FC2ブログ
Welcome to my blog

『悪の心を読む者たち』について

現在、ナムギルさんが出演検討中とされているSBSドラマ『悪の心を読む者たち』。
韓国のプロファイラー第一号のクォン・イルヨンという実在の人物をモデルに書かれた
ノンフィクションが原作だそうですが、この本のドラマ化の企画は既に2018年から
あったそうです。随分ねかされた企画だったんですね。
その分、中身も充実したものになることを期待していますし、ナムギルさんの出演が確定するといいです。
その元記事こちら
2018.11.28の記事より
 

プロファイラー伝記「悪の心を読む者たち」ドラマ化、韓国版「マインドハンター」



プロファイラー実話ノンフィクション「悪の心を読む者たち」がドラマ化される。 韓国版「マインドハンター」ドラマに期待が集まる。
伝記ルポ·伝記および実話素材ウェブ小説企画会社ファクトストーリーは27日、独自に企画開発した実話ノンフィクション「悪の心を読む者たち」(コナム·クォンイルヨン共著、アルマ出版社)に対し、ドラマ制作会社ザ·ストーリーワークスと今月6日、ドラマ脚本開発利用許諾契約(ドラマ版権契約)を締結したと明らかにした。

ファクトストーリーは「今回のドラマ版権販売は源泉ストーリーをワンソースマルチユース(OSMU)で制作した良い事例に当たる」と明らかにした。 ファクトストーリーは今年7月、ウェブ小説·ウェブトゥーンプラットフォームカカオページに「悪の解釈者」というタイトルで先に公開し、モバイル連載が終わった後、紙の本を今年9月に発刊した。
ザ·ストーリーワークスは最近終了したSBSドラマ『胸部外科』を含め、『親愛なる判事へ』、『リターン』などを企画·制作した。 法廷、捜査、政治、医学に至る様々なジャンルの専門職ストーリーを興味津々に描いた。 具体的なドラマ制作日程は、追加作品の分析やドラマ作家との交渉後に公開される予定だ。

今回の版権販売についてファクトストーリーのコナム代表は「プロファイラーを素材にしたネットフリックスドラマ'マインドハンター'、映画'ザ·ファーストマン'など米国の実話映画·ドラマには大部分映像の原作であるルポ·伝記·実話素材の小説が存在する」とし「今回の版権販売は実話源泉ストーリーが映画ドラマとして制作されるグローバルトレンドが韓国でも進行する事例」と説明した。

著者が長年にわたる当事者との密着取材を通じて著した「悪の心を読む者たち」は、当時の主要事件を担当していた大韓民国第1号プロファイラークォン·イルヨンと彼の初期の同僚たちの活動をいきいきと描いている。 犯罪心理学者ではなく、第1号のプロファイラー警察が直接語る正統ノンフィクションで、事件関連の核心資料から深層インタビュー、作品中に描写された事件に対するファクトチェックまで、クォン·イルヨンプロファイラーが直接監修に参加し、ストーリーの密度と臨場感を高めた。

『悪の心を読む者たち』に登場する会話、人物の話し方、外見、空間描写から当時の車種と身なり、天気などはすべて作家の緻密な取材を基盤にしている。 ファクトストーリー「コナム」代表は今回の作品の執筆で、クォン·イルヨンを目標に、クォン警正が実際の捜査当時の動き場所と動線をそのまま歩いてみて、クォン警正が連続殺人犯を捜査していた当時の天気も気象庁を通じて確認するなど、豊富な伝記取材手法を活用したと発表した。

著者のクォン·イルヨンは1989年8月5日警察に入門し、2017年4月30日退職した。2000年、「大韓民国1号プロファイラー」の発令を受け、活動を開始した。 ソウル地方警察庁科学捜査係(CSI)犯罪分析官、警察庁行動科学チーム長、警察捜査研修院教授(プロファイリング、強力捜査担当)を歴任した。 ユン·外出警務官と共に警察初のプロファイリングチームの創設と成長過程で中核的な役割を果たした。 現在、東国(トングク)大学の警察司法大学院教授として在職中だ。 中央(チュンアン)大学心理大学院、延世(ヨンセ)大学警察司法大学院にも出講する。 2011年には大韓民国科学捜査大賞と「警察庁第1号プロファイリングマスター」を、2016年には国民勲章玉條勤政勲章を受賞している。

著者コナムは伝記·ノンフィクション作家だ。 ハンギョレ記者として長く働き、現在は伝記·ルポなどのノンフィクションと実話素材ウェブ小説·ウェブトゥーン·シナリオなどを企画開発するファクトストーリーの代表取締役だ。 著書として「まだ生きている者全斗煥(チョン·ドゥファン)」、金鍾泌(キム·ジョンピル)元首相伝記「ヒューマンスケール」(共著)、「ブルーマスター」を扱った「人生、この味だ」などがある。 カカオストーリーファンディングに「至尊派拉致生存者の証言」を連載した。



プロファイリングをテーマにした映画やドラマは沢山ありますが、事件や捜査だけのことじゃなくて、プロファイリングじたいがまだ目新しかった時代の、パイオニアとしての苦労というか記事中にもあるようなプロファイリングチームの創設と成長なんかも描かれているなら目新しく面白そうだと思います。

ところで今日たまたま職場で「え?私に呼ばれた?」と思うような本を手にする機会がありました。『犯罪心理学ビキナーズガイド』
クリミナルサイコロジービギナーズガイドというタイトル。これってまさしくプロファイリングに関する学問だよね?とページを繰ると「犯罪心理学者って毎日何をしていると思いますか?」という前書きから始まっていました。

「プロファイリングをしていると思うかもしれません。『羊たちの沈黙』の主人公クラリスのように刑務所にいる犯罪者と会話し重犯罪の心に迫ろうとしていると思うかもしれません。」と続いていました。面白いなと思って読み進めていくと結局何をしているかといえばもっと多様で、警察官の捜査を助けたり、被疑者や目撃者の面接のアドバイスをしたり、裁判で専門家証人として証言したり、犯罪を犯した人の矯正に携わったり、犯罪心理学の研究をしたり、大学で教えたり。。。。ということでした。
学問としての犯罪心理学者の話のようでした。たるかったのでそれ以上はみませんでしたが。。。ドラマのほうはどちらかというと学問というより現場寄り警察寄りの人の話みたいですがもちろんプロファイラーだからそういうスキルもあるのでしょうね。ナムギルがやってくれたらかっこいいな~。

それで私、ちょっと思い出したことがあったんですけど、犯罪心理学の先生のギルペンがいましたよね(笑)
参考当ブログこちら
監修なり何なりかってでられたらいかがでしょうか。ナムギル出演確定を一番待ち望んでいたりして(笑)

そしてそして、女優の話題も出てましたよね。元記事こちら

キム·ソジン「悪の心を」キム·ナムギルに続き合流するか「提案を受けて検討中」



プロファイラークォン·イルヨン教授を扱ったSBS『悪の心を読む者たち』にキム·ソジンが合流する予定だ。 最近、正式にラブコールを受けた後、出演について話し合っている。

4日午後OSEN取材結果、俳優キム·ソジンはSBS新ドラマ『悪の心を読む者たち』の台本を受け、出演を肯定的に検討中だ。

SBSの新しいドラマ『悪の心を読む者たち』は韓国初のプロファイラー連続殺人追跡機を描いた作品だ。 連続殺人犯を扱った話ではなく、連続殺人犯を「追う」人々の話が描かれている。


キムソジンは、劇中でソウル警察庁機動捜査隊のユン·テグチーム長役を提案された。 男刑事たちは、あっち行けと言う能力者であると同時に強力係の伝説で通っている。 チームの柱として多血質が横行する警察庁では、常に中心を失わず、事件と人を見つめる。 主人公のソン·ハヨンとよくぶつかるが、ハヨンの堅さを信頼する人物でもある。 参考までに、ソン·ハヨンは科学捜査系犯罪行動分析チームのプロファイラーキャラクターで、キムナムギルが演じる。

元演劇俳優のキム·ソジンは、映画『ザ·テロ·ライブ』(2013)でハ·ジョンウの妻のイ·ジス記者として注目を集め、チョン·ウソン、チョ·インソン主演の『ザ·キング』(2017)で不正を暴くアン·ヒヨン検事として熱演し、大きな注目を集めた。 また、ハン·ジェリム監督の新作であり、ソン·ガンホ、イ·ビョンホン、チョン·ドヨン主演の『非常宣言』にも出演し、公開を控えている。

『悪の心を読む者たち』は、クォン·イルヨン教授とコナム作家が書いた同名の原作をもとに制作される予定で、スタジオSで制作を担当した。 ドラマの台本はソルイナ作家が執筆する。




記事中「非常宣言」とあるけれど、ナムギルとイムシワンくんと一緒にマッククス(麺)食べてた女優さんですよね?参考当ブログこちら
更にフィルモグラフィーをみていたら「花、香る歌」にも出てたんですね!スジちゃん演じるヒロイン チェソンのお母さんだったのか~。また共演ならご縁が続いてるな~。
上の記事ではもう「キムナムギルが演じる」となってますがそのソン·ハヨンに早くなってほしいです。

Comments 2

ベリル

MINA様こんばんは、いつもブログを読ませていただき、ありがとうございます。
沈着冷静なプロファイラー役をナムギルさんに是非やっていただきたいですね。
共演者も気にかかるところです。キムソジンさんの情報をありがとうございました。気づかなかったのですが、「契約結婚」でヒロインの友達役をやっていた方だったのですね。シングルマザーの友達を心身共に何くれとなく助けるサバサバしたおばさんタイプの役を上手にこなしていらっしゃって、気になっていた女優さんでした。ナムギルさんと「非常宣言」で共演され、マッククスも一緒に食べに行かれるほど親しくされているのですね。今回のドラマでの共演も決まると嬉しいです。

MINA
MINA
Re: 『悪の心を読む者たち』について

ベリルさん

こんばんは〜コメントありがとうございます♪

プロファイラーはナムギルさんにお似合いの役どころですね。ちょっとだけ昔のお話しなのでファッションもそんな感じなのかとか、すっかり妄想だけが先行中です(^^)

キムソジンさん「結婚契約」にも出ていたんですね。イソジンさんのですよね、まだみれていないのですがいづれみてみたいです。

印象的だった俳優さんが次にみた作品でも出ていてそれが全く別人のような役どころで驚かされる事は韓国俳優さんあるあるですね!

私はNetflixルーティンが無くなったのでいつも色々貸してくれるイジュンギペンのいとこから今「悪の花」をかりてみてるんですが、「ヴィンチェンツォ」のチプラギの事務長さんとヴィンの協力者の社長さんがそれぞれ真逆の役で出ていてびっくりです!
(あ、あと「愛の不時着」のセリのダメ兄さんも。)

順番から言ったらヴィンチェンツォより「悪の花」のほうが先なんですけど、どちらが先でも両方みた人は感心しちゃうんじゃないかと思うぐらいの変わりようです。
こういう上手な俳優さんみるとなんか嬉しくなっちゃいます。

  • 2021/05/09 (Sun) 22:46
  • REPLY