FC2ブログ
復習2「熱血司祭」最終話 感想
熱血司祭最終話の感想をあげずにここまで来てしまい、このまま2019年を終えるのはスッキリしないので改めて復習したいと思います。


昨夜、改めて日本語字幕版を18話から最終話まで観ました。結局午前3時ぐらいまでみちゃったんですけど何回みても見入っちゃうのが良作なんでしょうね。

ナムギルさんの演技が韓国でよく言われる名品演技なのは言うまでもないんですけど、キムヘイルは表情がチャーミングですね。ナムギルさんは表情豊かなキャラをしたらすごく引きたつ魅力があるなーと改めて。。。
ホイムもピダムもそうなんだけど。

すごい細かいところなんですが18話でギョンソンの家でギョンソン、ク、ソ刑事、ヘイルで作戦会議?をしているときに金庫の金が入った袋に発信機を仕掛けた話をしてるシーン。
いつ?とク刑事に聞かれヘイルが「さっき」(アッカ)っていうシーンがあるんだけど、ここの言い方(声)と表情ツボなんです。台本に「アッカ」って書いてるだけでしょ?なのに惹きつけられちゃうなぁ笑

さて、最終話。無機質なコンクリートの建物内に全身黒づくめで目だけ刃物のように光らせたヘイルがジョンゴンと対峙している19話の続きから。

因みにこの建物が異様な雰囲気で、あの階段も奇妙だし何だろうな~と韓国放送当時、気になって探してみたところ
抱川市にあるデジン大学(大真大学)の体育館の地下だそうです。他にも沢山のドラマや映画でも使われていたみたいですね。芸能人の卒業生も割と多いらしい。


大勢のチンピラ共を無駄な動きのない戦い方で次々と倒していくヘイル。

最後にイジョンゴンに銃を突き付けます。「撃て」「俺とお前は同じだろ」と挑発するジョンゴン。
駆けつけた仲間たちは、撃たせまい、こっち側にヘイルの心を戻そうと
必死で言葉をかけ続けます。
緊迫した状況。
突きつけた銃口はイジョンゴンの額を狙ったままですが、手も震え次第に目から殺気がなくなっていきます。ここはナムギルさんの演技の素晴らしいとこですけど、銃を構えていても途中から眼が変わるんですよね。その時点で撃たないなと伝わりました。

シスターの台詞もいいです「ここにいる人は仲間で味方で神父さんに救われた人です。あとは自分を救って下さい」
いばらの道を独り行くのではなくて、もうヘイルはそんな事しないでいいのですよね。

そしてナムギルさんも名台詞の一つとして挙げている
「7回どころか77回許すべきだ」というのが出るわけですよね。

この言葉はマタイによる福音書十八章からの引用した形で告げられるので本当に神父さんらしい言葉です。

(参考:そのとき、ペトロがイエスのところに来て言った。「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」
イエスは言われた。
「あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。」)


銃を下ろしたタイミングで頰をつたう一筋の涙。。。美しいです。

身体は要員でも心はもう神父以外の何者でもなかったキムヘイル。
きっと亡くなったイ神父も微笑みながら頷いている事でしょう。

手錠をかけられて連行されるジョンゴン。
ヘイルにも笑顔が戻ってほっとした瞬間
ジョンゴンが往生際悪く最後の悪行に出ます。全くこいつはどこでまでもヘイルに固執する奴です。クデヨン刑事が正当防衛で撃った銃弾は胸に。絶命するジョンゴン。
そんなジョンゴンにさえ神の慈悲を乞うてやるヘイル神父。

そしてイ神父の無念の死も晴らされ全て解決。

クダムカルテルの面々も皆、収監されて、てんやわんやの不協和音、死人に口無しのパク議員に罪をなすりつけようとしたところが、大反転があり脚を組みながら車椅子で登場するパク議員。ここも面白かったです。

収監されおかっぱ頭から短髪になったチャンリョンに面会に行くソンサック。このシーンも良かったなぁ。
まだ素直になれないチャンリョン。
ソンサックも彼を許していますよね。度量の大きい奴です。自分へのいびりだけじゃなくイ神父の事もわかった上でも許したんですね。
出所後行くあてがなければ自分の所に来いと、言うソンサック。
もうかなりぐっときちゃってるチャンリョンですが、素直になれず
荒っぽい言葉で「オートバイの事故に気をつけろ」的な事をいうチャンリョン。

最後、帰ろうとするソンサクを呼びとめて「来てくれて ありがとう
友よ」っていう時の表情すごくいいね。心の中では号泣でしょうに涙をこらえてるような、素直になれない奴が精一杯頑張って伝えた感じが出てて。
このチンピラは初めて人の温かさや友情に触れたんじゃないでしょうか。
2があったらこの人たちの奇妙な?友情物語もどうなるのか気になります。

そしてマルコ神父、復活祭の日(韓国放送時)に復活。「ヒョン」という第一声もいいですね。ところで日本語字幕はヒョン=ヘイルさんになってるんだけど、ニュアンス違うんだよなぁ。
ヒョンはやっぱりアニキか兄さんでお願いしたいです。

クダム署刑事たちもヘイルもギョンソンもそれぞれ自分の罪を償うために、カタをつけます。
桜のシーンがとても綺麗でした。

結局ギョンソンは元クダム署刑事達とチームを組み検事として復活。クダム聖堂には
法王が現れ、ヘイルに聖堂に残るように告げる。全てひっくり返す鶴の一声ですね。

最後はもう新チームでのお仕事が始まっているいる様子。ラストシーンは手入れに行くシーン。
ク刑事の謎の僧侶の扮装も面白いけど、ここはやはりソ刑事のまさかのチャンリョン笑
クムセロクちゃん徹底ぶり。良い仕事してます。
普通に考えたら、収監中の罪人の扮装って無いですけど、最後はこういう遊びで視聴者にファンサービスですね。チャンリョンが愛されキャラだったんだな~とも。個人的には明日、ムンソクさんにも手ぶらで帰って欲しくないです笑

そしてWe Will be Back
この言葉信じて待ちたいですね。


最後、余談です。
クダム聖堂に訪れた「パパ~」をみて思いだした。
11月来日された教皇ですが、教皇関連の本をパラパラとみていたら、目にとまったお言葉が。
「神聖とは何かすごい事をやってのける事ではありません。普通のことを愛情と信仰心を持ってすることなのです」

ナムギルさんがインタビューで、「ナムギルさんにとって正義とは?」ときかれたその答えを思いだしました。

「正義はそんなに大げさなものではなく、人が生きていく中でお互いに対する理解や配慮ができること、また、最も基本的なことから外れないことが正義だと思います。」

教皇とナムギルさんを同列に語ろうというのではないですが、又、神聖と正義と少し異なりますが
教皇のその言葉をみてナムギルさんのこの言葉を思い出した私です。





[2019/12/30 19:26] | 熱血司祭 | トラックバック(0) | コメント(2) |
熱血司祭 断然1位
改めて嬉しい記事 こちら


熱血司祭'2019年ミニシリーズ、断然1位…地上派全盛期率いて



SBS金土'熱血司祭'(脚本パクジェボム、演出イミョンウ)が2019年に放送されたミニシリーズの中で視聴率全体1位になってSBSが地上波ドラマ全盛期を導いた。

2019年2月、SBS金土劇で、最初に口火を切った'熱血司祭'は多血質、カトリック司祭キムヘイルと亀潭警察署刑事クデヨンが疑念の殺人事件で会って協力捜査しながら話を描いていった。

当時は、ドラマはキム・ナムギルとキムソンギュン、イハヌィだけでなく、コジュン、クムセロク、アンチャンフヮン、ウムムンソク、チョンヨンジュ、キムヒョンムク、チョンインキ、イムンシク、チョンソンウ、ベクジウォン、チョンドンフヮン、ミンジェなどをすべての演技者たちの熱演ぶりが続き、放送されている間、TV話題性連続1位に、ニルソンコリア基準の視聴率25%(首都圏基準)に迫るなど、大きな関心を集めた。

おかげで、第14回ソウルドラマアワードと第46回韓国放送の対象をはじめ、東京ドラマアワード2019、第1回アジアコンテンツ・アワーズ、第10回大韓民国の大衆文化芸術賞、2019、広告主が選んだいいモデル賞などを受賞したりもした。

特に、ニルソンコリアが発表した2019年1月1日から11月28日まで放映された地上波とケーブル、総編のミニシリーズの平均視聴率によると、'熱血司祭'の場合、視聴率18.12%(首都圏基準、2049の視聴率7.63%)を記録し、堂々と1位の地位に就き、その意味を加えている。

一方、ミニシリーズ部門全体2位は平均視聴率14.83%(2049の視聴率6.93%)を記録したコン・ヒョジンとカンハヌル主演のKBS2'椿の花咲く頃'であり、3位は'ストーブリーグ'を控えたナムグン・ミン主演のKBS2'ドクタープリズナー'だった。 当時、視聴率は14.21%(2049の視聴率5.35%)だった。

そして4位は、チャン・ナラとチェジンヒョク、シンソンロク主演で視聴率14.1%(2049の視聴率5.83%)に達したSBS'皇后の品格'であり、5位はユ・ジュンサン主演で視聴率12.21%(2049の視聴率2.79%)のKBS2'どうしたプンサン氏'だった。

また、6位tvN'アルハンブラの宮殿'、7位tvN'ホテルデル、ルナ'、8位SBS'バガボンド'、9位tvN'彼氏'、10位SBS'医師ヨハン・'が10人民元に名前を上げることができた。

このように、今年はミニシリーズの場合、SBS'熱血司祭'が全体1位を占めたのをはじめ、全10位圏内でSBSドラマ4便が即位した点も目につく。 ここにKBSドラマ3本まで計地上波ドラマ7方が10人民元に入り、'地上波ドラマ全盛時代'を率いたのはもちろんだ。

ある放送関係者は"2019年に放送されたミニシリーズ全体平均視聴率調査結果でSBS'熱血司祭'が最初から最後まで視聴率1位を守った"と"何よりもSBSが地上波ドラマの全盛時代もしたが…、2020年にもかかわらず、視聴者の方がお好きながらたのしんでいただけるた多様なコンテンツに近づきますのでたくさん期待していただきたい風"と紹介した。



「断然1位」ってなんて良い響き(^^)

だからもう本当に年末SBS演技大賞は
熱血チームが大挙登壇するのが今から
楽しみです。

そういえば東京ドラマアワードでも
中国の「我的真朋友 My True Friend」
タイの「愛の運命」と共に
海外作品特別賞 を受賞したんですね。

年末にナムギルさんの輝く笑顔が
沢山みれそうですね。







[2019/11/29 08:05] | 熱血司祭 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「熱血司祭」で特別賞受賞
おめでとうございます

ナムギルさんが「熱血司祭」で特別賞を受賞されました




その芸能記事 元記事はこちら

キム・ナムギル‘熱血司祭’で特別賞受賞“熱心にする俳優になる”






俳優キム・ナムギルが'熱血司祭'で特別賞を受賞した。

7月1日シジェスエンターテイメント公式インスタグラムにはキム・ナムギルの受賞認証ショットが掲載された。

映像の中キム・ナムギルは"放送をして反応も良かったし結果も良かったが賞まで頂いて感謝申し上げて今後熱心にする俳優になる"という受賞所感を伝えた。

これに対し所属会社シジェスエンターテインメント側は"今日は賞受けにSBS出勤印鑑ドーン。 '熱血司祭'で特別賞受賞. 全部共に祝ってください"と伝えた。



一方キム・ナムギルは去る4月放映終了した'熱血司祭'に出演した。




共に祝ってください、とのことですね。おめでとうございます〜
嬉しいですね

SBSさん一言だけ言わせて下さい。
これで終わったことにしないで年末もよろしくお願いします。

[2019/07/01 19:22] | 熱血司祭 | トラックバック(0) | コメント(0) |
チョルボムとヘイル、未公開シーン
昨日、19回の感想を書こうと思って本編を見るために久しぶりにSBSのHP熱血司祭ページを開いたら、ファンチョルボムとヘイルの未公開削除シーンがアップされてました。

終映して随分経つんですけど、更新されるとは。




[未公開]「悪になってたいのではなく生きたかった」ゴジュン、キム・ナムギルの告白

キム・ナムギル(キムヘイル)はコジュン(ファンチョルボム)の面会のために直接訪ねて自責するコジュンに心からのアドバイスを渡す。



生きるためにはそうするしかなかった、、っていう事を言ってるのかな?そんな事せずに頑張っていきてる人も沢山いるのだから、そんなこともなかろうと思いますが、そんな思考しかできなくなってしまった生い立ちなりは理解はできます。

ドラマ「私のおじさん」でもIU が演じる主人公の女の子が「余裕のある人たちは簡単にいい人になれる」と言うんですけど
いい人になるのも大変な境遇というのが確かにあるとはおもいます。



[2019/06/07 15:47] | 熱血司祭 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「熱血司祭」19回 雑感
今更なんですが、まだ書いていなかった「熱血司祭」37、38話 19回の感想を残しておきたいと思います。

その前に、お詫びと訂正(ーー;)

ドラマ放送前の番組HP PDノートをみての勘違い。助演俳優のキャラがたっている良い例としていろんなドラマのキャラを引用して熱血司祭のサブキャラも紹介していたページ。他局ドラマのキャラを引用しないだろうという勝手な先入観と、熱血のキャラも並列に紹介されていたので、キルテミの俳優さんもファンソクチョンさん(殺人者の記憶法でビョンスに積極的に接近するおばさん役)も熱血司祭に出ると思っていた^^;
にしては、全キャラ勢揃いのポスターに居ないよね、って感じでしたが、放送前には出る体でブログ書いてました。

他にもいろんな思い込みや、勘違いあると思います。すみませんでした。
私自身もこれからの日本放送での日本語字幕で補完していきたいと思います。

さて、本題の感想。。。

可愛いマルコ神父があんな事になり耐え難いショックと悲しみに襲われるキムヘイル。
聖堂で、「どれだけ奪われば満足なさるのですか」と主イエスに問いかけ崩れ落ちるこのシーンも名場面でした。ナムギルさんの本領発揮といいますか、可哀想で悲しいんですけどOSTも相まって美しくもあるシーンでした。
このシーン、大好きです。

なんていうか。。こういう極限状態の涙のシーンでも、ぐちゃぐちゃに汚くならない顔面。やっぱりナムギル さんて二枚目なんだなと妙に感心します。

胸に手をあてて胸をかきむしるような慟哭シーン、思わず善徳女王のこの超胸キュンシーンを思い出しました。


今まで口にした事のない思いのたけをムンノに吐き出して、号泣するピダム。この時の泣き方は若さが感じられて好きです。ピダムが可哀想で母性本能をくすぐられました。このシーンもOSTが素敵です。

そして。。。




ガーン(TT)ついに司祭服を脱いでしまうヘイル。大切な人たちをこれ以上自分のせいで危険に晒すわけにはいかないのと、殺生も辞さない決意なのか?

ナムギルさんは、韓国でいうところの「黒化」する役どころが多いですよね。最初は決してそういうキャラじゃないけれど途中からダークな感じになる役が。。。ピダム、ホイム、ヘイル。何かしら心に影を抱えているから黒化するのであって、そういう単純じゃないキャラクターが似合うし素敵です。

クダムカルテルももう崩壊のさなかにあり、検事長のことはギョンソンに任せたという事なのか、マルコ神父の事もありヘイルの怒りはただ一点、悪縁の宿敵ジョングォンに集中。
「無頼漢」の俳優二人も出てるドラマって豪華。

ジョングォン一味は偽造パスポートで高飛びしようとするであろうという事で暴力にものをいわせて確実にしらみつぶしに違法業者をあたりジョングォン達の足取りを追うヘイル。みつけたらすぐ殺すと宣告済みです。



一方、ちょっとはりつめた緊張感を少し緩ませるようなシーンも。
ソンサックとおかっぱヤクザチャンリョンの奇妙な友情物語。

何かと声をかけてくるソンサックに「何が友達だよ、この野郎、ふざけんな」みたいな強がりを言いながらも内心ちょっと嬉しいチャンリョン。
その微妙な感じの芝居が上手いムンソクさん。しかも面白い。



「フン!」とかいう感じでつんけんしてるけどついつい緩んでしまう顔に笑った。この食べ物、新大久保で流行ってもおかしくない笑
このお店、スポンサーなんですね。
その後、イヨンジュン神父の事でしょっぴかれるチャンリョン。取り調べがはじまる。。。
ソンサックとモカパン君は、イヨンジュン神父殺害にチャンリョンが絡んでいても許して受け入れられるんでしょうか。罪人にも未来はあるとヘイルも言ってはいますが。。。



沢山の人間を殴り倒して傷ついた自分の手をじっとみつめるヘイル。マルコ神父が傷の手当てをしてくれた事を思い出す。傷だらけな手はヘイルの心と同じ。そしてそれを癒してくれたマルコ神父だったのに(TT)

デヨン、スンア刑事から送られてきたイヨンジュン神父の遺体を運ぶcctvの映像をみるヘイル。
ファンチョルボムが以前、自分が殺したんじゃないと言っていたのを思い出し、部下を尾行しチョルボムに接触、、というか急襲するヘイル。
ここの二人の打ち合いがシャープでカッコよかったです。少し早回ししているんじゃないかと思うほど、スピーディーで無駄のない動き。いや、してるのかな早回し。。。

そこでチョルボムによって語られたイヨンジュン神父受難の一部始終。これまでイ神父とチョルボムの関係についてのエピソードがそんなに無かったですよね。二人は思ったより深い関係だったのだという事、チョルボムの号泣など意外な真実でした。でも、見殺しにして遺体を遺棄させたのはどんな心情でも殺人行為です。

モーテルに帰るとデヨン刑事が待っていました。「俺たち共助してたじゃないですか、どうして独りで行こうとするんですか。神父さんの居場所はクダム聖堂で我々の前じゃないですか」
というような事を言って独りで行かせまい、ダークサイドからひきあげようとするデヨン刑事。
この時のキムソンギュンさんの眼の真剣さがいいですね。身体をはって行かせまいとするデヨン刑事。殴られても殴られてもしがみついていきます。感動シーンでした。
でも結局、ヘイルをとどまらせる事は出来なかった。その後、ギョンソンのメッセージも聴きます。。。



ヘイルはジョングォンが偽造パスポートを作らせた業者を突き止め、業者を通じてジョングォンを呼び出す。

このコンクリート打ちっ放しの広い建造物は何なのでしょうかね、最後の決戦に相応しい不気味で無機質な場所です。セット?えー気になる。


なんて眼をするの、キムヘイル。


タバコをふかしながら「ワッソォ~」と手をふるイジョンゴン。カフェで待ち合わせしてるんじゃねぇんだよ、いちいち気に触る態度。

ジョンゴンはかのキムヘイルに命を狙われている状態、集められるだけ集めたであろう悪漢ども。ヘイルは一人で何人を倒さなきゃいけないの?リアタイ視聴時思わず数えてました。



シスターが人質にとられたのをみたヘイルの表情が好きです。聖堂警護の警察の使えなさ加減。。。

ジョングォンの、かかれという合図。
僅かに口の端をあげて不敵な笑みを浮かべるヘイル、、で19回、終了。












[2019/06/06 23:35] | 熱血司祭 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR