FC2ブログ
SBS自信作「熱血司祭」
"確かに面白い"…キム・ナムギルXイハヌィ'熱血司祭'、SBS初の金土劇の自信

30000622021_700_convert_20190125203047.jpg

SBS初の金土ドラマ'熱血司祭'のイミョンウPDが'本当に面白い'ドラマに対する強い自信を示した。
25日午後、ソウル陽川区木洞SBS社屋で'熱血司祭'の演出を担当したイミョンウPDの記者懇談会が開かれた。

'熱血司祭'は多血質、カトリック司祭と馬鹿刑事が殺人事件で会って共助捜査を開始するエクストリームコミック捜査劇で、キム・ナムギルが司祭キムヘイル役、金ソンギュンが刑事クデヨン役、イハヌィが検事パクギョンソン役を演じ、熱演する。

#イミョンウPDXのパクジェボム作家、信じて見る製作陣
'熱血司祭'はドラマ'グッドドクター'、'金課長'のパクジェボム作家と'パンチ'、'耳打ち'のイミョンウPDが意気投合した作品で、'信じて見る製作陣'の組み合わせが早くから熱い関心を集めている。

イミョンウPDはパクジェボム作家について、"朴作家はコミックものが特化されている方だ。 従来に私がやってきたドラマが社会や政治的問題を重く取り上げたのに対して、朴作家は、似たような脈絡だが、解いていく方式がコミカルで他の方法で風刺するのが特化された作家"と紹介した。

イPDは解いていく方式が違うだけで、話しようとする大きなテーマは、朴作家と同じと話した。 昨年7月から朴作家とお互いを知っていって、作品の修正を経て、俳優のキャスティングまでに完了したというこのPDは"現在、台本が9~10部進行中なのに、初めて作業したこと以外には、世代も似ており、よく合う。 また、私がイプボン(処女作)した作品が'不良カップル'というコメディーものだったが、その間、忘れていたコメディに対する感覚が蘇っている"と満足感を示した。

#SBSの初の金土のドラマ、"確かに面白い"自信
'熱血司祭'はこれまで土曜日にドラマを二本(類似広告を含めた計4編)、連続放送していたSBSが編成を変更、金曜と土曜の夜10時台に一つずつ分けて放送する初の'金土ドラマ'だ。 この時間帯他社には主にバラエティ番組が編成されている、'熱血司祭'は、ドラマではない芸能と視聴率競争を繰り広げなければならない。

これに対してイPDは"私たちが金土の時間帯の特性を悩んで見たが、'熱血司祭'は家族娯楽物として相応しいと判断した。 それを会社(SBS)でも大丈夫と判断したために、金土ドラマ1番に出したかと思う"と話した。
イPDは"娯楽物を作ることほど楽しく作ろうという考えで'熱血司祭'を作っている。 私の製作陣と俳優たちは見て時間も忘れて笑える、そのようなドラマを作るために努めている"とし、芸能に劣らず面白'熱血司祭'を期待してほしいとお願いした。

また、イPDは"私たちがするのは、権力を持ったカルテルに対抗する小市民の話、そして勝利して勝ち取る話"だとし、"既存の正極ドラマよりは明るくてコミックタッチが多いだろう"と重いテーマだが、面白く表現すると伝えた。
そして、このPDは"確実に面白いドラマ"だとし、"時間も忘れて見ながら面白くて、そうしながら心の中に一つ残るものがあれば良い。 それが俳優らと製作陣の目標"と話した。

イPDによると、'熱血司祭'撮影現場では笑いが絶えない。 俳優たちはアドリブを自由にし、演出者はこの笑える状況をどこまで生かさなければならないか幸せな悩みだ。 撮影現場で俳優たちとスタッフらが最も多く交わす言葉は"私たちだけがおもしろい?"だ。 撮影現場ではバンバン笑いが出たが、これを視聴者が共感して笑ってくれるか心配だ。
これに対してイPDは"私たちだけが面白くない、視聴者も面白いドラマにするために努力している"と説明した。

30000621546_700_convert_20190125203125.jpg

#キム・ナムギルX、キムソンギュンXイハヌィ、コミックにもシリアスにもなる俳優たち
同日、イミョンウPDは、主な俳優をキャスティングした過程を明らかにした。 まずタイトルロールキム・ナムギルについて彼は"コミックものなので、主人公が伝達しなければならない重いテーマをあまりにもどっしりしないように解決できる柔軟性があるかを考えたが、最も先に浮上した俳優がキム・ナムギルだった"と"キム・ナムギルさんがキャスティングされて嬉しかった"と伝えた。

また、イPDは"キム・ナムギル氏は素敵な作品を多くしてきたが、コミックが入った演技が上手だと思った。 実際会ってカメラで撮ってみると、私が思ったよりコミク感が10倍以上優れていらっしゃると思った。 それで現場がすごくおもしろい"と説明した。

キムソンギュンに対してイPDは"コミックと悪役のイメージが共存する人"とし、"無表情に見えるようでも胸の中に温かみのある感じの俳優が誰か悩んだ。 私のドラマでもう一つの大きなコミックパートを担当してくれる役割だから、同じ演技も正極的なアプローチ以外に面白く表現する人が誰がいるかを悩んだ。 それでキムソンギュン氏に制作スタッフが目をつけた"と話した。

キムソンギュンとミーティングを進行し、慶尚道なまりの演技をしてくれれば良いと提案したというこのPDは"ソンギュン氏がこれから方言演技を自制してソウルの言葉使う役をしようというが、家に帰って妻に話したら'して'と一言言ってすぐ私にすると電話をしたそうだ"、妻の一言に作品を決定するキムソンギュンのサランクン(ぞっこんの意味)人柄を伝えて笑いを誘った。

イPDは、劇中女性検事パクギョンソンキャラクターに適合した俳優に"重い事件でもコミック的な状況の展開で表現することができる人"でありながら"主人公を妨害するキャラクターのため、憎らしく見えることがあるが、それが鼻摘まみに見えない人"を考慮したと伝えた。 彼にふさわしい俳優がまさにイハヌィだった。

イPDは"イハヌィさんは明るく元気で、少しおどけた、それでいて憎めないセクシーさのようなものがあると考えた。 それでイハヌィ氏キャスティングに力を注いだ"と伝え、"キャスティングになって良かった"と明らかにした。

#聖職者戯画化NO、格別に注意すること
'熱血司祭'でキムナムギルは、多血質カトリック司祭役を演じ、コミックとシリアスを行き来する演技を披露する。 これまで司祭のキャラクターが登場する作品が多かったことから、'また、司祭か'という既視感に対する憂慮と、劇的な楽しみを高めようと、もしかカトリックを過度に戯画化することはないかという心配の声が出ている。

これに対してイPDは確実な所信や基準として懸念を払拭できる作品を作ると約束した。
先に彼は"従来に見てきたカトリック司祭の話は、私たちがしようとする話と根本的に方向も違う、役割も違う"、"職業は似通っているが、話そうとすることと解決していくのが違うために、既視感が少なく担架"と'熱血司祭'の違いを説明した。

さらに、イPDは"どうしても聖職者の話を取り出してみると、作る立場で注意するしかない"、"もし間違って宗教を卑下したり、不本意ながら誰か傷を受けたり、このような過ちを犯さないために、とても慎重に撮影している"と伝えた。
特にこのPDは"私たちはカトリック教区の方に台本をオープンして'こうしたい'と伝えた。 カトリックでは、慎重に検討し、許諾、積極的に支援を受け、撮影している。 ドラマで初めて明洞聖堂でも撮影し、カトリック教区でも撮った"とし、カトリック側と協議し、ドラマを作っていると説明した。

また、彼は"ドラマ的な話と現実と異なっており、戯画化される部分があるのも確かだが、宗教的なタイトルをかけて戯画化されたり、不名誉にしないのだ。 私たちが格別に注意する"と重ねて強調した。 そしてたとえ自分たちがカトリックを誤って描いたら"指摘してほしい。 私たちが受け入れてさらに悪化しないようにする"、積極的な意見受け入れ意思も明らかにした。

一方、SBSの初の金土ドラマ'熱血司祭'は来る2月15日夜10時に初放送されている。

出典:SBS芸能ニュース
ソースリンク:こちら




あぁ、そうなんですね〜。いろいろヘェ〜と思いました。
視聴率は同時間帯放送番組にも左右されますが、他局は主にバラエティなんだ!
そういうことってあるんですね。金土ドラマじゃないんだ?
あと、ちゃんとカトリック側に意見を聞きながら撮っているんですね。
きちんと作られていて安心します。コメディものといっても最低限の
マナーで品位は保って欲しいですもんね。特にナムギルさん主演作ですもの。
私たちファンとしては。。。
明洞聖堂でも撮ったなんて素敵!映像楽しみです。ドラマで初めてだって!

面白いに違いないと思っていましたが改めてこれを読むと
本当に、ときめきます。




[2019/01/25 20:35] | 出演ドラマ 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「奇妙な家族」ムービーキュー | ホーム | 1/28奇妙な家族 ムービートーク >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
https://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1465-5b0f784e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR