FC2ブログ
クローゼット制作報告会 なかみ
わかりやすい日本語記事はコアリこちら



元記事はこちら

'大賞俳優'キム・ナムギル、映画'クローゼット'で、新年の始まり'烈日ing'俳優キム・ナムギルが2020年新年ミステリー映画<クローゼット>で観客たちに出会う。



2日午前、ソウル江南区CGV狎鴎亭店で映画'クローゼット'(キムグヮンビン監督・脚本、(株)映画会社月光・(株)、パーフェクトストーム、フィルム製作)の製作報告会が開かれた。 同日、製作報告会には俳優キム・ナムギル、ハ・ジョンウ、キムグヮンビン監督が出席した。

'クローゼット'は引っ越した新居で娘が跡形もなく消えた後、娘を探しに出た父に事件の秘密を知っているという謎の男が来て起こる話を描いた映画だ。

キムナムギルはクローゼットの秘密を追う'ギョンフン'役に扮した。 ただ自分だけが'イナ‘が消えた理由を知っており、イナを見出せると言うキャラクターで愉快さと真剣さを行き来しながら、キム・ナムギル特有の魅力を投影させた。

スクリーンとブラウン管を縦横無尽し、ジャンルを超越したキャラクター消化力を披露するキム・ナムギル.刑事から医師、司祭まで絶えず変奏し、しっかりと演技の能力をもとに、観客を魅了した彼は<クローゼット>を通じてもう一度の変身を予告する。 本人の感情を表出しない'ギョンフン'のミステリーがキム・ナムギルの色を着、またある新しさで観客を驚かせるか疑問を加える。 キムナムギルは、"初めて提案を受けた時一度もしてみないジャンルだから是非挑戦してみたかった。 シナリオが斬新で面白かった。"と作品に参加した理由を明らかにした。

また、キムナムギルは、映画フリープロダクション段階から監督、俳優たちと多くの話を交わしながらキャラクターを構築すると明らかにして作品に対する情熱を示した。 <クローゼット撮影監督は'酔拳のような俳優だ'と絶賛しキム・クァンビン監督は"現場で非常に柔軟に対処する俳優だ。 急変する状況に即席でアイディアを出してそのアイディアが映画で表現された場面が多かった。"と好評しながら現場を温かくさせたこと。

幅広い演技スペクトルとキャラクターに対する情熱でキム・ナムギルだけの独歩的存在感を発揮する俳優。 どのようなキャラクターも本人のものと完璧に消化して、ドラマを一層豊かにするジャンルマスターで好評を得てきた。 特に2019年にはSBSドラマ熱血司祭で新ヒーロー型司祭キャラクターを誕生させ、大活躍した。 これにSBS演技大賞大賞とともに首相表彰、韓国放送大賞'演技者像'など、計8冠を受賞し、記録の記録を更新し名実共に大勢俳優として年末を終了した。

キム・ナムギルの2020年新年初の作品と期待感を増幅させた<クローゼット>は今年2月封切り予定だ。




元記事こちら
'クローゼット'ハ・ジョンウ"キム・ナムギル、コ・ヒョンジョンのために知るようになって…北欧スタイル"



"俳優のハ・ジョンウがキム・ナムギルの第一印象と反転魅力について述べた。

2日午前、ソウル狎鴎亭CGVで開かれた映画'クローゼット'製作報告会に出席したハ・ジョンウは今回の作品を通じて初めて呼吸を合わせたキム・ナムギルとの長年の縁を明らかにした。

ハ・ジョンウは"キム・ナムギル氏は過去、女優コ・ヒョンジョン氏のファンミーティングの控え室で初めて会った。 以降、親しい製作会社と作品を多くして知っていた。 仲良くなったきっかけはチュ・ジフン氏がに会食に招待した後だ"と切り出した。

さらに、"ことキム・ナムギル氏は'善徳女王'のときのイメージが大きかった。 重厚でシックた。 北欧家具ブランド、イケアのスタイルという。 ところが、チュ・ジフン氏が、自分よりもっとしたスタイルとした。 自分が1分に30wordをすればナムギルは60wordをするって。 いったいどのくらいか知りたくなった。 ところでの初の会合でご飯を食べるのにスプーン時間がないほど、ユーモアにピッチを上げた。 このような人がいるんだと思って驚いた。 善徳女王のイメージが無残にも終わる瞬間だった"とおしゃべりなキム・ナムギルの反転魅力を公開した。

特有の話術で製作報告会場を笑わせたハ・ジョンウは"どうしてキム・ナムギルさんがなぜこんなに国民に愛を受けて大賞まで受け取ったかどうか分かるようになった。"と後始末をした。

マイクを受け取ったキムナムギルは、"私はおしゃべりなスタイルではない。 口数が多いことが一番嫌いだ"と意外な言葉でまた笑いを誘った。

'クローゼット'は引っ越した新居で娘が跡形もなく消えた後、娘を探しに出た父に事件の秘密を知っているという謎の男が来て行われるミステリアスな話を描いた。映画のハ・ジョンウとキム・ナムギルの初出会いに関心を集める'クローゼット'は来る2月に封切りする。







ナムギルさんが途中、爆笑しているのが何でそんなに?と気になっていました。
ハジョンウさんのナムギルさんの印象が変わったという話で、だったみたいですね。
それにしても、目がなくなるほど笑って可愛らしい(^ ^)チュジフンさんとナムギルさんは、お互いに相手が自分より喋ると思っているんですね。
ナムギルさんも以前、ジフンさんは自分より…って言ってました笑
そして、しれっと、口数が多いのが嫌いとか言って。笑えます。
ハジョンウさんも、ユーモアのある方なんですね。この映画も大賞俳優にあやかりたい、みたいなお話もあったようです。

写真お借りしました。出処元写真内クレジット






[2020/01/04 11:22] | クローゼット | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ゴールドディスクアワード大賞プレゼンター終了 | ホーム | クローゼット制作報告会インスタライブ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
https://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1793-3e42fd64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR