FC2ブログ
韓国1日目-2
続きです。。。

親切なタクシーの運転手さんに、予約を
とりつけて明洞のホテルに到着しました。
電話なんかもしてくれたし
200円ぐらいのお釣りは受けとらず
降りました。

22:30からなので出発時間まで明洞で
両替したりごはん食べたり買い物したり。
映画館は、MEGA BOXサンボンという
名前ですがサンボンじゃなく1つ手前の
チュンナンという駅にあります。
地下鉄から乗り換えた中央線で明洞から約30分。

荷物を置きに再びホテルに戻りました。
映画も観られるしお迎えにもきてもらえるしで、すっかり安心して緊張感が
なくなったせいか気づいたら思いの外
時間が経っていて、乗ろうと思ってた
電車にちょっと遅れちゃったんです。
でも、元々が早めに見積もってたので
ちょうどぐらいかなーなんて
時刻表と連動してる乗り換え案内アプリを
みて目を疑った!

地下鉄から乗り換えた先の中央線というのが本数が多くないらしく(夜だから?)
チュンナン駅にに着くのが映画開始時間ぐらいじゃないですか(*_*)

さぁーーまた始まりました。
ギリギリの戦いが笑

地下鉄乗り換えもスムーズに
中央線のホームまで辿り着きました。
ここで15分は、待ったかなぁ~。
この時間がなければ良かったのに。

駅に着いてから1分たりとも迷いたいくないので地図をよ~くみて道順をシミュレーションしました。

やっときた電車は結構なラッシュ状態。
チュンナンで人をかき分け降りて
出口までダッシュ。
改札出たら右か左かよくわかんないんです。地図ではコンビニがある方へ行くようになってるけどなんか、見当たらず。
暗くて視界も悪いし。地図上では
途中から目印の
物がいっぱい出てくるので
方向がどっちかさえわかれば。。

迷ってる時間ないから
聞いた方がいい!と思い若い人なら
映画館知ってそうだと思い前を歩くカップルにいきなり声かけました。
「チョギヨ~、メガバックスオディエヨ?」女性はギョッとしてたんだけど男性が指差して、「あっち」と
教えてくれました。
「コマスミダ~」と走り出しました。

もうこの時点で映画はじまる時間です。
その後は目印も次々みつかり迷うことなく
最短時間で映画館に到着。
映画開始から10分程経過してました。
チケット売り場にお姉さんが一人。
私の前にいたお客さんの対応をしています。早く~。

やっと自分の番になり、息急き切って「パンドラハンジャンジュセヨ」っていったら
「マスターじゃないですか?」と
しれっというお姉さん。「何がマスターじゃ、パンドラじゃ!」って言いたかった。そしてお姉さんの口から衝撃の一言が。

「パンドラやってません」

「はっ!?」

でも良かったんですー。丁度
自分の横にある立て看板に「夜間タイムテーブル」が貼ってあったんです。
で、パンドラを指差して「これだよこれ。
やってるやないけぇ!」とは言わないものの、そういう勢いで指差しました。

そしたらお姉さん、無言でめんどくさそーに、内線かけはじめ誰かと相談してる様子。
10分少々、遅れただけでこんなに
入れてくれないものなの?厳しすぎでしょ。まして満席でもないのに!

お姉さんが電話中、考えてました。
もし断られても絶対引かない。
「これみるために日本から来たのに」って言おうか。だって納得いかないよー
10分の遅刻で断られたら。映画館だって
儲かるんだからいいじゃんね。

お姉さんの電話が終わりました。
席を選べって言ってる。どうやら大丈夫だったみたい。
PC上のシートの図を
みせられた。はっ?ガラガラじゃん!
6席ぐらいしか埋まってない。
満席の訳ないとは思ってたけどここまでとは。何を出し渋ってたんだよ。

一瞬、そんな事を思い、一番入り口に近い席を選択。
お姉さん、発券しながら
「次回は遅れないで来てくださいね」
みたいな事を言ってる。「次はない」と
心の中で答える私。
でも「チェソンハムニダー」って言ったら
急ににこやかになったお姉さん。

やたら縦長の映画館でエスカレーターで
上へ上へと移動。ここでも時間とられた。
やっと着席。
映画のほうはまだ、地震が起こる前でしたが結局15分ぐらい遅れちゃったかな。
これでほっと安堵しました。。。。
この映画にたどり着くまでの
自分自身がパニック映画のようでした。


内容、感想の詳細は控えますが
今までのナムギルのどの涙の演技とも違う
涙の演技だと思いました。
必ず人の心を動かす熱演でした。
カップルで来てた女の子は号泣してました。
私は号泣とまではいかなかったけど
やっぱり涙しました。
言葉以上に伝わってくるものがある
ナムギルの演技ですが、セリフも長いし
言葉がわかったらもっと泣いただろうなと
思います。


Netflix で配信がはじまるといいですね。
韓国語わかる方はさておき、初見が字幕付きというのが一番感動するかもしれないです。

[2017/02/04 02:50] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<韓国1日目-3 | ホーム | 韓国1日目-1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1075-8626fc47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR