FC2ブログ
海賊2
海賊2が新キャストで出航という芸能記事。
キャスト総入れ替え作品を果たして2と言っていいのか疑問なんですが、チャンサジョンの名は誰も継がないので安堵し主演二人が好きな俳優だったので更に好感が増してきています。
この記事ではどこまで確定かわかりませんが今まで発表されてたキャスト以外の人達も加わって更に具体的になってきていますね。

元記事こちら


カンハヌル・ハン・ヒョジュからエクソ、セフンまで...'海賊2'、新たな出航



2014年夏に公開して866万観客を動員した映画'海賊:海に行った山賊'が'海賊:鬼旗'(監督キムジョンフン、製作オニュ/オスカー10スタジオ/ロッテエンターテインメント)に戻ってくる。

'海賊:鬼旗'は朝鮮の建国以降、跡形もなく消えた高麗王室の最後の宝物を獲得するため、海に集まってきたこれらのぴりっとしていて、痛快な話を描いたコミックアクション・アドベンチャー映画。 新鮮な発想のストーリーと魅力あふれるキャラクター軍団、海を舞台に繰り広げられる、スペクタクル的な見せ場まで三拍子そろった韓国唯一無二の時代劇アクション・アドベンチャー'海賊'の二番目の物語'海賊:鬼旗'が若くて改まった強力なキャスティングを完了して新たに出港する。

'ドンジュ''青年警察''記憶の夜'など、ドラマ、コメディやスリラーのジャンルを行き来しながら、しっかりした演技力を立証したのに続き、最近'椿の花咲く頃'を通じて名実ともに大勢俳優として位置づけられたカンハヌルが自称高麗第一剣だが、予期しないように、海賊船に居座ることになった義賊団のボスのウムチを担当してより愉快でエネルギッシュな魅力を予告した。

天下に名声がたかい海賊ヘラン役は'光海、王になった男''監視者たち''ビューティーインサイド'などで好評を博したのに続き、米国ドラマ'トレッドストーン'でハリウッドに進出したハン・ヒョジュが担当してキャラクター変身はもちろん、高難度のアクションを直接消化し、前に見なかった新たな姿を見せてくれるだろう。

映画'探偵:リターンズ''私の特別な兄弟'などを通じて身近な魅力と幅広い演技スペクトルを見せてくれたイガンスは個人プレーが得意な海賊団マギ役を演じ、自然な演技で笑いと喜びをもたらす見通しだ。 ここに隠された宝物をめぐって海賊団と対戦するブフンスは'ヒットマン''神の一枚-鬼宿方'などを通じてジャンル問わず印象深い活躍で興行を率いてきたクォン・サンウが担当して極に緊張感を添える。

宝物を探しに出た海賊団に合流することになる唐突な魅力の少女役はドラマ'クルミ描いた月の光''狐各市別'などを通じて新鮮な魅力で注目されたチェスビンが務め、新鮮な関心を高め、百発百中弓の腕前を自慢する海賊団の射手ハンクン役をK-Pop代表グループエクソ(EXO)のセフンが務め、本格的なスクリーンに挑戦する。

また、ウムチの右腕であり、義賊団の副頭目カンソプ役は、多数のドラマと映画を通じて強烈さとコミカルさを行き来しながら多彩なキャラクターを消化してきたキムソンオが務め、ヘランを伴う海賊ソダンジュ、アンコウ役を'犯罪都市''1987'などを通じて深い印象を残した俳優パクジフヮンが務め、丈夫な活力を吹き込むものだ。

'海賊:鬼旗'はドラマ'推奴(チュノ)'と映画'7級公務員'そして'海賊:海に行った山賊'を誕生させたチョン・ソンイル作家が脚本を執筆して、'みみっちいロマンス''探偵:ザビギニング'でセンスのあるコメディー演出力と興行性を立証したキムジョンフン監督がメガホンを取った。

'海賊:鬼旗'は今年7月撮影に突入する予定だ。



キムソンオさんも出るんですね!
好きな俳優さんの1人です。ナムギルともお友達だったと思う。ドラマ「男が愛するとき」でソンオさんを知りいいなと思いました。「テバク」の役どころも良かったし「花遊記」でのコミカルな演技も良かった。瞳の色が綺麗で素敵なんですよね。

ナムギルが辞退した残念な気持ちがキャストの良さで少し癒されます。
同じく辞退したイェジンさんは「愛の不時着」やって正解だったね。

7月撮影。。もう来月。ハヌル君頑張って下さいね。そういえば、コロナ自宅待機中にハヌル君出演映画「記憶の夜」と「セシボン」(ハンヒョジュさんも出てる)観ましたが
面白かったです(^^)



[2020/06/19 00:15] | 韓国映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
パラサイト すごい。おめでとうございます
昨日は韓国映画界、そしてナムギルさんも沸いたんじゃないでしょうか。パラサイト (寄生虫)が
アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ4冠というニュース。
詳しくはKstyleのわかりやすい記事こちら
外国語映画としても史上初の作品賞という快挙!
kstyleの記事中にもある朝日新聞なんて夕刊1面の扱いでした。

イハニさんのインスタでも数人で集まってTV中継の授賞式を見守り受賞した瞬間大盛り上がりする動画がありました。

いつも韓国映画界全体に目を向けていろいろと考えもおありなふうなナムギルさん。
ましてや今回は寝食を共にしたヒョンが現地に行っていますから感慨もひとしおだったことでしょう。

パラサイトは何冠か達成しそうだと思っていましたが、正直最優秀賞作品賞はどうかなと思っていましたし、巷でも「1917 命をかけた伝令」が最有力候補視されてたんじゃないでしょうか。
監督もスピーチ内容をそこまで考えてなかったというような事を仰っていました。
それなのにこの受賞というのはすごく盛り上がる展開ですね。
おめでとうございました。


韓国映画のクオリティーが世界で認められたという側面もあると思います。
ナムギルさんも、今年海外で作品をするような話もあるようですし、大きな勇気を貰えたんじゃないでしょうか。


ソンジェさん→ナムギルさん→ヤンセヒョンさん→シンソンロクさんによる「パラサイト 」
(注:秒で書いたもの。。笑)





[2020/02/11 12:45] | 韓国映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
タクシー運転手観ました
まだ連休続いているんですよね?
っていうぐらい連休が人ごとな私。。。
昨日から8日間の連勤に突入中です(^-^;
そんな私ですが、一応少しあった連休に
シネマートに行ってきました。

「タクシー運転手~約束は海を
越えて~」観たかったんですよねぇ。
感想を少し書きますが
ネタバレあるのでご注意下さい


色もフォルムも可愛らしいタクシー。
このタクシーのチョロQあれば欲しいのに。
ソンガンホさん演じる運転手の
仕事服?が黄色で緑の車体と一緒に
なるとより可愛らしくて^ ^

ソンガンホさん名優と言われるだけあって
素敵な演技でした。
私が一番心に残ったシーンは光州に
Uターンする寸前まで歌ってた鼻歌の
シーンかな。。日常に戻る事、気持ちを
切り替えるか、騒ぐ心を抑えるかのように
いつもの通り鼻歌を歌いながらハンドルを
握りソウルに帰ろうとするんだけれど。。。
鼻歌を歌いながらも目は別のことを
考えてる、、別の事に心をとらわれてる
そしてUターンに至るまでの心情が
セリフ無しでもすごく伝わってきたわ。

「殺人の追憶」「グエムル」
「シークレットサンシャイン」
「観相師」私が観た彼の映画は
このぐらいですが
こう言っちゃなんだけど
2枚目じゃない事がプラスになってる
ような俳優さんのこんな役あんな役。。。
(とは言っても不細工ではない
ガンホさんです)


ナムギルは50ぐらいになったら
どんな演技派俳優になるんだろう。
例えばこのタクシー運転手なんかは
2枚目じゃちょっと合わないよねー。
あの超絶スタイルといい男っぷりが
かえって邪魔になる時もあったりして笑

いやいや、それともいくつになっても
フェロモンを感じる役ができる
タイプのナイスミドル俳優として
君臨するかしら。

でもこれ、お尻をかきながら
登場するこんな感じガンホさんに
近いものない?笑
なんてね。どっちのペンにも怒られそう。

これなんかも笑


同じく光州事件を題材にした
「光州5・18」という映画も
観た事あるんですが、それも良かったですが
このタクシー運転手は、笑いも適度に
散りばめて、観客の心を掴んだところで
中盤からラストまでグイグイくる感じ。
手に汗握るカーチェイスもあり、
最後まで飽きさせないエンタメ性も十分。
泣いている方も沢山いらっしゃいました。
あっ、そうだユヘジンさんも
心優しきタクシー運転手役で登場。
相変わらずいい味出していて^ ^

因みに「光州5・18」はトンマンで
お馴染みのイヨウォンちゃん、
イジュンギ くんなどが出演。

何を観ても、「あ、この俳優さんは
あの作品でナムギルと共演してた」とか
すぐナムギルを思い出してしまう。
ご本人が登場する新作が早く
観たいです。



[2018/05/05 23:17] | 韓国映画 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ミッドナイトランナー

ポスター。ソジュン君のお顔部分が
光ってしまった~_~;
スタンディもあったのに撮るの
忘れました。

今日は、シネマートデイ、家族のご飯を
作る使命もなかったので
仕事帰りにシネマート新宿で
ミッドナイトランナーを観てきました。

パク・ソジュンとカン・ハヌルのW主演、
ストーリーも面白そうで
「青年警察」というタイトルで封切った
韓国公開時から日本に来るのを楽しみに
していました。

ナムギルファンミ終わって暫くしたら
観に行こうと決めていてたのですが
長くやってくれてて良かった。
ギルロスになってたら、この2人に
パワー貰うというプランだったので笑
しかしそんなにロスにもなってなかったので
若いエキスを吸って、、、じゃなくて
若いオーラを浴びて更に元気貰いました。

「あー面白かった!」とスッキリする感じ。
笑えるところ、沢山あるしね。
ナムギルさんは私の溺愛俳優で、
オンリーワンの特別枠ですが。。。
パクソジュン君も好きです。
一時、次々彼の出演作を観てました。
(でも花郎は途中まで、サムマイウェイは
観てません)
正義感溢れる真っ直ぐな青年役が良く
似合って(≧∀≦)
モムチャンっぷりもgood (o^-')b
カン・ハヌル君はミセン と麗でみて
光ってるなーと好感を持っていました。
上手だし!
この映画でも眼鏡キャラなので
ミセンの彼を思い出した。
只今、兵役中よね?
早く帰ってきてまたソジュン君と
コンビ組んで!
続編を匂わせるような文言が
ありましたので、実現して欲しいです。

邦題の通り、本当に良く疾走してました。
若くなければ撮れない映画。
パワフルでフレッシュで、若さ故の
無鉄砲さや未熟さが時には
ベテランにもなし得ない事を
為す!ということを感じ、今の季節
新社会人や新入生、若い人に何も怖がらず
やったらいいよ!と、伝えたくなるような
映画だったな。熱くて爽やか~~(*^^*)

韓国映画、面白いな。次は
タクシー運転手を観たいです!



[2018/04/10 23:31] | 韓国映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ビューティーインサイド

宇宙最強のキム・ナムギル俳優は、ゲルやカフェのサポートを受けて
撮影頑張っておられるようですね。
各所でお写真が出ていますけどやはり撮影中なのでご本人は
おいそれとは、被写体になるわけにもいかず仕方ないけれど残念。
ところで次作品は決まってるんでしょうか。気になりますね。
終わる前から次は?!って期待される。。。
制作サイドもファンも次が気になってくるところですが
まだ未公開作品も続くことですし、ナムギルさん入魂の
作品を一つ一つ、ハナハナ、、じっくり味わって
いかなきゃですね。。。

カフェの方に寄せらえたナムギルのお礼メッセージ。。
お写真持ち出しはちょっと出来ないけれど
内容としては「とても愛して、このろくでなしの家長のためにいつも
応援してくれて頑張ってくれてありがとう。良い演技で報いるよ」っていう
感じのものでした。ゲルの方は、かなり砕けた感じでなんとなく
ツンデレで笑、それがまたペンを喜ばせていますね。
いいのよ、私たちイルボンペンにもたまにはそんな物言いしてくれても。
日本人は気にしないから。年齢の壁、超えようよ!笑

さて、、お休みの今日は引き続きパク・ソジュンがちょっと出ている映画
「ビューティーインサイド」を朝から鑑賞。(これからちょっと内容に触れてます)
目覚めるたびに、外見が別の人になってしまう元は20代ぐらいの男性の恋愛もの。
ハンヒョジュいいな〜。自分が男だったらこんな感じの人が好き。
主人公は家具デザイナー。最初から最後まで本来の
姿は出てきません。
目覚めるたびに性別も年齢もかわって違う外見になってしまうことが
18歳から続いているという荒唐無稽な設定です。
そういうありえない設定でリアリストには受け入れられない物語だと思うけど
これはやはり風刺というか。。。。
外見と中身、あなたはどちらを愛してるんですか?って問いかけ
られてるような気がしました。
「どんなに姿かたちが違ってもあなたはあなたって言える?」って
いう問いを。。
ちょっぴり考えさせられたような。その目覚めるたびに違う姿を
いろんな有名俳優が演じているところも面白いですね。
要所要所大切なシーンでは有名どころが演じています。
お目あてのソジュンくんは主人公がもう寝ないようにしてまでヒロインに
告白、デートする場面で、でてました。次に目覚めた時の変わり方のギャップが。。。

そして、真実をカミングアウトする場面では「マイエンジェル」でナムギルの相手役を
務めるチョン・ウヒさんが。

正直、あのルックス(ソジュンくん)だったからヒロインの気を引けたというのは
現実。。。その人の内面を知るに至るまでは第一印象で拒否される
ルックスでは何もはじまらないんですね。そういう意味では年齢、
外見もある程度、大事ですよね。(性別も)
最終的にヒロインが出した答えは。。。?
これがこの映画のメッセージなんですね。

さて、ナムギルペンの皆さまがどのような選択をされるのか興味深い質問。。
既婚の方に。。結婚していない方は身近などなたかを想像してくださいね。
どちらを選ばれますか?因みに、旦那さん、パートナーの全てが大好きで他の誰にも
代わりはできないという方は考えないでくださいね笑

外見がナムギル、中身が旦那さん。
中身がナムギル、外見が旦那さん。
どっちと暮らす?笑











[2016/06/07 13:59] | 韓国映画 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR