FC2ブログ
ナムギル漢陽都城エッセイ5 続き
何より日没が始まると、とりあえず行った道を止めなければならない。
夜になると街灯があるわけでもない、すぐに漆黒の闇になる。

そういえば当時のように空の輝く星を
見ることはできなくても今は、
漢陽(ハンヤン)都城の素敵な夜景を
見ることができるということに慰めになる。 まるで風灯のように村の家ごとに発せられる光と路地ごとの街灯の光、
そして漢陽都城の城壁を月光のように照らす照明が一緒になってホタルが
四方に飛ぶことだけ同じ夜景が作られる。
しかし、惜しくも朝鮮時代の夜はそのようなロマンとは距離が遠かったようだ。
夜には道をこれ以上歩いて行くことができなかったはずだ。

ひとまず、日が暮れると四方が
トンネルの中のように漆黒のように真暗になって、獣の襲撃と盗賊の奇襲を
受けることもあった。
特に仁王山周辺には虎が多かったが、
旧韓末まで、漢陽(ハンヤン)都城の内と外そこがどこであれ、虎の天国だったいう。

さらに、当代に朝鮮を旅行した
ある青い目の旅客も行く先々トラと
関連された数々の伝説と事件・事故を聞いたという。
一度はある酒場に泊ったが
主人がオンドルをあまりにも熱くしているため、もう息が詰まってドアを開けたという。 ところが、その間の主人が
慌てて駆けつけて扉を閉めるのだ。
その虎が入ってきて事をする
という言葉だ。
しかたなくこのかわいそうだった旅客は
40度を超える部屋の中でやっと
目張りに穴をあけて息をしながら
長い冬の夜を過ごさなければならなかった。 でもその人は日が消えて星が
交代した夜に障子の穴の間で今よりさらに明るくて燦爛たる星の夜の中で眠ったのだ。 そんなに濃い夜空にきらめく
星一つ一つ数え方、そんな旅行の味。

|星一つ一つ数え方、そんな旅行の味

旅行一度行くには山川越えて、
時には命をかけて、飢えは普通のことであり、自然災害に匹敵する環境の変化と対抗して闘わなければならなかった当時を
想像してみるとスンソン壮挙は、都城の人々に大きな慰めになったように見受けられる。
原則的には望む福を成し遂げるには、
全区間を中間に休むことなく、
振り返ってみるべきといわれるが、
それは歩く人の心がないのか ?
もちろん山の中深く位置した区間では
しきりにかさこそという音だけ
少し私も振り返って生きた獣が襲うのではないか警戒したが、結局はすべて、漢陽(ハンヤン)都城の内と外だった。

そんなスンソン遊びの淡白だが、
濃い魅力が長く、当代に話し手にな
ったようだ。

そういえば、本来旅行というものが
単に新しいものを見て楽しむ遊びだけではないではないか。
割とお馴染みの場所からあまり離れた
距離がなくても十分に長い旅行を楽しむこともできるだろう。

その半日の中に世界旅行をするように、
それぞれ他の村の風景と四季を
一台込めた風光が提供する、
小さいけど大きな旅行での満たされる事をそのまま持ったまま家に戻る道。

|半日の中に世界旅行をするように

その新たで平凡な道を歩いている旅行者の心の中に建てられて再び壊されたりすることを繰り返さする考えの行路。
そんなに再び私に一歩ずつ
近づいていく道。

やっと、本当に旅行の始まりになりそうだ。 これぐらいは漢陽都城のどのぐらいかな、この道は私がしばしば通うソウル市内どこに通じるだろう、とても遠い昔にはこの道があの道にも通じたんだな... うなずきながらあちこちのぞき込んで... またきて行ってあった人々とするお話の中で国は人が持つ考えの軌跡を一つずつはがしていく。
そんなにしきりに自分自身を知っていくのではないだろうか?

今まで歩いてきた道を振り返ってみながら誰でもないまさに自分自身をさらに切なくて尊く思うことができるようだ。

|スンソン遊びのそのような
しっかりした魅力

そんなに平凡で退屈な日常の中で
少しは自由で時には興がわいて肩踊り
ふわっと踊るようにする楽しみを
スンソンはその永らく毎日のように都城の人々にプレゼントしてくれた。
だからあれほど長い間
その多くの人々の心の中に思い出に
残っていたのではないか。

親の親が再び子供の子供が歩いた
その長年の旧道はそれで今も依然として
漢陽都城の城壁よって流れる流麗な
風道を維持しているかもしれない。

だから本当に旅行の始まりは、
漢陽(ハンヤン)都城の真ん中にその場に立って、目をつぶってどの風でも当たってみたり、風のなかに染み込んでいる私の声に耳を傾けてみること、再びその隙間口笛のように聞こえてくる誰かの声を静かに聞いてみることで始めてみよう。
そんな暇ながら、和やかな旅立ちを。
byキム・ナムギル





ナムギルさん
よーくわかりました。
いや、わかった気に なりました。
皆さんもいつか漢陽都城で自分探しの
旅、してみますか?

漢陽都城アプリなるものを
いれてみました。GPSで地図の場所を
確認できたり、面白いなと
思ったのは「漢陽巡城で城郭が存在しない
消失区間をAR拡張現実を通じて道案内
サービスを受けることができる」という
ところ。
AR拡張現実。。。ポケモンGOみたいな
ことらしい。。。きっとスマホを向けたら
消失した城郭が見られるのね。

でもナムギルが言ってる旅は
そういう事じゃないねきっと。
古地図を携えて想像力を働かせてこそ
いい旅ができるのかもしれない。
時々、目を閉じて風を感じてみたり。。
行き合う人と視線をあわせて
挨拶してみたり。

スマホも必需品ですが
スマホに頼りすぎると五感が働かなく
なりますね。
待ち合わせで、お互い視界の中に
いるのに「どこにいる?今着いた」とか
ラインしたことないですか?笑
漢陽都城行ってみたいです。

エッセイの中で
「もちろん山の中深く位置した区間では
しきりにかさこそという音だけ
少し私も振り返って生きた獣が襲うのではないか警戒したが」という部分が
有りますが、ナムギルが歩いている所に
出くわす奇跡が起きたら、間違いなく
かさこそさせて後ついて行っちゃいそう。
獣になって襲う事だけはしないように
理性は保たないと((^◇^;)
ナムギルさん警戒してくださいー笑

そしてファンディングの期限が
11月10日までですね。
私もSBJ銀行(新韓銀行)に行ってきたいと
思います。手数料不要(ウォン建ての場合)だし新大久保にもあるので遊びに行ったついでに振り込める。。いや、振込みのついでに遊びに行けるし^ ^
[2016/10/13 22:12] | Gil Story | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<パンドラ12月 韓国封切り | ホーム | ナムギル漢陽都城エッセイ5 >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kimnamgil-mamire.info/tb.php/984-e791baf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR