FC2ブログ
キム・ヘギョン
チョン・ドヨンさんが、なんと11年ぶりにドラマに出演されるそうですね。
来月8日、韓国でスタートする『グッド・ワイフ』というドラマだそうです。

ドヨンさんは役柄そのものよりもストーリーの面白さに惹かれたということです。
元はアメリカのドラマだそうですね。
そのストーリーというのは
『検事の夫が汚職疑惑で拘束され、妻で主婦だったキム・ヘギョン(チョン・ドヨン) が
家庭の生計のために法律事務所の弁護士となり復帰し、
自分のアイデンティティを求めていく法廷捜査の物語』
だそうです。

ここで、あれ?と思いますよね。キム・ヘギョン、、、またも『無頼漢』と同じ
役名なんですね、ドヨンさん。

これは偶然ではなく、まさしく『無頼漢』のキム・ヘギョンから借用した
名前なんだそうです。
製作陣皆がこのドラマの主演女優にドヨンさんを望んだが果たして
受けてくれるか半信半疑状態だったので、脚本家がせめて名前だけでも
ということで無頼漢のキムヘギョンから借用したのだそうです。
ところがこの役を引き受けたドヨンさん。
製作陣の皆さんが「夢のようだ」とまでおっしゃる。
ドヨンさんって今更ながら大女優なんですね。

無頼漢とは全く違うキムヘギョンでしょうけれどこのドラマ、
ナムギル(無頼漢)とのご縁も多少あるということで
機会があったら見てみたいです。

ナムギル公演DVDでもドラマ出演についてのお話しがいろいろ出てましたが
ドヨンさんに触発されて、近いうちにドラマやってくれたら嬉しいですね。
もちろん、いいものがあれば、ですけれど。



[2016/06/30 19:18] | 無頼漢 渇いた罪 | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国版「無頼漢」DVD
日本版と韓国版、2セットずつある
ナムギルのDVDや写真集など
いろいろ。。。
自分でも、こういう買い物の仕方が
嫌だなぁとは思うのですが。。。
ナムギルの作品だけは、やめられないです。
一応、毎度毎度、暫くは購入か否かを考えるんですけどねぇ。
結局無駄な抵抗に終わるわ。


というわけでやはり購入した「無頼漢」韓国版を
繰り返しみています。。。満足です。
監督とドヨンさんとパクソンウンさんとナムギルのコメンタリーも通しで
観てみました。やっぱり、何を言っているのか私にはさっぱりですけど
ナムギルが頻繁に明るい笑い声を聞かせてくれるのでそれが
心地よくて最初から最後まで楽しく観れました。(聞けました)
そういえば、最初の方でジェゴン刑事の入浴シーンが
ありますよね。そのナムギルの裸の後姿のシーンでドヨンさんが
「ナンギルだぁ(〃▽〃)♥」ってちょっとデレッとした口調で
言ってるのが印象的だった笑
いつもナムギルがドヨンさんに「てへっ」とか
「ドヨンヌナがチョアヨ」とか言ってるイメージしかないんだけど
ドヨンさんもこういうこと言ってくれるのね。でも、ソンウンさんの
お尻丸見えの裸の後姿には無反応だったドヨンさん笑

ソンウンさん、、、面白いかたなんですね。
ソンウンさんが面白いことを言って他の皆が笑う、みたいな
パターンが多かった。監督も何やら大事なことを語っていそうなんですが
わからないしなぁ〜。
私、このソンウンさんを韓国の映画やドラマじゃないどこかでみたことある
と思ってずっとひっかかってたんですけどやっとわかりました。
小学生の時に好きだった男の子にそっくりなんだ。あの子が
そのまま大きくなったらあんな感じだな。。。と、まぁそれはどーでも
いい話なんですけど。

日本版DVDでもコメンタリー入ってて欲しいけど無理なのかね。
削除シーンもきになるし。。。。
今回購入に至った理由の一つに、先に購入されてたギル友さんから
妻との絡みのシーンがある、しかも奥さんの胸を鷲掴みしとる、と
聞いたからっていうのもあるんです笑
なので、ちょっと内容知ったら、やっぱり買おうかなとか思ったりする場合も
あるんだなと思いました。
これから削除シーンの内容についてざっと触れますので
知りたくない方はご覧にならないようお気をつけください。。



いくつかあった削除シーンで印象的だったもの。

個性的なお顔の情報屋いますよね。この情報屋と屋外で
会話しているジェゴン刑事のシーン。
内容わからないですけど、この数分ジェゴンはずっと喫煙
しながら話しているんですね。ガチで喫煙してるので禁煙中だったら
大変ですね。タバコを持つ長い指。。。。吸い方、最後にビッと
はじくようにしてタバコを捨てる手慣れた感じ。
自分は嫌煙のほうだし今のご時世喫煙シーンがかっこいいなんて
ナンセンスだとも思うんですけど、、、正直、かっこよかったです。

そして幻のジェゴンの奥さん。地味清楚みたいな感じの女性ですね。
これもなんかよくわからないんですけど、建築現場みたいなさら地のような
ところで放心状態の奥さん。一方、その現場には泣き崩れているおばさんもいます。
何があった?気になる〜。
その奥さんを車で迎えに行ったふうなジェゴン。
帰宅するけれど何か不穏な空気。奥さんは何かジェゴンを
非難しているような感じ。
その最中、ジェゴンの携帯が鳴り、、奥さんはどうも「女がいるの?」
みたいなことを言ってるように思うんですけど。外に行こうとする
ジェゴンに「女のところにいくならどーのこーの。。。」とか言ってるようにも
思うんですけど。違うかもですが、夫婦の不和の原因は女性問題もあり??
わかんないけど。。
で、ここで片手で奥さんの胸をいきなり掴むジェゴン。
そしてガバッと抱きしめるんですが、思いっきりひっぱたかれるジェゴン。
この後、奥さんが我を忘れたように、ジェゴンの胸を両の拳で叩く叩く。
錯乱しているかのような迫真の演技でした〜。
とりあえず、奥さんをトイレに閉じ込めるジェゴン。号泣している
奥さんは必死でトイレのドアを開けようとしますがそれを片手で押さえつけるジェゴン。

この夫婦にどういうストーリーがあったのか、興味深いですけれど
オスンウク監督が、イラネって思ったんだから仕方ないね。

映像特典にスチールギャラリーもあってこれもよかったです。
無頼漢のサウンドトラックにあわせてモノクロの画像が展開されて
いくのですが、ナムギル、つくづくかっこいいなぁと再確認。
この映画に出てくれて良かったわ。映画やるならまた良質な作品に
出てください。









[2016/06/16 16:24] | 無頼漢 渇いた罪 | トラックバック(0) | コメント(12) |
彼の笑顔であたたかく
寒いですね~
皆さまお風邪など召されてませんか?
私の住む地域も雪で大変でした。
だいぶ溶けましたが、外は冷蔵庫みたい。

公式FCギルボッお年玉プレゼントの
発送は終わったんですよね?
「当たったよー」という方、
いらっしゃいますかー?
私はやはり外れ。こういうものに
当たったためしがないんです。
やはりナムギルを知れたこと、出会えた
ことで人生の運を使い果たしてしまった
のでしょうか。仕方ないなーサランへ~
なんてね笑

過去のことですが釜日映画賞授賞式の
時の無頼漢チームの写真を(ちょこっと
イジョンジェさんもあり)
最近あげてる方が
いらしたそうで、マスコミの写真じゃ
ないところが良かったので
リンクを貼っておきます。
こちらから
(途中から違うところにとぶように
なったので貼り直します)

ナムギルがドヨンさんにお花を渡す時
「無頼漢ファイティン!」と
言ったっことが印象的でしたが
その後、ソンウンしも
「無頼漢ファイティン」したんですね。
自然な表情のナムギル、そしてその
温かい笑顔に癒されます。
ちょっとあったまりますね。

今、ナムギルは「殺人者の記憶法」の
撮影を寒い中頑張っている最中の
ようですが韓国のファンの方達が
暖かい肌着とか、貼るカイロとか
手袋とか防寒の物を中心に
差し入れなどしたり、しようと準備したり
しているみたいですね。
何もできないけど、ここよりずっと
寒い韓国へ気を送りたいと思います。
「ナムギルそして殺人者の記憶法の
皆さまファイティン!」
[2016/01/21 22:21] | 無頼漢 渇いた罪 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「無頼漢 渇いた罪」スペシャルエディションDVD
初回限定版 「無頼漢 渇いた罪」スペシャルエディションDVDの
予約もはじまったそうですね。

詳細はこちら

商品仕様
・DVD1枚組(本編+特典映像約20分)
・キム・ナムギル”渇いた罪”なタオルケット(80cm x 150cm)
・キム・ナムギル マグネット
・チケット・クリアケース(片止め220mm x 138mm)
・ポストカード(DVD封入4種/絵柄は通常版【初回限定】と異なります。)
通常価格: 12,960 円(税込)
発売日: 2016/3/2
送料: 注文時に計算
構成: DVD1枚組(本編+特典映像約20分)
字幕: 日本語



Amazonの方は、先程みたら値下がりして
ました。
参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,143 通常配送無料
OFF: ¥ 961 (23%)
詳細はこちらから


おまけをとるか、安さをとるか、って
感じですかね。
蛇足ですがAmazonのほうはキャンセルできるので、もうポチッちゃったよ
限定版の方が良かったよという方もご心配なきよう(念の為)

私は、遠征も控えてるしなー
貧乏だからシンプルなほうにしよっかな



[2016/01/05 20:05] | 無頼漢 渇いた罪 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「無頼漢」感想
年内にはかきたいなと思っていた無頼漢の感想、今更だけどかけるかな。

私が一番感じたのは、女は愛に生き、男は意地とかプライドとか使命とか、
愛じゃない何かに生きるってことでしょうか。
莫大な借金を抱えて、その借金が原因で恋人が殺人犯になって
逃亡中。。。こんな絶望的な状況なのにジェゴンに希望を見出せるなんて。
女は強いのか、けなげなのか。


愛に生きる女はヘギョンの他に2人ちょこっと出てきます。
ジュンギルに殺された借金取り立ての男。検死の為にそのままにしておくようにという
警察の指示をふりきり、遺体を寝かせて布団をかけた女。
傍に座る投げ出された足とサンダルが彼女の放心を物語っていました。
ろくでもない男だったんでしょうけど彼女には、かけがえのない存在だったのだろうか。
後半、男に暴力を振るわれ血だらけになっている女。
男は「愛のためなんだよ」みたいなことを叫んで連行されていました。
ジュンギルも、ヘギョンへの愛のために、殺人を犯したんでしょう。
愛のためにって言いながら、女を不幸にしてる男たち。でも映画ではそういう
女が、憐れだとか可哀想だとかっていうことを感情的に描いていたのではなく
ただ、そういう男と女がいたということを描いていたような気がする。
あとのことは観る人に委ねるような。


ヘギョンとジェゴンの愛ってどういう感情だったんだろう。
ヘギョンの気持ちになって考えました(笑)
逃亡中のジュンギルに会ったあと自分の店で、部屋の灯りもつけずやるせなく
酒を飲むヘギョンのシーンがあります
氷バリバリ食べてるシーン
ジェゴンが入ってきて元妻から電話がかかってくるところでヘギョンのセリフが「嘘をつくのが下手ね」みたいなことを言った風な字幕になってるけれど直訳的には「嘘がつけない時のヨンジュンさんって可愛い」らしいです。
完全に年下男をちょっとからかいたいお姉さんモードなんだよね。

その後、明け方の部屋で2人きりになってジェゴンの下半身を脚でまさぐるヘギョン。ちょっかい出しにも程がある。
急に現れた素性もちょっと怪しい男。
つけの回収に社長の元へ行った日、ちょっと二人の心の距離が縮まってはいた。
いつも自分のそばに居てくれるジェゴン
若くてちょっといいオトコときてる。
ちょっかい出したくなるよね笑
あげくに「俺の弱点はヘギョンさんだから」と言われてみ。完全に「私のこと好きなんでしょ?そうなのね?」とつめよりたくなるわ。あ、いや、つめよらないまでも
自分に気があるのねって思うわね。
(字幕は厄病神となってたけど、弱点ですよね)

身体を求めあったときジェゴンは
ヘギョンをかわいそうだと思ったのと
いたみの共感みたいな感情が高まり、そうなったと思う。そうなったら、女は
新しい恋がはじまったと思いますよね。まさかこれが最初で最後の事とは思わない。
気に入っていたピアスを買い戻してそっと自分のハンカチの上に置いてくれた
ジェゴンの優しさ。

自分の部屋で寝そべって自分の手料理が出来上がるのを待ってる男。
自分の語りかけに寝そべったまま「うん」だか「おぉ」みたいな
無防備な生返事を返してくる男。めちゃめちゃ平和な日常。。。
そりゃキムチを口に入れてあげたくもなるわ。はぁー、最初は崖っぷちヘギョンなのに、よく希望を見出せるなと書いたけど
こうして考えてみると自然な女心なのかもしれないな。

それだけに、自分がおとりとして利用されてジュンギルが殺された、その怒りは
凄まじい。取調室のドヨンさんの最後のカットが物凄い表情です。
青ざめた顔、ひきつる唇、そしてあの目。

ジュンギルを殺されたことよりも
ヨンジュンに裏切られたこと、利用された、愛が嘘だったと思ったことのほうに怒りを感じていたような気がします。

ピアスをそっと置いたジェゴンの
気持ちが真実だったのに。。。もうそんなことは知る由もないヘギョン。
最後のシーンで発作的に包丁を握り
「イヨンジュン」と言った声のトーンが
恨みと怒りでいっぱいです。そしてジェゴンをひとつき。。。。

それを甘んじて受けとめるジェゴン。救急車を手で払って「行け」と促す。
その時、ヘギョンはジェゴンの本当の気持ちに気づいたんだろうか。
泣き崩れるヘギョンはついに自分は本当に何もかも失ってしまったんだと
気づいたのではないかな。

悪態をつきながら、フラフラと坂を下りていくジェゴン。彼はこうして傷をまた
増やし刑事として生きていくのでしょう。


「無頼漢」いろんなことを感じる映画でした。とりとめもなくなってしまったけど、私の無頼漢の感想は大体こんな。


皆さんの中にもそれぞれの無頼漢が
あることでしょうね。


関東でまだこれから「無頼漢」上映館があるそうです。
横浜のミニシアター
シネマジャックアンドベティで
2/20(土)から
またジェゴンに会いたくなっちゃいますね。
[2015/12/29 00:25] | 無頼漢 渇いた罪 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR