FC2ブログ
Welcome to my blog

海路先発隊6回 芸能記事

イサンユンさんに代わって登場したゲストユヨンソクさん。まずは全体の流れがわかる記事からお借りします。

元記事はこちら

ユヨンソク、'海道先発隊'シェフになる…キム・ナムギル"セイ号主人のようだ"



'海道先発隊'ユヨンソクがセイ号にすぐ適応、料理の新世界を繰り広げた。

22日に放送されたケーブルチャンネルtvN'海道先発隊'6回ではキム・ナムギル、パク・ソンウン、コギュピル、コ・アソンがイ・サンユンとの別れを惜しむ様子が描かれた。

同日、イ・サンユンとメンバーの最後の食事メニューはシンウンジョンじるしのカレーだった。 イサンユンは"私が食べたカレーの中で一番おいしい"と感嘆した。 操舵室、ソファーで寝たイ・サンユンは航海がどうだったのかという質問に"空気に当たりながら寝ているのが良かった"といい思い出を積み上げたとした。 イサンユンはインタビューで"時間がとても早く行ったようだ。 おもてなしを受けた感じ"とし、メンバーたちに感謝の気持ちを伝えた。

イ・サンユンは、テーブルに置かれたお金を見て"これは私の出演料ですか?"と言って笑いを誘った。 コ・アソンは"こんなに面白い方だったのか"と笑いだし、コギュピルは"いらっしゃる時たくさん笑った"とした。 パク・ソンウンはイ・サンユンにマイクを抜いて行けといったが、イ・サンユンはマイクをマスクと理解してマスクを使った。




キム・ナムギル、パク・ソンウン、コギュピル、コ・アソンは浦項で一晩を過ごして次の日の朝、セイ号にきた。 セイ号にはすでに二番目のゲストユヨンソクが来ていた。 ユヨンソクはメンバーたちが来る前に一人で買い物をしてきた荷物を移して、セイ号ツアーをしながら食器を把握した。ユヨンソクに会ったメンバーらは船酔いをするのかを聞いており、ユヨンソクは"乗物酔いは普通はしないが、あまりにもヨットが乗物酔い多いといって"と心配した。 これに対し船酔いで苦労したパク・ソンウンは"大丈夫だ。 私もとても大丈夫だった。 3日間横になっていた"と話した。

キム・ナムギルが"ゲストたちが私たちにしてくれなければならない"と言うとユヨンソクはだいたい、ブラック・タイガーエビ、カレイわかめスープをしてくれると言った。 コ・アソンは"魚の中でカレイ一番好きだ"と嬉しがったし、ユヨンソクは"浦項が水カレイが有名って"と話した。 ユヨンソクは普段釣りが好きと言ってコギュピルを緊張させた。 マグロを取っていたコギュピルは"専門家が来た"とした。 キム・ナムギルが"それでも君が釣ったマグロは釣れないだろう"と言うとコギュピルは"マグロとったらすぐ糸切ってしまう"と冗談することも。

ユヨンソクはズワイガニの入った料理を準備した。 コギュピルはコ・アソンとともにユヨンソクを支えたが、、すぐ大きく名を呼べば行くと述べた。 ユヨンソクが"ゲストを放置する"と言うとコギュピルは出演料とし金を取り出してユヨンソクのポケットに入れようとして笑いをもたらした。 ダッポクムタン(タットリタン)汁を食べてみたメンバーたちは完璧と口をそろえた。 特に、コ・アソンは"焼酎角(角=ちょうどそのタイミングの意)だ。 今まで食べたものの中で一番スケールが大きくないか"と感嘆した。

ユヨンソクは台所を行き来しながら、食器をもたらし、キムナムギルは、ユヨンソクが主人のようだと話した。 メンバーたちは"食堂をしてもよい"とし、料理をおいしく食べたし、ユヨンソクはズワイガニ肉も抜いてくれた。 コ・アソンは"家よりよく食べるようだ"とし、キム・ナムギルも"ゲストたちが来てすごくしてくれていく"と感謝した。 しかし、メンバーたちは"分量みんな出てきた。 もう降りてもいいよ。 大変なことは私たちがやるよ"とふざけて笑いをもたらした。



どうでもいい事ではありますがちょっと気になったのが再登場したソンウンさんの奥さんのカレー。冷凍していたものだよね?カレーってだいぶ前に食べてなかったかな?まさかその時の残りを冷蔵保存してた訳ではないですよね。カレーっていたむのはやいので。。。

ユヨンソクさんはお料理上手ですね。蟹入りタットリタン(鶏肉とじゃがいもなどのコチュジャン煮込み)のタレは持参してきたらしいです。
皆さん本当に美味しそうに食べていました。
夜遅い時間にこれみるのは飯テロだなーとこの番組では初めて思ったぐらい。




元記事こちら

キム・ナムギル、ソファに寝たイサンユンに"ジェントル→気さくさに変えようとするもの"(海の道先発隊)

俳優キム・ナムギルがイ・サンユンのソファー就寝に疑問を示した。




22日に放送されたtvNのバラエティ番組'海道先発隊'では先発隊員キム・ナムギル、パク・ソンウン、コギュピル、コ・アソンがゲストのイサンユンと共に浦項に向かう姿が描かれた。

キムナムギルは、イ・サンユンが、ソファーの上で眠ったことを知ってパク・ソンウンに向かって"ゲストにどのようにそうするのか。 兄がどうにか中で眠らせなくちゃ"として"どれくらい私たちが不便だったらそうするか"と残念がった。

これにコギュピルは"よく寝た。 ここ、操舵室にも二時間以上寝た。 全部濡れてそうだった"と述べ、キム・ナムギルを驚かせた。

キムナムギルは酷使するゲストを向けた残念な気持ちを現してすぐ"サンユンがジェントルなイメージを気さくさに変えようと決意しに来たんじゃないか?"と疑いの目を送って笑いを誘った。

このような疑問にパク・ソンウンは"サンユンが君か?"といびりを繰り広げ、より大きな笑いを届けた。

'海道先発隊'は親友たちと一緒に西海で東海まで船に乗って韓国の海岸線を一周しながら、隠れた島々を旅行する24時船上ライフプログラムで、日曜日の夜10時50分に放送される。


イサンユンさんはソウル大出身で、今回もソンウンさんに言われていたし、ナムギル出演時の師匠に弟子入りでもそんないじり?がありました。
韓国内でのソウル大の位置付けは日本で言ったら東大のような感じ。。。そりゃネタになりますね。そんなイメージを気さくなイメージに変えたかったのか?といぶかしがってるナムギルさんに、ソンウンさんはナムギルに「お前か?」と(笑言ったという話しです。ナムギルさんが気さくなのはもうシベリアで浸透したんじゃないでしょうか。
ソファで寝てるサンユンさんをみた瞬間「ミアネ。。。」とつぶやいてたナムギルさん。
ゲストなのにこんなとこで寝かせてしまい、と思ってたんですね。優しいしちゃんとしてるなぁ。
でも当のサンユンさんは外で寝ていた時さえ空気にあたりながら寝て気持ちいいと言ってました。よかったです。なかなかワイルド&タフですね。




Comments 0