FC2ブログ
Blu-ray /DVD 続々発売
ナムギルさん出演作のBlu-ray/DVDが8月2日
続々と発売そしてレンタル開始となり嬉しいです!


ドラマ「医心伝心 脈あり!恋あり?」
DVD SET1・1話~8話

(SET2は9月4日リリース)


詳細はこちら


キム・ナムギルより日本のファンの皆さまへスペシャルメッセージ動画


「殺人者の記憶法」DVD/Blu-ray


「殺人者の記憶法:新しい記憶」DVD


画像でかっ( ;∀;)


私はとりあえず、「殺人者の記憶法:新しい記憶」をAmazonで予約してゲット。さっき観終わりました。なんといってもテジュのキャラがたってるのは「殺人者の記憶法」!感動もするし。。。
ただ、初めて映画館で観た時の最後の5分が鮮烈すぎたので「新しい記憶」の方がまずは欲しかったです。ビョンスのCT写真からの最後のシーンのソルギョングさんのあの表情は(笑
そしてあのセリフ。ニヤリとしちゃうやられた感みたいなのがすごくありました。

ドラマと映画、この両作品を並べてみたときに一番感じるのがナムギルさんの俳優としての役幅の広さ。素敵ですね。優れたストーリーテラーだといつも思っています。大好きです!!

ここをみていらっしゃる方にはあまり該当しないかもしれませんが、もしこのドラマか映画、どちらかしかみていない方がいらっしゃったら是非とも両方観てナムギルさんのアメージングな振り幅を体感して頂きたいですね。両方ともレンタルもありますし。


さて。。。。余談ですが日本でDVD発売ラッシュ?を迎えている中、ナムギルさんが何をしていたかと思えば7月31日ですけれどもマスコミ向け試写会にお出かけだったようですね。『工作』 こんな映画 参考 Kstyleこちら

マネージャー氏のインスタに、「神と共に2」のハジョンウ、チュジフンやイジョンジェなど豪華メンバーの舞台挨拶写真があがっていたので、ナムギルさんも行ってるんですか?と思っていたら、お姿キャッチされた方がインスタこちらに「工作」とのことであげていらっしゃるのでそっちだったんですね。でも、「神と共に」にも行ってそうですよね。。。この映画、面白そうなので1?の方から観てみたいです。
それにしてもチョンウソン氏の白Tや周囲の人の服装と比べたら同じ季節と思えないようなナムギルさんの長袖上着姿。。。大丈夫でしょうか?体調とか。ちょっと冷房寒かった?(^ ^)クランクインを控えてますので身体を大事に体力気力マックス発揮できますように。







[2018/08/04 00:22] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
ギルストーリー5番目の道物語
ギルストーリー「道を読む男」
漢陽都城に続く次なるキャンペーン
「田舎バス」がアップされてました。
オーディオなどはこれからですね。

こちら

最近のシネプレイインタビューでも
「地方の山奥に行くと、バス案内放送が出ないところが度々ある。それで村のおばあさん、おじいさんの声を直接録音して停留場を紹介しようと思います。彼らが村について感じる愛情や自慢なども盛り込むつもりです。外地から来た旅行客たちに情報提供の面でもいいんじゃないかな」と、言っていましたよね。

山奥、という事ですが南海(ナムへ)という
釜山に近い海沿いの田舎道のようですね。
韓国の地方に行きたい欲がずっとあるんですがこういうのをみると更に高まってきます。


[2018/08/01 13:22] | Gil Story | トラックバック(0) | コメント(0) |
シネプレイのナムギル インタビュー印象的だったこと6

今更感ですが、まだ終わっていなかった感想を続けたいと思います。
志を同じくする制作者と俳優たちの熱い会話はとどまることを知らなかったようで夕食を挟んで再び事務室に戻り話は続いていったんですね。現在、最もナムギルが呼吸を合わせたい俳優はドヨンさんだそうです。他のジャンルで会いたいとの事でした。

ハンジェドク代表が「今、映画か恋愛か?」と聞くと当然のように「映画ですよ!」と答えるナムギル。「自分の全てをかけてもいいと思える女性が現れ旅行に行くことにしたその日に、ドヨンさんとの映画クランクインがあったらどちらを選ぶか?」という質問にもドヨンさんとの映画を選んだナムギル。それでいいですよね。

はい。乾杯~。

「女性の気持ちは私がなんとかして解いてみる事ができそうですがドヨン姉とのクランクインはまたいつになるかわからないじゃないですか」というナムギルのお答え。
それはそうだわね。でも旅行とかじゃなくてもっと突き詰めた質問だったらどう答えるのかな。
旅行だったらわざわざ大事な時に行かなくても
何度もチャンスがあるものねぇ~。「私と映画(仕事)とどちらをとるの?」と言われたら?。。。

また生まれたら映画制作者ではなくサッカー選手になりたいというナムギル。
それは代表も同じだったようで(^ ^)ドヨンさんは、ナムギルを知る前は思慮分別がなくて自分の趣に生きる子だと思っていたとか。
それがそうではなく考えがあまりにも深い子だったと。恋愛をせず、変なやつです、などと言われていましたね笑


そこからナムギルの恋愛の話に。
恋愛が楽しくなくなってちょっと経つそうです。今は演技に、はまっていることもあるけれど若い頃は「愛」と「ロマンス」を混同していたりもしたようです、という話が面白かったです。

愛とロマンスがどう違うのか。
監督やドヨンさんは、ロマンスは一方的に自分から開始することで、愛は受け手があって関係性で行われる、
つまり片思いと愛、のような事かなどど色々聞くけれど、違うというナムギル。


「相手に対する単純な好奇心を愛と錯覚する場合があるがこれはロマンスに近いようです。一方、「愛」は好奇心を上回るより内密な感情」という事だそうです。ナムギルさん、ロマンスは何度かあっても愛はなかなかないのでしょうか。

愛はロマンスからはじまると思うけれど愛まで到達するロマンスが無かったのかな。
だから恋愛しないという事でもないでしょうけど
以前にナムギルさんは、「俳優」というのも、「会社員」などと同じく、職業の種類だと言っていました。
でもこのお仕事は、夢中になると恋愛もできなくなるほど魂をもっていかれるんでしょうか。
勿論、人にもよるでしょうけれどそれはそれで恋愛もする、というわけにはいかないんですかね。
いや、べつにしなくてもいいですけどね(^^;

ドヨンさんがナムギルに、「自分自身について何が知りたい?例えば占ってもらうとしたら、何を聞いてみたい?」と聞くと「いつ頃、私は楽になる事ができるだろうか?」と聞きたいらしいナムギル。

楽になるというのは、「心が」ということのようですが今は辛いんでしょうね。
とても、自分に厳しく悩み多きナムギルさんが
心配な時もありますが、本人曰く立ち直りもはやいとの事なのでその言葉に少し救われますね。
監督がその質問に自分がいつ死ぬか聞きたい、と答え死に方の話まで発展したようですね。

そんなこんなで午前0時。。。
先輩たちの温かいアドバイスがよかったです。

ドヨンさん「私は君が絶えず君の心に様々な刺激を与えたらいいと思う。演技の他にね。そして考えを少し単純化する必要はあるようね。君の選択を信じていかねばならないのに考えが多いと混乱するかもしれないから」

オスンウク監督「私はナムギルのように過去と現在を悩んで本当に良いと思う。芸術家 俳優にそんなものがなければ活力も
発展もないようだね」ハンジェドク代表は言葉より強い無言のジェスチャーをくれたそうです。

ドヨンさんのアドバイスは女性らしい優しい感じがするし、監督のアドバイス、私もそう思う。。
ただし潰れる程、悩むのは言うまでもなく良くないですけど。
パクソンウンさんが午前3時に合流し歌まで飛び出して、とっても良い時間を過ごしたんですね。

で、この映画ジャーナリストの方が最後のほうに愛情を持って
書いてくれたことが嬉しかったです。最初に読んだ時に、涙が出た一文。

『存在だけで力になる先輩たちがいるというナムギルの言葉を
目の前で確認する瞬間だった。
「キム・ナムギルという人がとても恵まれたんだなぁ、
彼が今抱えた悩みが、彼を結局とても元気にすると確信した」』

いつも、悩み多きナムギルが心配で、心療内科にかかったりもしていたと聞いていたし、ちょうど前後してジョンヒョンの事とかあったり、そういう究極の選択はしないナムギルだと解ってはいても、やはりナムギルが苦しいと自分も憂鬱になったりするしだったので「その悩みが結局彼を元気に(健康に)する」という言葉にそんな風に考えもしなかったのでハッとしたというか安心したというか。そして、存在だけで力になる先輩たちが温かい気持ちしかないようなアドバイスをしてくれて心から良かったと思えました。
このインタビュー、良かったです。
[2018/07/30 19:55] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Haru DVD観ました
昨日、ファンミのDVDが届き早速観ました。
ちょっとネタバレもあるので、未見でまだ知りたくない方は
ご注意ください。



細かいところまで好きなだけ観察、鑑賞できるのが嬉しいDVD。
個人的に印象的だった曲

「飛べひよこ」
この曲は本当に心がこもっていて
何度聴いても、泣くか涙目になってしまいます。
「グッバイ、ヤルリ」のところは「グッバイ、ハル」という
気持ちで歌っているのが伝わってくるし
「もう痛みのない場所で空を飛んでいるかな」
「いつか生まれ変わっても、僕の友達に生まれて」というのも
ナムギルさんの心境そのままだったと思います。
ハルは、、、幸せでしたね。こんなにナムギルさんに愛されて。
みとられて。

上映会では大阪ヴァージョンも観ることができましたが
こちらはまた、歌唱の途中でこみあげる涙と感情を
堪えようとしているような沈黙部分があり
また胸きゅん涙でございました。



ナムギルさんの歌声って、とってもソフトで大声で歌っても
激しくならないような美声ですが
改めて聴いてみると曲によっては、とっても男っぽいな、と。
口元とか力の入ってる時の首筋の血管とか(笑
そういう部分がそう感じさせるのかも。
特にHERE I AMが男っぽかった。


「FOREVER」
もうこれはしめの定番曲になりましたね。
それにしても、日本語で前もって歌詞を
誘導してくれるという荒技を。
難しいよね〜笑、逆に自分が韓国語でこれをすると考えたら
できそうにありません。
自分が歌うことと誘導と二つ神経使わないと
いけないから。。。。でもね、スクリーンに歌詞がちゃんと
出てたから言わなくても大丈夫なんだよナムギル 。


お手紙を読んでくれた時に、読み終わった紙を
ぽいっと捨ててたんですが、「カッコいい。。」って
言ってたんですね。公演中は全く気づいてませんでした。
照れ隠しかと思ったよ。これカッコいいと思って
やってたの?カッコよくないから〜笑


「ハンスム」(ため息)
この曲の良いところは、「あなたの痛み、わかるよ」と
言ってないところだと思います。
そんな軽々しく、簡単に理解できるって言うなんて
口先だけの優しさのように感じてしまうから。
理解できなくてもただ抱きしめてあげる
という歌詞、その寄り添うような気持ちがいいです。

この曲は今回
ナムギルさんに歌って欲しかった曲でした。
ナムギルさんが苦しい時はそのように言ってあげたいと
思っていたのですが
ナムギルさんにとって、癒しになった曲と聞き
本当に、よかったと思いました。
自分の想いがある意味成就したような気がして。
「皆さんに伝えたいと思っている歌詞」、という事で
ナムギルさんと私たちファンが、癒しあえたような
気分になれて幸福感に包まれてしまいました。
最後のインタビューでも、一番好きな曲にあげてくれて
「一番大切に思った曲」という言葉にまた感動。
ありがとう、ナムギル。そして。。。ジョンヒョン。

今回の公演でよく耳にした
「一年に一度の出会い」という言葉に何となく釈然としない
感じがしていた私。え?七夕かよ〜。
一年に一度のペースで別にいいんだけど
結果として一年に一度の出会いとなったという訳ではなく
最初から一年に一度って、誰がいつの間に決めたの?とか
思っていたんですが
最後のインタビューで、ナムギルが
「一年に一度、それ以上に会える機会があると
いいですが」という前置きがあり
その言葉が聞けてスッキリしました笑
例え、実現しなくてもそういうクッション言葉?が
あって欲しかった。さすがナムギルです。
そして、その後続く言葉が
「それまでDVDを見ながら
僕たちの思い出を振り返ることもできると思います」と
いうことでした。

待つ楽しみ、だいたい来年も春にあるのかなとか
目星がつけば待つのも楽しいですよね。
ファンミなんかはそうだと思います。

ただ、いつまで待てばよいのかわからないことは
なかなか苦難の道です。
あの撮ったままの映画はいつ公開するのか、
現在調整中なのか何かわからないドラマの方は
やるのかやらないのか、そういうことなどには
待つ楽しみより待つ苦しみの方が大きいです。
いつかやるだろうとゆったり構えて楽しみに
待つという事ができない、修行が足りない私です。








[2018/07/26 19:46] | 公演(ファンミーティング) | トラックバック(0) | コメント(2) |
確定なんでしょうね
元記事こちら
ハ・ジョンウ・キム・ナムギル、父と退魔師で会う…恐怖映画'クローゼット'出演確定



ハ・ジョンウとキムナムギルは最近、'クローゼット'出演を確定した。


[トップデイリー]ハ・ジョンウとキム・ナムギルがホラー映画'・クローゼット'に会う。

この13日、映画界によると、ハ・ジョンウとキムナムギルは最近、'クローゼット'出演を確定した。

'クローゼット'は母親が死んだ後、間が疎遠になった父親と息子が山の中にある家に帰ってから起こる出来事を描いたホラー映画でハ・ジョンウ所属会社アーティストカンパニーと尹鍾彬(ユン・ジョンビン)監督の制作会社の映画会社月光が共同制作する。

ハ・ジョンウと尹鍾彬(ユン・ジョンビン)監督の中央(チュンアン)大学の同窓であるキムグヮンビン監督がメガホンを取っている。

また、'クローゼット'はハジョンウが企画から参加した作品であるといわれて早くから多くの注目を受けている。

ハ・ジョンウが父の役割を、キム・ナムギルが退魔師として出演して2人がホラー映画でどのような呼吸を見せてくれることができるか、その帰趨が注目される。

一方、'クローゼット'はキャスティングを終えた後、9月中旬から撮影に入る予定だ。



昨日の記事ですが13日時点から特に進展
していないのか。
結局事務所が確定を発表という、
すっきりした記事が出ないですがもう
確定と思っとくよ~
で、気になるのはドラマですね
[2018/07/21 06:59] | 出演映画 時代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
前のページ | ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR