FC2ブログ
パンドラ12月7日公開
パンドラ'、12月7日に封切り確定、マカオ国際映画祭招待快挙




OSEN=イ・ソダム記者]韓国初の原発を素材にした映画'パンドラ'(監督パク・ジョンウ)が12月7日封切りを確定するとともに、今年初めて開かれる第1回マカオ国際映画祭(International Film Festival&Awards Macao、IFFAM)に国内作品としては唯一、分けてセクションに招待された。

'パンドラ'側は22日"12月7日封切りを確定した"、"12月8日から13日まで開かれる第1回マカオ国際映画祭の非コンペ部門である'ガラ(GALA)'セクションに公式招待された"と明らかにした。

今年初めて開かれる第1回マカオ国際映画祭は東西洋の特色がすべて存在するマカオの国家的特色を生かして東アジアから西区映画までその年の話題作を紹介する映画祭での競争部門12本、オープニング1本含むガラセクション5便の計50本以上上映される。
二重'パンドラ'が招待された非コンペ部門である'ガラ'セクションは今年最も重要な作品のうち5本を紹介するセクションだ。
マカオ国際映画祭総括局長でティー(Lorna Tee)は"'パンドラ'は現在、世界的に関心を示している素材である原発に対して最も現実的でありながら、最も商業的に表現した。 商業性と作品性を全て備えた優れた作品"と'パンドラ'を招待した理由を明らかにした。

パンドラ'を演出した朴政佑(パク・ジョンウ)監督は、"開封まで4年の歳月がかかった作品で、どんな作品より意味がある。 国内外で話題となっている原子力発電所の現実について関心を持って見ていばもう少し安全な世の中が来ないかと思われる。 世の中が私たちが考えるより希望的だったらという心で映画をお目見えすることになった。 私たち次の世代にどのような世の中を伝えなければならないか悩んで見る機会になることを願っている。 海外でも高い関心を持ってくださって感謝する"と招待についての感想を伝えた。

これで'パンドラ'の主役であるキム・ナムギル、文貞姫(ムン・ジョンヒ)、チョン・ジンヨン、キムデミョン、キム・ジュヒョンそして朴政佑(パク・ジョンウ)監督は今月12月10日、マカオ現地で進行されるレッドカーペットと、外信とのインタビュー、プレスカンファレンスおよび海外初上映と舞台挨拶に出席し、外信記者らと熱い出会いを開く予定だ。




やっと封切り日が決まったパンドラ。
日本からのツアーでイルボンペンの
皆さまとご対面後、ほどなくして
マカオ行くんですね。
ナムギル大忙しです。

「商業性と作品性を全て備えた優れた作品」という評価を受けたんですね。
そのバランスが偏らないのは、なかなか難しいと思うのですがそう評価されるのは素晴らしいことだと思います。

ところで。。。。
今朝方の地震にはびっくりしました。
津波、原発、、、ニュースが伝える
言葉、映像にあの日を思い出し
動悸がしてしまいますよね。

パンドラは私たちにとってとても
感情移入してしまう、忘れられない
ナムギル主演作になることと思います。
[2016/11/22 21:35] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ムービートークライブ | ホーム | パンドラ予告編日本語字幕版>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1013-afdcba5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR