fc2ブログ
Welcome to my blog

この聖堂は!

元記事こちら

聖堂内のキム·ナムギルを捕捉し演技力爆発




SBS金土ドラマ『悪の心を読む者たち』(脚本:ソル·イナム演出:パク·ボラム)、キム·ナムギルの演技力が期待を集めている。

『悪の心を読む者たち』は韓国型プロファイリングの胎動を描いた犯罪心理捜査劇だ。 先月29日、「パート1」を締めくくり、00年代のサイコパス殺人鬼2人の登場を予告し、衝撃を与えた。特別なキャラクターをより特別に仕上げたのは俳優たちの演技力だ。 その中でも、劇中で大韓民国初のプロファイラー、ソン·ハヨン(キムナムギル)役を演じた金ナムギルの繊細な演技は、劇の没入度を垂直上昇させた。

このうち23日に『悪の心を読む者たち』の制作陣がパート2放送を2日後に控え、人間的苦悩に捕らわれたソン·ハヨンの姿を公開し、注目を集める。

公開された写真の中のソン·ハヨンは、誰もいない聖堂の中に一人で座っている。 垂れた肩と頭を通じてソン·ハヨンがどんな苦痛に耐えているのかそのまま感じられる。 また、まるで神に祈るように切実に十字架を眺めるソン·ハヨンの目つきが印象的だ。 「最初」の道を歩む人々に伴う苦悩と犠牲の大きさがどれだけ大きいかをはっきりと見せてくれるからだ。 これと共に姿勢、表情、目つき、表情でこの複雑な感情をすべて表現したキムナムギルの表現力に感嘆を誘う。

ソン·ハヨンは、悪を追い払うために自ら悪の心の中に入った人物だ。 自分が犯した殺人すら被害者のせいにする極悪非道な悪魔たちと向き合いながら、ソン·ハヨンが感じた苦痛は想像すらできない。 キムナムギルはめったに表に出さないが、誰よりも痛がって動揺するソン·ハヨンの感情を深く込めている。 パート2がさらに強力な展開を予告しているだけに、キム·ナムギルの演技もより強力で重厚になるものと期待される。

これについて制作陣は「悪の心を読む者たち」というタイトルで、「パート2では連続殺人犯が登場する。 連続殺人犯、すなわち悪魔たちと大韓民国初のプロファイラー、ソン·ハヨンの心理戦はさらに白熱する。 緻密に悪の心をのぞき、一方ではそれだけ深い人間的苦悩を感じるソン·ハヨンに、これを圧倒的な演技で表現する俳優キム·ナムギルに多くの期待と応援をお願いしたい」と伝えた。

「悪の心を読む者たち」パート2は25日夜10時に始まる。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

わぁ面白い。これは熱血司祭の舞台の聖堂じゃないですか~!
ハヨンの車に十字架がついてたり自宅にもクリスチャンなんだなっていう彫像とか装飾物とかありましたがこの聖堂で撮影とはまるでファンサービス。

しかし、同じシチュエーションだからこそ絶対にヘイルとは別人に見えなくてはならない。
熱血司祭を匂わせ?ながらも笑ヘイル臭は消すという荒技笑ナムギルさんならできたでしょう。

実際のユヨンチョルは最初はクリスチャンだったが信じても祈っても報われなくて、逆に反宗教的になったという面もあるらしいです。
ドラマの犯行現場でも部屋の十字架だかなんか燃やしてありましたよね。
教会でハヨンがそんな事から、何かひらめくのかな?


そういえば、GYAO! で熱血司祭の無料配信が始まってますね。思わずみちゃいました。DISCも持っているからいつでもみれるのになぜかみちゃうな。

4話冒頭でヘイルが「怒る時は怒らなければならない」と言ってイ神父と意見を異にしお互い声を荒げるシーンがありますが、最終話まで見てからこのシーンみるとぐっときますね。あとにつながってくるすごい大事なシーンだと。。。

怒りというものを出さないし信者も選ばず、じっと待っているイ神父があの別荘で初めて激昂した理由が彼の大事な人たちの身の安全をおびやかされそうになったからで、その事で命を落とすことになってしまったのも悲しい。

イ神父はヘイルに「憎しみといたみを捨て人を救うのがお前の仕事だ」と言ってます。その時はヘイルはそう思っていないのですが、最後はそんな神父さんになれて自分をも救えたんだな(/ _ ; )

笑いや爽快感もありながら感動も気づきもあって深いです。やっぱり良いドラマでしたよね。

なんか熱血司祭に脱線してしまいましたが「悪の心~」聖堂シーンが楽しみです。