アジュンさんとナムギル
名不虚伝が好評のうちに終了し
キムアジュン さんのインタビューがいくつか
出ていて楽しく読みました。

今日見かけたものでは、ズバリ「恋愛対象としてのキムナムギル」についても聞かれいて面白かったです。

東亜ドットコム記事より

キムアジュン"キム・ナムギル、才能の豊かな俳優…恋愛の可能性?ちょっと恥ずかしくて"


俳優のキムアジュンがtvNのドラマ'ミョンブルホチョン'に呼吸を合わせた俳優キム・ナムギルを言及した。

キムアジュンとキムナムギルは、それぞれ胸部外科のチェヨンギョンと朝鮮随一鍼術家ホイムに分解、ソウルと朝鮮を行き来するタイムスリップロマンス演技をした。

キムアジュンは、東亜ドットコムとのインタビューで"多才な俳優"とキム・ナムギルとの演技の呼吸を追憶した。

"キム・ナムギルとは映画祭でも遭遇したことがない。親交がまったくありませんでしたよ。 'ミョンブルホチョン'を通じて会ってみると、本当に才能が多い俳優ですよ。真摯な性格だと思ったらいたずら心、愛嬌があってそのまま才が多いということを感じました。"

二人のロマンス演技は'ミョンブルホチョン'の視聴理由の一つで、演技をよくしたためかポータルサイト関連検索語には'キム・ナムギルキムアジュン恋愛'が生じたりもした。
これに対してキムアジュンは、"現場でも'よく似合う'という反応が多かった。 そんなことを聞くと気分が良いにも関わらずちょっと恥ずかしくて'…(笑)'になった。 演技の息がよく合って良く見てくれたようだ"と話した。

"ロマンス演技をする時だけはチェヨンギョンとして本当に愛して本当に恋愛するという考えで臨みます。 私も良い人に会いたいんだけど縁に会うことが容易ではないんですよ。 しかし、このようにロマンス演技をしたら愛したくなることはしています。 私が映画でなく、ドラマではロマンス演技経験がほとんどなかったんです。 'ミョンブルホチョン'をしてみて思ったのはロマンスジャンルにより出演してみたいということでした。 レスの中には、'キムアジュンもうジャンルものの女王やめてロコ・ものしなさい'という反応もあったが力になりました。


前作のSBS'パンチ''ウォンテッド'に比べて愉快な作品に戻った理由については"明るい雰囲気の作品をしたかった"と言及、'ミョンブルホチョン'だけの魅力を付け加えた。

"作家さんに言いました。 'テーマ意識が明確で、愉快な作品はたくさんない。 テーマがはっきりすれば、真摯で深刻で刺激的に展開される。 しかし、'ミョンブルホチョン'はテーマもはっきりして愉快だ'って。シノプシス、4部まで台本を見て出演を決定しました。 キム・ナムギル先輩ともシナリオについて相談をたくさんしました。 ドラマにしては対話をたくさん交わして撮影を開始しました。

映画'美女はつらいよ'(カンナさん大成功です)から受ける印象が強烈だからだろうか。 キムアジュンが、ロマンチックコメディージャンルにたくさん出演したような感じがした。 しかし、キムアジュンは、"映画はロコを少ししたがドラマでは、交渉が入ってこなかった"とイメージとは違う衝撃(?)的な話を切り出した。

"「まったくありませんでした。(笑)ドラマでは深刻なジャンルものが多く入ってくるんですよ。主体的に引っ張っていく事件中心の作品であり。ドラマ制作関係者の方々がご覧の私のイメージを変えて見てはと思います。


キムアジュンもやはり自分の代表作に'美女はつらいよ'を取り上げ、"いつ頃上回ることができるでしょうか。"と問い返した。

"越えられないかもしれないでしょう? 代表作があるというのは、幸せなことだが、'乗り越えている'は自己満足よりも、'キムアジュンが越えた'という感動を大衆に見せてあげたいです。 私が俳優として受けた愛について恩返しする気持ちです。 キムアジュンが代表作を更新する楽しさを一度は必ずお見せ致します。"

そして、"'ミョンブルホチョン'次の作品を早くしたい。 休みたくない"と仕事に対する意欲を示した。
"30代前半の年を渡し、仕事欲が多くなりました。 仕事が楽しくて大好きです。 よくやりこなせる自信もできたしです。 狂ったように働きたいが、女優らができるいい作品が多くなくて残念です。 良い作品があれば一日も早く訪れます。"





アジュンさんってインスタで自ら「ひとみしり」
なんていう写真をあげてみたり、以前のインタビューでも内向的で
恥ずかしがりやと
自ら言っていたりするんですが
そういうタイプは
ナムギルみたいな人、好きなんじゃないですか?
やはり自分と逆のタイプっていうか
自分がもってない面を持ってる人に惹かれませんか?
しかしですねぇ。。。アジュンさんは以前に
チュウォンとのキスシーンについて
バラエティ番組で
「あまり経験が無いみたい。子供みたいだった」
とか言ってたらしくひとみしりでも
言うことは言うのね笑
ナムギルのは満足したんでしょうか。。
しただろうな。笑

チェヨンギョンとして
本当にホイムに恋していたし
それはナムギルホイムも同じだろうし
だからこそ、視聴者の共感をよんだんですね。
細かいシーンでも、お互いの演技がお互いの
良い表情を引き出してるような印象でした。

アジュンさん今日ちょうどお誕生日みたいですね!
(16日だったみたいです。)
センイルチュッカヘヨ~~
ステキなヨンギョンでナムギルとの
良い呼吸をみせてくれてありがとうございました!

アジュンさんとファンジョンミンさんの
ドラマ「アクシデントカップル」が
好きなんですけど、そのあとすぐ映画
「カンナさん大成功です」をみたんです。
やはり、続けてみたくなるというのは
ひっかかる女優だったんでしょうね。
そんな女優が、ナムギルのロコのお相手で
良かったなって思ってます。
[2017/10/17 21:37] | 出演ドラマ 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「奇妙な家族」クランクイン関連 | ホーム | 「殺人者の記憶法」別バージョン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1259-139344ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR