FC2ブログ
「ワンデイ」DVD鑑賞の感想
今日は久々に日中一人の時間ができたので先日シネマートで購入した
「ワンデイ」DVDを観ました。何回観てもアホみたいに泣くのがわかっているので
一人の時にゆっくり観ようと思ってたんだよね。

改めて優しい映画ですよね。。まずガンスが優しい。
病院のベッドで横たわるミソに亡くなった妻のソンファの姿を知らず知らずのうちに
重ねていたのかもしれないけど、ミソとの交流が始まる前から優しい。

酔ったままミソの病室に石を返しに来て、ミソに語りかけているガンス。
最初に映画館で観た時、相手が聞いている聞いていないに関わらず
語りかける優しさとその優しい口調にうるっときました。
ミソが自ら命を絶ったのでは?と思っていたガンスは
「怖くなかった?」などと言っていますが、 後から妻のソンファの自死のことと
重ねていたんだとわかりますね。

ミソと出会ってからはイヤダイヤダと言いながらミソの
いう通りにしてあげるし、みえるようになったけど触れられなくなった
ミソを可哀想に思って水族館に連れて行ってあげたり
市場に行ったり。優しいガンス。そういう人だから保険会社の
営利追求、人道無視なやり方に嫌気がさしていく。
上司も、奥さんの治療費で相当金使ったんだろうから働かにゃ
みたいな無神経な事を平気で言うし。
後半、もう会社のことは見切っていましたね。

この映画は分類としてはやはりファンタジーかな。
幽体離脱のようになっているミソとガンスの交流も
最後のガンスの選択もファンタジー。
現実には、この行為は犯罪だし。。。
尊厳死の問題というのも難しい。身内に回復の
確率が極めて低いレベルの植物状態の人が
いるような方はこの映画を観たら苦しいと思います。
「何も意思表示できず横たわっているけれど
本当は、もう逝かせて欲しいと思っているのか」と考えたら。。。

お母さんが精神的にも経済的に苦しんで回復の見込みがない自分に
縛られているのを見るのが辛かったミソ。
同じような境遇だけど対比的に出てくるのが保険詐欺みたいな事をしている父親。
貧しくてもなんでも頑張る意味があるんだという存在として出てきたと思いました。
ガンスもエールを送っていました。
ミソのケースはそれとは違って、お母さんが頑張ってもどうしようもないという事なんでしょうか。
その上でのミソの選択が、安易なものではなくこれしか
なかったんだと思えてきます。

でも、この映画は尊厳死の問題を扱っている映画じゃなくて
ミソの気持ちを尊重した時に妻のソンファの
選択をやっと受け入れることができたっていうテーマだと思います。

クライマックスシーンの海辺でのミソの言葉。「最初より最後の方が記憶に残るでしょ。
私を忘れないでいてくれる?」「いい思い出として残りたい」
今まで泣くことすらできなかったガンスの号泣。。。
ここでやっと妻の死を理解し受け入れることができたんですね。

帰宅して、ずっと入れなかった妻の部屋に入るガンス。
窓際に立ち、何気無い日常の幸せ、いい思い出を次々と走馬灯のように思い出す
シーンがこの映画で一番好きです。この時のガンスがとても良い表情です。
微笑にも色々な種類があると思いますが、ナムギルさんの演技が素晴らしい。
本当にガンスの心情を現す微笑です。


音楽も良い!冒頭から音楽がいいです。
ナムギルさんのルックスもいいです笑今はちょっと細すぎと思うけど
このぐらいがちょうどいいです。
何も考えずとも、このルックスだけでも楽しめるぐらい。
子供の凧づくり凧揚げ、この辺りの表情や雰囲気、ナムギルさんの
素敵さが出てるなぁ~。
子供と動物といるときのナムギルさんの表情、最高だよね。
なんだろ、、、優しさが滲み出ちゃうのかしら。






予告編等の画像からお借りしました。

[2018/02/07 17:52] | ナムギル | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<新しい記憶 | ホーム | 歌って欲しい曲>>
コメント
MINA様こんにちは。いつもブログを拝見しております。어느날は私が今まで観た映画の中で特に心に響く作品です。見れば見るほど冒頭から胸が締め付けられて涙が溢れ、泣き過ぎて半ば呼吸困難に陥って映画館を後にする日々を送りました。自分自身の状況の変化もあり、観ることが辛く、でも観ずにはいられない作品でした。人の温かさや本当に大切なものは何かなど、人として生きる上での様々なことを考えさせられました。MINA様がひたすらに涙を流しながらご覧になると伺ってなんだか嬉しい気がいたします。私にとって演じ手が願っていらっしゃった「癒し」にはなりませんでしたが、ガンス氏のことを時折思い起こし、彼の未来に思いを馳せながら過ごしていくかと思います。決して目立つ作品ではないけれど見る人の置かれている状況によって受け止め方が全く異なりつつも、深く心に染み入る本作は素晴らしいと感じますし、この作品を選び、精魂傾けて演じてくださった남길氏に感謝しています。僭越ながら、小手先ではない演技でガンスという人物を的確に表出させたところが俳優として素晴らしいと思います。
では寒さ厳しき折、お身体くれぐれもご自愛くださいませ。
[2018/02/12 12:35] URL | ベリル #pak5S9yM [ 編集 ]
ベリルさん

こんばんは^ ^お元気でいらっしゃいましたか?
コメントありがとうございます。この映画はベリルさんの仰るようにその方の置かれた状況によって
感じ方が違ってきますよね。ナムギルさん自身も台本を違う時期に読んだらその都度、印象が
違ったというような事を言ってましたね。

私は、癒しになったかというと、よくわかりませんが
愛する人たちの死に向き合うときに、この映画を思い出すだろうなと
思いました。そしてなんとか前を向けそうかなと。

ブロックバスターじゃない小さくてもこのような趣味の良い映画が
無くなってしまうのは韓国映画界の危機ですね。
それでも単純に撮影される映画の数、映画館の数からいっても日本より
韓国の方が盛んだと思うのですけどね。。。日本の映画について
詳しくないので多分、なのですが。

内容は勿論、韓国映画界というか韓国の映画文化の事も考えて
この映画をやろうと決めたというナムギルさんの視野の大きさと
心意気にまた惚れました。ウヒさんにも、そういう話をして
彼女も出演を決めたらしいですね。
これからも素敵な作品を選んで出てくれるだろうと思うと
楽しみです。

いつも見てくださってありがとございます。ベリルさんもご自愛くださいね!
[2018/02/13 01:10] URL | MINA #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1315-45c0a370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR