FC2ブログ
ダークナムギル?
元記事こちら

クローゼット'キム・ナムギル、祓魔師変身…'ダークナムギル'人生作なるだろうか

俳優キム・ナムギルが映画'クローゼット'を通じて新鮮な変身を試みる
キムナムギルは最近、映画'クローゼット'(監督キムグヮンビン、製作映画会社月光、アーティストカンパニー)の出演をオファーを受け、これを肯定的に検討中だ。 最終日程を調整している状態で、出演可能性が高い。

ホラー映画である'クローゼット'は仲が疎遠な父と息子が山の中を探した起こる出来事を描いた作品
劇中のキムナムギルは祓魔師役を消化する予定だ。 スリラーと追撃ものには出演しているが、ホラー主演は初めてだ。 キム・ナムギルの最高作に挙げられるドラマ'善徳女王'のピダム、'悪い男'のゴヌク、'無頼漢'のジェゴンなどを想起させる挑戦だ。 'ダークした'魅力でファンの大きな愛を受けた彼が'クローゼット'でどんな顔を披露するかどうか期待が大きい。



キムナムギルは、映画やドラマを行き来しながら最近まで活発な演技活動を続けてきた。 作品の規模とジャンルを問わず多彩なイメージを見せてくれた。
この2015年作品である'無頼漢'として演技力を改めて立証した彼はその後、ブロックバスター'パンドラ'、スリラー'殺人者の記憶法'でも重みのある演技を消化した。 ドラマ'ミョンブルホチョン'を通じては親しみやすくてコミックな素顔を溶かした演技で愛された。

'クローゼット'この映画ファンに大きな期待を得ているもう一つの理由は、忠武路(チュンムロ)の2人の傑出した俳優、ハ・ジョンウとキム・ナムギルの初の演技の呼吸にある。
スター性と演技力をすべて背負った韓国映画界の代表俳優として活躍してきたハ・ジョンウ、キャラクターとジャンルの温度にこだわらず、均質な演技を披露してきたキム・ナムギルが今度の映画を通じてどれほどのシナジー効果を出すかが観覧ポイントだ。 'クローゼット'は俳優兼監督、製作者としても、才能を見せてきたハ・ジョンウが企画に参加した作品でもある。
ハ・ジョンウは1978年生、キム・ナムギルは1980年生だ。 錚々たる二人の同年代のトップスターにした作品で演技として登場するありふれていない見どころだ。 'クローゼット'はキャスティング作業終了後撮影に突入する予定だ。



ホラー映画。。どの程度のホラーなのか
わかりませんが、周りのギルペンさん達も
ホラーは、苦手という方が多いです^_^;
私はカラッとしたホラーは
嫌いじゃないし、スプラッタにも
耐性はあるんですがジメッとした
アジアのホラーは苦手。例えば日本の
呪怨とかリングとか、怨念みたいなの。。。
思い切ってみたコクソン、ホラーなのか
わからないけど怖かった~。
クローゼットもそういう系?
タイトルからして、クローゼットの中に
絶対何かいるやつやーん。
韓国映画の残虐シーンも本当に
エグいのあったりしがちだし。。。
ホラーが苦手なギルペンさんも
ナムギルが出ている以上は
頑張って観る、という意思は固い事と
思いますが^ ^
まずは。。。「奇妙な家族」のゾンビで
慣らしましょう笑
先日のロングインタビューでもちらっと
言ってましたが
ナムギル活躍シーンもあるとの事
(走るシーン)


そしてこのクローゼット、
ハジョンウ色が濃い作品でもあるようですね。
私は、群盗とトンネルしか観た事
ないですが男っぽい俳優さんという印象で
勿論演技派ですが、それ以上の感想は特に
無かったです。忠武路の顔という事で
ドヨンさんと共演した事も
あるそうですね。


先週大阪の上映会も終わり
今週は東京で上映会です。
25日にはDVDが発売ですね。
DVDのパッケージのLP仕様というのは
LPと同サイズのジャケットという
事らしく、だいぶ大きい感じですね。
飾るのには良いかと思います。。
入れ物が大きいだけじゃなく内容も
二枚組とかだったらよかったのにね~~

[2018/07/16 21:57] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<息子のご飯は作れません | ホーム | 次回作の記事。映画もドラマも両方するんですか?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1377-f17696cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR