FC2ブログ
"原作と最も近くて遠い映画"「殺人者の記憶法」
映画vs小説電撃的に分析で予習して'殺人者の記憶法'試写会に行こう!
というイベント(試写会)が韓国で
催されるそうです。

試写会抽選の件は
韓国在住者でなければあまり関係の無い
話ですが、原作との違いを比較している
のが興味深い記事でした。

元記事こちら
[イベント情報]
*応募期間:8月14日(月)~8月23日(水)
*当選発表:8月25日(金)公示事項
*当選人数:50人(1人2枚計100枚)
*時事日程:8月28日(月)夕方8時
*時事場所:ソウルロッテシネマワールドタワー

以下抜粋
"原作と最も近くて遠い映画"
殺人者の記憶法映画VS小説電撃的に分析!
出版前の事前予約販売だけでベストセラーに立ち、文学界にセンセーションを巻き起こした金英夏(キム・ヨンハ)作家の小説『殺人者の記憶法』が9月、映画でやって来る。

殺人者の記憶法はアルツハイマーにかかった引退した連続殺人犯が新しい殺人犯の登場で忘れられた殺人習慣が蘇って行われる犯罪スリラーだ。

話題の原作とジャンル映画の鬼才ウォンシニョン監督の出会いだけで期待を集める中、知ってみると、2倍もっと面白い殺人者の記憶法映画と小説の違いを電撃公開する。

1.連続殺人犯'ビョンス'が殺人をする理由
さらに完璧な快感を向けた殺人VS死んで当然だったごみを掃除するための殺人

映画や小説の最も大きな違いは、主人公'ビョンス'が殺人をする理由だ。 主人公に共感することができるかどうか、ないのか。
これがまさにウォンシンヨン監督が原作と最も違う表現しようとした部分だ。 小説の中'ビョンス'はさらに完璧な快感を得られるという、次はもっとうまくやれるという目標を抱えて殺人をやらかす。

一方、映画の中'ビョンス'(ソル・ギョング)は世の中に散らばった死んで当然だたゴミのような人たちを掃除するため、殺人をする。 理由があり、納得が行く殺人、そのため、観客たちは娘を守るために、またも殺人を計画する'ビョンス'の状況を理解して彼に打ち込むことになる。

2.ビョンスを取り巻く周辺人物の変化
予測できない結末、謎の男'テジュ'とビョンスに残った唯一の存在'ウンヒ'

ビョンス'を取り巻く周辺人物も変わった。 小説で'ビョンス'が新たな連鎖殺人犯と疑う'パクジュテ'は土地を見に通いながら狩りを楽しむ狩人に、蛇の目を持った冷たくて冷酷な人物として描かれている。

一方、映画では'テジュ'(キム・ナムギル)という名前の警察署巡査に変わった。 'ビョンス'は偶然の接触事故で会った'テジュ'から自分のような目つきを発見して直感的に彼が連続殺人犯と確信する。 しかし、'ビョンス'を除いた他の人たちは平凡な巡査の'テジュ'を全く疑わない、はなはだしきは'ビョンス'はアルツハイマーに記憶が途中で途切れている。 これによって観客たちは彼が本当に新たな連鎖殺人犯か、'ビョンス'の妄想なのか最後までわからなくなる。

また、小説で'ビョンス'の娘'ウンヒ'は孤児院で連れてきた子供に'ビョンス'がアルツハイマーにかかり、療養保護施設に送ることを真剣に悩む姿を見せて、父について愛情がぱっとしない人物。しかし、映画の中'ウンヒ'(キムソリョン)はアルツハイマーにかかった'ビョンス'を真心で介護する。

小説比父を向けた娘の親孝行、娘を守ろうとする父の父性愛がもっと濃い。 このような設定の変化のおかげに'ビョンス'が最後の殺人を決心する際、観客たちは'ビョンス'の行動を共感することができる。

3.劇の笑いと緊張感を倍加させる新しい人物の登場

ビョンスの長年の友人'ビョンマン'&ビョンスの姉'マリア'&ビョンスを片思いするヨンジュ

映画には新しい人物も登場する。 ウォンシニョン監督は'ビョンス'の独白で行われる1人称の視点の小説を映画化し、やや単調な劇を豊かにしてくれる人物を追加した。

'ビョンス'の親友であり交番所長'ビョンマン'(オ・ダルス)は17年前、連続殺人犯をまだも追っている人物と映画の中で笑いを与えつつも、妙な緊張感を与える。
ここに'ビョンス'の姉であり修道女である'マリア'(キル・ヘヨン)、'ビョンス'の市文化センターの同僚の受講生であり、彼を片思いする'ヨンジュ'(ファンソクチョン)までそれぞれ異なる個性を持つ三キャラクターは'ビョンス'のそばをうろうろしながら、予想できなかった瞬間、笑いとスリルをプレゼントする。

このようにウォンシニョン監督はアルツハイマーにかかった連続殺人犯という破格的な設定は守りながらも人物の関係、構成を変えて原作を読んだ人も、読まない人も誰でも面白く見られるようにした。 殺人者の記憶法は原作と最も近くて最も遠い映画になるだろう"というウォンシニョン監督の抱負のように小説を読んだこれは、映画を、映画を見たこれは小説を必ず探してみることになるだろう。



元々ナムギルさんは肩の広い男性ですけど
この写真をみると筋肉をつけて
14キロ増やした体格がちょっと
垣間見える気がします。胸の辺り。。。
今と厚みが全然違う、、この制服の
下はモムチャン状態なんでしょうかー。

あと、ナムギルの子供を産みたいと言った
女優さん。
この映画で共演されてたんですねー。


ますます原作が読みたくなって
きました。翻訳版を楽しみに待ちます。
是非とも映画公開前に読みたいです。



[2017/08/15 23:13] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<次回作品? | ホーム | 名不虚伝 記事いろいろ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1203-e5a8dd82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR