FC2ブログ
熱血司祭 2夜目
'熱血司祭'、最高視聴率17.2%記録。キム・ナムギルの怒りのパンチ一発

スタートゥデイの記事より

写真=放送映像キャプチャー
'熱血司祭'が1、2回に続き、3、4回でも並々ならぬ言動を続けて行った最高視聴率17.2%、2049 5.4%。これは土曜日の夜10時、他社の競争作品がすでにしっかりして定着した状況で得た成果という点で、驚かざるを得ない数値だ。
視聴率調査会社のニルソンコリアによると、'熱血司祭'は3回首都圏の視聴率9.5%、全国視聴率8.6%、4回首都圏の視聴率12.6%、全国視聴率11.2%を記録し、2049の視聴率はそれぞれ4.1%と5.4%を記録し、先週、SBSが、同時間帯の記録した数値より全部門で大幅に上昇した。

首都圏の視聴者数も大幅に成長、3回と4回とも百万を超える1,113,000人、1,478.000人で、驚くべき数値に信頼度を付与した。 特に2049は同時間帯の独歩的1位を占め、今後の歩みに対する楽観的展望を明確にしている。
SBS金土ドラマ'熱血司祭'(脚本パクジェボム/演出イミョンウ/製作三和ネットワークス)が'キム・ナムギルが憤怒するほどのお茶の間劇場ぴりっとなる'いう公式をもう一度確認させ、花金花土のお茶の間劇場を完全に魅了した。 もどかしい現実の中、憤りを感じるところに怒りをぶちまけるキムヘイルの姿がカタルシスをもたらしている格好だ。

2月16日に放送された'熱血司祭'3、4回ではキムヘイルの怒りが十分に火がついた事件が発生した。 彼を司祭の道に導いた師匠イ・ヨンジュン(チョンドンフヮン)神父が疑問の死を迎える姿が描かれたもの。なんとなく釈然としないイ神父の死に憤るキムヘイルの姿が本格ストーリーの狼煙をあげ、暴風展開と楽しみを予告した。 イ神父の死の背後にはクダム区カルテルがあった。

区役所長、警察署長、検事、国会議員に結束されたカルテルは、組織暴力団出身企業家ファンチョルボム(コ・ジュン)と手を握って仕事を作った。 亀潭聖堂に属した敷地を確保するため、ファンチョルボムの部下はイ神父を脅迫し、偶発的にイ神父を殺した。 これを隠すために彼らは、イ神父に女性信者セクハラ・聖堂献金着服の疑いという濡れ衣を着せて、彼の死を自殺に設計した。
キムヘイルは、イ神父の死を納得することができなかった。 CCTVの確認と解剖を要請したが、すでにカルテルと同じ仲間の警察はこれを受け入れなかった。 彼は事件を早く終結させようとする陰謀に気づいて、狂ったように笑いながら警察署に進撃した。 彼を阻止するクデヨン(キムソンギュン)に怒りのこぶしを振り回すキムヘイルのエンディングは、手をもたらし、彼の花火活躍を期待するようにした。 これと同時にイ神父死事件を担当するようになった検事パクギョンソン(イハヌィ)、刑事クデヨンとの関係も興味津々に描かれた。

パクギョンソンは事あるごとにキムヘイルとぶつかってなんだかんだとした。 解剖を要請しに来たキムヘイルに"剖検カジュア!(※カジャ、「行こう」のふざけた表現)と思いましたか。"といい、彼を怒らせた。また、キムヘイルの拳一部屋に鼻血を流し、出て落ちるクデヨンの姿は二人の凡庸でない縁を予告した。 この場面はコミカルさの極致をもたらし、最高視聴率17.2%を記録した。
 暴風のような展開が繰り広げられて、視聴者たちの没入度はさらに上昇した。 キムヘイルの怒りが発生すると、心地よさも倍増されたという反応。今後、イ神父の死を暴くというキムヘイルの本格的な動きが始まり、'熱血司祭'の華やかなストーリーが展開されそうだ。 変わらない世の中に向かって"怒る時は怒らなければなりません"と言っていた神父キムヘイル。罪を犯す悪いやつらに向かって垂れ下がったキムヘイルの熱い怒りがどのようなカタルシスをプレゼントすることになるか、なりゆきが注目される。

 一方、エクストリームコミックス捜査劇'熱血司祭'は'グッドドクター'、'キム課長'を執筆した朴ジェボム作家と'パンチ'、'耳打ち'を演出したイミョンウ監督が意気投合した作品だ。 毎週金、土曜日の夜10時SBSで放送される。




視聴率の件で出てくる2049とは20歳から49歳まで(20代から40代)という意味だそうです。

私、昨日は出かけていてリアタイ視聴できませんでしたが、ついにイ・ヨンジュン神父が
殺害されてしまったのですね。ここからストーリーがはじまっていくのですね。
そのほかにも、ヘイル神父のトラウマとなっている出来事についてのシーンも
あったみたいですね。先に芸能記事でストーリーをみてしまいましたが
簡単にいえば自分のせいで子供たちを死に至らしめてしまった出来事が
あったのですね。やりきれない話です。

出先(いとこの家)で昨年末のナムギルさんとイハニさんがプレゼンターを務めた
SBS演技大賞授賞式をみていたのですが、今更ながら字幕をみながら
「こんなことを言っていたのねぇ」という部分がありました。
イハニさんが何か言って少々の間が空きナムギルさんが
目をパチクリさせ、イハニさんが「すみません」と謝っていた場面があり
リアタイでみてたときは、イハニさんが段取りを間違えたかなんか?と思って
たのですが、実は男性演技大賞授与の際、「来年はナムギルさんも。。。。」と
言ってたのですね。ホントその通りですね。シンソンロクさんチェジュニョクさん
お二人とも涙したり目を潤ませたりと感極まった様子でした。ナムギルさんも
今年度末、そのようになったら私も、間違いなく泣くでしょう。
熱血司祭チームがたくさん登壇するのが今から楽しみです。
[2019/02/17 12:45] | 熱血司祭 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<今夜SBS「本格芸能真夜中」に出演 | ホーム | 熱血司祭 初回放送終わってのいろいろ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
https://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1492-de2b976c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR