FC2ブログ
クローゼット 本日封切り
新作IS]"暖かい冬の恐怖"ハ・ジョンウXキム・ナムギル'クローゼット'信頼の扉が開かれた

[イルガンスポーツチョヨンギョン]


観客たちと会う準備はすべて終えた。

映画'クローゼット(キムグヮンビン監督)'が5日封切、注目される新作として劇場にかかる。 新種のコロナ・ウィルスの影響で劇場を向けた観客たちの足取りが大きく下がった状況だが作品によって観客たちの選択も変わるという信頼が大きい。 恐怖に対抗する恐怖。'クローゼット'の自信も格別だ。

ハ・ジョンウ・キム・ナムギルが初の呼吸を合わせた映画で注目されている'クローゼット'は引っ越した新居で娘が跡形もなく消えた後、娘を求めて出て父に事件の秘密を知っているという疑問の男が来て行われているミステリアスな話を描いた作品だ。

異国的な素材と韓国的情緒の出会い、穴のない俳優たちの熱演ぶり、ミステリーストーリー、そしてファンタジーと現実を行き来するミジャンセンをすべて作ったために努めたティーが随所で発見される。 ジャンル的な面白さを担保に新鮮さを満喫できる映画。きつい'クローゼット'のしっかりした力だ。





'クローゼット'は既存の韓国映画で見たことのない'押し入れ'という新たな素材と'扉がひらいて子供が消えた'という設定だけでも興味を倍増させている。 ミステリー空間として再誕生した戸棚は、日常的な恐怖心を刺激するとともに極限の緊張感を誘発する。 ここに溶けてまとめた韓国的情緒は没入を高めることも十分だ。

事故1日朝に妻と母を失って新居に引っ越しを行った婦女。娘や(ホユル)は、突然異常の症状を見せて父サンウォン(ハ・ジョンウ)は悪夢にさいなまれる。 そして数日後、イナは家の中で跡形もなく消える。 10年間消えた子供らは32人。その中に隠された秘密と反転は観客に新たな感情をプレゼントする。

'クローゼット'は韓国映画で試みなかったビジュアルでみる味を育てた。 事件の源となる押し入れ、人形、絵など家中のいたるところにディテールな小物を配置して新居の閑散とした雰囲気を完成し、買った者と死者の間の境界になる空間である異界は歪曲されて荒涼として設計されて慣れてない奇異な雰囲気を醸し出している。

そしてミステリーを率いたハ・ジョンウとキム・ナムギルの幻想的な演技アンサンブルは'・クローゼット'を推薦するしかない決定的な理由だ。 初めてミステリージャンルに挑戦したハ・ジョンウは俳優のハ・ジョンウの新しい顔と繊細な感情表現をこぼして、キムナムギルは愉快さと真摯さを行き来しながら千の魅力を誇る。子役ホユル、キムシアの活躍も感心だ。

ジャンル的やるせなさや冷たさの中以外の温かさが光る独特な映画'クローゼット'。反転のメッセージが観客たちを魅惑することができるのか、劇場の扉を少しでも開けられるか'クローゼット'が耐えなければならない重みがかなり重い。



重みがかなり重い、とのことで。。。。うーん
やはりコロナの影響で劇場全般、観客の足取りが大きく下がった状況なんですね。
こればっかりは、仕方ないけど公開時期を延ばしに延ばした先に待ち受けていた事態がこれかと思ったら、残念に思う気持ちが禁じ得ないですなぁ。
でも難しい状況の中での最良の結果になるといいですね。

[2020/02/05 10:46] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<クローゼット広報いろいろ | ホーム | クローゼット レビューポスター>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
https://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1833-d073f445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR