FC2ブログ
光る眼
6月ももうすぐ下旬に入りますね。
ところで、私、キッチンにナムギル卓上カレンダーを
置いているんです。
丁度、シンク前に立った時に
目が合うような位置にあるんですが
下旬にさしかかる今になってもどうしても
出せないんです、片面が。。。

6月のナムギル、私が出せないのは
ベッドに横たわって肌がチラ見えの面です。
キッチンは一応家族との共有スペースなのでそこに、
このあまりに色っぽいショットがあるのは、如何なものか。。。
誘うような眼差しじゃないですか?(//∇//)

立場をかえて想像すると例えば
うちのダンナが女優のこんなちょいセクシーなカレンダーで
ニマニマしてたら嫉妬こそしないものの背筋が寒~くなるよな。
それ程、セクシーで素敵な写真という事なんですけどね笑

それで、いつも出している方の写真ですが
このナムギルの右目の光りが美しいです。
反射板、照明そういうものの写り込みと
いうか反射して白目が光るような感じ。


これまでに作品の中でも、それ以外の動画でも時々、
眼が光ってると思う事があって
ブログに書いた事もあるんですがこちらとか
そう思いませんか?
レーシックのせいかとまで思いましたよ。
関係あるかわからないですけど笑

直近では「パンドラ」です。
最初の爆発が起こった時に
仲間を助けようと必死になってるジェヒョクの目が光ってるんです。
暗い所で白目が青白く光っててとっても
印象的でした。

ナムギルの事はじーっとみてるから
気がつくだけなのかもしれないけど、
他の俳優さんの眼の光りなんて
感じた事ないんですよねぇ。。。

6月が終わったらいよいよワンデイの7月。。
そういえば、ファインフィルムズさんの
ワンデイのHPにまた上映館が新しく
ラインナップされてたんですね。
前に聞いたギルペンさんの地元映画館も
加わっていました。
[2017/06/18 22:48] | パンドラ | トラックバック(0) | コメント(0) |
「パンドラ」配信
「パンドラ」がNetflixで配信開始していると聞き、早速登録してきました。
夜、ゆっくり泣きたいと思います。

1ヶ月は無料なのでいったんは
決済方法を選択するように
なっていますが1ヶ月は課金
されないので大丈夫です。
勿論、そのまま視聴続けても。。



ネットフリックスのツイッターで
配信の告知があるかと、
見張ってたのに笑
いつの間に。。。。
教えて下さったギルペンさん
ありがとうございます~~


[2017/04/12 09:15] | パンドラ | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国1日目-3
まだ続きます。1日を三回にわたって書いてます。
くどい長文、読みにくくてすみません⤵

こうして自ら読み返してみると自分の行動に
必ずミスがあり、それがサバイバルにつながってますね笑
反省です。ちゃんとしてるかたは全て上手く
回っていくんでしょうね。

さて、、今回もやらかしてます。

映画もとうとうエンドロールに。
ナムギルの名前も確認し流れていくスクリーンをみながら
これってソウルで最後の上映なんだなぁと少々
感慨にふけっていました。
でも、すぐ現実に。これから無事帰れるかです。
心配だったのでちょっと早めに階下に降りました。

1時前から映画館出入口にスタンバイです。
タクシーアジョッシまだ来てないようです。
しかし、ソウル夜更かしですね。思ったより人がいます。
映画館のビルの1階の飲食店も24時間営業。
さすがにちょっと寒くてスヌードを鼻まであげて
待ちます。

ひらがな覚えたての小さい子がよくやるように視界に入る
看板をつい読んでしまいます。一文字一文字。。。
もう読むのが無くなったなぁ、、、っておじさん~
遅くない?もう1時まわってる。
前に乗せたお客さんの関係でちょっとぐらい遅れる
こともあるかもしれないし大丈夫よね。
寒いので二重扉の内側に退避、でもしっかり視界が開けてるので
来ればすぐわかる。

15分経過したところで不安になってきました。
うろうろして気づいた!あれ?!私、待ってたところもう1つの
出入口だ。入って来たとき、焦りまくってた事もあり
周りの様子なんて全くみてなかったけど、正面出入口は
別の所だったのです。
「やばっ!」と走り出たら
オレンジのタクシー(インターナショナルタクシー)が
2台停まってました。中には誰も乗ってません。
これそうだよね、
おじさん来てくれてたのねちょっとほっとしました。
最悪でもここにいればおじさん戻ってくるよね。
入れ違いにならない程度にビルに戻ってみたら
丸っこい後ろ姿が。「おじさーん!!」おもいっきり
日本語で叫びました。振り向いたら、確かにあのおじさん。
探しに来てくれてたのね。
思いっきり手を振って「おじさーん、よかったー心配でしたー」
と言うと「はっはっはっ」と笑った笑顔に心から
安堵しました。私もおばさんなのに、おじさんって言って
ごめんなさい。

ホテルまでの車内、もっといろいろ話したかったのですが
あまり複雑な会話はできない。お互いの国の言葉がお互いに
できず。仕方なく無言で割りとあっという間にホテル到着。

料金の支払い時、端数が出た金額だったんです。
そしたら「端数はいらないですよ」と言うんですよ。
行きにソウルからホテルまでの代金のおつりは
要らないですと言って、受け取らなかった分は
この端数よりも高かったかもだけど、だからといってこの
料金はきっちり受け取っても全然当然だと思うのに。
良心的だと思いませんか?
タクシー代、まけてもらったの初めて。

おじさんのおかげで、パンドラを無事観られたし
これだけは、どうしても韓国語で伝えたいと思い
言いました。
「오늘은 정말로 감사합니다 」
(今日は本当にありがとうございました)
おじさんは、さっきと同じ笑いかたで笑ってました。

不誠実な運転手さんだったら、行きに30分以上遅れるか
聞いた時に適当に言葉濁されて取りあえず
現地まで運ばれちゃったかもしれなかった(遠方で儲かるし)
10分遅れて入るのあんなに大変だったんだから
半分ぐらい遅れたら観られない可能性大。
遠くに運ばれて観られずホテルまで帰ることになってたら
夜、観に行く気力があったかどうか。。。。
頼んでもないのに映画館に電話を
2回もかけてくれたことも親切。
やっぱり人を相手にする仕事ってホスピタリティの心が
大切なんだ。
私も日々の仕事でそういうことを大切にできる人に
なりたいと思いました。


そうそう、職場の人に「映画観れた?結局深夜に
一人で行ったの?!」ときかれ、(彼女には友達感覚で
何でも話してるので事情通です笑)この話しを
したら「えーそのおじさんの電話番号とか何も
聞いてなかったの?」と言われました笑
そういえば、韓国内で携帯で電話したら高くつくと思ってて
韓国でのスマホはネットだけに使うものという頭があるので
思い付きもしなかった。
安心の為に聞いておいてもよかったな。
いろいろ穴がある私。
でもなんとか無事行って帰ってこれてます(^-^)


[2017/02/07 23:04] | パンドラ | トラックバック(0) | コメント(6) |
韓国1日目-2
続きです。。。

親切なタクシーの運転手さんに、予約を
とりつけて明洞のホテルに到着しました。
電話なんかもしてくれたし
200円ぐらいのお釣りは受けとらず
降りました。

22:30からなので出発時間まで明洞で
両替したりごはん食べたり買い物したり。
映画館は、MEGA BOXサンボンという
名前ですがサンボンじゃなく1つ手前の
チュンナンという駅にあります。
地下鉄から乗り換えた中央線で明洞から約30分。

荷物を置きに再びホテルに戻りました。
映画も観られるしお迎えにもきてもらえるしで、すっかり安心して緊張感が
なくなったせいか気づいたら思いの外
時間が経っていて、乗ろうと思ってた
電車にちょっと遅れちゃったんです。
でも、元々が早めに見積もってたので
ちょうどぐらいかなーなんて
時刻表と連動してる乗り換え案内アプリを
みて目を疑った!

地下鉄から乗り換えた先の中央線というのが本数が多くないらしく(夜だから?)
チュンナン駅にに着くのが映画開始時間ぐらいじゃないですか(*_*)

さぁーーまた始まりました。
ギリギリの戦いが笑

地下鉄乗り換えもスムーズに
中央線のホームまで辿り着きました。
ここで15分は、待ったかなぁ~。
この時間がなければ良かったのに。

駅に着いてから1分たりとも迷いたいくないので地図をよ~くみて道順をシミュレーションしました。

やっときた電車は結構なラッシュ状態。
チュンナンで人をかき分け降りて
出口までダッシュ。
改札出たら右か左かよくわかんないんです。地図ではコンビニがある方へ行くようになってるけどなんか、見当たらず。
暗くて視界も悪いし。地図上では
途中から目印の
物がいっぱい出てくるので
方向がどっちかさえわかれば。。

迷ってる時間ないから
聞いた方がいい!と思い若い人なら
映画館知ってそうだと思い前を歩くカップルにいきなり声かけました。
「チョギヨ~、メガバックスオディエヨ?」女性はギョッとしてたんだけど男性が指差して、「あっち」と
教えてくれました。
「コマスミダ~」と走り出しました。

もうこの時点で映画はじまる時間です。
その後は目印も次々みつかり迷うことなく
最短時間で映画館に到着。
映画開始から10分程経過してました。
チケット売り場にお姉さんが一人。
私の前にいたお客さんの対応をしています。早く~。

やっと自分の番になり、息急き切って「パンドラハンジャンジュセヨ」っていったら
「マスターじゃないですか?」と
しれっというお姉さん。「何がマスターじゃ、パンドラじゃ!」って言いたかった。そしてお姉さんの口から衝撃の一言が。

「パンドラやってません」

「はっ!?」

でも良かったんですー。丁度
自分の横にある立て看板に「夜間タイムテーブル」が貼ってあったんです。
で、パンドラを指差して「これだよこれ。
やってるやないけぇ!」とは言わないものの、そういう勢いで指差しました。

そしたらお姉さん、無言でめんどくさそーに、内線かけはじめ誰かと相談してる様子。
10分少々、遅れただけでこんなに
入れてくれないものなの?厳しすぎでしょ。まして満席でもないのに!

お姉さんが電話中、考えてました。
もし断られても絶対引かない。
「これみるために日本から来たのに」って言おうか。だって納得いかないよー
10分の遅刻で断られたら。映画館だって
儲かるんだからいいじゃんね。

お姉さんの電話が終わりました。
席を選べって言ってる。どうやら大丈夫だったみたい。
PC上のシートの図を
みせられた。はっ?ガラガラじゃん!
6席ぐらいしか埋まってない。
満席の訳ないとは思ってたけどここまでとは。何を出し渋ってたんだよ。

一瞬、そんな事を思い、一番入り口に近い席を選択。
お姉さん、発券しながら
「次回は遅れないで来てくださいね」
みたいな事を言ってる。「次はない」と
心の中で答える私。
でも「チェソンハムニダー」って言ったら
急ににこやかになったお姉さん。

やたら縦長の映画館でエスカレーターで
上へ上へと移動。ここでも時間とられた。
やっと着席。
映画のほうはまだ、地震が起こる前でしたが結局15分ぐらい遅れちゃったかな。
これでほっと安堵しました。。。。
この映画にたどり着くまでの
自分自身がパニック映画のようでした。


内容、感想の詳細は控えますが
今までのナムギルのどの涙の演技とも違う
涙の演技だと思いました。
必ず人の心を動かす熱演でした。
カップルで来てた女の子は号泣してました。
私は号泣とまではいかなかったけど
やっぱり涙しました。
言葉以上に伝わってくるものがある
ナムギルの演技ですが、セリフも長いし
言葉がわかったらもっと泣いただろうなと
思います。


Netflix で配信がはじまるといいですね。
韓国語わかる方はさておき、初見が字幕付きというのが一番感動するかもしれないです。

[2017/02/04 02:50] | パンドラ | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国1日目-1
先日、韓国へ行って参りました。
4泊5日で前半は一人、後半から
いとこのオンニが合流という旅でした。
宿も2泊ずつ違う処にしてみました。

初日の目標は「パンドラ」鑑賞。
最初は観れたらラッキーぐらいに思ってたのに
毎日のように上映館チェックしているうちに、「もしかして観られるかもしれない」が「ギリギリ観られるかもしれない」に
なった時、火がついてしまい
観られなかったら残念すぎる、に
変わっていました(笑

刻々と減っていく上映館、私が渡韓する
24日がなんとソウルでの最終日。
25日はソウルは0館です。
あとは地方ですね。。。
この旅行、10月ぐらいから飛行機とって予定も組んでたから仕方ないけど
あと1日早く行ってればよかった。
こんなギリギリ。。。

と、前置きが長くなりましたが。

24日の上映館は、2館ありました。
一つは、明洞などから近め(30分以内)の
映画館。もう一つは1時間ぐらいの映画館。
近いほうは時間が22:30からで終わる頃は終電がない。
遠い方は、18時過ぎからでソウルに17時頃
着く為、間に合わないかもしれない。
どっちもどっちなんですよ。。。

結局、遠い方で観れるよう目指すけど、ダメだったら時間が遅い方にすることに。
(深夜1時頃、終わるので本当は一人でタクシーに乗りたくないんだけど、仕方ない。もしタクシーつかまらなかったら
「君の名は」を3時までみて近くの24時間
営業のマクドナルドで3時間過ごし始発でホテルに帰って寝る、という事まで考えた)

スーツケースピックアップの時間を短縮する為、荷物は機内持ち込みのみに。(帰りの飛行機が最終便でもある為)

仁川に着きWiFiレンタルしたら空港鉄道に
ダッシュ。17時前にソウルに着けました。
そこからの電車移動は時間がかかりそう。
地下鉄から京春線(春川の方にいく電車)に乗らねばならない。

乗り換えの移動距離や初めて行く場所、
スムーズにいかなかったら荷物転がして
焦って、時間かかるしストレスだわーと思いソウルから映画館までタクシーで行く事に。
料金的にも4000円切るぐらい、さほどでもない。映画にはちょっとぐらい遅れてもいいやと思い。。。

空港鉄道から地上に出るのに長~いエスカレーターがありますが、それじゃなくて
一気に地上まで昇れるエレベーターで行こうと待ってました。全然こない。。。
その間、エスカレーターの人はどんどん昇っていきます。1秒でも急ぎたい私、
しまった、、、と思いはじめたころ
なんとエスカレーターが非常停止してるじゃないですか!鈴なりに満載なのに止まっちゃってるよ!乗ってる人もみんなキョロキョロざわざわ。列の中にいたら進むも戻るも出来ない状態。ヒェ~~
その時きました。エレベーター!
さっと乗り込みました。私の他には最後に
きたカップル二人のみ。
一気に地上へ。あれに巻き込まれてたら
イライラハラハラして死んでたかも。
良かったーー。

タクシー乗り場へ。ホッとしたのもつかの間。めっちゃ並んでるやないか!
あぁーでも次から次へとタクシーが来て
回転がいい様子。それほど待たないかも
しれない。ここに誘導のおじさんがいました。「はい、こっち来て、これ乗って」と
さばいていきます。さほど待たず、いよいよ自分の番、次の車が来たら乗るというその時、自分が乗るはずの車の運転手さんに
突如、怒り出す誘導アジョシ。
なんなの?さっぱりわからんけど何やら
そのタクシーがルール違反をしてるらしい。「カー、カー!」(行け)って言ってる。
カーと言われて黙ってない運転手、何か
言い返してきて、どんどんヒートアップしていく二人。なんなの~?もうすごい
怒鳴りあいです。並んでる韓国人も
なんだ?とざわついてるぐらい。
こんなにイラついてる運転手の車に
乗りたくない、参ったなー、と思ってその後ろに控えてるタクシーをみたら
インターナショナルタクシーでした。
あ!これに乗りたい!と思ってたら
誘導アジョシが勝利して「カー」に従って
前のタクシーはそのまま去りました。
無事、インターナショナルタクシーに
乗れて良かった。

ここまでで精神的に疲れてしまったわ。
そうも言ってられず次のミッション。
『急いでいます。6時までにここ(住所)に
行って下さい』と予め韓国語で書いてた
紙を運転手さんにみせました。
「電話番号わかりますか?」とカタコト
日本語で言われて、調べる私。

日本語少し出来るのね、さすがインターナショナルタクシー。
カーナビでも設定するのかと思いきや場所はわかっている様子。?と思っていると
自分のスマホ(座席前に設置してある)で
映画館に電話してくれてる。なぜ?
「今、日本からの婦人を乗せたんだけど、
6時までに行かなきゃならないと言ってるが何でかわかりますか?」若しくは
「何やるんですか?」みたいな
事を聞いてるんですよ。
映画館の人が「6時からだったらパンドラ
ですよ」というのが聞こえる。
私は後ろから「ネーネー、パンドラ
ポギテムネ!」これめちゃくちゃ韓国語
違ってますがとっさにこれしか
出ず。何でもいいから意思表示(笑
パンドラみるために、と言いたかった。
運転手さん、とりあえずわかってくれた
様子。ホッと一安心。あとは乗ってるだけ。。。


あら。。動かないわね。
いつも詰めが甘い私。平日でラッシュアワーだったんですよね。やばいです。
おじさんも「ラッシュだからねぇ。。
うーむ」といってる。
スマホを手にライン翻訳で「30分以上
遅れそうですか?」と韓国語に翻訳して
みせてみる。老眼鏡かけるおじさん。
「うーん、難しいね」と。

「え」あーじゃもういいや、ここで
あっさり夜の回に行くことに変更。
とりあえず、おじさんには明洞のホテルまで行ってもらう事に。

そしたらおじさんがまたスマホで電話しはじめた。なんと、他にパンドラやってる
映画館がないか聞いてくれてるの。
親切だよね~。
で、わかってたけどその例の22:30からの
映画館を教えてくれました。
このおじさん、信用できると思い
深夜1時に迎えに来てくれないか頼んでみる事に。ライン翻訳で「行きは電車で
行くから映画館前に1時に来てもらえませんか?」おじさん、勤務時間外だったのかな、ちょっとためて、「はい、わかりました。いいですよ」とオッケーしてくれました。笑顔が優しくて小太りの
いかにもいい人そうなおじさんですが
本当に良い人にみえてきました。

帰りの足さえ確保出来れば何の問題も
ないんです。
あーー観れる!
ホッとしました。それにしても今ソウルで
パンドラみるのにこんなに必死になってるのは私だけだろうなと思いながら。
続く。。。。
[2017/02/02 09:00] | パンドラ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR