fc2ブログ
Welcome to my blog

ありがとうコスモポリタンコリア

「非常宣言」封切り日も迫ってきましたがコスモポリタン(コリア)8月号にインタビューが掲載されてるようです。

最近、何かと淋しい気持ちの(日本の)ナムギルファンのテンションも爆上がりなグラビアとインタビュー内容ですね。

ファッション誌のお写真はおしゃれで、ハイブランドの最新ファッションを身にまとったいつもとはまた違うテイストのナムギルさんがみられるので好きです。ちょっとしたサービスカット(?)もありでこれ買わないといけないんじゃ??


インスタ


cosmopolitankorea
「7~8万ウォンのビデオゲームを買う時、すごく悩みます。 それから人々に食事をおごる時は大変ですよね。」映画<#非常宣言>の副機長「ヒョンス」でまもなくスクリーンで会う宇宙最強俳優#キム·ナムギルの画報と率直な話術を<コスモポリタン>ウェブサイトと8月号で確認してください。✈️

FeatureEditorキム·イェリン
Photographerカン·ヘウォン


ウェブのほうはこちら

ウェブの自動ページ翻訳はこちら


毎度毎度、ナムギルさんの言葉には共感と納得しかない。あぁやっぱりこの人は特別な人だと再確認したしだい。。。

個人的に印象に残った事と好きな受け答えなど、とりとめないですが。。。

肩がずっと不調なんですね。何年か前に、肩になんかすごい器具というかサポーターというか、装着してたのは記憶にあったのですが、手術してたんだねぇ。心配。

MBTIはどうなりますか?という質問にENFJと答えてますね。
16タイプにわかれる性格診断ですよね。私もやったことあったけどよく自分のタイプをおぼえてますね。
ENFJは優しいリーダー、カリスマタイプだそうです。なるほどだわ~。そうだろうねって感じでした。
まだやったことない方は検索してやってみると面白いかも。
(私はINFPです)

「非常宣言」は航空機災難映画だけあって、どこの航空会社も非協力的だったがtwayだけが協力してくれたんですね。あ~、わかりました。今後、LCC何に乗ろうと迷ったらtway乗ります。ていうかLCCはtwayしか乗ったことなかった。

監督が「私が思っていたことを同じように表現してくれてよかった」と言ったそうですがナムギルさんとしては「俳優なら当然なのではないか」と思っていたとか。さすがです(笑)

「非常宣言」は同時進行でいろんな登場人物に画面が切り替わって話が進んでいくスタイルなのかな?
他ジャンルの時より消極的に表現したそうです。
でも引くばっかりじゃなくてリードしなくてはならない場面もあってバランスに注意したんですね。
演技理論みたいなお話も興味深かった。主人公は助演と作品を引き立たせる役割で、どんな作品でも観客が主人公の感情によくついてくるように構成が組まれているが、助演は合間に出て劇に反転要素を与えたり緊張感を形成する。そういう時に主人公が欲張れば害になる。ということですね。主人公が一人主役じゃないし、要らない役割はないとかいいますけど、感情的なことじゃなくてこういう理論に基づいてるんですね。もっと教えてナムギル先生。

演技に対する情熱や目標は演劇舞台をしていた若いころと同じという話しが良かった。
「有名でないとき作品が10個入って、有名になってから100個入っても、私がする作品は結局一つ。良い作品は決まっているからいつも良い作品で良いキャラクターをするのが夢。最初から自分が決まっていて企画される作品もあるが、依然としてほかの俳優たちと競争して自分自身を立証しなければならない瞬間も来る。」

良いと思う作品はみんな一緒だしみんながやりたいですもんね。熾烈な世界に生きてるのね。。。でも自分自身を立証して役をかちとっていける男ですから。

児童養護施設に入っている子が18歳になったら施設を出なくてはならず、そういう子たちのために暮らしの目途がつくまで建物を用意してあげたいとは、前から仰ってましたよね。今回はもうちょっと具体的な、話を。偶然かなり良い建物を見たとのこと。
気持ちが変わるかもしれないし、わからないし、国の制度が整備されてそのようなことをする必要がなくなるかもしれないとも。
そうだよね~私も前からそれは国がやることだよね、ってそれをナムギルさんがやらないといけないの?って薄々思ってだんだけど、それは重々承知だったのね。今困ってる子がいるからやらないといけないって思ったのね。

ナムギルさんが思う良い作品や役割の基準について。
未来を保証される作品であったり、作家主義的なシナリオが好きだったり、大衆的なものがすきだったり、という過程を経て今は、作家主義と大衆性が半々あるようなものだそうです。過度な欲と仰るように、なかなかそういうのが無いんですよね。
作家主義って文芸的、芸術的って感じかな、そういうのと娯楽性もあるような、っていうのですよね。わかります。
サナイピクチャーズのハンジェドク代表もそのあたりで悩んでいるって言ってましたよね。

「良い作品は時間が経てば経つほど香りが濃くなるものだ」という話をドヨン姉さんとよくするそうです。
「それでも数字というのは観客と疎通する指標じゃないですか」、と。いやほんとそう。いいこというわ。理想ばかり語らないで現実もちゃんとみれるナムギルさんが素敵です。

NGO活動について、「社会貢献活動というのも実は大げさで、ただ私の関心ごとなんです。もっと良い環境で人々が自分の夢を育ててほしい。これが与えるものだと思ったらNGO活動なんてしてませんよね」と仰っています。
当たり前ながら聖人君子ぶらないナムギルさん。こういうことが自然体でできる産まれながらの紳士といいますか、人に対する共感能力と愛でいっぱいの大きな方です。
好きにならずにいられないですよね。最後に素敵なお写真たちを共有させて頂きます。ファンの皆様がたもナムギルさんの内面と外面の魅力にしっぽりと包まれていることと思います。