fc2ブログ
Welcome to my blog

4話 「悪の心を読む者たち」

次々と発生する事件に対峙していく人たち。
あれほど大変な赤帽子の事件が終わるともう次の事件。被害者哀悼の気持ちをもちながらも感傷に浸る間もなく新しい事件が発生。現実はこんな感じなんだろうなっていうリアリティがあります。

昨日は21時からの再放送枠がこれまでのダイジェストになっていて、ところどころでクォンイルヨン教授の解説やキーワードのテロップも入り、ますます力の入るSBSでした。


4話のあらすじこちらからお借りしました。

以下ネタバレご注意下さい




キム·ナムギル、チン·ソンギュ、ソジン、バラバラ殺人事件の真犯人検挙 [総合]




「悪の心を読む者たち」が4回連続で自己最高記録を更新し、2049視聴率1位を記録した。

22日に放送されたSBS金土ドラマ『悪の心を読む者たち』第4回は全国基準視聴率8.2%、首都圏基準視聴率8.6%で4回連続最高記録を更新した。 瞬間最高視聴率は10.7%まで上昇し、二桁を軽く突破した。 何より広告主たちの主要指標である2049視聴率が5%を突破、土曜ミニシリーズ全体1位を占めた。 毎回記録更新中の「悪の心を読む者たち」の無限上昇傾向が注目される。 (ニールセンコリア)

『悪の心を読む者たち』第4回では彰義洞事件(5歳女児バラバラ殺人事件)の真犯人の正体が公開された。 犯罪行動分析チームのソン·ハヨン(キムナムギル扮)とクク·ヨンス(チン·ソンギュ扮)は、プロファイリング技法で容疑者を特定した。 これを手がかりに、機動捜査隊のユン·テグ(キムソジン扮)は、彰義洞事件の真犯人チョ·ヒョンギル(ウ·ジョングク扮)を検挙した。

チョ·ヒョンギルの根拠地コンテナを探し出したソン·ハヨンは、ユン·テグと一緒にドアを開けて入った。 チョ·ヒョンギルはなかったが、きれいに整頓された室内、特定の冷蔵庫などを通じてチョ·ヒョンシルが真犯人であることが明確に分かった。 このため、犯罪行動分析チーム、機動捜査隊など多くの警察が集まり、まだ発見されていない被害者5歳の女児遺体の一部を探し始めた。 コンテナの周辺はもとより、下水道まで探したが、指2本だけは見つからなかった。

翌日コンテナで見つけた指紋分析結果が出た。 しかし、不思議なことに二つの指紋がなかった。 これに対し、ソン·ハヨンはチョ·ヒョンギルに二つの指が無いだろうと推測した。 そんな中、機動捜査隊のユン·テグ、ナム·イルヨン(チョン·スンウォン扮)は聞き込みでチョ·ヒョンギルをぎりぎりまで追跡した。 その結果、ユン·テグとナム·イルヨンは激しいもみ合いの末、チョ·ヒョンギルを検挙した。 ソン·ハヨンの予想通り、チョ·ヒョンギルは指が2本なかった。



チョ·ヒョンギル検挙後に明らかになった真実は、「醜くて悲しかった。 チョ·ヒョンギルは単に自分の目についただけで被害児童を拉致した。 ユン·テグはチョ·ヒョンギルを調査する間、怒りを堪えることができなかった。 ユン·テグが取り調べを終えた後、犯罪行動分析チームのソン·ハヨンとクク·ヨンスがチョ·ヒョンギルを対面した。 チョ·ヒョンギルは申し訳ないと言ったが、誰に申し訳ないのか特定できなかった。 被害児童の指2本は発見されなかった。 チョ·ヒョンギル2本の指がないように。 こんな恐ろしい'悪'チョ·ヒョンギルと向き合うことは皆にとって大変なことだった。

特にククヨンスが苦痛を感じた。 死亡した被害児童の名前が自分の娘と同じだったのだ。 チョ·ヒョンギルが検挙され、事件は終了したが、皆の心はすっきりしなかった。 犯罪行動分析チーム3人のソン·ハヨン、クク·ヨンス、チョン·ウジュ(リョウン)は一緒に杯を傾けた。 クク·ヨンスの苦い愚痴が続く中、ソン·ハヨンは独り席を立った。 そして、彼は菊の花を買って静かに被害児童の家の前に置いてきた。 自分なりのやり方で被害者家族を慰めたのだ。 家に帰ってきたソン·ハヨンは、一人涙を流しながらやっとの思いで眠りについた。

この日の放送はソン·ハヨン、クク·ヨンス、ユン·テグ、ペク·ジュンシク(イ·デヨン)、ホ·ギルピョ(キム·ウォンヘ)、ナム·イルヨン、チョン·ウジュなど多くの人物を通じて'悪'を追う人々がどれほど凄絶で切実な気持ちでぶつかるのかを、彼らがどんな恐ろしい状況に耐え、どんな苦痛に耐えているのかを深く見せてくれた。 彼らのこのような熾烈な人生があったからこそ、今の私たちの人生があるということを考えさせられた60分だった。

一方、同日放送末にもう一つの犯罪事件が予告され、緊張感を高めた。 正体不明の男がククヨンスの警察公務員証を拾得し、自分の写真で偽造したもの。 彼は深夜、一人で歩く女性の後を追った。 女性が不安に思うと、偽造した警察公務員証を見せながら安心させることも。 プロファイリング技法を活用した初の事件を締めくくった「犯罪行動分析チーム」がまたどのような活躍を見せるか、注目される。

一方、SBSの金·土ドラマ『悪の心を読む者たち』は毎週金·土曜日午後10時に放送される。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ホテルの現場検証で、ユンテグチーム長にホテルの女主人が「お嬢さん」と呼び掛けるのをハヨンが「お嬢さんじゃなくて」と、役職で呼ぶようにうながしたところが良かったです。ハヨンってそういう人なんですね。
これはユンテグは嬉しかっただろうしさらにハヨンに心開いていくと思うわ。。。

性別で差別しない、旧態依然とした警察じゃない考えのハヨン。
そして、ところどころで細やかな優しさを感じさせるシーンもあって良かったです。
猫のシーンで「動物は喋れないから~」っていう台詞があったけど同じような事をナムギルさんがファンミで言ってたことありましたね。

ハヨンさんが黒板に書く文字が綺麗でよかった。ナムギルさん字がきれいですもんね。
これが丸文字じゃダメだわ。Kポの若い男子とかでもたまに丸文字いらっしゃいますけど。。。
(それはそれで可愛いけど)


凄惨な事件に数多く接して、現場の刑事達はもっとドライかと思っていたのですが、犯人と対面して怒りを抑えられないほど激昂したり、やるせなく泥酔したり、涙を流しながら床についたり。。。
「悪の心~」の登場人物達は、そんな姿をみせてくれます。同じ人間ですものね。

また新たな事件が起こりかかっていてドキドキします。来週も楽しみです。