FC2ブログ
「明日が無いように生きています」インタビュー (1/4)
ギルストーリーにもプロボノで寄稿した事のある方がインタビュアーのこのインタビューが良かったので記録しておきます。長いので4分割しました。問題あれば削除します。





私は明日がないように生きています。熱血司祭、キムナムギル
元記事はこちら


ドラマ'熱血司祭'は関係のドラマ,チームワークの産物

"成功?お互いにつまれないように任務を完成しただけ"

"感情が正解だという事実,チョン·ドヨンに学ぶ"

"私の未来,私がどんな道に進むかは気にならない"



SBSドラマ'熱血司祭'の魅力的な行動派神父キムヘイルを務め、熱演したキム・ナムギル(39歳)。 彼は,国情院特殊要員出身でアルコール依存症に毒舌と暴力をためらわないカトリック司祭の役を演じ,コミック演技とアクション演技を自由自在に行き来した。


"神様,私は眠っている人を起こすことはできても,寝てるふりをする人を起こすことはできません。"

"額に聖水で十字架とって塗ると天国へ行くのではありません。 "気楽に罪を犯そうと聖堂から出てくる信徒たちは,聖水で半身浴をしても天国に行けません。"

-ドラマ熱血司祭より


キム・ナムギルに好奇心を持ったのは2012年ごろ、ある社会活動家を通じてだった。 インドネシアの地震被害現場に一緒に行って来た後,自分の影響力について真剣に悩んでいた彼が"ギル·ストーリー"という非営利公益団体をローンチングするという話だった。 当時,その社会活動家の要請で,私は'ギル·ストーリー'のホームページに才能寄付で数編のヒーリングエッセイを掲載した。 そんなに些細な縁で数年間,キムナムギルという人に対して若干の関心を維持していた。


人気を得たばかりの若い俳優が,自分の魅力資本を善い影響力に両替しようとするこの驚くべきアクションを,私は慎重な気持ちで見守った。 なんの団体の広報大使ではなく,彼自身文化芸術NGOの首長になって多くの人と路上の話を書き下すとは! "これまでこんな俳優はいなかった。これは善意かよ!と疑いの渦中にも彼は小さな田舎町のバスに案内放送を流すキャンペーンや,フィリピンの台風被害募金運動のようなことを静かに繰り広げていった。


概ね豊かな才能を持て余している"多血質"な俳優と社会を変えるという善良な意志を持つ慎重な社会活動家はどうやってキム·ナムギルの中に共存するようになったのか。 そんなとき,SBSドラマ'熱血司祭'に関するうわさが聞こえてきた。 初めはカトリックの"ハヌニム"を開神教の"ハナニム"と発音したり,"暴力的な司祭"が不便だという批判だったが,時間が経つにつれて大衆は腐敗した公権力に立ち向かう正義な神父の活劇にますます熱狂し始めた。


ドラマ"熱血司祭"は成果の中,現実とドラマの境界を自由自在に出入りしながら,憚ることなく風刺とパロディーを演じた。 麻薬と不正の温床であるクラブ"バーニング·サン"は"ライジング·ムーン"として当たり前のように改名し,"バットマン"のゴッサムシティの韓国バージョンである仮想の都市,クダム市に堂々とオープンした。 体はまだ特殊部隊員だが,心は司祭のキム·ナムギルは十字をきった手でアッパーカットを飛ばしながら,水を得たヒーローのように腐敗都市を歩き回る。


正義に敏感な司祭は,慈悲と無慈悲の間を鮮やかに分け,悪党の肋骨を罪責感なくめちゃめちゃにした。 そんなとき,キム·ナムギルの演技には"※1가오'と‘병맛"が適切なハーモニーを成した。 それは彼の表現どおり映画的というよりはとてもマンガ的であり,'ペーソス'で強いスクリーンよりは小さいサイズの軽いブラウン管でずっと輝いていた。
(※1가오 体面を保ったり、格好つけることここでは格好をつける事の意味に近い?병맛 病的な、馬鹿みたい、とんでもないの意味)

キム·ナムギルに会った。黒い司祭服を脱ぎ,眩しい白いシャツにブラックジーン,スリッパを履いた,楽な姿だった。 氷水を一杯飲んだ後,ロック·バルブが故障した蛇口のように,機知にとんだ話が滝のように殺到した。 その"巻かれる言葉の味"が甘く清々しかった。 対話の中で最も多く口にした言葉は"仲間"と"誠実"だった。


--"熱血司祭"はジャンルがキム·ナムギルだと言います。

"とんでもないお話です。ある俳優がジャンルというのは不可能です。 "大きな事件と強い人物を中心に現実とマンガ的な想像力を混ぜたアンサンブルです。"


-正義感に燃える方ですか?普段はいつ憤りますか?

"どんなときも無駄に小さなことにくたくたです(笑)。 エレベーターの前で押して入ってくる時,駐車場に適当に駐車した車を見るとき,点滅することなく突進する車に出会う時... 日常的な思いやりのない無礼な他人に怒りが込み上げてきます"。

fc2blog_20190505021449405.jpg

怒り調節障害がある特殊部隊出身司祭キムヘイルを演技したキム・ナムギル. 攻撃的ファイター姿勢が印象的だ。

-ドラマ‘スカイキャッスル'は私たちの社会教育ピラミッドを風刺したし、‘眩しくて'という年取るということに対する視線を矯正して感動を引き出しました。 人々は‘熱血司祭'のどんな部分にそんなに熱狂したでしょうか?

"このドラマはタイトルロール中心の作品ではありません。 助演が主演のために犠牲になったり道具で使われないで、各自の役割と個性を維持しました。 お互いがお互いをどのように対するのかの関係性が‘熱血司祭'の核心でしょう。 そのような調和の中に悪を断罪して同時に社会積弊勢力が会心するストーリーがかゆい部分を気がせいせいするようにかいたことでしょう。"


-特に多血質神父の怒りとユーモアが妙なカタルシスを与えます。

"私にはお父さんのようなイ・ヨンジュン(チョン・ドンファン)神父の死がドラマの大きい事件でした。 だが、その重いということを払いのけて私は漫画キャラクターのように限りなく軽いコメントを飛ばしました。 考えてみれば愛する人が死んだとしても人生自体がトラウマでだけ満たされることはできません。 悲しむ時間と笑いながら生きていく時間が共に交わると考えました。"

-ともかく司祭服フィットがすばらしいですよ。 非常にスタイリッシュな戦闘服ではないのかと思います。

"最初は司祭という配役がちょっと食傷ぎみでした。 だが、特殊部隊出身の司祭ならばその新鮮度が違いますね。 私が活動する空間はクダム市という仮想の都市でした。 映画‘バットマン'のゴッサムシティのパロディなのに、そのような面で私が演じたキム・ヘイル神父はヒーローでないヒーローです。 バットマン仮面をかぶることもできなくて(笑). 代わりに黒いマントのように司祭服の上に長いロングコートをひるがえして通いました。"

-映画‘鋼鉄の雨'で見せてくれたチョン・ウソンのアクションほど高い完成度に強烈な印象を受けました。 二人が一緒にするアクション映画を想像してみました。

"チョン・ウソンさんとはフィジカル面で私が相手になりません(笑). 映画‘無頼漢'でパク・ソンウンさんを相手にする時私は身体が全身壊れそうだったんですよ(笑). ただ私は撮影現場にきて熱心にストレッチングをして脚を裂きました。 やぼったく打ち合いすることより舞踊のように力を抜いてスタイリッシュな動作を作りました。 事実すべてはチームの結果物です。 作品ごとに一緒にした二人のアクション監督が動作を精巧に設計し、カメラが下から上への足蹴りをとりました。 分かってみれば私がする数多くのねらいが外れた足蹴りにアクション チームが駆け付けて激烈に迎えてくれたことですね。"

-アクションとコミックが適切なシナジーを成し遂げるという点で映画‘極限職業’が思い出されました。

"(つんとするように)私はその映画を見なかったです。 劇場で私の映画‘奇妙な家族'と正面対立したのではないですか。 ハハ。 冗談です. イ・ハヌィさんが‘極限職業'を終わらせてきてそう言いました。 "同じように挨拶しないの? このタレントたちよ!(笑)"私は私たちの‘千万女優'を丁重にもてなしました(笑)."
[2019/05/05 09:05] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<インタビュー(2/4) | ホーム | 芸能街中継>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1594-cad9ec4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR