fc2ブログ

キム・ナムギルまみれ

Welcome to my blog

「盗賊」共演者のニュース

元記事こちら">こちら

ナムギルさん自身はまだ出演確定の公式発表はないですが、共演者のニュースがまた出ていました。
確定のニュースが聞こえてくるのはまぢかかもしれませんね。



単独]イ·ヒョヌク、ネットフリックスオリジナル「盗賊:剣の音」合流…キムナムギルと呼吸





俳優イ·ヒョヌクがNetflixオリジナルシリーズ「盗賊」に合流する。

放送関係者によると、イ·ヒョヌクがネットフリックスオリジナルシリーズ『刀の声』に出演する予定だ。

「盗賊:剣の声」は1920年代日本による植民地時代を背景に生活の場を奪われた民衆が家族と同僚のために痛快な一発を飛ばすアクションメロ活劇だ。

マカロニウエスタンジャンルを借用する作品であるだけに、イ·ヒョヌクがこれまで作品では見せてくれなかったアクション演技を通じて、新しい魅力を発散するものと期待される。

これに先立ち、キムナムギルとイユヨンが出演を伝えている。 来年撮影予定であり、公開日は未定だ。

2019年に放送されたOCNドラマ『他人は地獄だ』で不気味な殺人者ユ·ギヒョク役を演じ、視聴者に強烈な印象を残したイ·ヒョヌクはその後『模範刑事』、『サーチ』、『先輩、その口紅塗らないで』、『魔人』などで主演を務め活躍中だ。


「盗賊 剣の소리」소리は音、声、どちらの意味もあるけれどこのタイトルどっちかな。
声かな~?

スター研究所キムナムギル③

元記事こちら

【スター研究所③】キム·ナムギル、ジャンル問わず「千の顔」


俳優キム·ナムギルがジャンル問わず変化に富む演技でスクリーンとブラウン管を占領した。

OBS『ユニークな芸能ニュース』がスクリーンとブラウン管を行き来し、変化に富んだ魅力で人を惑わす心スティーラー俳優キム·ナムギルをスター研究所から見た。

多様な演技変身にもキムナムギルの「武器」は残っていた。 余裕とユーモアあふれるコミック演技がまさにそれ。 キム·ナムギルの顔からコミカルな要素は見いだせなかったが、映画『海賊』を見た彼の顔を見るとなぜか笑いが出るようになった。

キムナムギルは、カリスマ性溢れる山賊トップで、ずっしりと重厚でありながらも、コミックさや突拍子もなく、はつらつとした姿を見せつけ、力を落としたような姿で、新鮮な衝撃を与えた。

野性的でありながら素早い感じがするクールなアクションはおまけで、今までどうやって隠してきたのか不思議なほどコミックな演技を披露した。 「韓国版ジャック·スパロウ」の誕生だった。

見栄っ張りな彼の魅力に866万の観客が笑い、もう一度コミックの魅力を着て『名不虚伝』(※医心伝心)のそそっかしい医員ホイムと出会い、水を得た魚のように遊び、穏やかな楽しみと共感で「キムナムギルの再発見」を続けた。

独特な感性のゾンビ映画『奇妙な家族』で「ダークナムギル」を捨ててコミックな反転魅力をもう一度アップグレードさせたキム·ナムギルはコミック演技の頂点に立つ「熱血司祭」に出会い、ホームシアターで痛快なホームランを放った。

神父らしくない気難しさと度胸で武装したカトリック司祭に変身し、フィルタリングのない荒っぽい言動とさっぱりしたアクションを通じて悪党を制圧する「新しい司祭キャラクター」の誕生を知らせたキム·ナムギル。

特有のコミカルな演技を誇張なく消化した彼は、怒り調節障害の演技でいつも怒ったが、正義への怒りという点で支持を得て、変化に富んだ感情のジェットコースターを怖がらずに乗り、「かっこよさ」と「壊れること」が唯一、同居できる俳優であることを証明した。

「熱血司祭」のジャンルを「キム·ナムギル」と呼ぶほど彼の存在感は絶対的だった。 胸を張るワンマンショーに『熱血司祭』は視聴率20%台を突破し、その年の演技大賞をはじめ、賞イラン賞を総なめにした演技派俳優の名声まで得た。

このように演技をする度にぶつかる新しい壁を乗り越えて、徐々に自分の演技世界を広げたキムナムギル。 彼の望みのように、時代と情緒を代弁するロングランな俳優の絵を果てしなく描いていけることを願う。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


この記事執筆の記者は男性。同性からみてもこれだけ魅力的で心を持っていかれる俳優なんですね。
とにかくほめてくれていてとても嬉しいファン心。

こうして出演作の流れをみてみると、新鮮味があります。しかし、この記事の作品の並びはテーマ別で括ってますが年代順では違いますよね。


それにしても俳優の代表作のイメージって鮮烈に続いて、いつまでも同じような役を求められる事も少なくないと思います。
でも何年も経って歳を重ねても、いつまでも同じパターンでやるのでは無理がでてくるし役者としての成熟とか本人の納得度に限界が出てくると思う。

そして分岐点に立たされてある日、イメチェンをはかったとして吉と出るか凶と出るかは視聴者の評価しだい?

俳優さんってそんなイメージがあるけれどウリナムギルには関係ない。イメチェンなんていう甘いもんじゃなくいつもその人物そのものを生きている。吉とか凶とかそんな規準を軽々と超える才能だと思ってます。

ところがだからと言ってそういう名優レベルの俳優だったら誰でも好きになるわけではない。
顔立ち、スタイルといったビジュアルや、声、全体から醸し出される雰囲気。そういうものがあいまった魅力が自分の感性にどこまでマッチするか。。。
いやぁマッチングアプリなしでみつけたよねぇ笑(ギル様はマッチングアプリにはいませんけど)
という冗談はさておいて

この記事でもほかでも「千の顔を持つ俳優」「八色鳥演技」とかいわれるように、作品で会う度に違う人。
しかもいずれも魅力的。本来飽きっぽくいろいろ長続きしない私がいつまでも飽きない理由だと思います。

記者の最後の言葉 『ロングランな俳優の絵を果てしなく描いていけることを願う。』っていいですね。
愛があって。私も本当にそう思います。







スター研究所キムナムギル②

[スター研究所②] キム·ナムギル、演技で証明した ミッポベクラス。※ミッポペ=信じて見る俳優の略(信・見・俳)
元記事はこちら




俳優キム·ナムギルが名品演技で「信頼の宝」であることを証明した。

OBS『ユニークな芸能ニュース』がスクリーンとブラウン管を行き来し、変化に富んだ魅力で人を惑わす心スティーラー俳優キム·ナムギルをスター研究所から見た。

キム·ナムギルは「悪い男」のイメージが固まりつつあるとき、「代表的なイメージに安住するのか、より多様な可能性を持つ俳優に生まれ変わるのか」岐路に立たされることになった。

同氏は、既存のイメージを覆す後者を迷わず選択した。 最も気さくで最も人間的なキムナムギルの誕生。 彼は「パンドラ」を通じて災難から家族を守るために死闘を繰り広げる親しみやすくて平凡なヒーローの姿を見せてくれた。

俳優キム·ナムギルには「平凡な」という形容詞は相応しくなさそうだったが、トレーニング服に温厚になったビジュアル、強いイントネーションの慶尚道(キョンサンド)方言まで、私たちが知っていたキム·ナムギルの範疇から抜け出し始めた。

大人たちの童話のような感じのため、最初は断った。 時間が経ってから再び見て運命のように選択した映画『ある日』では妻に対する懐かしさを胸にしまって生きていく男で、表向きはこせこせしているように見えるが暖かい心の中を持ったキャラクターをスクリーンの中に繊細に描き出した。

悲恋の男性主人公ではなく、痛みを受け入れて一日一日を生きる普通の人の顔で、以前演じたキャラクターより一層楽な感じで観客に歩み寄った。

次は、文字通り歴代級の変身を試みた。 「殺人者の記憶法」で冷酷な連続殺人犯になり、これまで見えなかった顔でスクリーンを埋め尽くした。

主人公の殺人習慣を悟る謎の男として、善良な笑顔と冷たい眼差しを交わしながらどこか不気味な雰囲気を作り出したキム·ナムギルは、笑っても笑ってもいない涼しい感じのため、14kgも体重を増やして外的な変化を与え、『ダークナイト』のポスターを部屋に置いて様々な感情の眼差しを絶えず研究までしてきた。

怖い映画は「死んでも見られない」という言葉とは違い、映画「クローゼット」では一風変わった挑戦までした。 多様なジャンルを探求した彼の意味ある挑戦だった。 押入れ恐怖物、オカルト、そして謎の退魔師になったキムナムギルは、東洋と西洋の退魔儀式を研究し、映画とアニメーションを参考に呪術を作り出し、事件の解決の糸口をつかむ人物として没入度を高め、ドラマを豊かにした。

③に続く。。。

スター研究所キムナムギル①

毎回一人の俳優を取り上げて分析、研究?するOBSユンギョンチョル記者の「スター研究所」にナムギルが取り上げられていますね。3分割された記事が面白かったので共有させて頂きます。

過去作品が一挙に網羅されているので、ナムギル出演作を1タイトル観て興味を持ち、これから知っていこうとしている人の作品ガイドとしても最適かも。

ちゃんと作品を観た人が書いてる感じがして好感が持てたし何よりほめてくれてるところがいいです。



Top of Top俳優キムナムギル

①から③まで動画もあるので元記事も必見。
元記事①は
こちら

①のタイトルはシーンスティーラーscene stealer
ならぬ心(シン)スティーラー。
シーンをもっていってしまう(盗む)人と心をもっていってしまう(盗む)人をかけてるんですね。

【スター研究所①】キム·ナムギル、変化無双の心(シン)スティーラー


俳優キムナムギルが変化に富んだ魅力でスクリーンとブラウン管を占領した。

OBS『ユニークな芸能ニュース』がスクリーンとブラウン管を行き来し、変化に富んだ魅力で人を惑わす心スティラー俳優キム·ナムギルをスター研究所から見た。

キムナムギルといえば頭の中で描かれる初イメージは、憂愁な目つきが得意な孤独な男だ。 公開採用タレントとして長い間、無名の俳優として生きてきた彼にとって、皆が注目し始めたのはやはり「ピダム」という悪い男の魅力のおかげだった。

『善徳女王』で荒々しく野望に捕らわれたカリスマ性溢れる姿、ひょうきんな表情の裏に隠した狂気のような目つき、一人の女性のためにすべてを捧げる純粋な愛まで演じ、善と悪の共存を暗に、不気味に見せてくれたキム·ナムギル。

本心が分からない妙な雰囲気を演出した彼は、女性ファンに「自分のものにはならないが、抱きしめたい男」として位置づけられ、一気にスターになった。

そして行き違った運命の中で悲劇的復讐を夢見るオムファタールのアイコンになり始めた。

キム·ナムギルは『悪い男』※(赤と黒)で致命的な魅力と驚くべき頭脳を利用して財閥グループを獲得したいという欲望に満ちた人物に変身、暗いながらも魅力的で重い雰囲気のキャラクターを完璧に演じ好評を得た。

続いて「サメ」でもやはり深さを推し量ることができない悲しい目の心に響く低い声で復讐のために愛する女性さえ剣先を向ける致命的な男に完璧に変身した。

愛に揺らいでも一瞬にして冷静になる完璧な復讐を夢見るが、実は誰よりも大きな傷を抱えて生きていく人物をまともに表現した彼は映画『無頼漢』で深いメロで胸を一杯にした。

劇中で検挙のために近づいた「殺人者の女」に揺れる刑事役を演じたキムナムギルは、目標達成のために手段と方法を選ばない非情な姿から愛を感じる混乱した姿まで繊細に描き出し、本音を見せない分かるようで分からない疑問符だらけの「悪い男」だった。

キムナムギルはこの作品で、エネルギーを発散するより必要な瞬間にそっと取り出す、これまでとは違う節度ある演技を披露し、これまで彼が演じた「悪い男」とは少し違った感じで深い残像を残した。


②に続く。。。。

レインコートキラー

Netflix加入の方、興味深い配信があります!
「レインコートキラー ソウル20人連続殺人事件」10月22日(ドキュメンタリー)




下記HPは韓国のものですが日本のNetflixラインナップにもしっかり入っております(^^)

Netflix Koreaのページはこちら

2004年、韓国にサイコパスの存在を初めて知らせた稀代の連続殺人鬼ユ·ヨンチョルの行動を追うネットフリックスドキュメンタリーシリーズ

日本Netflixの内容説明

2000年代初期、被害者の数だけでなく、その残虐な手口でソウルを震かんさせた連続殺人鬼ユ・ヨンチョルの事件を振り返るドキュメンタリーシリーズ。





「悪の心を読む者たち」ナムギル演じるソンハヨンのモデルであるコンイルヨンさんが予告で登場し「韓国では前代未聞の事件でしたし、犯人像も全く掴めない状況が続いた」と語りながら登場。

これって「悪の心~」で扱う事件でしょうか?モチーフになってそうですよね。

それでこれがもしホントにソンハヨンが対峙する事件のモデルなら。。。ネトフリでやるって事は「悪の心~」もやるかもしれないって期待してもいいのかな。可能性はあるということで。。。
いつも通り、上がりすぎず、でも期待をこめて。。。


韓国芸能記事こちらより一部抜粋

ドキュメンタリーは04年、韓国にサイコパスの存在を初めて知らせた稀代の連続殺人鬼ユ·ヨンチョルの行動を追う。


03年から04年まで1年足らずの期間、ソウル各地の富裕層老人や家族、出張マッサージ師などの若い女性まで、計20人を殺害したユ·ヨンチョルは、最も多くの被害者数や残酷な殺害手口、猟奇的な遺体毀損や遺棄のやり方で、今でも残酷な連続殺人犯として記憶されている人物だ。

「レインコートキラー:ユ·ヨンチョルを追撃する」という犯行手口の再演や、プロファイラーの回顧を中心としていた従来のユ·ヨンチョル所在のテレビルポ番組とは異なり、事件に関係するすべての人々のインタビューを膨大かつ綿密に進め、彼らの肉声を通じて事件を立体的に再構成した。

当時、事件を担当したソウル地方警察庁の捜査責任者、管轄署の一線刑事、現場に投入され、犯行現場と被害者の遺体が語る話に接した鑑識班員、担当検事と弁護士、ユ·ヨンチョルと直接面談したクォン·イルヨンをはじめ、イ·スジョン、ペ·サンフンらプロファイラー、遺族ら事件に接した彼らがそれぞれ異なった視点で聞かせる話がパズルのようにマッチしており、ユ·ヨンチョル事件のすべてをはっきりと見せてくれる。

米国のテレビドキュメンタリーシリーズのベテランと呼ばれるロブ·シックスミス監督が演出を務め、視線と接近方式、内容が既存の韓国で製作されたユ·ヨンチョル関連コンテンツとは異なるものと注目される。