FC2ブログ
インタビュー2
元記事こちら

[インタビュー②]キムナムギル"興行執着の激しかった過去、今は手放した"



俳優キム・ナムギルが興行に対する考えを伝えた。

(映画の内容紹介、ナムギルさんのフィルモグラフィーなど、インタビュー1との重複部分は割愛)


2019年を演技大賞で終わりにして、2020年、映画'クローゼット'で、大衆に会うキム・ナムギル。彼は興行に対する負担が大きいようだという質問に"私は映画やドラマや興行に対する負担感はないほうだ"と答えた。 彼は"興行という責任は私が思った通りになることがないじゃないか。 作品を撮るときは興行よりは'恥ずかしくない作品を作ろう'という心で臨むだけだ。 フィルモグラフィーについて話をする時、誇らしげに話すことができるに値する映画を作ろうと思う"、"事実、映画というのが、社会的雰囲気、政権による雰囲気などによって影響を受けてうまく行ったりもしてそっぽを向かれたりもしないか。 どれが正解かは分からない。 ただ、出来ばえにおいて恥ずかしくないように最善を尽くしている方だ"と話した。

そして、キムナムギルは、過去には興行に対する執着が激しい方だったと正直に言った。"私がするドラマと映画はとにかく無条件によくできなければならないという思いが強かった"、"ところで欲のようになるのではないということを分かるようになって欲張らないようになった。 ただ、良い作品恥ずかしくない作品を作らなければならないということばかり考えている"と話した。

興行を眺める気持ちが変わった理由について聞くと"幼い時は成功という基準自体が違った。 うまくいくべきで'ネクストがある'という考えが強かった。 今は成功に対する執着というよりは責任感で接続できているようだ。 私が選択した作品、のように選択したスタッフに責任感を持つようになった。何か眺める視点が変わることになったようだ"と説明した。





ミョンブルホジョン(医心伝心)辺りから、「恥ずかしくないものを創ろう」という事をよくインタビューで話していたナムギルさん。
素敵だなと思ってました。
成功させようというより責任感の方が強い、自分の責任を果たそうとするその気持ちはプロ意識だと思いますね~。
[2020/01/30 22:46] | クローゼット | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<インタビュー3 | ホーム | インタビュー1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
https://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1822-407e3946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR