「ある日」のTV番組
YouTube から共有させて頂きました。

「出発!ビデオ旅行」



「映画がいい」


だいぶいろいろみれて嬉しいですね。
それにしても、今度の役柄は年相応な感じだし
本当に普通の男性ですね。
パンドラのジェヒョクも普通の人ですが
訛りキャラという特徴が異色でしたもの。
今迄で一番、普通かも。
普通なんですが、ふとした仕草や
ちょっとした表情の素敵さは普通じゃないわ。
そんな萌えポイントもあるし
感動もあるんでしょうね。

まだ全貌はみえていませんが、日本版の
「悲しみが消えるまで」
というサブタイトルから推測するに
そういう話しなんでしょうね。

でも、大切な人を失くした悲しみって
消えないと思うんだよね。
わかりやすいけれども若干、安直チープな
感じがしないでもない副題。。。
「悲しみが癒えるまで」でとかのほうが良くない?
ナムギルもヒーリングって言ってるしさ。
それじゃちょっと弱いのかな。
消すんじゃなくて
悲しみも自分の一部としてとりこんで
生きていくっていうかそういう
気持ちの方が理解できます。

ナムギルが感じたことがどんなふうに
自分の中に入ってくるのか
とても楽しみです。
[2017/03/26 22:25] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「ある日」公開にむけて | ホーム | マリクレール>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1106-a544bc00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR