FC2ブログ
韓国旅行思い出し日記2-4
仁寺洞から再び安国駅へ戻り、
昌徳宮近く北村エリアにあるお店へ向かいます。

今回は下調べをして行ったお店が多いです。お1人さまOKか何を食べたいか、あとロケーションで選んだお店です。
そうしたら二晩目もビビンバになってしまいました。

行ったお店はこちらのアルムダウンビビンバ
アヒル肉が食べてみたかったのとサンシュユの実のマッコリに惹かれて。

駅から5分という事でしたがもっとかかりましたー。間違えてないかと不安になるぐらい。地図も情報もスマホ頼みなのに
借りてきたWi-Fiが不調で繋がらなかったりしてちょっとあせりました。

なんとか到着したけれど17時ぐらいだったかなー、全くお腹がすかず食べられる気が
しなかったので付近を散策することに。
これが楽しかったです。昌徳宮の塀沿いに
どんどん進んでいくと北村らしい風景が
広がり、所々に韓屋を素敵に活かした
カフェや服屋さんなどがありそれがまた
おしゃれで。。。
IMG_3074+2_convert_20160112000036.jpg
IMG_3071+2_convert_20160112000108.jpg
IMG_3070_convert_20160112000134.jpg
IMG_3072_convert_20160112000221.jpg


その道のどん詰りが北村2景になるそうで
宮中料理研究所とかいう施設がありました。そこまで行くととても静かで
突き当りはたぶん昌徳宮の湧き水?の
小川があって澄んだ水がみえて流れる音が
聞こえて癒されました。
山みたいになってたのですが昌徳宮側から
みるとその山っぽいのとか水源がどうなってるのか気になりました。
いつかちゃんと入ってみたい昌徳宮。。

また来た道を戻りつつ、、、ちょっと脇道にそれて北村1景の坂道を登ったり降りたり。途中ものすごい豪邸だなっていう建物があってよく見たら図書館だったんです。
LG図書館ということであのLGグループの
図書館らしい。後で調べたら視覚障害者の為のデジタル図書館だということでした。
建築的にも面白そうな所だったのに
入ってみればよかったな。

そんなこんなで、暗くなってきたことだし
もうそろそろお店に入らねば。
お腹はすいていないけど食べられないこともなさそう。
入店すると、、、シーンとしててお客さんは私だけ。愛想のいいお兄さんが
迎えてくれました。この方をみた瞬間
俳優のチュウォンさんが浮かびました。
もちろんそんなにカッコいいわけないですよ、でもプチ似~(笑)
IMG_3075+3_convert_20160112002508.jpg


予定通り、アヒル肉と新芽のビビンバを
注文。でもショック出てきたマッコリメニューに、サンシュユのマッコリが無いー!
チュウォンにきかなきゃ!
「マッコリはこれだけ?」「そうです」
「サンシュユのマッコリないですか?」
「ないです」自分ではこう聞いたつもりだけど3語ぐらいしか使ってない韓国語(笑)

ないの本当に残念。季節的なものなのか
やめちゃったのか聞きたかったけど
語彙がーー(´・×・`)
あとは前もってみてきた写真通りの
ビビンバでした。アヒル(오리)肉、
言われなかったら豚かなにかと思うような
お味と食感。またどこかで違うアヒル料理を食べてみたいと思いました。
サンシュユがないからといってマッコリ
飲まないのも味気ないのでマッコリも
頼みました。よくある緑のボトルの
生マッコリ。余ったら持って帰ろうと
思ってたけどあまりませんでした(笑)
よく飲むイルボンアジュンマだなーと
チュウォンに思われたかしら(〃▽〃)
本場パンジャン(副菜 小皿)つまみにマッコリ。
幸せ~。
IMG_3076+2_convert_20160112000424.jpg

2日目の夕食終了。
帰りは来た道を戻るのはつまらないから
違う道から帰ってみようと北村1景の
坂を登って駅方面へ降りて行きました。
ホテルについてひと呼吸。

今日はまだ終わらない。せっかく眠らない街東大門にいるので夜のお出かけをしないと。
行ったことがないので衣料品の卸売ビルに
行ってみることに。
それから桃李花歌のタイムスケジュールも
みてこないと。
ホテルから徒歩15分ぐらいでdootaとか
ハローapmとかがある東大門のメインの
ショッピングエリアに着きます。
でもそこではなくて清渓川に近いほうの
卸売のビルへ。

基本、小売はしてないけどしてるところもあるそうです。あまり買い物モードでは
なかったのでほぼみるだけ。
値札がついてないから店員さんとの
交渉必須な為、買う気がないとほんと
みるだけになります。
ただ、「オルマエヨ?」(いくらですか?)
だけでもなんとかなるとは思うけど。
ダメなら断られる、OKなら値段を
言われるという感じなのかなー。

光熙市場は一般OK。
皮革専門のブースが並びレザーやファーの
コート小物が並びます。
オーダーもできるんですね。
日本人客いっぱいでした。
ここでレザー手袋のお土産を購入。
内側の指先までボアで
外側レザーの手袋が二双で6000円だったかな。安い。ファーマフラー買おうと
思ってたけど、狭くて混んでて熱くて
気分悪くなってきたので外へ。
外の寒さが心地よい。

このエリアの路上に並ぶゴミ袋みたいなものは買い付けられた衣料品です。
とりあえず置いておきあとから車とかで
ピックするんだろうか。
お店しめてから夜買い付けにくるんでしょうね。すごい熱気と交通量です。
ありえないだろうってぐらいの
量の袋をバイクに積み上げて運ぶ業者も。
IMG_3079_convert_20160112000449.jpg
IMG_3080_convert_20160112000341.jpg

そのエリアを抜けて東大門デザインプラザ方面へ。夜みると一層、宇宙船みたいですね。斬新な曲線デザインが圧巻です。
その外側にあるスポット。
LEDバラの庭園。。綺麗だった。
遠くから見えてきた時は思わず子供のように駆け寄ってしまいました。
素敵な思い出になりました。
カップルばかりかと思いきや意外に
女性同士が多い。この寒いのに警備の人も
立ってて安心です。この時点で22時か
23時ぐらいになってしまってました。
IMG_3081_convert_20160112000513.jpg
IMG_3085_convert_20160112000537.jpg
IMG_3084_convert_20160112000627.jpg

IMG_3083_convert_20160112000557.jpg

その後、映画館にタイムスケジュールを
チェックしに。
東大門の映画館は24時間あきっぱなしです。びっくりです。朝の3時も4時もとにかくずっとやってる。
終電逃したら映画みてればいいんだね。
翌々日封切りの桃李花歌の時間も
チェックしてこれでその日の用事は
全部終了。ホテルへ歩いて帰ることに。
24時ぐらいでも人通りが途絶えることは
なく大通り沿いの道なので治安的に
不安なことも全くなく無事ホテルに
着きました。
IMG_3088_convert_20160112000703.jpg

翌日は、朝から城北洞散策です。
ぶらぶらひとり歩きもいいんだけど
今回はきっちりガイドさんを頼んで
まわることに。
日本語堪能な韓国人ガイドさんと
漢城大入口駅で待ち合わせです。
無事会えるかちょっとドキドキ。。。
[2016/01/12 00:33] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国旅行思い出し日記2-3
前回は、京東市場に行ったところまで書きましたのでその続きです。
午前中市場に行って一旦ホテルへ戻りランチ、その後、安国駅へ。

安国駅へ行ったのは雲峴宮(ウニョングン)に行きたかったからです。
雲峴宮は高宗が少年時代まで過ごした実家であり高宗の父・ 興宣大院君(フンソンデウォングン)の私邸です。
興宣大院君といえば今回、映画「桃李花歌」でナムギルが演じた人物ですね。
ここは結構面白いらしくて、いろんなイベントが開催されたり、3,300ウォンで
伝統衣装試着体験なんかもできるそうです。
その衣装を着たまま雲峴宮内を観覧することもできるとか。
一人ではちょっとやらないけどね(笑

KONESTの雲峴宮紹介ページ
雲峴宮

ところが詰めが甘い私、、、月曜日がお休みで入れなかったのです!
外側だけ眺めて滞在中に来れたらもう一度、来てみようかと思いながら
雲峴宮を後にして、そこから徒歩で仁寺洞へ行くことに。

仁寺洞では仁寺洞通りを散策と、サムジキル(ショッピングモール)での
買い物が目的です。
仁寺洞は韓国らしさを感じれる場所なのでとても好きです。
サムジキルも韓国らしさを感じる個性的なショップが多くてウインドショッピングも
楽しいスポットですね。

IMG_3065+2_convert_20160111014659.jpg

サムジキル クリスマスのディスプレイ

サムジキルに入っているハヌルホスというコスメブランドが好きなのでそこで買い物。
そして仁寺洞通りをさらにぶらぶら。
ここの通りにあるお洋服屋さんってなんか独特〜。
似たようなテイストでチマチョゴリみたいっていうか
ふわっと膨らんで裾がすぼんでいるコクーン(繭)型のコートとかスカートとか
見てるだけで面白かったです。そこで入ってみたお洋服屋さん、中高年のマダムが
たくさんいらして皆さん熱心にご覧でした。ここも独特、、、特にブーツが個性的で
安い!本革なのに安いな〜なんて見ていたら、
隣で見ていた奥さんが「これ〇〇なのよねぇ〜」
なんて韓国語で話しかけてきたけどわからず(笑
「すみません、日本人なんですよ〜」と韓国語で言ってみたら
「あぁ〜」と言われました。
向こうの方はフランクですよね、本当に気軽に知らない人に話しかけてきます。
特に今回、ひとり旅だったせいか、韓国人と思われて切符の買い方を
聞かれたり、タクシーがどうのとか聞かれたりしました。私に聞かないで〜笑
なので、なんか話しかけられてわからなかったらすぐ
「イルボンサラミエヨ」って言っちゃいます。
もうちょっと気の利いたことを言いたいんですけどね〜。

さて、なかなか日が暮れないです。あとはまた安国駅の方へ戻って
夕食のお店に行くのみだけど、まだまだお腹もすかないし。
仁寺洞通りも、そう長い通りでもないからここにずっといるのも限界です。
ちょっとカフェに入って小休止しようと、以前来た時にも入ったことのある
可愛いカフェ、ソグムイニョン (소금인형)へ。抹茶ラテで和みました。
KONEST紹介ページ
ソグムイニョン

IMG_3067_convert_20160111021636.jpg

IMG_3066_convert_20160111022641.jpg

とっても静かな上にお客さんが私だけで、ただ柱時計の振り子の音だけが
聞こえていたような気がします。インテリアも韓国らしくて
こんなお部屋に住みたいなって思う感じ。しばし、まったり。。。。


このあとは、安国駅から昌徳宮の方へ行った北村エリアにある
お店に行きます。
思い出し日記もあったことやったこと、ほぼ全部書いているので
なかなか先に進まないけれど。。。。
記憶のある限り書いていこうと思います。
あとで自分で読み返して、旅の思い出に浸ることもできるのでなるべく
細かく記録しておきたいです。



[2016/01/11 02:39] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国旅行思い出し日記2-2
亡くなった父が「ボケ防止には過去の日記を書くのが一番だ」と言っていましたが、たしかに普段使わない脳の部分を使っているようです。

だんだん記憶が薄れてきますが耳に残って離れない音が3つあって。地下鉄の発車のメロディー笑ソウル行ったことある方はわかると思いますが軍隊調のラッパみたいなのと韓国の伝統音楽みたいなの。何号線なのかな、とにかく帰ってからも頭の中で鳴っちゃいます。あと、カササギの鳴き声です。北村、城北洞 景福宮や昌徳宮などを歩くと頻繁に聞こえます。殆ど聞いたことなかった鳴き声なので耳に残ります。これもいつもそうです。カササギはソウル市の鳥なんですね。

さて、薬令市に行った日の続きです。薬令市も面白いけどここには大きな生鮮食品などの市場があるはず、、どこだろう?と見渡すと道路を渡った反対側にそれらしき所がみえています。

ところでずっと気になっていた路上で商うお婆さんやおばちゃんたち。私が惹かれたのはむき出しのまま山と積まれた乾燥ナツメ。大きくてとても美味しそうにみえたのです。売ってるお婆ちゃんもいい感じのお婆ちゃんで1ますいくらで売ってるようです。このますがまた、お婆ちゃんと一緒に歴史刻んできたんだなぁと感じる黒光りしたますでした。中、大という感じの2種類の大きさがあります。値段をみてビックリ2000ウォンだいたい200円少々じゃないの。ナツメを何に使うかあてもないまま、そのまま食べても貧血に良いしと思わず「イゴジュセヨ~」って言いました。
中位のますに山盛りのナツメをザザーっとビニール袋に入れてその後、手ですくってまた入れてくれました。みてたらどのお客さんにも同じように+アルファのおまけをしてるみたい。これはほんとに「気持ち」の分なんだなー。商売にはこのちょっとした気持ちが大事なんじゃないか?と妙に感心して「コマスミダー」といったら「マシケジュセヨー」(美味しく召し上がれ)と言ってくれました。食品の買い物したり食堂に入ったりすると時々言ってもらえるこの言葉、いいですね。

さて、いよいよ食品の市場の方へ。縦横無尽に通路があってお店がギッシリ。方向感覚が無くなります。活気があって見るもの全て珍しくて、写真とるのさえ忘れてキョロキョロ。後でみたら市場の写真が全く無かったf^^*)こちらの写真を見ると雰囲気がわかると思います。ソウルナビ 京東市場
乾物エリア、青果エリア、海産物エリア
なんとなく分類されてるみたいだなー。
魚介は「食べられるの?」と思っちゃうようなグロテスクなのがあったり。
乾物エリアの辺りでパン屋さんが。可愛いお婆ちゃんがパンを選んでたんですね。
お昼ご飯に買って帰ろうかな?と思ってみてたらおばあちゃんが「マシッソヨ~」ってニコニコして話しかけてくれたので
何て答えようか一瞬考えたんだけど
出てこなくて「マシッソヨ?」(美味しいですか?)ってオウム返し(笑)
ここまで言われたら買っちゃうよ。ハルモニと同じパンを買いました。かなり温かい。作りたてかな?揚げパンみたい。
パンが温かいうちにホテルに帰りたいので大通りに戻ることに。

あとここで有名な?搾りたてゴマ油を見てみたいと思ってたのですが、一見してみつからなかったのが奥の方へ行ったらありました。ペットボトルに詰めた濃そうなゴマ油。今回は、持ち帰る準備もしてなかったので見るだけでしたが値段はどこも非表示。今度来た時は聞いてみよう。買ってみよう。これでナムルとか作ったらきっと美味しいんだろうな。

大通りに近づくと、車が大挙押し寄せてきて駐車場状態のエリアが。
飲食店が仕入れに来てるだけじゃなくて普通に一般家庭の人も買い物に来る、まさに庶民の台所なんだね。スーパーでしか買い物できない私は羨ましく感じました。安くて新鮮、品数豊富。いいなー。
そんな事を思いながら歩いてると、なんか最初に渡ってきた大通りと違う所だなと。。。市場の細い路地を適当に歩いてたら違う場所に出たみたい。
とにかく駅があればいいんだから、と思って駅にぶち当たるまで歩くことに。
5分か10分ぐらいで地下鉄の入り口発見。降りてみたら清涼里(チョンチャンリ) 最初に降りたチェギドンの隣の駅でした。チョンチャンリ、過去に2回映画館に来たことある駅。でも広いのねきっと。全然、前来たことろをみかけなかった。映画館があるところは、もっとファッションモールみたいなビルだったわ。雰囲気が全然違う。面白い。

ホテルに帰りお昼ご飯。と、その前にホテル目の前のチキン屋さんでチキンを買うことに。美味しそうだなと、着いた日から気になってた店です。鳥1羽素揚げみたいなんです。半分もあります。
チキンといえばビール。これぞチメッってやつね(チキンとメッチュ)ドラマ「星から来たあなた」を見て以来ずっと憧れてたー。
お腹いっぱいになりました。でもまだ温かいパンも1口だけ食べてみた。
揚げパンにサツマイモのペーストの入ったおばあちゃんみたいな懐かしい優しいお味でした。コグマパンだね。これも揚げ物。。。1口で更に満腹ー。

まだまだ午後の時間は沢山ある。
仁寺洞へ、そして安国近くのお店で夕食の予定。続きはまた。。

現実に戻って。。。明日で仕事納め
夜更かしもたいがいにして明日もファイティン~(私)
[2015/12/26 13:03] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国旅行思い出し日記2-1
韓国旅行2日目
2日目、小雨が降っているようないないような天気。
午前中は、漢方薬を扱う市場、薬令市に行きました。

ドラマ『最高の愛』でクエジョンがレポーターとなって側転した所笑
地下鉄1号線の祭基洞(チェギドン)が最寄りです。
と言っても、ロケ地巡りじゃなくて買い物が目的。韓国の伝統茶オミジャ茶の
乾燥五味子の実と日本人から魔法の粉と呼ばれている(笑)韓方粉パックを
ゲットしに!一度、行ってみたかった場所です。

泊まっている東大門から3つ目の駅、近い!祭基洞の駅を降りると
ホームを歩いている時から、そこはかとなく漂ってくる韓方のかほり。。。。
この香り、好きです。なんでしょね〜、薬草を煮出しているような高麗人参のような香り。
高まる期待。
出口に向かっている時から、高齢の方ばかりだなと気づく。。皆様買い出し用の大きな
袋をお持ちです。やはり年を重ねると、あちこち体の不具合が発生して
一番の関心事が健康、だったりしますものね。
そういえば、ここは食品の大きな市場もあるんですよね。
あとでそっちにも寄ってみよう。
IMG_3050_convert_20151217113706.jpg
「ソウル薬令市」とある門。この門をくぐると両側に漢方薬の材料を扱う店や漢方医院などがズラーッと並んでいます。
前日もたくさん雨が降ったし、当日も湿っぽい天気だったので乾物だし湿気を嫌うでしょうから店頭に商品を出しているお店がいつもより少なかったのではないかと思います。ビニールなどで完全防備しているお店も。
fc2blog_20151217145816c33.jpg
漢方の心得がない者には並べられている物が何が何やらわかりませんが何だか魅力的。そして時々漂う香りを吸い込んでいるだけで健康になれそう。だいたいどこのお店でも同じ物が並んでいるのにそれぞれ商売が成り立っているのが不思議ね。

さて、松山ケンイチくんの嫁、小雪さんが紹介して日本人にもぐっと人気になったらしい韓方粉パックのお店を目指して。
店名は통명홍삼사(東明ホンサム社)
(Kpediaより 「紅参(ほんさむ)」は、韓国語で홍삼(ホンサム)という。
6年かけて栽培した高麗人参を皮ごと蒸して乾燥させたもので、生の高麗人参よりもサポニンが増加する。
生の高麗人参をそのまま摂取した場合よりも副作用が減少するといわれている。)

店名からもわかるように、高麗人参をメインとして扱っているんでしょうか、
店内にもたくさんありました。しかしお目当ては、店頭に並んでいる粉。透明のドーム型の蓋に金属の円筒形の入れ物に入った、色とりどりの粉たち。事前の調べによると効能についての日本語説明リストもあるとか。早速、お店の方に聞いてみよう。「イルボノ メニューイッソヨ?」いや、メニューじゃないよね?
正しい言い方がわからないが通じると思う。
そしたら出してくれました。日本語の説明書き。
そこで、いろいろ選んでみました。シワ、リフトアップ、美白、、、必要な効能、キリがないですね笑
4種類選んで、そして、、乾燥五味子の実を購入。憧れの五味子、中国産もあるけれど
韓国産が一番高価らしいです。これで作ったお茶は字の通り、五つの味を感じるという複雑な味わい。
その日の体調により感じる味も違うとか。五つの味とは、甘味、酸味、辛み、苦味、塩味だそうです。
しかも栄養いっぱいの実です。そしてそのお茶は色鮮やかな赤!
あと、母のお土産に乾燥山椒の実の袋も購入。

たくさん買ったのでこれは言わないと!「カッカジュセヨ」(おまけしてください)
そしたら「値下げはできないけど、キャンディつけますよ」と多分そう言って
店内から6年もの高麗人参のゼリーを出してきて一袋下さいました。コマスミダ〜。
これこそホンサムなのでは?

さぁ、第一の用事は終わったので次は食品の市場に行ってみよう。
続きはまた。。。。


[2015/12/17 17:26] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国旅行思い出し日記1-1
11/22~26まで韓国へ初のひとり旅をしてきました。
22日、東京はけっこう寒くて韓国の気候にあわせて着てきたはずの
コートが丁度良く感じるぐらい。東京で丁度良かったら韓国で
絶対寒いじゃないか!と思いつつ、貼り付けるカイロも持ったし
足りない衣類は向こうでいくらでも調達できるし、大丈夫か~。

今回は成田→仁川 アシアナで飛びます。
飛行機代、最安だったけど着席して、え~?と
思ったのが座席全体の簡素さ。これは初めてでした。
一人一人ついているモニターがない。折りたたみテーブルが
壊れそう。椅子が安っぽい。これで3時間以上のフライトだったら嫌かも。
周りの人がほとんど韓国人で既に韓国に来たみたい(笑

いつも離陸の瞬間、『ナムギル行くわ~』って心の中で言っちゃう。
地上はどーんよりですが雲の上は眩しい雲海。。
その白さに、一層ワクワクしてきます。


あっという間に仁川到着。ソウル市内へは、空港鉄道Arexで向かいます。

外国人向けJCBのキャンペーンで航空券の半券と自分名義の
JCBカードを提示すると空港から仁川までの片道のチケットが無料で
もらえるのでそれを利用。(来年の9月末までのキャンペーン)
今、普通に買うと片道8000W(今年12月末まで)通常、14500Wなのでお得。

だいたい1時間弱ぐらいでソウルに到着。そういえば、空港鉄道を降り地下鉄への
乗り継ぎの改札が複雑で、案内のお姉さんがいなければ絶対わからなかった。
Tmoney(チャージ式交通カード)使ってたらそのままスルーで行けたのかもしれないけど
乗車券(カード状)をもらったため、一回出て、Tmoney(or地下鉄乗車券)で入り直さないといけない。
目の前に見えてる地下鉄の改札の方へそのまま行こうとすると出れない。
そちらへは行かず、もう一つの改札から一旦出る。いつもTmoneyだから知らなかったけど
乗車券はタッチじゃなくて、インサートなのね。
そして、今出たその改札にTmoneyで入る。(出てすぐ、くるっと振り返って入り直す。変なの笑)
今、こうして書いてみると別にどうってことないけど
これを全く知らない状態で一から人に教えてもらうのってわけわからなくなるわね。
ちょっとドキドキした瞬間でした。

無事、改札でれてホテルのある東大門へ。日曜だからかあまり地下鉄も
混んでなくて助かった~。東大門到着、さぁ出ようと思いきやまた改札トラブルが。
スーツケース持って改札通るの下手で(バーになってる自動改札)
スーツケースの時は車椅子、ベビーカー用の改札を通っちゃうのですが
Tmoneyをピッとかざしても、開かない。前、ぱっかーんって自動で扉が
開いた気がしてたので、あれ~~~?となって。違う改札でピッってしても
もう通れないんだよね。出れないじゃんまた!

とにかくそこの改札キについてるインタホーン押して、開けてもらわなきゃ。
因みに、見渡す限り駅員も居ないし事務室もない。
インターホンの返答は当然韓国語、当然分からん。『キャンニュースピークジャパニーズ?』
これしか言えなかったわ。それになんだかインターホンボロいの?音が途切れ途切れ。
「困ったわ~」ここで2、3分、こんな押し問答してて「どうしたもんかな~」と思ってたら
通りがかって、様子を伺ってたおじさんがシュッとスタイリッシュに?手で!扉を
開けてくれました。ン?!開いてたの?駅員さんが遠隔操作で開けてくれたのん?
なんだ~ちょっと手で動かしてみればよかったよね。慌ててると『開かない!』って
思い込んじゃうから、そんなこと試しもしなかった。丸顔でちょっと頭の薄いおじさんだったけど
王子様に見えたよ。コマスミダ~って最高の笑顔でお礼をしました。

しょっぱなからこんなんでさ~~この旅、大丈夫か?とちょっと
ヘロッとなりながらホテル到着。
ホテルは駅チカでとてもわかりやすいので迷わず行けました。
雨がぱらついていて、18時頃でしたがもう暗い。でもこのあたりは
大きな道路が通ってて車の交通量も多く
人の往来も多くて、食堂や東大門ぽい安い衣料品店とか雑多な感じが
いいです。ホテルは立地と宿泊料が魅力であとは、安普請な作りのホテルです。

無事、チェックイン。ここは、2フロアのホテルでエレベーターもありません。
2階だったのでスーツケースを自分で持って(運んでもくれないホテルの人苦笑)
私、力持ちでよかった。お部屋が結構広くて(と言っても前回と比べて。
前回は、簡易ホテルで狭かったから)
ダブルの部屋なのでベッドはクィーンサイズ。そこだけは贅沢気分。

身支度を整えて、晩御飯に行きます。ちょうど、清渓川の灯篭祭りの
最終日なのでそれも見に行きます。

続きはまた。。。。
[2015/12/06 15:58] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
前のページ | ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR