FC2ブログ
クローゼット関連インタビュー1
このインタビューは、映画公開後に出てきただけあって多少、具体的な粗筋も話されていますので知りたくない方はご注意ください。元記事はこちら

キム・ナムギル"私をわかって認めてくれる人のために命を捧げるスタイル"

※알아보다:調べる、見つける、探る記憶する、分かって認める

ドラマ'熱血司祭'で'SBS演技大賞'で大賞を受賞し、第2の全盛期を享受しているキム・ナムギルに会った。 土俗的な素材の韓国型退魔師を演じた映画'クローゼット'の広報のためのインタビューだった。 生まれて初めて髪を染めたというキムナムギルは、次の作品のキャラクターを作っていく過程だとして、ぎこちないのか前髪をしきりに弄った。 本人の痛い時代に対する話も笑顔で話するキム・ナムギルの豪快さに改めて驚きながらも感嘆した時間だった。




Q.映画'クローゼット'で退魔ギョンフンを演じながら、後、遅く登場して映画で核心的な役割を果たした。

A.元々のシナリオでもその程度に登場する。 映画上では始めて30分くらい経った後に登場するが、'イナ‘を探そうとする'サンウォン'を純粋に見ない社会とは反対で人で解決しようというメッセージを与えようと登場する人物だ。

Q.祓魔をする人物だが、設定がユニークだった。 固定観念を破る退魔師だった。

A.、考えてみればユーチューバーのようなキャラクターだ。 シナリオでのキャラクターは乾燥した方だった。 しかし、祓魔というポイントだけで持っていけば、観客たちが見にくいだろうから楽に行く所は楽に行こうと監督と相談した。 オカルトが、一般的にみる慎重さを受けたくなかった。 退魔をしたり、助言を求める部分では慎重にするものの、基本的な性向は明るくてトントントェは感じを持っていくとした。 職業的な専門性は持っていくものの、詐欺師みたいな姿もこっそり見せようと努めた。


Q.呪文をとなえる場面を演技するときはどうだったか? 呪術も神経をたくさん書いたと聞いている。

A.呪術を神経使った。 宗教的に不安定さがないことを願って選んで選んで一ヶ月を練習したが、後に知ってみると、ヒンズー教の呪術であり、こと自体が残忍でヨーロッパではタブー視する呪術だった。それで再び韓国的土俗的な呪術と寄せ集めて新たに作った。 もしオカルトマニアたちが見た時、呪術に対する気まずさと変えた。 そんなに変えた呪術を真剣に覚えなければならないが、横でハ・ジョンウがたくさん遊ばせて現場は、コメディー番外編を作ってもいいほどおもしろかった。 呪術を普段のように覚えれば別に問題はないけど、感情が入ってテンポがある部分が来れば、私の呼吸がついて、それを自然に、笑わせないように克服しなければならなかった。


Q.初登場がワンシーンワンカットだった。

A.'ギョンフン'このインターネット修理をする人であるかのように演技をして登場するのだから、演劇するように見えるように設定をそんなにつかんだ。 人為的に仮装する空間の中でも空間感を与えようとあちこち行ったり来たりして絶え間なく話をしながら一カットで撮った。 カットを分けると洒落ているように感じられるのを恐れて、そうした。 映画'ミススローン'で主人公がチーム員たちと話しながら単なるムービングだけでも緊張を持ってきたがそんな場面にしてみようと言った場面だった。  

Q.映画の中間に出てくる'神と共に'の話はアドリブだったのか?

A.その場面が本格的に追い詰める前息をする場面だった。 あれこれ話をして納めていたアドリブだったが、そのシーン通りの楽しさがあった。 観客の理解を助けるための道具として映画の話をしたので'奇妙な家族'話もしようとしたが、監督がやめろと止めた。


Q.映画が変わったのがオカルトと呼ぶには社会的なメッセージも込められていた。

A. シナリオを見た時映画的な表現のためにIMF時代を入れたし、それで時代劇なのかと思ったりもしたが子供たちや虐待に対する話だよ。 それでも社会告発的な映画ではない。 ミョンジンの話を極端に表現してみたらそんなに見えるが、人によりできた問題に対して人が直接解決することで、傷あたえる人別に、慰める人別々にあるのではないから人に対する関心と配慮をしようというメッセージを含んでいる映画だ。

Q.もし撮影はしたが、編集されて残念だった場面があるかな?

A.ギョンフンの戦士と後半部に憑依される場面が少し編集された。 ギョンフンの家自体が巫女家で、神降りることを受けずに生きようとしたが母親が亡くなってしまって、その根源を探していて'ミョンジン'にまで分かるようになる過程があったが、この部分は、まかり間違えばギョンフンが復讐のため、ミョンジンを殺して怨霊をなくすことと理解されることを恐れて、編集したようだ。 この部分は編集されたのがむしろ作品をきちんと理解するのに役に立つようだった。。 ところで病院で体が震えた場面は交差編集があったが、消えて残念だった。 母と解決策について話をする場面だったが、その部分が編集されたし、後ろにたんすから飛び出して出てきた後にミョンジンの母親を探して、ミョンジンの母に憑依された状況で、ミョンジンと話する部分もなくなって残念だった。 含蓄的にみられるためだったが、場面を誤解することもできそうだった。
[2020/02/15 09:25] | クローゼット | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<クローゼット関連インタビュー2 | ホーム | パラサイト すごい。おめでとうございます>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
https://kimnamgil-mamire.info/tb.php/1841-07216444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR