FC2ブログ
ファイティン!
キム・ナムギルの人生演技、セリフBEST 3&未公開スチール電撃公開!

2週連続ボックスオフィス1位、開封12日目300万人の観客を突破し、全国的な興行症候群を呼び起こしている映画<パンドラ> [監督:パク・ジョンウ、提供/配給:NEW、製作:㈜CACエンターテイメント、共同制作:㈜シネマパーク]が観客数350万人突破を目前にした中で、発電所の従業員「ジェヒョク」を演じたキム・ナムギルの熱演が観客の間で話題を集めている。映画を観覧した観客の間から演技の絶賛を得て広く知られている劇中ジェヒョクの熱演シーンの中の名セリフと未公開スチールを電撃公開する。

#1.“俺たちが出なければ、俺たちの家族も皆死ぬ"

キム・ナムギルは<パンドラ>で分別がなく見えるが頼もしく見える発電所職員
‘ジェヒョク’を演技して反転魅力をリリースして観客に多くの好評を受けた。
劇中で‘ジェヒョク’は突然発生した地震により問題が生じた発電所を置いて急いで逃げようとする。

しかし発電所にもっと大きい問題が生ずれば結局自身の家族やはり危険に直面することを悟って復旧のために発電所に戻る。 キム・ナムギルはこういう‘ジェヒョク’の姿を説得力あるように表現して観客に深い印象を残す。

#2 "事故はあれが広げておいて、また、国民に報告して収拾するんだ"


また、劇中で「ジェヒョク」は、原発事故が発生した巨大な事故が起きたにも事故の事実を隠しての対処で一貫する無能な政府の行動に憤怒する。事故収拾のために、国民の前に談話を発表する大統領の姿を見て、「事故はあれが広げておいて、また、国民に報告して収拾するんだ」というセリフを残す。このセリフは、乱れた韓国の現実の姿を連想して、多くの視聴者に共感を形成している。

#3「大変でも休まずに行かねばならない。無条件に遠くに行かねばらならい」

原発事故の影響を避けて避難に上がった家族の行方を心配していた 「ジェヒョク」はガールフレンドである「ヨンジュ」(キム・ジュヒョン)と連絡を取り合い、家族の安否を尋ねる。
キム・ナムギルは「大変でも休まずに行かねばならない。無条件遠くに行かねばらならい」は「ジェヒョク」のセリフを通じて困難の中でも家族を考えている「ジェヒョク」の責任感の強い姿を込めて観客に熱い家族愛を感じさせる。

キム・ナムギルはドラマ[善徳女王]で「ピダム」役を演じキャラクターに完全に没入した驚くべき演技力が「ピダムブーム」を起こして人生キャラクターを作った。
<海賊:海に行った山賊>は、優れたコミック演技で866万興行を導いて、第68回カンヌ国際映画祭に招請された<無頼漢>で演技スペクトラムを広げ演技力と興行性を兼ね備えた俳優として生まれ変わった。

<パンドラ>を通じて、人生の演技で注目されているキム・ナムギルは
「キム・ナムギルの演技がとても実感できてㅠㅠㅠㅠ "、"災難映画でbsetだ!キ​​ム・ナムギルの心を打つ演技 "、
"パンドラキム・ナムギルの演技を見に行く... "、"パンドラすごい。キムナムギル뿌도쿠 각 "、"キム・ナムギル学ぶ洗練された捨てて素敵さを捨てたね。実際の状況のように没入して、みて涙ずるずる "、
"最後の部分にこみ上げてきましたね...俳優キム・ナムギルの演技ㅠㅠ」など好評を得ている。
<パンドラ>は歴代最大規模の地震に続いて韓半島を脅かす原発事故まで、
予告なしに訪れた大韓民国最初の災害の中で最悪の事態を防ぐための、
普通の人の死闘を描いた作品である。
国内初の原発素材を扱った超大型災難ブロックバスターで圧倒的なスケールと
絶望の中で咲く希望と感動のメッセージで今年の冬最高のファミリー映画に挙げられている。

加えて、韓国映画としては唯一、第1回マカオ国際映画祭に公式招請されて進行した
インターナショナルプレミアは、観客のスタンディングオベーションを引き出す熱い賛辞を受けた。
海外有力メディアバラエティは「差別化された災難ブロックバスターで韓国市場を越えて海外興行の可能性まで備えている」と好評し、映画祭の審査員らは、
「映画の中の奇形的に定着した政府は、国民を英雄にしている」(俳優チョン・ウソン)
「感情的に非常に美しい映画。最後に涙を止めることができなかった」(監督セザールカプル)
「観客の心に長く滞在する運命になる映画 」(トロント国際映画祭アジア首席プログラマージオバーフルビオ)と絶賛を惜しまなかった。
歴代12月の最初の週封切り作の中で最高のオープニングスコアを達成、
2週連続ボックスオフィス1位を記録して封切2日目300万観客を突破、
観客数350万人突破を目前にして止められない興行疾走を広げている
超大型災難ブロックバスター<パンドラ>は、全国の劇場で絶賛上映中だ。





別記事のスチール


機械翻訳違っているかもしれないです。すみません。
特に肝心の台詞のところ。すっきりせず。。。あとハングル表記した部分もスラングでわからないです。
「~각 」は「今こそちょうど~~するいいタイミングだ」という説明も出てきましたが。。。

これは、今日の記事ですけれどもここにきてこの強力プッシュ、大絶賛の嵐。
「マスター」が公開となってますからちょうどいい宣伝ですね笑
そう、その新作映画「マスター」
イビョンホン、カンドンウォン、キムウビン、この華やかな俳優たちが
揃った映画。ランキングに上がってきましたね~~。
なんでも、前売り率では歴代最高なんですって?
VIP試写会も今をときめく俳優たちがたくさん訪れてました。
デイリーランキングでは1位に躍り出てきてました。

パンドラも「海賊」の時のように上にどんな映画が来ても上位キープで地道に動員数を増やしていってほしいです。
1位から落ちたからって、どんどん転落していくようなそんな映画じゃ
ないですよね?私はまだ観てないけど、そんなんじゃないって信じてます。
だってナムギル渾身の作品だから。

[2016/12/22 19:04] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<パンドラVライブ2弾 | ホーム | ロングインタビュー続き >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1050-9670fba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR