FC2ブログ
『クローゼット』子役キャスティング
映画「クローゼット」子役のキャストが
決まったようです。

元記事はこちら

'天才子役'ホユル、ハ・ジョンウの娘になる'・クローゼット'キャスティング 



母'イ・ボヨンに続き、'父'ハ・ジョンウだ。

'演技派子役'、'天才子役'と呼ばれる俳優ホユル(9)この映画'クローゼット(キムグヮンビン監督)'を通じて、ブラウン管に続き、スクリーンデビューの申告式行う。 31日、映画界によると、ホユルは'クローゼット'でハ・ジョンウの娘として最終決定、撮影を準備中だ。

'クローゼット'は母親が死んだ後、間が疎遠になった父娘が山の中にある家へ行った起こる出来事を描いたホラースリラー映画だ。 ハ・ジョンウが父、キム・ナムギルが祓魔師の役割として早くから出演を決めており、ここにホユルがハ・ジョンウの娘として投入されて女性に呼吸を合わせる。

先立って、父と息子設定とされているが、関係者によると、当初から父と娘の話だったと。 関係者は"ネタバレになる可能性があり、慎重な姿勢だが、ストーリーを見ると、娘であってこそ話になる部分がある"と耳打ちした。

400対1の競争率を勝ち抜いてtvNのドラマ'マザー'でデビューしたホユルは成人俳優に劣らない演技で第54回百想芸術大賞TV部門女子新人賞トロフィーを獲得した能力者だ。 ホユルの受賞は歴代最年少記録だから、その意味を加えた。

ブラウン管デビュー作で、母イ・ボヨンともち米の餅ケミを誇ったホユルは、スクリーンデビュー作では父のハ・ジョンウを会うことになった。 イボヨンと、ハ・ジョンウすべて演技では定評がある俳優たち。ホユルも侮れない演技力を備えているだけに、イボヨンに続き、ハ・ジョンウとはどのようなシナジー効果を引き出すか期待感が高い。

ハ・ジョンウと尹鍾彬(ユン・ジョンビン)監督の中央(チュンアン)大学の同窓であるキムグヮンビン監督がメガホンを取った'・クローゼット'はハゾンウ所属会社アーティストカンパニーと尹鍾彬(ユン・ジョンビン)監督製作会社映画会社月光が共同製作し、CJエンターテインメントが配給している。 まもなく撮影に突入する見通しだ。





韓国の子役は上手ですよね。
こういう子達が大きくなってもそのまま
俳優を続けていたりするからいい意味で
末恐ろしいという感じ。
迫真の演技をみせてくれると思うと
この映画、ますます怖そうだー!
ナムギルさんもようやく9月から始動ですね。

[2018/09/01 15:30] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<'熱血司祭'主人公決定 | ホーム | FCギルボッ更新>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1392-11044a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR