FC2ブログ
カンヌの映画マーケット
第72回カンヌ国際映画祭
今月14日から始まっていたんですね。
25日まで。
キムナムギルというワードにひっかかってきた記事です。


[72ndカンヌマーケット]コンユ・チョンユミ夫婦→独立軍リュジュンヨル。新作熱戦。




第72回カンヌ映画祭がフランス南部のリゾート地カンヌの一帯で開かれている中、韓国映画新作が世界最大のフィルムマーケット'マルシェ・ド・フィルム‘でベールを脱いだ。






規模に比例した数多くの交渉機会のためだろうか。 リュミエール劇場の片隅にある展示場には数千人の製作者,バイヤー,俳優でいっぱいだった。 国内でもCJエンターテイメント,ロッテエンターテインメント,ショーボックス,コンテンツパンダ,ファインカット,エムラインディストリビューション,ケイムビエンターテインメントなどが加わり,さらに盛り上がった。 特に,韓国ではまだ公開されていない様々な配給会社が披露する新作がここで確認された。



'私を探してちょうだい。'は2005年'親切なクムジャさん'以来、13年ぶりに戻ってきたイ・ヨンエのスクリーン復帰作だ。 映画は6年前行方不明になった息子と容姿から傷跡まで同じ子供を見たという疑問の連絡を受けた女性が慣れない村に子供を捜して乗り出せば、起こった予測できない話を描いた犯罪スリラー。

イ・ヨンエは息子を失った失意と罪悪感、恋しさで6年の時間を送りながらも子供を探すことができるという希望を放棄しないチョンヨン役を演じ、劇の全体を導いた。 国内ではまだ公開されていないスチールカットでは,子どもを失った親の苦痛と一人息子を探す強靭さまで,イヨンエの複雑な感情が盛り込まれている。



チョン・ユミとコンユが夫婦で呼吸を合わせた'82年生キム・ジヨン'は国内だけでなく、海外でも並々ならぬ注目を受けている作品だ。 現場にいるロッテエンターテインメントの関係者は"最も問い合わせの多い映画だ。 原作小説は日本,台湾ですでに人気を集めただけに,アジア諸国から来たバイヤーたちの関心が高い"と耳打ちした。

それとともに"ここにはコンユ·チョン·ユミの組み合わせが一役買っている。 これに先立ちカンヌ·ミッドナイトスクリーニングに招待された"釜山行き"俳優たちの再会のため,さらに注目される状況"とし"特にアジアマーケッターのうちコンユが分からない人はいないほどだ。 tvNドラマ'トッケビ'などを通して韓流スターに生まれ変わったおかげだ"と耳打ちした。

"青年警察"キム·ジュファン監督とパク·ソジュンの出会いから話題を集めた"ライオン"も期待作だ。 同日,マーケットで公開された写真には,これまでどの作品でも見たことのないパクソジュンの姿がある。 男性的で強烈なカリスマで目をしっかりとつかむ。 パク·ソジュンはこの映画で子どもの頃,不意の事故で父親を失った後,世の中に対する不信と恨みを持つようになった格闘技世界チャンピオンであり"強い悪"に立ち向かう人物ヨンフを演じる。



ショーボックスの野心に満ちた新作である"南山の部長たち"もフィルムマーケットを通じてスチールカットを公開した。 映画は1970年代の政治工作を主導しながら時代を風靡した中央情報部部長たちの行動とその裏面を再照明して話題を集めた同名の本を原作とする。 "来場者たち""馬薬王"ウ·ミンホ監督が演出を担当し,イ·ビョンホン,イ·ソンミン,イ·ヒジュンら名うての俳優たちが力を与えた。

公開されたスチールの中の重苦しいスーツと眼鏡をかけたイ·ビョンホンの存在感が断然目立つ。 イ·ビョンホンは絶対権力維持に核心的な役割をする中央情報部のキム·ギュピョン部長役を演じた。

アクションブロックバスター"戦闘"に対する関心も高い。 国内で初めて"鳳梧洞戦闘"を素材にしたこの映画で,最も関心を集めている俳優は,ほかならぬリュ·ジュンヨル。 ショーボックス関係者は"非常に韓国的な素材だが,リュ·ジュンヨルに問い合わせて問い合わせをする場合が多い。 最近,ラインアップが多く,成績が良かったので関心が高まっていた"と話した。

ショーボックスのラインアップには俳優のクァク・ドウォンの新作二編も含まれた。 昨年'ミートゥー'加害者として目されて議論の中心に立った彼はワントップ主演に乗り出した'パッケージ'と劇で重要な役割を担当する'南山の部長たち'二本の作品で、全世界のバイヤーたちと交流する。 両映画の国内公開は年末か来年初めだという。



カンヌと特に縁が深い2人の俳優たちの新作もベールを脱ぐ。 カンヌ主演女優賞受賞者であるチョン·ドヨンの"わらをも捕らえたい獣たち"と"寄生虫"の主役ソン·ガンホの"ナッマルサミ"(国の語音)がその主人公。

エムラインディストリビューションの関係者は"販売する作品の中で,ソン·ガンホの'国の言葉使い'に対する関心が一番熱い。 ソン·ガンホがアジアで人気が高く,ジャンルが時代劇であるにもかかわらず,問い合わせが多い。 海外でチケットパワーのある俳優に成長したわけだ"と耳打ちした。

チョジョンソク、ユナが主演を引き受けた災害映画'EXIT'やはり一枚のポスターで視線を釘付けにさせている。 130億ウォンの少なからぬ予算が入ったこの映画は、青年失業者チョ・ジョンソクが、母親の古希の宴で会った大学時代のクラブ後輩ユンアとともに、原因の分からない有毒ガスで覆われた都心を脱出しなければならない非常状況を描く。 白い煙で囲まれたポスターがブースの一角を埋め尽くし,ミステリーな雰囲気を感じさせる。



最近、芸能やドラマを通じて人気を得た2人の俳優、チャ・スンウォンとキムナムギルの新作も期待を高めている。

芸能で、大衆にも馴染みのチャ・スンウォンは'頑張れミスターリー'を通じて主演では3年ぶりにスクリーンに復帰する。 'ルックス'は完璧だが,どこか物足りない男性チョルス(チャ·スンウォン扮)が生涯初めて会った娘セッピョル(オム·チェヨン扮)と予想外の旅に出て起こる話を描いた映画だ。 写真の中のずうずうしいチャ·スンウォンの姿のように,今回の映画で彼は特有のコメディー演技を通じて,長期を遺憾なく発揮する予定だ。

ドラマ'熱血司祭'キム・ナムギルの次期作もここで見ることができる。 ハ・ジョンウとともに呼吸を合わせた恐怖映画'クローゼット'はなくした娘を探すパパと退魔士の話を扱う。 CJエンターテインメント関係者は"公式的には今回のカンヌ マーケットで初めてセールスする作品なのに反応がくる方"としながら"ひとまずアジア バイヤーにハ・ジョンウ、キム・ナムギルの認知度が高くて恐怖ジャンルやはり国家に大きく束縛を受けなくて問い合わせが多いほう"と雰囲気をほのめかした。




一番最後に出てきました。クローゼット。。。
もうすっかり「熱血司祭の~」という冠言葉がつくようになりましたね。
この退魔士というのがどういうスタイルの悪霊退散?をするのかわかりませんが、なんとなーくキムヘイルさんを思い起こす人も多そう。そんなこんなで内外でヒットに繋がると良いですね。

それにしても、他の映画も面白そうなんですよね。イヨンエさんのも面白そうだしパクソジュンくんもいいねぇ。ドヨンさんも。
そしてコンユとチョンユミで映画化された「82年生まれ、キムジヨン」原作本はつい先日読みました。これ、日本でもすごく読まれてますね。

私、映画化されるとは知らず、コンユがベストセラー小説原作の映画主演に決定というのを聞いても、これだとは思ってなかったです。これだったのね~。

私自身は、フェミニズムとかそういう意識は特別高くもなくて、これまでに女性であるが故の差別や生きずらさなどはそんなに感じてなかったつもりでしたが、読み進めていたら忘れてたセクハラや、いろんな事思い出しました。やっぱりあるよね。この小説の夫はいい人だし理解もある方だと思うのにそれでも主人公のキムジヨンさんが心を病んでしまうのはとても根が深いですね。

この本を読んだと言っただけで炎上して男性から非難され写真を燃やされたレッドベルベットのアイリーン、この映画を引き受けただけで非難されたチョンユミ、まったくどーゆーこと?
おかしいです。


脱線しましたがクローゼット、あまり寒くなる前にみたいです。震えすぎちゃうから。。。
その前に「感染家族」!こちらも楽しみですね。


[2019/05/19 21:50] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<cjestagram | ホーム | 秒で>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
https://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1606-7403a09a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR