギルに
オスンウク監督は「その真価を事前に調べてみることができず申し訳ありませんし、
また一緒にしてくれて有難かった」という言葉をかけた。
撮影回送を重ねるごとにキム·ナムギルに対する信頼が高まることがないほど
高まったオスンウク監督は「この俳優と何を何一つをきちんと
作らなければならない」と話した。

「私は「無頼漢」がアドレナリン溢れる映画とは思わなかった。
ところが、キャスティングを行うとき、誰もが「ストロングマン」だけ思い浮かべたよ。
ナムギルさんもエネルギーあふれる俳優の一人だったが、何かの欠乏のようなものが
かすかに感じられたよ。ところで、撮影前にははっきり知らなかった。
知ってみると少年から悪魔までスペクトルがあふれる顔を持っていたし、
演技をするときは、監督でさえ彼が何を考えているのか知ることができないほど
考えが見えるといけない、キャラクターを完璧に
消化した。これ以上望むことがなかった。」

キム·ナムギルは1、2回目の撮影を終えた後、龍仁のオスンウク監督の
家の前まで直接訪ねて行って、様々な悩みを打ち明けた。
二人はマンションの下の台に座ってタバコを吸いながら話を交わした。
その場面もかなり映画のようだったという話に
人の良い笑顔を浮かべたオスンウク監督は
「勇気を引き立ててあげるのが最優先だと考えていた。
「私はナムギルさんがアランドロンみたい。
最初はよくわからなかったが今は信じて」という
言葉をくれたようだ。ところでナムギルさんが
「独立映画する時に帰ったような気がする」と
言っていた。失わなかったその感じがよかった」と明らかにした。


201506241326221110_3_convert_20150625232751.jpg

オスンウク監督は「から元気一杯であるふりをする映画は作らないというのが
私のモットーであった。そう陥り丁度良い背景とストーリーが
まさに「無頼漢」である」とし
「私のシナリオを書くときに、絶対どんな俳優を念頭に置いて書かない。
キャラクターは俳優によって変わるものだ。中心のイメージだけを話しておき、たまに詰まる時は
韓国俳優や有名な若手俳優たちがなく、多くの外国の俳優を思い出す。今回は
アラン·ドロンが目の前に浮かんできてナムギルさんが本当によくしてくれた」と重ねて絶賛した。

これと共にオスンウク監督は「カット」を叫ぶ瞬間キム·ナムギルと呼吸がぴったり合う
感じを最も多く受けたとし、「ディテールな演技を把握する軸が卓越している。
モニターを見ながら「本当に鬼神のようだね」という言葉を何度も言ったりもした」と
一つのエピソードを話した。

オスンウク監督は「一度はじっとしている姿がとてもかっこよくてOKサインを出した。
するとナムギルさんが「私たちの監督さんは演技だけしないままじっとしていればオーケー」と笑いながら訳もなくぐずっていた。
自分も気にかかるから訳もなくそのようなものである。
それとなくかわいいところもある」とし「良い俳優たちは何かをあえてしようとしない。
チョン·ドヨンが愛される理由がそれである。わざわざもっとしようとするよりも、
そのキャラクターを自分の体に完全に着せようと努力する。
その姿をキム·ナムギルからも見た」と愛情を表わした。

個人的な好みでもあるが、チョン·ドヨンとキム·ナムギルの演技に
200%満足したというオスンウク監督は「人が苦しい時、最も正しい道が見えるようにキム·ナムギルは
私にそのような俳優であった。私は彼から多くを学んだ。
すでに立派だが、今後見ることができる魅力が尽きない友人だ。
彼の次の作品が私も期待される」と付け加えた。



作品をするにあたって観客もそうですけど監督が満足してくれることが
俳優冥利に尽きるんじゃないかと。
このインタビューの最後のところなんかみると感動しちゃいます。
「人が苦しい時、最も正しい道が見えるようにキム·ナムギルは
私にそのような俳優であった」だってよ!
最高の褒め言葉じゃないですか。。。。
この監督さんと相性良いんじゃないでしょうか。わざわざ個人的に家まで
訪ねて悩みを話しに行くなんて、聞いてくれると思えばこそなのでは。。。
それが解決するにしろしないにしろ、とにかく話しに行ったんですね。
ナムギルがいつもそういうことをするのかは知らないけれど。

オスンウク監督は、いつも一作品に数年かけるんでしょうかね。
矢継ぎ早には次作品を撮らなさそうですが、
次もナムギルと一緒にしてほしいと願っています。
ナムギルの真価をわかってくれる監督さんと、映画を
つくりあげてほしいです。


[2015/06/26 00:53] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(2) |
現場フェチ?
昨日かな。
パンドラ撮影中の現場より、出演女優ムン・ジョンヒさんが
FBに写真をアップされたそうです。
彼女によるとナムギルは現場性愛者とのこと。意味的には
現場フェチ、現場偏愛人間、現場大好き人間みたいなことでしょうかね〜笑

皆さん、マスクをして頑張っているのね。

3745430616_7b4c02d3_IMG_20150625_1_convert_20150625175533.png
写真おかりしました。

それにしてもこのナムギル、若くみえますね〜。高校生みたい笑
このまま順調に撮影がすすみますように。

そしてナムギルくん自身のFBも更新。城北洞仕様になってますね。

『座る席を選ぶだけで心に空席が生じるという城北洞吉祥寺...
さて...座る席を一度選んでみようか...』

[2015/06/25 17:59] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(4) |
「無頼漢 渇いた罪」
10月3日「無頼漢」封切り💖
邦題は「無頼漢 渇いた罪」だそうです。
ナムギル公式FCのインフォメーションに諸々がアップされています。

こちらから

7/4(土)から新宿と大阪の
シネマートでポストカード付
前売り券が発売とのこと



邦題、そうなのかー。
海賊→パイレーツよりは
えーっ(^^;;とは思わないかなぁ。

そして。。。ナムギルはん
パンドラ撮影にいつものスタイルで
頑張っているようですね(^ν^)

クリックで大きくなります
[2015/06/23 20:39] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(8) |
gilstory  RoadStory 城北洞
SSI_20150619143133_V.jpg
写真:キム·ヨンベ(左から)城北区庁長、イ·フン漢陽大観光学部教授、
キム·ナムギルギルストーリー代表がソウル城北区城北洞吉祥寺の中の森の道を
歩いている。

ちょっと前の話題になりますが。。
ナムギルが代表を務める非営利公益法人ファンにはお馴染みGilStory。
その中の「道の話キャンペーン」が注目されています。

グーグル翻訳 和訳版
『キム·ナムギルも惚れた道、城北洞人文道』記事はこちら

城北文化財団グォンギョンオ本部長の長いインタビュー全文
グーグル翻訳 和訳版PBCニュースはこちらから

この城北文化財団本部長のインタビューではナムギルの活動が
他の芸能人の活動と違うところについての印象的なお話があって興味深いです。
ちょっと抜粋。。

『このキャンペーンは、実際にキム·ナムギルという俳優が自分が考えている価値を
社会公益活動に表現しようと始めたものと見ていきます。
キム·ナムギルさんは、実際に演技者として生きて行く前に、
この時代を生きていく人間として、
自分がどこにいるか、自分がこの時代にどのような役割を
しなければなるかどうか質問する俳優と見られるんです。
これまで海外ボランティア活動をはじめ、様々な公益活動をしてきたが、
`道キャンペーン`は一種のそのような答えを作っていく過程であると見ることができる。』

『通常俳優や芸能人を見れば、社会活動も企画会社を通って受動的に動く場合が
とても多いんですよ。ところでキム·ナムギルさんのような場合は、
本人が直接自分が代表に非営利公益法人を作って、
その活動の責任と義務をつくすというそれなりの宣言をしたことがね。
そのような部分は、キム·ナムギルさんが最近、これらの社会活動は、
単にキム·ナムギル、個人だけでなく、芸能人の社会活動の面で新たに
注目されているような側面ではないかと思います。』

『キム・ナムギル氏ぐらいになれば十分に企業と手を握ってお金をもらって
後援を受けて作業を進めることができるんですよ。しかしそのような過程を経ず
地方自治体と一種の協力関係になって何かすると判断したのは大変重要です。』

ナムギルってどういう人なのか、わかる気がします。

動画 オーディオ等「RoadStory」はこちらから
その中から。。「北庭マウルの夜」(好きなのはりました)



オーディオファイル トラック6「路地裏」
これもいいですね。ファンはこんなのが好きですよね。
坂道を息をきらしながら歩くナムギル。。
『道を読む男の城北編は膝関節の協賛で行われています』
こんなお茶目なジョークもチャーミング。
http://down-cocendn.x-cdn.com/data1/teamgil/gg6.mp3
 
大学路界隈にも興味があるのでその辺を拠点に、城北洞いつか行ってみたいです。
澗松美術館はギルペンには美人図でお馴染みの金弘道(キム・ホンド)と
申潤福(シン・ユンボク)の作品もあるらしいですね。(5月と10月の15日間のみ開館)

古いものの情緒を味わったり、ゆったり流れる時間に身を委ねて
自分の心と静かに向き合ったり。。。。そういうことを大切に
する感性には共感しまくります。

路地裏が好きだと前々から言っていたナムギル、そこにある人々の暮らしを
愛おしむその心が好きです。
[2015/06/23 01:15] | Gil Story | トラックバック(0) | コメント(4) |
「無頼漢」上海映画祭 「特別芸術貢献賞」受賞
'無頼漢'上海映画祭の特別芸術貢献賞受賞

[スターニュースチョンヒョンファ記者]
'無頼漢'上海映画祭の特別芸術貢献賞受賞
オスンウク監督の映画'無頼漢'が第18回上海国際映画での特別芸術貢献賞を受賞した。
22日、投資配給会社CGVアートハウスは"'無頼漢'が過ぎた21日に閉幕した第18回上海国際映画祭で特別芸術貢献賞を受賞した"と伝えた。 特別芸術貢献賞は、上海国際映画祭競争部門である'Golden Goblet Award'に招待された映画の中の芸術的な演出、衣装、編集、メイクなどカテゴリー別に最高の芸術的な成功を見せてくれた作品に与えられる賞。2013年にはロシア映画'もっとメジャー'、2014年には'引き分けたアゲイン'が受賞した。 '無頼漢'は犯人を逮捕するために、どんなことでもしている刑事が殺人犯の女に出会って起こることを描いた映画女優のチョン・ドヨンとキム・ナムギルが出演した。 第68回カンヌ国際映画祭・ある視点部門に招待された。 [スターニュースホットニュース]




MERS心配なんで来ないでねと
いわれてしまった
映画祭ですが受賞したんですね。
おめでとうございます~
[2015/06/22 13:21] | 映画祭・授賞式 | トラックバック(0) | コメント(4) |
「無頼漢」アクションシーン裏話
MAXMOVIEのサイトで、「無頼漢党のための高度な情報」と題され
連載されている記事。本日更新されたのはその4アクションシーンについてです。
監督がいろいろと裏話を語っておられます。
MAXMOVIEこちらから

201506191315491_convert_20150620003157.jpg

「無頼漢」はアクションシーンがとても印象的です。
ジェゴン刑事と殺人犯パクジュンギルが戦うシーン。
二匹の獣のようだと表されたりもしていますが、ナムギルは
まるで黒豹みたいでした。
パク·ソンウンさんは、なんか重量感がある獣笑大きな虎とか。
すごく大きいかたですよね、しかもあの身体。。脱ぐと肩から首が
生えてるって感じでした。
スクリーンでも体格差を感じました。
背の高いナムギルですが、細いからね。。。
そしてそのアクションシーンは、洗練されたものというより
監督の意図通り、リアルな闘いでした。

「ナムギルさんの顔をひどく回さなければならなくて一流の
スポーツマッサージ師を連れてきておいて指圧をしながら撮った」
とのことですが、なかなか過酷ですね。

こんなのちょっとでも手加減したらすぐ観客にわかっちゃうんじゃ
ないかと思うくらいのごまかしようのないアクションシーンでした。
本気でやったら、本当に怪我すると思うのでそこはプロの技と撮影技術で
みせているとは思うけど、かなり本気に近いんじゃないかと思っちゃうような
アクション。ああいった肉弾戦にはオトコを感じますね。



[2015/06/20 00:34] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(2) |
力を抜くということ
ナムギル公式FCサイトgilveot
スタッフブログ(会員コンテンツ)が
更新されましたね。

韓国サイトetodayに掲載の
スターエッセイhttp://m.etoday.co.kr/view.php?idxno=1145849#cb
のわかりやすい翻訳でした。

20150617065705_656833_600_426_convert_20150619003623.jpg


前に同じような内容の
ナムギルインタビューをみて
ドヨンさんにしろナムギルにしろ
俳優達はここまで考えて演じているんだと感心したんです。

今回の「無頼漢」でドヨンさんがくれた
アドバイスは、ナムギルが悩んでた
ことにドンピシャだったようで。
それは最近頻繁に出てくる表現「力を抜いた演技」についてのこと。
それってどういう演技?そんなことがスッキリと
理解できる内容でした。

ものすごくざっくり言うと、前々から暗い人物を演じるにあたって
感じていた自分のやりすぎ感(力を入れて演技すること)が、
みている人に感情を強要することに
なるんじゃないか
という悩みがあったそうです。
無理に表現していて嘘のように思えるのが苦しかったとも。

ドヨンさんに相談したわけではないけど、察してくれて
「ちょっと来て」としてくれたアドバイスが自分の
「密陽」(シークレットサンシャイン)を撮影時の経験談。
(以下、エンタメコリアの記事よりナムギル談)
『ドヨンさんが映画『シークレット・サンシャイン』を撮影したとき、
とても大変だったとか。
子供を亡くし泣き叫ぶ演技をするのだが、どこか不自然で
わざとらしく思えて。
映画の撮影をしながら、初めて『きょうは無理そう』と言ったらしい。
そのとき、イ・チャンドン監督が『僕は君にこれくらい求め、君はそれよりもっと
うまくやらなければならないと思っているようだ。そのブランクの分だけ、
不自然でわざとらしく見えるから、もう少し力を抜かなければ』と
おっしゃったそうだ。
これくらいが本当なのに、もっとやろうとするとうそになると。』




視聴者に一つの正解を強要してしまうことも、違うと思ったナムギル。
人それぞれの感じ方があって当然という。それだけ受け手は自由なのね。

ドヨンさんエピソードで泣くシーンのことが出てきますが
これはわかりますね。。。。
役者が泣くシーンのときに、泣くために泣いてることを感じると
しらけるんですよね。。。役者が『泣こう、涙を流そう』という意識が
働いた時点でもうアウトぐらいなかんじ。
でも、善徳女王でナムギルに出会ったとき
それを感じなかったことを覚えています。そしてそれが
すごくいいなと思ったんですよね。だから、ある程度
それができていたのではないかとも思うのですが
ナムギルくんとしてはまだまだだったんでしょうか。

「無頼漢」終わってからもまだ「自分の足りない部分がみえて残念だった」と
いってますね。満足したらそこで終わりなのかもしれないし
まだまだ、演技の高みに昇りそうなナムギルくんと思ってよいのでしょうか。

力を抜く演技とは、やりすぎないこと。ドヨンさん流では
「感じた分だけ表現する」ということだそうです。

どうりでドヨンさんの泣くシーンはしみるわけだ。
「無頼漢」でもものすごく悲しそうに泣くんですよね。ラスト近くの
泣くシーンではもうもらい泣きしそうになるぐらいでした。
そういう演技もこういった裏打ちがあってこそなのね。

いろいろと考えるとこれはもう演技論みたいなことになっちゃって
素人にはわからないし、そんな勉強したこともないから
一視聴者としては、そういうことは忘れて泣いたり笑ったりしながら
ただただ作品を感じたいと思いますね。




そーいえば、渡韓前のバタバタで買うことをすっかり忘れていた
KOREAN WEVE61を今頃、購入しました。
KOREAN WEVEさんはやはりナムギル推ししてくれるんだと
思ってていいですか?笑
「キム・ナムギルすべてがわかる大百科」こんなこといわれたら
買うしかないです。これまでの軌跡がとてもよくまとまっていました。
最近、ファンになった方にはおすすめですね。
私、初めて知ったことが3つありました。
・ナムギル生誕の地の詳しい地名
・最初に入った劇団の名前
・フルートはお父さんのすすめだった笑(ネタバレすみません)
このへんはけっこうマニアックですね。

は〜それにしても、どんなインタビューみてももう
ナムギルを好きになる材料にしかならなくて。
これからも、ディープに楽しくナムギルを愛でていきたいです。
ナムギル、サランヘヨ〜







[2015/06/19 01:03] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(2) |
無頼漢ナムギルインタビュー
「無頼漢」キム·ナムギル "力抜いた演技で最下感情表現したかった

895801_181853_2517_convert_20150617001024.jpg
[OBSプラス=キム·スジョン記者]俳優キム·ナムギルの最近の演技の動きは、
30代の俳優の中で断然印象的である。昨年夏、「海賊」で、その間のカリスマと男性美を脱いでコミカルな姿を見せてくれて反転魅力を披露し「無頼漢」では孤独な刑事役で分解繊細な感情演技を見せてくれた。

キム·ナムギルは先月27日に公開された映画「無頼漢」でひたすら犯人を捕まえるという
目標だけで生きていく刑事ジョンジェゴン役割を演じた。こと、目標中毒のチョンジェゴンは
有能だが誰よりも無味乾燥な日常を生きる人物。
殺人容疑者バクジュンギル(パク·ソンウン)を捕えるために、彼の女のヘギョン(チョン·ドヨン)に
接近してわからない感情とぶつかることになる。

「無頼漢」は、第68回カンヌ映画祭ある視点部門に公式招待され、公開前から話題作に浮上した。
特に「カンヌの女王 'チョン·ドヨンの出演作にスポットライトを受けたが「無頼漢」の中心には、
愛という重い感情の渦を深く節制された目で完全に表現したキム·ナムギルがあった。

 以下キム·ナムギルとの一問一答


- 「無頼漢」を選択理由が知りたい

イジョンジェ兄さんが「無頼漢」という映画を下車するという記事を見た。
タイトルから来る新鮮さと好奇心が生じてシナリオを求めて読んでみるようになった。
あまりにもこのようなジャンルの映画が好きだし、何よりも女主人公がチョン·ドヨンという言葉に
一度一緒にやってみたいと思った。いつか呼吸を合わせてみたい俳優と考えるようになったが、
こんなに早くチャンスが来るとは思わなかった。

895801_181854_2548_convert_20150617001104.jpg

- 過去に似たようなキャラクターを演じたことがあったが無頼漢のチョンジェゴンは全く違う姿だった。

演技的に悩んだ部分が力を抜くことであった。どう見れば、以前と同じようなキャラクターだが違う表現をしたかった。
今回の作品を通じて新しいことを表現することができという考えに期待感があった。
人間の底、深いところにある感情を引き出すために努力した。

- 「無頼漢」の演技を見て、俳優としてもさらに成熟した感じを受けた。

毎回作品を通じて成長するが、今回の作品は、特に多くのことを学んでよかった気がする。
「無頼漢」テストの現場に来た(黄)ジョンミン兄さんが「チョン·ドヨンという俳優ということ自体が、多くの助けになるだろう」と助言してくれたがその話をなぜしたか分かるようだ。
私がしたい方向に表現できるように多くのリードくれた。

- チョン·ドヨンと実際の呼吸を合わせてみるとどうだったか。

「かっこいい女優」という印象が強く緊張をたくさんしていった。
漠然と強いと思ったが、意外にも女性らしくかわいくて驚いた。
生活に疲れた演技を主にして外見が隠されたようだ。実際に見ると本当にきれいだった。
何よりもオスンウク監督の15年ぶりの新作でもありドヨン姉さんが長く待ってきた作品であるため、
迷惑をかけてはならないという考えが強かった。そのたびにドヨン姉が「きみが悩んでいる部分を知っている。
今後、「無頼漢」のキム·ヘギョンとしてきみに対する」と真剣に「頑張る」としてくれた。本当にありがたかった。

- 「悪い男」で多くの男性ファンを獲得した。今回の作品でも、男性の観客に大きな支持を受けそうだ。

女性よりも男性に人気の​​スタイルだ。先輩たちが「女は女に男は男に人気がなければならない」と言っていた。
男性ファンは外見的なものではなく、演技を見て好きになってくれるので、より意味があるようだ。
今回の作品も考えてみると「悪い男」と同様の理由だ。感情に素直になれないような姿を男性が普遍的に共感してくださるようだ。今後は、女性ファンたちのためにロマンチックな姿も見せなければならない。(笑)

895801_181855_2624_convert_20150617001310.jpg

 - ジョンジェゴンの役割の理解度はどの程度だったと思いますか。

数値で表現すると、70%程だ。自分自身も気づかないうちに浸透するにつれ恋に陥ることになるその姿が私と似ていた。
ジェゴンが結婚に失敗したことあるけどヘギョンとは平凡な日常を夢見ながら逃げて行くこともできるという考えをした。しかし、映画はそのような明白な結末ではなかった。心で完全に理解することはなかったがそのような結末が良かったようだ。チョンジェゴンであるため、そのような表現が可能であると考えている。

- パク·ソンウンとのアクションシーン激しくした、実際に呼吸を合わせてみた感想はどうだったか。

(パク)ソンウン兄さんが、実際の性格は本当に素朴で気さくである。
「新世界」を見て、個人的にファンになった。しかし、外見自体から吹き出すカリスマがあったため
アクションシーンを撮る時、押されてはならないと考えた。当時「殺人依頼」の撮影のために
身体を作っていて怖かった。 「なぜこんなときに撮るか」とした。(笑)
撮影前に和を合わせたにもかかわらず、実際に撮影に入る
と怖いよ。表情を見ると、逃げたいと思った。
演技する時は男対男で負けたくないのがなければならないのに生きようととった。(笑)

- カンヌ映画祭で好評を受けた。初めての訪問なので感想が格別だったようだ。

「韓国観客がどのように見るかがより重要なようだ」と言葉はクールにしたが、気持ちは良かった。
現場インタビューでも「カーンに来ようと、映画を作るわけではない」としたが、本音は、また違っていた。
確かに行ってみるとまた来たいと思った。海外観客と映画を介して共感して話をすることができ良かったし
他の海外の映画祭も行ってみるといいと思った。カンヌで作成されたIDカードを受けたが
家に来ても大切に保管した。母が掃除で捨てようとしてびっくりした「これは、家系
の栄光である」とTV見る時も掛けていた。(笑)

- 俳優だけでなく、監督としてカーンを再び訪れたいという思いもあるか。

オスンウク監督と話をするときに二人がささったストーリーがあった。
メロージャンルだが私が演出もして出演もするからシナリオをくれと言った。
今回の作品が監督の15年ぶりの新作だった普段にシナリオを直しのにも1年かかると言っていた。
まず、心配しないでほしいと行った。 "カーンにまた行ってみよう」と言ったら
「カーンは誰でも行くのではない」と言っていた。(笑)」無頼漢」を通じて作品の中で力を抜く
演技を開始することになったが真正性のある演技をすることができる経験が
ますますたまっていると思う。演技的にに多くの成熟したときにまた演出をしてみたいと思う。

(写真=グォンフイジョン記者) 





ナムギルが自分が演出もして出演もする作品でカンヌへ行く。。。
おぉ日本でいうなら北野武ですね。
そういうことは想像していなかったです。あるかもね。彼ならあるかも。
そのときまでワイン、寝かせておくからね。
[2015/06/17 01:29] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(2) |
5.31ソウル最終日
終わったと思いきやまだ続くソウル旅日記。
最終日の記録です。

先にあげた龍山での舞台挨拶、映画鑑賞の後
「赤と黒」でゴヌク、ジェイン、モネが食事の約束をした
漢江(ハンガン)沿いのイタリアンレストランFRADIAで
お昼にすることに。

前から一度行ってみたかったのだけど、韓国に来てわざわざイタリアン
っていうことにちょっと気がすすまなかったし、
だからこそ、ナムギルに興味ない人と一緒の時は申し訳ないので
ギルペンさんとご一緒のときがベストでした。

ヨンサンから移動するのにロケーションがちょうどよかったです。
ヨンサンとFRADIA、ハンガンの対岸ってかんじで。
タクシーで行ったら15~20分ぐらいだったかな。
本当は夜がいいかもしれないですね。夜行くと盤浦大橋(パンポテギョ)の
ギネス級の噴水ショーがお店からみられるらしいです。夜行く場合は
予約必須だと思っていましたが、なんと昼も?
ウェディングもやってるらしく、この日、お店に行ったらFRADIAは
結婚式で貸切り。事前に電話でもしておけば、それが確認できたのに
残念でした。

fradia 遠景
みえてきた、ここここ〜
IMG_2583_convert_20150616172738.jpg
んまぁ〜、ウエディング用の花道が。ハンガン沿いというより、
ハンガンの中にある笑手前の藻が茂ってるところに魚がいたよ。水質、けっこうきれいなのかな。
グエムルはいなかった笑


結婚式のセッティング中だったのでランチは断念。
写真だけ撮らせてもらいました。

IMG_2577_convert_20150616173437.png

せっかくなので1階のカフェでお茶を。ケーキとコーヒー類紅茶類がありました。
コーヒーもケーキも美味しかったです。

IMG_2581_convert_20150616173702.jpg

このあたり公園になっててプールや(まだやってないけど)
テニスコートなどの施設もあり市民の憩いの場になっているようですね。
時間を気にしなくて良いなら、ブラブラと日が暮れるまでハンガン沿いを
お散歩するのも魅力的です。あ〜でも、もう空港に行かねば。

タクシーを呼んでもらおうとしたけど、タクシー乗り場まで歩いてすぐと
いうので、教えられた通りに行くも、見当たらず。
(日本語ちょっといけてたカフェのお兄さん。感じもよかったですが。。。)
途中で出会ったおじさんが声をかけてきてくれた(か私たちから聞いたのか忘れたけど)
車が拾える道路まで案内してくれました。
韓国の人は、迷っている人をみると放っておかないですよね笑
そして、丁寧に案内してくれたりもします。人との距離感が近い。
これをおせっかいと感じるか、あたたかいと感じるかであうあわないが
きまってきそう。
まぁ、でも、普通親切で教えてくれていることに対して
おせっかいとは思いませんね。


[2015/06/16 18:12] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
無頼漢党
「無頼漢」オスンウク監督 "チョン·ドヨンは母だった」...
「無頼漢党」の裏話公開

 2015061310145357090_20150613101606_1_convert_20150616000400.jpg

本気を秘めた刑事と偽りであっても信じたいキラーの女性、
二人の男女の避けられない感情をチョン·ドヨンとキム·ナムギルの出会いで描いた
ハードボイルドメロ「無頼漢」
(製作:㈜サナイピクチャーズ|提供/配給:CGVアートハウス
|シナリオ/監督:オスンウク)がアンコールスペシャルGV現場が公開された。

開封後のマニア観客層を形成し、外国映画の興行の中で
意味のある動きを見せている
「無頼漢」が11日、CGV新村アトゥレオンでオスンウク監督が出席したGVを盛況の
うちに終えた。現場には「無頼漢」を大事にしている人々の集まりである
「無頼漢党」の垂れ幕が登場し、注目を集めた。

この日オ監督は「映画の中の空間がたくさん記憶に残っている」という質問に、
「シナリオを書く時、必ずその場所に訪ねて行って、現場を見てこそ書き込みが
書き込まれている。 「無頼漢」を使いながらは韓国のアパートの歴史の本を書くことができるほど、
1980年代に建てられたアパートを見つけるために全国を回った」と
映画の中に印象的だったアパートと各空間に対するエピソードを愉快に伝えた。

俳優たちの演技についても「私が監督さんなら、今後10年はチョン·ドヨンさんを
背負って行かなければならないようだ。
チョン·ドヨンさんの揺れる目つきを見ながら、
この映画は終わったと思った」という感想が出るとオ監督は「チョン·ドヨンさん、
キム·ナムギルさん全てのシナリオに対する正確な理解と解釈で映画を表現した。
本当にすごい俳優だ」と感謝の気持ちを伝えた。

続いて「マスコミのスポットライトがあまりにもチョン·ドヨンさんのほうに傾くのではないか」という鋭い質問にもオ監督は「私はそうは思わない。
「無頼漢」はキム·ナムギルの再発​​見であり、
再誕生だ。キム·ナムギルさんがしたどんな演技の中でも最もよく消化した」とし、
俳優キム·ナムギルに対する満足感を表​​わした。

これに加え、チョン·ドヨンについては
「撮影現場でチョン·ドヨンさん苦しめる三人の少年がいた。
すぐにパク·ソンウンキム·ナムギルとオスンウク。
ドヨン氏は最後まで母の心で私達を
寛大に理解してくれた」と撮影現場で男性の間で誰よりも大変だったチョン·ドヨンに感謝の挨拶を伝えた。

2015061310145357090_20150613101607_2_convert_20150616000527.jpg

GV以降に行われた「無頼漢党」の定期集会は、20代半ばから40代前半まで、
様々な年齢層の観客が参加し、和気あいあいとした雰囲気を続けた。
「無頼漢」を観覧した後、映画の残像が残って「無頼漢党」に加入までしたと
明らかにしたファンは、基本的に2回観覧から10回以上劇場で映画を
観覧したと明らかにした。

「無頼漢」について高い満足感を表​​わしたファンはオ監督にシネマトークで
果たせなかった質問を投げかけ、映画に対する疑問を解決するための
時間を持った。オ監督と一緒に「ならず者党」の定期集会は、
ファンに意味深い時間をプレゼントし和やかに終えた。

心を隠した刑事と偽りであっても信じたいというキラーの女性の
避けられない感情を描いたハードボイルドメロ「無頼漢」、愛に傷ついた人なら
誰でも共感できる重いドラマで久しぶりに観客に「本物の愛の感情」を見せながら、
全国の映画館で上映中だ。




まぁ〜、いいですね。こんな場があるなんてすごい。
監督直々にお酌などして頂けたんですね。

「無頼漢」は、ナムギルの再発見であり再誕生という言葉は
印象的です。私は、「海賊」(パイレーツ)の時も十分新境地と思ったのですが
それで終わらず、更なる新境地を切り拓いたナムギル。
最新作が代表作。いつかそう言ってたナムギルですが本当にそのように
なりつつあるのかも。
撮影現場の三人の少年、、、微笑ましいな。

「無頼漢党」FBに私も入ってみました。「キリマンジャロ」もまだ
みてないのに、、すみません。
のぞいてみたら、ちょっと待ってちょっと待ってお姉さん、
映画のワンシーン、ナムギルファンにとってサービスカットでもある
シーンがアップされているではないですか。これはどこから
もってきた画像なんでしょうか💦
いろいろ面白いです。
[2015/06/16 00:33] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(4) |
記念にします
「こういうのがあるんだ〜」ととても感動したのが
今年の第68回カンヌ映画祭のオフィシャルワイン。
ギルペンさんが下さいました
センス溢れるソンムル、ありがたくいただきました。

第68回、カンヌ国際映画祭のためだけに造られた記念ボトルで
シネマフィルムとオフィシャル・ロゴがエッチングでデザインされた、
完全数量限定品だそうです。
image1 2

毎年、カンヌ映画祭ではデザインを変えて出ているみたいなんですが
今年のはこれなんですね。映画祭でも実際に供されているワインなので
ナムギルくんももしかして飲んだかしら。
0176542913B3.jpg

i4_convert_20150613002800.jpg

頂いた1本は、次にナムギルくんのことで何か嬉しいことがあったお祝いのときに
開けようと思ったのですが。。。やはりまずは、カンヌへ行った記念のお祝いに
開けるべきだと思い自分でも追加で2本注文してしまいました笑
追加のうちの1本は、次のお祝いのとき用。
もう1本は、ナムギルくんが次にカンヌへ行ったときのお祝い用。
3本目は何年寝かすことになるかわかりませんが
ナムギルくんと共に熟成していくような感覚。
次のカンヌのときにまたその年の
ワインを3本買うことになるでしょうか。

今日、飲んでみたのですがとても軽くて、あまり普段ワインを飲まない方でも
飲みやすいのではないかな。私は赤を頂きましたが、白、ロゼもあるみたい。
白もいいかもね。

ナムギルくんのお母さんが洗濯の仕分けをしているときに、カンヌのIDカードを
捨ててもかまわないかと言ったそうで、ナムギルくんは「だめだめ」と叫んだとか笑
クールに、構えていたのに。。というようなお話のオチとして語っていた
とっても庶民的で格好つけないエピソード。
ナムギルくんの俳優人生において大いに刺激になったであろう
カンヌ映画祭。記念のボトルを入手できて嬉しいです。

通販で買えます。ムートン・カデ・カンヌ国際映画祭特別ボトルはこちら
[2015/06/13 01:43] | 映画祭・授賞式 | トラックバック(0) | コメント(6) |
日曜日の舞台挨拶「無頼漢」
早く記録しておかないと忘れてしまいそうです〜。

早くも帰国日の日曜。私たちがみる最後の舞台挨拶in龍山(ヨンサン)
こちらの映画館では写真も展示してあるとのことで楽しみに
していました。

映画の座席も割と前のほうだし、こちらも楽しみでした
またまた下手な撮影ですが一応。。

[広告 ] VPS

※高画質を視聴、ってわざわざしないでくださいね(有料)元がひどいのでそんなかわらないです

今までの舞台挨拶だとスクリーン前扉から登場だったので、当然そこに
ピントをあわせて、動画を撮ろうとスタンバっていたら。。
突然、後方扉から登場。スクリーン前まで階段を降りていく御一行さま。
ちょっと待って〜〜!動揺しながら急いでナムギルを追いましたが
結果、こんなのしか撮れなかったです。

映画がわかりにくかったですか?的なことを聞いているらしいですね。
挙手制で。ナムギルソンセンニム〜笑
会場はとりあえず手をあげとく感じの?女性がちらほら
韓国語がわからないので映画の正確な内容がわかっていませんがたぶん
特にわかりにくくはないと思います。(私が終わり方で一番頭を悩ませた
韓国映画は「ピーターパンの公式」そういうのとは全然違う)

この動画の後、プレゼントをナムギルが手渡すっていうのがあったんです。
当たり前ですが、写真中の言葉は私が勝手にかいたものでナムギルは
こんなこと言ってません笑
IMG_2625_convert_20150611134626.jpg

IMG_2626_convert_20150611134707.jpg
左手の置き方のかんじ。。年長者にお酒をつぐときみたい。
ナムギルくんの気持ち的には
もうちょっと丁寧なんでしょうかね。「どうぞ、差し上げます」ぐらいの感じかな。

IMG_2641_convert_20150611134807.jpg

この後、プレゼントをゲットした方にみせてもらったんですけど
無頼漢のメモ帳というかノートというかそういうのでした。
表紙がヘギョンとジェゴンが向き合っている写真の。
サインはしてなかったようです。
数ページカラーページがあってあとは白いメモ帳みたいな。
この方、台湾の方だそうです〜。よかったですね!

さて、写真展です。
こういう屏風状の展示でした。
IMG_2574_convert_20150611140801.jpg

IMG_2571_convert_20150611141021.jpg
モノクロが似合う映画です。映画全体色のトーンが暗いです。
特に最初と最後の色が暗いです。

[2015/06/11 14:19] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(4) |
土曜の夜のソウル
無頼漢 舞台挨拶渡韓の記録。
2日目の夜です。

昨年の夏「海賊」舞台挨拶渡韓の折りは
観光や、お食事についてほとんど
考えずに行ってちょっと失敗もしたので
今回は少し計画をして行きました。
ロケ地見学として「サメ」
(ボールペンオヤジの笑)テオ書店、
イスが不意打ちキスをした
パンジャチッなど候補に挙がってました。
そして、3人が是非とも行ってみたかった市場も。
夕食をどこでとるかの選択になり
パンジャチッは時間の都合であきらめ
テオ書店(景福宮駅) から広蔵市場(鍾路5街駅)に行くことに。

外国人にとってこの景福宮あたりが
魅力的に思えるのは当然でしょうね。
新旧が入り混じった、なんとも言えない
魅力が街に漂ってます。
そんな中でも、ひときわ風情ある韓屋
テオ書店。。

書店を経営してきたおばあさまの
お孫さんがカフェをしていると
FBでみました。
日本でいうなら古民家カフェ
みたいな感じね。
行ってみたらカフェと、見学のみも
オッケー(見学のみの場合、2500wだった、たしか。。。)
見学の場合は、こういうの貰えました。
ポストカードと飴です。かわいいです。




半日くらい、ここでぼーっとしたくなる
空間でした。中庭があるっていいな。

テオ書店を後にしていざ広蔵市場へ。
ここは韓国で最古の歴史ある市場だそうです。両側にあるお店
その真ん中にはどこまでも続く
屋台が。長椅子が連なってお店の境い目がわからないほどです。

だいたい、売られているものも
同じです。ジョンやスンデ、トッポッキにチャプチェ、おでんにピンデトッ。
チョッパルなど。
これだけ同じようなメニューが
並んでいるからどこで食べても同じ?
どこもお客さんで一杯でした。

その中で、私達が座ったお店。

料金設定がよくわからなかったけど
皿数で計算してるよう。


この矢印部分、鳥の足なんです。
お店のお母さんがしきりに
「コラーゲンコラーゲン」っていうので言葉につられて初めて食べました。
足じたいの味はよくわかりません。
味付けがトッポッキなんだもの。その
甘辛い味しかしなかったです。

それからスンデに初挑戦。
見た目からか今まで、敢えて食べようとは思わなかったスンデ。ここの市場の
スンデは、更にすごい見た目。
普通、グルグル巻いてるイメージですが
ここのは太ーいのがドーンと1本❗️
なのです。


真ん中のお皿の右側がスンデ。ここの
市場のキンパは辛子醤油で食べるのが特徴らしいですよ。紙コップの中は
辛子醤油です。
麻薬キンパっていうんだそうです。細巻きですね。

こうして写真をみてみると
ごちゃ混ぜ盛りであんまり美味しそうに
見えないのですが、あの雰囲気の中
頂くと、とても美味しく珍しく
感じました。そしてやはり
これマッコリloverには市場の屋台で飲む味が
冷んやりしみる至福の1杯でした。
そうそう、マッコリ以外はだいぶ
残してしまうボリュームでだいたい
1人千円ぐらいだったかな。

またいろんな市場に行ってみたいです。
みてるだけでも本当に面白い。
なんか元気になったわ。
今回、生ギルと映画をみてる時の
次ぐらいに、自分の目が輝くのを
感じた瞬間でした~。

追記

市場から明洞に帰ってきて
前日から目をつけていたソフトクリームを食べました。
いっとき、すごく流行ったんですってね。
蜂の巣入りアイス。。。そういうお店がどんどん増えたけど
中には偽物(合成?)蜂の巣を使うお店も出てきて問題になり
今はそういうのが淘汰されて、一応本物っていってるお店が
残ったというかんじでしょうか。Milky Beeにて。
IMG_2544_convert_20150611120900.png
蜂の巣っていうと蜜蝋、ビーワックスなので口当たりが悪いんじゃないかと、
思ってたのですがやはり口当たりが悪いし最後はカスって感じ。これでロウソク作るんだものね。
ワックス部分はペッってだしてしまいました。でも美味しかったです。

[2015/06/09 22:54] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
見納めパイレーツ
スクリーンでパイレーツをみるのもそろそろ見納めとなりそうですね。
私は2回みましたがそれぞれ面白くみました。
1回では気がつかなかった部分なんかもあったりで。。

5月末から6月にかけてチャンサジョン チョンジェゴン チョンジェゴン チャンサジョンと
サンドイッチでスクリーンのナムギルを堪能できたことは幸せでした。
こういうタイミングもそうは無いかもしれない。
このサンドイッチはギャップ萌えでなんかおかしくなります。
同一人物とは思えないのはもちろん全く真逆なキャラクターで
しかもそれぞれ魅力的な男。ナムギルってあらためてすごい俳優だわ。
どんな役でもできることは知ってたけど、役柄の幅の広さにつくづく驚愕です。

パイレーツ、サジョンとヨウォルに関しての感想。ネタバレあり。

ヨウォルはサジョンをどう思っているんだろうか
ヨウォルは、これまで男に頼ったこともなく頼りたいと思ったことも
なさそうな女海賊ですがサジョンに3回、助けられました。


1回目、無数の矢から守られたとき。あんな風にされたら今まで
男から守られたことなさそうなヨウォルの中で何かが目覚めそう笑
この時点で自分でも気づかないうちにサジョンへちょっと気持ちが
いったと思うわ。にっくき奴ほど心に占める割合が大きいものだし。

2回目、無人島での二人。さすが山賊、薬草には詳しいし手際よく
火をおこす。ヨウォルの傷の手当をします。ここで手当されなかったら
もう傷口腐って高熱出て死んでたから笑
ここで、サジョンが「綺麗なオナゴやな」という感じで?ヨウォルのお顔を
ふれるシーンがありますが、こういうときのナムギルの表情演技、、リアルよね。
ナムギルってこういうとき、ほんとにああいう顔するんじゃないのぉ〜?なんて
思えてきちゃいます。これと似たような善徳女王の名シーンを思い出しました。
トンマンを寝かしてるときのピダムの表情。こちらの表情には深い愛を感じました〜。
パイレーツのシーンではその直後、ユヘジンさんのアップになるところが
面白いです。ストレートなサジョンの愛の言葉にドギマギなヨウォル、、
二人とも、手錠を外した後も繋がれていた部分を触って無意識のうちに
余韻に浸っていますよね。

3回目 クライマックスシーン。。。助太刀に行くサジョンたち
愛する者を守ると言い切るサジョン。。。
言われたことないでしょうヨウォルは。。。くらっとするに違いない。

きっとそれでも素直になれなそうなヨウォル、二人のその後がみたいですね。
パイレーツ、恋愛ものというわけではないですが、ナムギルペンだからか
そこも気になります笑

数回みてても最後にみたときにしか気付かなかった小ネタ。
生臭坊主さん、火薬入り壺を飲み物だと思って爆破させて船を破壊して
しまいますが、前から、飲もうと必死になってたんですね。笑った。


     
⚪︎浜のゴヌクこと(笑、、義弟が描いてくれたサジョン

[2015/06/09 01:18] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(4) |
Gil Story
Gil Story今月のテーマストーリーは
만남 ....出会い だそうです



「お互いがお互いを静かに受け入れる
楽しみ...」

ナムギルが、出演作のオフショットを
テーマストーリーに出すのは
初めてではないですか?
いつも、風景だったりが多いですよね。

お互いに演技を通して心の
交流があったのでしょうね。
やはり「無頼漢」は彼にとって
特別な作品となったのかも
しれませんね。
[2015/06/08 20:59] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
駆け抜けた土曜日2
用意した花束を抱え、次のCGV江辺へ。
ここは昨年も舞台挨拶で訪れた映画館でした。
こういう大きな電光?パネルがありました。
舞台挨拶、つつがなく終了。
お花を渡す機会を逸してしまいました。
そういう空気じゃないというか。
でも握りしめられたお花、だんだん元気がなくなってきてるしー。
早く渡したい。日本だと、切り口に
水を含ませたものを巻きますが韓国は
そういうことをしないのですね?
切りっぱなしの茎が花束として美しくも
ありますが、花もちには難あり。

ここで、あんまりしたくなかった
映画前の中座。。
そして次に向かいます。

次のワンシンリは映画の途中から
入らなければならないです。
半分以上、終わってる状態で到着。
入ろうと、券をみせると「こんな時間から?」というようにお姉さんに
不審がられながら入場。
暗い中、入っていくと私達の席には
他の方が座ってる。来ないと思われたのね。無理 ないわ。仕方なく後方の
空席で残りを鑑賞。

そして終映後の舞台挨拶。
本来の自分の席に移動をして撮影など。
また、あっけなく終了~。
でもまぁまぁ、前の席だったから
ナムギルが近かったです。
ここは、たしか日本のファンもたくさん
いらっしゃっていて、日本語の声援が
たくさん飛んでいました。
「ギルゥ~」などなど。

同じ映画館の次の上映の舞台挨拶前に
私達は花束を直接渡すのをあきらめ
映画館のお兄さんに託すことに。
さすがに接客業だけあってとても
感じが良く、快諾してくれました。
昨年、해적クッキーを焼いて下さった
ギルペンさんが今回は무뢰한クッキーを
焼いていらして、これは是非とも
ナムギルの手に渡ってほしかった。
こんなに心(愛)のこもったクッキー
そうはありませんよ。


それにこの完成度。。いつもながら
感心します。こちらも託して。
これは「ナムギルに。」と2回、繰り返した彼女。
このときの花束とクッキーが
ナムギルのスタイリスト
キムタエソンさんのブログに
アップされていたそうです。
良かったですーー(*^^*)
ちゃんとナムギルの
手に渡っていたし、ご覧でしょうし
召し上がったかも。

感動しました。

スタイリストさんのブログはこちら
ブログのほうには、私たちもちらっと
写ってまして、いい記念となりました笑





[2015/06/06 12:51] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(4) |
駆け抜けた土曜日1 
土曜日のナムギル以外の部分の記録です。

朝、私たちがまずしたことは花屋に行くこと。
花束を3つ用意して監督ドヨンさんナムギルに(できれば)
渡したいということで明洞付近の花屋を探しました。
まず目に付いたホテルそばの花屋はclose。
日本で調べてたお花屋さんを目指してGO!
ちょうどそのお花やさん、ナムギルについてもふれているブログが
ありました。こちらから
可愛い感じだし、日本人スタッフさんもおられるとのでいいなと思ったのです。
ところが、どこをどう間違えたのかたどり着かず、えらく遠回りをして
やっと発見と思いきや、営業時間のはずがCLOSE。
ここでだいぶ時間をロスしてしまい、花も用意できないまま大急ぎでCOEXへ。

COEXって9号線が新しく通って近くなったというニュースを読んだので
疑うことなく9号線へ行ったら、そんな駅ないじゃん!
(あとで調べたら駅名がcoexじゃなくてポンウンサという駅らしいですが
ちょっともやもやするのでもうちょっと調べてみないと)
途方に暮れて、とりあえず地上に出てタクシー移動することに。
舞台挨拶に間に合わなかったらかなり痛手。10分程で到着。タクシーを降りて走る走る〜。
COEX広いから。。。本当にギリギリに映画館に到着。。
着席すると同時に吹き出す汗〜〜。あれ?映画、はじまった?舞台挨拶は?
落ち着け〜〜。舞台挨拶は終映後だったのでした笑

そこで初めてみた無頼漢。一気に映画にひきこまれました。
この映画はドヨンさんとナムギル両方が主演ですがどちらか?と
いえばナムギルが主役だ、と、私は思いました。

そして、終演後、監督ナムギルドヨンさん登場。。
あっという間に終わる舞台挨拶。

この後、ランチと休憩を挟んで次へ移動。。がその前に、モールの地図をみたらなんと
COEXに花屋さんがあったのです。
早速、花束をオーダーしに。可愛いお姉さんが一人でお店番をしてましたが
このお姉さんに身振り手振り英語韓国語日本語全部使って
みんなで一生懸命、欲しいお花の価格やイメージを伝えました。
頑張ったよね〜。

3時に来てくださいと言われ、そこからモール内でランチ。。
なんだか無国籍なお料理を頂きました。洋風だったり
エスニックだったりする料理なのに沢庵とか漬物系が一緒に出てくるのは面白いね。
韓国ってパスタにピクルスがついてくるってきいたことあるけど
その感覚なのかしら。あ、でもその玉ねぎの酢漬けみたいなのが美味しかったです。

ご飯を食べおわり、3時ちょっと前、花屋さんに移動。
この隙間の時間に、服屋で買い物をした私
さっき通ったときに気になってた服屋さんだったの。
同行の皆さんを若干イラっとさせたのではないかと。。。ミアネヨ。

花屋さんに到着するも、まだできていなかった花束。。。
2つ目を製作中でした。「時間内にできなかったからプライスダウンしてくれる」って
いってたけど、結局、どうだったのか不明。。。
途中で彼女のボスが来て、なんと作り直しレベルの手直しをはじめる。
時間が無いからそのままでいいのよ〜。
次の江辺には4時には到着していないとだめなんです。
もう3時とっくにすぎてるよね。。。江辺までの乗車時間は15分程ですが移動時間が
けっこうあるからね〜。

やっとできたお花たちを抱え、早足で移動。。。
余談ですがそのお花屋さんの目の前でサイン会が行われていたの。
誰?
IMG_2489_convert_20150606012114.jpg
後で調べたらこの人?。。。たぶん、そうよね?

お顔に似合わず、しっかりとした骨太な歌唱ですね。
バラードでちょっと落ち着いたので、、なんかエンディングみたいな
曲(笑、そろそろ終わりにします。
だらだらと、あったこと全部かきなぐってますが、、ここまで読んでくださった方、
ありがとうございます。まだまだ続きますのでまた次回よろしかったらごらんください。
[2015/06/05 01:53] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(2) |
「無頼漢」舞台挨拶ソウル2日目
5/30(土)「無頼漢」舞台挨拶 
ナムギルssiのスケジュール
こんなだったのですねぇ〜。
ご存知の通り、監督さん、ドヨンさん、ナムギルのシンプルなメンバーでの
舞台挨拶です。

だいたい同じ映画館の映画が終わった時と次の回の始まる前が
効率よくセットされていますが、なかなか大変なスケジュールですね。

MEGABOX COEX 11:20 終映時
MEGABOX COEX 14:00 開始時

ロッテワールドタワー 13:00 終映時
ロッテワールドタワー 15:20 開始時

CGV江辺(カンピョン) 16:00 開始時

ロッテ建大入口(コンデイック)14:50 終映時
ロッテ建大入口 17:10 開始時

CGV往十里 (ワンシンリ)15:35 終映時
CGV往十里 18:05 開始時

MEGABOX東大門 17:10 終映時

ソウル劇場 18:40 終映時

CGV大学路 (テハンロ)19:10 終映時

大韓劇場 20:00 開始時

私たちが行ったのは(大型ショッピングモール)COEXのMEGA BOX11:20終映時
CGV江辺16時の開始時、CGVワンシンリの15:35終映時と18:05開始時

韓国語、わからないのですが終映後の挨拶ではいつも何か
聞いていたナムギル。挙手を求めていました。(映画が)「難しかった方?」って
きいていたようですね。やはりお客さんの感想、反応が知りたいのね。
そして、3人の中で一番よく喋るナムギル。監督さんとドヨンさんが
軽い挨拶程度なので、ナムギルが喋ってくれてよかったです。
でも自分が長く喋ると『 죄송합니다 (チェソンハムニダ)』『すみません』と
監督さんドヨンさんに挨拶するナムギル。。自分のファンが黄色い声援を
激しく笑あげればまた『 죄송합니다 (チェソンハムニダ)』。。。
あくまでにこやかに和やかに一声かけてました。完璧なお方。。。

DSC01412.jpeg
DSC01415.jpeg

いつもながらまずい写真ですが。。。
この写真なんて、上部を無駄に入れすぎ、、なんでもっと下までいれなかったのか。
もーやだ。
きれいな写真は、ほかでご覧になっていると思いますので
臨場感だけお楽しみください(楽しめるのか不明ですが)


追記
ナムギルくんのFacebookが更新されていました。
それにしても、ジェゴン刑事のカケラもない素のナムギルくんは
本当にナムギルくんってかんじで。。。
この変身ぶりが記事になってたりもしましたが
一瞬にしてジェゴンになる集中力が不思議なくらいですね。

11329991_925339150820709_8614053413100699553_n_convert_20150605081302.jpg
11393080_925339067487384_1696039574287947271_n_convert_20150605081332.jpg
10502218_925339010820723_3632968694109707760_n_convert_20150605081348.jpg
[2015/06/04 17:14] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(8) |
女子旅っぽくスタートin明洞
「無頼漢」舞台挨拶をみにソウルへ行ってきました。 あっという間の3日間、2泊3日は短いと、帰るときにいつも感じます。 前の日記でちらっとかいた通り 今回は明洞に宿泊。 安さ重視で選んだホテルですがべつに不潔でもうるさくもなくて 寝るだけならこれで充分です。 明洞に着いたのはもう19時頃だったでしょうか。まずは夕ご飯。 ちょっとベタですが老舗の明洞餃子に行きました。 明洞餃子 konest 並ばず入れました。超有名店ですが、私、初めて入ったんです。 冷たい豆乳麺のコングッスを頂きました。ヘルシーそうだし、美味しかったです。 IMG_2480_convert_20150602235439.jpg カルグッスも味見させてもらったけどこれも美味しかったです。 fc2blog_2015060222282458f.jpg もしかして、こちらのほうが美味しいかも?そして何よりキムチが美味しかった〜。 ニンニクすごく効いてて。来る前に胃腸をちょっと病んでたのでちょっとドキドキしながら 食べましたが、何事もおこらず良かったです。 翌日ナムギルに会うので綺麗にしなければと気合い満タンでエステへ。 小顔 骨気エステみたいなのを予約して行ったんです。 3人並んで施術台へ。 首や顔のつぼやいろいろマッサージしてリンパを流しリフトアップをはかろうというもの。 骨気(コルギ)やったことありますか?骨気は矯正っぽくって痛そうだけど 骨気風のエステかな〜なんて思って行ったのですが、これが痛くて。。。。 我慢我慢の連続でした。顔の中心から外に、そして鎖骨のほうに流すのは リンパを流してるんだろう、今開通してるんだわと思ってひたすら我慢。 小鼻の横から指2本分くらいの頬の真ん中にあるつぼが ものすごく痛いです。やってくれてる人の指の力がハンパ無いです。 このつぼ、昨日まで触るとまだ痛かったです。 あと肩が〜。これも痛い。「こってますね」といわれましたが自覚なし。。 一緒に行った3人中、2人は痛かったのですが一人だけ なんともないCさん。。。 たぶん、悪いものがあると痛いんだと思います。 そして全てが終了したあと、、、なんとなく変わってる。。 つまり小顔になってたるみがとれてるような。。。 一緒にいったギルペンさんは明らかに違ってると効果を感じたそうです! これが明日まで保たれてほしい〜。 パックをしたのでファンデとか塗りたくなくて素顔で 夜の明洞へ。 なんせ、明日からは買い物時間が無いんじゃないかということで 先にお土産を買い込みました。 そしていよいよ翌日。。。。ナムギルに会える日です。
[2015/06/02 23:50] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(6) |
| ホーム |
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR