FC2ブログ
休みが増えてした事
皆さま、お元気ですか?コロナ疲れ出ていませんか?


私の住む東京でもオリンピック延期となった途端、検査数・患者数が
線で引いたように増えてウィルスも怖いけど
それと同じぐらい知らない(知らされない)いろんなことが怖いと思いました。
ウィルス対策でも換気が大切ですがいろんな部分をもっと風通しよく
して欲しいですね。

今月はコロナの影響で1ヶ月の休日が普段の倍以上になりました。
路頭に迷う、ということはないにしても収入減は困ります。
この状況は勿論困った事態ではありますが時間が沢山あるというのは
有り難かったりする一面もあるにはあります。
普段しない部分の片付けやだいぶ増えて収納スペースを圧迫している
ナムギルさんの雑誌の切り抜きなど整理したり。
ところで、雑誌の切り抜きをこんなに大事にしてるなんて
中高生時代以来ですよ笑

で、つい読みふけってしまうんですよね。
そこで今読んでみたら、「へーっ?そうだったんだっけ~?」と、面白く思ったことがありました。
記憶力良い方は、へーって思わないかもしれませんが結構忘れてるんですよね私の場合。

一番「へー」と思ったのが2014年のマリクレール。
この時は、アウトドアブランド?アパレルのコーロンが
文化産業後援プロジェクト 「ウォームハートキャンペーン」として視覚障害者の芸術活動を
応援するキャンペーンを展開し、収益の5%がその芸術活動に寄付されるTシャツを販売したんですよね。
ナムギルさんはそれを着用して北村のそこかしこで撮影した素敵なグラビアで登場。
そして北村の道を紹介するナレーションで参加。これはギルストーリーHPでも
聞くことができますよね。

それで、北村の道を撮影して写真展を開催する視覚障害者のアマチュアカメラマンとの
出会いなんかも掲載されているのですが、インタビューで写真の事について
聞かれたナムギルさんのお答えに注目。

「元は写真が嫌いだった」え~、そんな事言ってたっけ。。。
今では、カメラを構えるナムギルさんのお姿はすっかりお馴染みだし
ギルストーリーでも前からご自身の撮影した写真をアップされてますし
ファンの方からもカメラ周りのものをプレゼントされることが多いと思いますが。
最初は嫌いだったって言ってます。なぜかというと、俳優ならば記憶してもらいたい姿を
写真でなく心に残すべきだと思っていたから、とのこと。俳優ならばねぇ。。。
でも風景とかそういうのもそう思ってたのかな。それはわかりませんが、
ナムギル写真集のフォトグラファー、ギルストーリーのプロボノでもある
チョ・ナムリョンさんから写真を少しずつ教わって魅力がわかるようになったそうです。
嫌いとまで思ってたとは、今のお姿からは想像つきませんね。
人と出逢って自分の世界を拡げていくのがナムギルさんらしいです。


そうそう、あとこれは印象的で忘れてなかったですが、ナレーションについて
何があなたの心を動かした?(どうしてそれをやろうと思ったか?)という質問に「なんとなくお父さんのいない子供達に
童話を読んであげたいということを思っていた」というお答え。これが
優しくてねぇ。素敵だよね。

この視覚障害者の芸術活動を応援するキャンペーンで視覚障害者の為に
北村の道を読んであげるプロジェクトのナレーションのオファーを受けた、との
ことだったようですが、ギルストーリーでシリーズ化した「道を読む男」のきっかけは
これだったんですね。それもなんかよく把握してなかったかも。



こんな方が北村歩いてたらどうですか。
わ!モデルかなとまず思う。。。





それでちょっと突然ですが、すね毛に注目(笑

毛深かくはないけどこのぐらいはあるんですよね。でもシベリアの時
すごいつるっとしてなかった?とにかく綺麗な脚だった。
カメラが寄ったらちゃんとあるのかもしれないけど。現に
シベリアの時も後ろから撮ったふくらはぎには少し、ありました。
でも前側はちょっとわかんなかったな~。脱毛とかしてたりするのかな。
いや、するなら後ろもするか。

日本人男性はそうでもないみたいだけど海外の男性は
下半身全脱毛してる方も少なくないらしいですね。
なんか、ナムギルさんにしてて欲しいと思ってるわけではないですが
まぁどっちでもいいですが笑 して欲しい、しないで欲しいと
言ったところで聞き入れて貰えるわけでもないし
みるわけでもないし。
最後下ネタになってきたのでこの辺で終わります(笑
[2020/03/28 13:09] | 日々 | トラックバック(0) | コメント(2) |
初一蘭
日記です。
先日、脊椎MRIを撮りに行きました。
結果はCD-Rで頂いたものをはじめに
診察した病院へ持ち帰り、診断を受ける形です。

病院は具合の悪そうなご老人が沢山いらして
胸が痛いというか。。。なんだか気分が
沈む場所です。病院が職場の方も
沢山いらっしゃると思いますが。。。。
看護婦さんとかほんと尊敬します。
志が無いと出来ない職業だ。

待合室で待ってる間に見かけた対照的な
老婦人二人。

受付で何か記入している時、怒り口調で
「えぇ?!上に記入ってどこよ!
そんな事言われたってね
私、老眼でよく見えないんだから!」と
受付の方に怒鳴るお婆さん。うわぁ。。。
受付の方は慣れていらっしゃるのかなー
こういうの(ーー;)

車椅子を療法士っぽい方に押されて
お見舞い客をお見送りに来たお婆様。
白髪をきちっと束ねて車椅子ながら
かなりしゃんとされていて。。
「気をつけてお帰りになって」と見舞客の
心配をしている。お見送り終わった後に
療法士さんに「わたくしごとで申し訳ありませんでした」だって。。。うわぁ。。。

二人のおばあさんのなにが違うって、人への配慮かな。
こういうことですかね?(^^)


客観的に物事が見られるか否か、っていうのもあるかも。私も前者のようなおばあさんには
なりたくないな。でも人格的に後者のおばあさんになれる気もしないけど(笑 努力しよう。

配慮も難しいですよね、私の場合、悪気はなくてもぼーっとして気がきかないのでそういうのも
配慮に欠ける要因になるし(ーー;)
ともかく
おばあさんに限らず、全年代、人としての
品位は保ちたいですね。


検査後、娘と待ち合わせ(最近、カレシと別れ一緒に行動する事が増えた)
娘は前から「一蘭に行きたい」と言っててオーダー法までネットで見てたんですね。
私も一蘭行きたいよ!と言う事で丁度よかった。
日常でラーメン屋に入る事がほぼ無いので
初一蘭です。

病院から駅まで少し距離があったけれど
リハビリ兼ねて歩いてみることに。
大きな公園を通って行きました。
歩いて良かった~。普段出不精で出かけるにも
必要最低限の行程ですが道草って
意外に楽しいな。。。


写真イマイチ。。。

さて。。。一蘭ですがナムギルさんの食べ方は
基本のラーメンに玉子と海苔とネギでしたよね。

同じにしてみました。



投入~あ、一蘭のロゴが隠れてる(˙-˙)


美味しかったです!これがナムギルさんが好きなお味なのね~~。豚骨で真ん中の赤い辛味をスープに混ぜるとちょっとピリ辛になるんですね。この辛味だけ食べてみたんだけど辛いと同時に甘くもあって韓国料理にありそうな感じがした。これが美味しかったからこれだけ別売りで売ってたら買いたいのに。お値段、あまり詳しくなくてわかりませんが、ラーメンとしてはお高め?

一蘭のシステムって面白いんですね。
スープの濃さ麺の茹で具合、にんにく量など
自分好みにできるオーダーシートがあるのね。
ナムギルさんは書くんでしょうか?



その後、娘の買い物につきあって帰りました。
楽しい休日でしたが最近、休日でかけると疲れるんですよね~。ここ3年ぐらいの老化が激しい気がします。
[2019/09/17 11:37] | 日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ナムギル まであと三歩
善徳女王 最終話より



「すべて忘れよ」


ナムギルさんの事以外は忘れます。仕事も今日まででした。
来週は1週間休みをとりました。主婦業も忘れます、というか手につきません。





「伝えるべきことを伝えていない人がいる。それを伝えに行く」

はい、伝えに行きます。
名前を呼びに行きます。

「ナムギル ~!」「サランヘヨ~」








[2019/07/21 23:38] | 日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |
バーニング
金曜日にずっと気になっていたイチャンドン監督の映画「バーニング」を観にいきました。

ベースが村上春樹の短編「納屋を焼く」なので、こちらも読んでみましたが、最後、で?女の子は殺されちゃったの?っていうモヤモヤ感が消えずスッキリしなかったのです。でも映画は、より肉付けされたものでモヤモヤも感じなかったのでよかったです。

抽象的で解釈は観客に委ねます、みたいなのはちょっと苦手なんだよねぇ。こんな言うとちょっと馬鹿っぽいんだけどw

それと小説の方では男二人が大麻を吸いながらする会話の感じが苦手だった。。。もし実際にこんな会話してる男達を前にしたら、後ろから後頭部をハリセンでハリたくなる衝動を抑えられない気がするくらいイラッとしたんだけど、映画ではその景色や俳優の話し方、間の取り方、時間の流れがゆっくりで全くそういう感じには思わなかった。小説の中のセリフも大事なとこだけ使われてる感じだったし。
ユアイン演じる主人公の男が小説とだいぶ違うから、そこも良かったのかも。

一見、明るく自由奔放にみえるけど、本当は折れそうでいつも何か欠乏感を抱えているような孤独な女の子の悲しみとか。。。
主人公の若者の境遇も格差社会の閉塞感とか韓国の若者がみたら辛くならないかと思うようなところもあって。。。。若者が希望を持ちづらいのは日本も同じような感じですけれどね。本当に何か燃したくなるんじゃないかと思いました。

一緒に行った友達がテレビでやったものをみたらしいんですが、それは短いものだったそうで劇場版は148分だったそうです。その長さをあまり感じないほど没入できました。

いくつか胸が詰まったシーンとか内容があったんですけど女の子が住んでる部屋。
すごい狭いマンションの一室。1階じゃないけど陽当たりも悪くて昼でも薄暗いような部屋に一瞬だけ、近くのソウルタワーのプリズムみたいなのに反射した七色の光が射す時があるんだけどすぐすーっと消えちゃう。そのことは女の子も知ってて主人公の男に話しているんですけども。。あまりに儚くてねぇ。。美しい瞬間はすぐ消えて現実は薄暗くて。似たようなシーンがシークレットサンシャインに、あったのを思い出しました。でもそちらは温かさや希望を感じたんだけど、こちらは悲しかったななんか。。。

あと井戸の話かな。
家族にも全然理解されてないし愛されてないし、女の子がかわいそうで。。。

そういういろんな比喩的なものも含みつつの深みもあるし、単純にミステリーとしても面白かったです。



この映画で何かスイッチが入っちゃったという事もあると思うけど、前々から歩きたいと思ってた処に映画が終わってから行ってみました。
逆方向に帰る友達と別れてから、時間ももう夜10時半を回ってたんですが。。。

そこはちょうど、その映画館の沿線の駅でいつも通勤で週一で通り過ぎるのですが、寄る時間もなくて行きそびれていたんですよね。
私が子供の頃、7年間ぐらい住んでた地域で、家は二駅利用可っていう、どちらの駅からも近くない中間の場所にありました。

同じエリア内で引っ越しして引っ越し後の家には一度、10年以上前に母と行った事があったのですが、最初に住んだ家にはもう40年ぐらい行った事がなかったのでその家があるかどうかもわかりませんでしたがとりあえず、記憶を辿って行ってみることに。

道路というか道筋はあまり変わらないものですね。建物や雰囲気は違うけど、だいたい同じです。中学生まではそのエリアに居たので
記憶もはっきりしてますし。

それにしても道幅がこんなに狭かったっけ、駅からこんなに近かったっけ?とずっと不思議な感じがしてました。物理的に身体の大きさも違うからそう感じるとは思うけど、空間を認識する容量が子供の頃って、小さいのかな。子供の頃は街はもっと大きかった気がしてたし駅はもっと遠かった。

ついに最初に住んだ家の近くまで来ました。急坂の途中にある白い家だったんですけど。。。
当時の近所のお家が意外にそのままある事にびっくり。これは期待できると思ったら、ありました!本当に時がとまったようにそのまま。。。
夜遅くに他人の家の写真を撮って怪しい奴ですが撮ってしまいました。そしてそれをのせるのも
どうかと思うんですが一部分だけ。。。
私以外の人にとっては何も面白くない写真ですけど


私にとっては、この丸がついてる黒いフェンスも懐かしく、白い雨戸をみればここを朝夕開け閉めしていた若かりし母の姿が浮かんでくる(母は存命中です^ ^)

涙が出てしまいました。その頃の事が感覚的に甦ってきて。。。両親に守られて何の不安もなくて毎日、いきいきしてた子供の頃。
今が特に不幸な訳じゃないけどあの頃は絶対的に幸せだったんだなぁと、そしてそれは二度と戻らないんだと
さっきみた映画の一瞬の美しい光と重なってしまって、悲しくなってしまいました。
懐かしさで楽しくなるかと思ったのに、こんなに悲しくなるとは。

家が2駅の中間にあるので、さっき降りた駅の隣の駅まで歩きます。その道も基本的には変わってなかったです。道幅が狭いのは自分の身幅が広がったせいだけではありますまい(^^)

小学校の通学路だった道を通りましたが当時から変わらない住宅なんかが意外に残ってるのは驚きでした。
日常の中の非日常で、ちょっとしたタイムスリップ気分でした。

もう一箇所、もっと小さい頃に住んでたところで訪ねたい場所があります。名古屋の春日井市なんですけどいつか機会があればいいと思います。まだ空き地がたくさんあってクローバーやレンゲの中で遊んだ記憶が雲雀のさえずりと共に思い出されます。母が妹出産で入院中だった時に、いつも忙しく殆ど家にいないような父と珍しく二人で過ごした時間が数日あって、夜寝るときに父が「みなちゃん」が主人公のオリジナルなお話し(連続物)を作ってしてきかせてくれたりして、父がうとましかった時期もあったけど思えばいいお父さんだったじゃないの。。。。


とりとめもない話しになってきたのでこの辺で終わりにします。永遠には続かない幸せでも、無いよりは良いですよね。。。







[2019/06/23 00:25] | 日々 | トラックバック(0) | コメント(2) |
五味子、上がったり下がったり
もう6月ですね。風薫る5月というより夏のような5月でした。春4月は芽吹きの季節、そして5月は一斉に色々な花々が咲き、うちの猫の額ほどの特に手入れしてない庭にも薔薇や宿根草の花ニラ(イフェイオン)などが咲いていました。

その中で私が特に気にかけているのが五味子です。私の五味子への執着(笑は、当ブログこちらをみて頂くとわかるのですが、薬令市場で買った使用済み五味子を試しに蒔いたら発芽したんですね。それが育ってまして、今年の春大変化が!

4月2日撮影

冬中、丸裸だった細い枝が芽吹いてきて葉っぱが出てくるかなーと思っていたんですが、なんか粒っぽいものが。。。葉っぱってこんなに丸まって出てきてたっけ?と思っていた。


数日後

いやいや!葉っぱじゃない。これは絶対蕾じゃないか?花咲いて、実がつくんじゃないか?と、どんどん先走っていく妄想(*☻-☻*)めっちゃときめいた!

4月18日撮影

やっぱり蕾で、花がこんなに咲きました(^^)
五味子の花は、とても甘い香りがします。
ここで妄想を打ち消し真剣に調べはじめました。前に、調べた時は雄花、雌花があって雄花は当然ながら実にはならない。結実するのは雌花。
しかし、雌雄別株で、雄株には雄花しか咲かないし、雌株には雌花しか咲かない。うちの五味子が雄株ならば実はつかずアウト。Dead or Aliveだ。

よくよーく、花を観察してみました。ネット上の雄花雌花の写真と見比べながら。。。。
余暇は熱血司祭で忙しくてあまり余裕もなかったのですが笑

特徴としては雌花は花芯が、粒々こんもりしてるの。雄花はあっさりしてるの。ぴらーっと花びらをめくって中を覗くと、、、あっさり君。おまえ雄か。。。。要らん子か。(o_o)
ごめん、要らん子は言い過ぎたけどがっくりきたわ。上がった分だけ下がったわ。
そう上手くいくわけがないよね。。。

更に色々調べていたら、まれに一つの株に雄花雌花両方つけるものもある、という事を知りました。実験林で統計を取って研究している方のレポートでは92個体のうち12個体が雄花雌花両方つけていたと。そんな確率。。。更に数年後には、性転換?する事もあるらしく両性だったのが雄になったとか不安定なものらしい。複雑というかデリケートというか難しいんですね。
韓国の五味子農家さんはどうしてるのかな。
性転換されたら困るよね。安定的に生産する為に大量に作ってるんでしょうか。


がっくりしてしばらく放置。。。
うちの子もいつか雌に性転換する日がくるかもしれないから希望は捨てずにいようと思いつつ、一応もう一回花を見てみようと観察していたら
「えーーっ🤨これ雌花じゃないの?」うそー。あったんですよ、雌花が。そしてその近くに咲いてるのは全部花芯こんもりの雌花。
まさかのレアケース?!
しつこくいうけど92本中10本しかないような両性具有株。うちのこの1本しかない五味子がそうなわけ?!
アンビリバボー。たしかに一株しか植えていないけど実は2株だったりして、と思って念のため、あみだのように根元をたどったけどやっぱり1本の株でした。

じゃうまくいったら五味子茶飲めると、また収穫を夢みてしまいました。
花びらが散って花芯が成長してきました!
今年は熱血司祭ドラマも五味子も当たり年だわ、なんて変なこじつけをして喜んでいました。

4月30日撮影

スマホで撮った写真ですがアルバムが五味子前後の写真は全部熱血司祭笑

5月13日撮影

ちょっとピントあってませんが
長さ2センチぐらいまで成長。でも全ての雌花の実が成長するわけでもないみたいでした。小さいまま黒くなって枯れちゃっているものも沢山。
このように成長しているものの方が断然少ないです。
気になっていたのが夏日ともいえるような暑さ。元々、寒冷地に自生するような植物に、いきなりのこの異常な暑さが悪影響を及ぼさないわけがないです。それに、花が咲くのも実になるのも早過ぎです。なんとか頑張って赤い実になって~。


5月
次々とだめになっていく選手たち。
跡形もないけどどうなった?
一番のホープだった大きい房が軸だけ残して実がなくなり。。。
そして誰もいなくなった。
この気候も影響していると思うし、風も強い日があったし、だめになった理由は素人考えでもいろいろ思いつく。あがったりさがったりの五味子観察記録となりました。

職場の韓国通の方が行きつけの韓国料理屋さんの済州島出身の店主に「友達が五味子植えて成長してる」っていう話をしたら、あっさりと「日本じゃダメだね」って言ってたそうなんですが本当にダメになっちゃったよ~。シフトの関係でたまにしかお会いできないのでこの前、彼女にお会いした時は、収穫を夢見ていた頃で、その話しをしたのですが今度は悲しいお知らせをしないと。。。

でも自生してる地域もあるし寒冷地なら日本でも十分育つのです。北軽井沢に行った際に五味子ジャムとして商品化されているものを買って帰りました。山林で収穫して加工してるらしいです。

もう一株、ネット通販で買った苗が別の畑に植わってるのですが、これは花をつける兆しもないです。買った時は雌株、という事だったのに。性転換して無性というパターンもあるのでしょうか。
奥が深いです。



[2019/06/01 15:12] | 日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR