FC2ブログ
16回雑感
次の話が始まる前までには、感想を
書いておこうと思うのですがなかなか。。。

16回(31、32話)

この回は静と動が、はっきりしていて
特に後半はシリアスムードでした。
リアタイ視聴はいつにも増して
意味がわからず、後からいろいろ見て
補いました。

印象に残ったシーンを振り返ると。。。
まず
賭博場に乗り込むシスターと二人の神父笑
刑事たちもはりこんだ車中で見守っています。

皆が固唾をのむ中、最後シスターが
勝利したにもかかわらず約束を破り、
USBを渡すのを拒んだ賭博師一味。
ここでヘイルの華麗なアクションが
見られました。コートを使っての
アクションシーンはかっこよかったです。





ソンサックがおかっぱヤクザに逆襲。
タイの早口言葉?を言わせるシーン。
もうカンジャンコンジャン~は
聞けないのでしょうか笑
因みにカンジャンコンジャンは
こういうのだったんですね。
간장 공장 공장장은 강 공장장이고, 된장 공장 공장장은 공 공장장이다.
カンジャン コンジャン コンジャンジャンウン カン コンジャンジャンイゴ トェンジャン コンジャン コンジャンジャンウン コン コンジャンジャンイダ
醤油 工場 工場長は カン 工場長で、味噌 工場工場長はコン工場長だ

でもソンサックには、この逆襲は
1回のみにしてほしいものです。
毎度会う度にしてたら、おかっぱヤクザと
同レベルになり下がってかっこ悪いじゃない?
ところでこの早口言葉、バスガス爆発より全然いい易いと思うんですけど、韓国人と日本人の
言いにくい音違うのかな。
日本人としてはカ行でまとまってるからか
割といい易い。

USB入手でき、ナム署長は逮捕されました。
「次はおまえだ」とカンソクテに言いに行くヘイル。
ところが国情院時代の上官イジョングォンに
マスコミを利用した策に陥れられる。
部隊任務中に子供を殺したというニュースは
瞬く間に広がり司祭職剥奪の危機に。
社会的にも追い詰められるヘイル。

大司教区の決定はアルゼンチンへ2年間
宣教に派遣されるというものだった。
この辺り、全然リアルタイム視聴では
わからず、ヘイルが出国しようとする
シーンで、とばされるんだとやっと
わかりましたがアルゼンチンだったとは。

シスターが、苦しむヘイルの心に
そっと寄り添い慰めてくれるシーンが
とても感動的でした。その時はなんとなく
しかわからなくとも感動しました。
後から台詞を知り、涙を誘うシーンだなと
しみじみ。。。

こういう時、ナムギルさんの眼ってどんどん
赤くなるじゃないですか。
昔はすぐ眼が赤くなって監督に叱らた。それで
レーシックをしたと読んだ覚えがありますが
元々、そういう体質というのもあるのかな。
でもこういうシーンではリアリティ増し増しで
いいですよね。



さすがのヘイルも大司教区の決定には逆らえず
やるせなく焼酎を一人煽っているところに
パクギョンソンが。
自らの過去により道を誤りそうになる事もあるのに
神父さんがそうならなかったことは勇気がある、と自らの過去も告白しながら、ヘイルをたたえるギョンソン。そして過去の罪悪感はもう持たないでどこへ行っても気楽に暮らして、と
はなむけの言葉を送り「そうすれば私たちまた会えるじゃないですか」と締めくくるギョンソン
イハニさんの演技良かったです。感情に任せて流す涙より、涙をこらえているような演技ってグッとくるんですよね。。。
最後の「私たちまた会えるじゃないですか」っていうのは、ドラマも終盤で実際、お別れ間近の現実とリンクしているかのようで、実際のイハニさんにもそんな気持ちがあったのではないかと思いたくなるファン心。
ここでヘイルまで泣いたら、ちょっとやだな、と思って見てましたがさすがナムギルさん。
泣く演技はしてなかったですね。
「コマウォヨ」っていう声がとっても良い声だった。そしてこのシーンでのヘイルの表情が
相手を温かく包みこむような雰囲気で良いです。


この後、パクギョンソンはヘイル救出作戦を思いつきました。ヘイルの警察や検事への暴行罪を理由に出国停止の措置をとり韓国に留まれるようにする作戦。
カンソクテの目もあるのでギョンソンが直接携わるわけにもいかずナム検事にさせるギョンソン。
ナム検事はスポンサーがついたという事実をギョンソンに握られているので言いなりになるしかありません。カン部長に、理由を問われ
苦し紛れやけっぱちに「パクギョンソン検事を愛しています!」と絶叫するナム検事、面白かった。

このあとぐらいから皆の関心ごとが金庫に向いていく。
ヘイル達、コザイェフと新興宗教教祖のヨンムン。
ファン社長。
つるはしをもって泥だらけになっている
コザイェフが、金庫破りをしようと地下から
掘り進めてると、やっとわかって
笑いました。超原始的。。。でも、昨日の放送で
繋がった気が笑

チームヘイルに送りこまれた三人の刺客。
この元上官、イジョンゴン、人望で後輩を集められるようなタイプじゃないので金をチラつかせて三人を呼んだんでしょうね。

聖堂とクダム署の刑事達とスンア刑事の元に
現れる殺人兵器たち。

私、シスターのようなか弱い無抵抗な女性に
一方的に暴行するシーンがあったら生理的に
不快だなと思っていたんですが
それは脅しで終わっててホッとしました。ちゃんと配慮されてますよね。
クダム署の刑事達、酔っぱらっていたとはいえ
大の男、しかも刑事達相手にあっという間に全員を倒してしまう刺客。
それに比べて、スンア刑事は心得があるとはいえ女一人に刺客を差し向けるとは、卑劣。
ソンサックが助けに入るも実戦に長けた殺人兵器と呼ばれるような刺客には力及ばず。。。
ピンチかと思われたところに現れるヘイル。
壁を蹴って勢いをつけての蹴りが美しかった。
ところで、スンア刑事はヘイルの誕生日プレゼントを嬉しげに抱えていた時に襲われましたが
いつかこのプレゼント、渡すシーンがあったらいいな。中味はなんなのでしょうね。



ヘイルの怒りの表情。
上二つはカンソクテに「次はお前だ」というシーン。
それ以外はイジョンゴンの差し向けた刺客(国情院後輩)に対しての怒りの眼差し。
ぞくっとする程、素敵ですね。

このようにナムギルさんは表情一つとっても
静と動の振り幅が大きくて
見応えがあります。










[2019/04/13 17:32] | 熱血司祭 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<花のような笑顔 | ホーム | 百想芸術大賞V LIVE 人気賞投票 >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
https://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1558-ad04f481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR