FC2ブログ
海路先発隊5回
'海道先発隊'イサンユン、初航海開始→エンジンで煙


/写真=tvN'海道先発隊'放送画面キャプチャーイメージ

俳優のイサンユンが初航海を始めたが、急に生じた問題によって、困惑した。

この15日に放送されたtvNのバラエティ番組'海道先発隊'にはイ・サンユンが出演して航海に挑戦する姿が盛り込まれた。

同日の放送で、イ・サンユンはパク・ソンウン、キム・ナムギル、コギュピル、コ・アソンが滞在している、毎勿島に到着した。 イサンユンは"兄たちに会うのはいいのですが、、昨日電話してみたらかなり苦労しているようだったよ"と心配を示した。

キムナムギルは、"みんな苦労したが,サンユンが来てリフレッシュになった"、イ・サンユンを歓迎した。 以降、メンバーたちとイ・サンユンはセイ号に乗り込み、イ・サンユンは、メンバーのためにキムチチゲを料理した。

そんな食事を終えた後、イ・サンユンの初航海が本格的に始まった。 イ・サンユンはセイ号に横になって海を好んでおり、、"ここ天国ですね"と楽しさを示した。 イサンユンは"波とリズムが合って行く時は本当に面白かったな。 最初にローラーコースター乗るとする時は'その程度まで?'と思ったら、とても良かった"と明らかにした。

平穏に航海を続けていたところメンバーたちはエンジン室に問題が発生したということに気付いた。 コ・アソンは"海の真ん中に漂流するのか"と心配した。 パク・ソンウンは"ずっと煙が出て総体的難局だった。 急に右エンジンが消えてしまったから。 始動もかからないで"と打ち明けた。

イ・サンユンは"初めには深刻な感じより過熱程度だと考えて冷ましたらならないだろうか考えたが違った"として"(専門家が)見て部品を取り替えなければならないといわれたし港で部品を購入しなければならない状況だった"と伝えた。 やむを得ずメンバーは海上警察に連絡したし製作スタッフが海上警察船で先に巨済(コジェ)に移動後部品を確保して再びセイ号に戻って修理することに決めた。




'海道先発隊'シベリアはできてヨットはできない理由[TVウォッチ]


シベリアはできてヨットはできなかった理由が何か。

昨年9月末に放送したtvN芸能'シベリア先発隊'は非常イ・ソンギュン、キム・ナムギル、イサンヨブ、コギュピル、キムミンシクが、ロシアシベリア横断列車に身体乗せる旅行リアリティーだった。 続いて、現在、10月から放送中のシーズン2'海道先発隊'は横断列車でヨットに変わった船上ライフ芸能だ。 今回はキム・ナムギル、パク・ソンウン、コギュピル、コ・アソンが一緒に船に乗り込んだ。

確かに似たようなフォーマットだが、シベリアと海上の道は大きな違いがあった。

'シベリア先発隊'はロシア横断列車という馴染みの薄い空間で出発した。 馴染み薄いものの、一度行ってみたい視聴者の欲求を代わりに解いて行った。 異国的なロシアの風景が一層気がかりなことを伴うことができた。見慣れぬ国を旅行する芸能は多くても、シャワーする所もない列車芸能は新しく近づいただろう。 キム・ナムギルの初のリアリティ出演また、視聴ポイントだった。

横断列車は継続して移動する手段だった。 躍動的な感じが大きかった。 手狭な列車の中で見せてあげられるのは思ったより様々だった。 コロナ19以前に行われた撮影だったに見知らぬ人を自由に出くわすことがあった。 ロシアの子供たちとボードゲームをしたり、食べてみたことのない買い食いをすること、買って食べたこと。 このような飾り気のない場面こそ自由旅行を夢見る人々にロマンを伝えた。 '旅行'というコンセプトが可能だったから。

一方、'海道先発隊'は状況が違った。 コロナのために時局が変わった影響もあった。 他の人と接触できないので、出演陣だけで海を航海しなければならなかった。 賑わっていた列車とは違って、やや孤立した感じに近かった。 ともに、ヨットは、なじみは横断列車とは違ったムードだった。 静寂で静かだった。 気がかりなことをかもし出すにはそれほどなじまない素材であったせいであろうか。 視聴者に'乗ってみたい'という好奇心を与える不足したようだった。

ヨットの上でできることは限界が存在するしかなかった。 料理して食べ、海を見物し穏やかな楽しみだった。 島に到着して中間に休みもしたが、その他のキャンピング、芸能と似ていた。 多くのキャンピング芸能が急浮上したため、新しさをプレゼントすることは難しかった。


定見のあるメンバーたちと親睦をはかるようだったが、11月15日、初のゲストのイサンユンが出演した。 ゲストは確かに従来のメンバーたちに換気をさせてあげるという特徴があった。 ただ、結局にはゲストで満たす方式という印象を消すことはできなかった。 来週予告にも他のゲストが公開された。

芸能界はアンテクトによって大きな波紋を迎えることになった。 試してみたいコンテンツがあっても思う存分できない状況。 放送街も、このような変化に素早く合せて定着している。 '海道先発隊'はアンテクト芸能に乗車したが、些細な楽しみだけに終わったという残念な結果を残した。 食べて、寝て、楽しむのも良いが、彼らだけのユニークなコンテンツが必要に見える。
(写真=tvN'海道先発隊'放送のキャプチャー)


イ・サンユンさんがゲストで合流した5回。
イサンユンさんのドラマも映画も見たことがないけれど「師匠に弟子入り」だけみました。
そしてナムギルとはオーケーマダムでも共演ですね。

危機的状況だったエンジントラブルは酷使したからなのかはよくわかりませんが部品がおかしくなってたんですね。
ここでダメになったら番組じたいも完成せずそれまで撮ってきたものも使えないというような危機も
あったかもしれないので、それは深刻な表情になりますよね。

個人的には前回の方が面白かったのですが視聴率的には全部同じような感じで大体1%前後の海路先発隊。
客観的には上の記事ようなことが原因なのでしょうかね。最後の締めくくり方、ちょっと辛口ですね(苦笑
もちろん、視聴率は良い方がいいに決まっているけど、ドラマが低視聴率なのよりはがっかりしないです。
ただ、シーズン3もあって欲しいなぁ。
そうなってくると視聴率も大事ですけどね。企画からだめだったみたいな雰囲気の記事ですけれども今はこのコロナ禍でこのテの番組が、自由にできなく内容的にも制約をうけたなかで、やらないといけなかった事情も考慮して評価して頂きたいです。


[2020/11/17 11:47] | バラエティ番組 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<海路先発隊5回 感想 | ホーム | 海路先発隊tvN ネイバーポスト>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
https://kimnamgil-mamire.info/tb.php/2002-2387b557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR