fc2ブログ
Welcome to my blog

SBS演技大賞 大賞受賞②

SBS演技大賞のいろいろ
Youtubeより共有させて頂きます

レッドカーペット




CM前のアイキャッチ Youtubeより共有させて頂きます

「2022年演技大賞 60秒後に君の心を読みに戻ってくるよ」

これ、かっこいい音楽をBGMにして一言、「チャンネルはそのまま」的な
CM前のアイキャッチを人気のある方に、ということでMCが指名してたんですよね。
一応独身二枚目枠で選ばれたナムギルさん。
前の二人の俳優さんたちがすごい上手で、かっこよくキメてたんですよね。
イジュンギくんなんて手慣れた感じで時間ぴったりに。
ナムギルも次、振られると思ったので、何か考えているのかな?と身内感覚で
はらはらしていたんですけど。。。ちゃんと作品名を盛り込んだこんな感じでした。
恥ずかしそうな若干困った眼してるよね、指名されたとき(笑)

その他のナムギルさんフォーカスのカット詰め合わせ 同じ方のYoutubeより
おかりします。



特に微笑ましかったのが、プレゼンターでイソンギュンさんが登場してきたときの
リアクションですかね。(50秒ぐらいのところ)
イソンギュンさんはSBSで今年、新しくドラマされるんですね。
プレゼンター登場を知らなかったのかな、ナムギルさんは。
そんなリアクションでした。

授賞式の歌のゲストでJYP代表のJ.Y.Park氏が登場したとき、ある曲で
男子若手俳優さんたちが着席のまま、突然歌いだす形でショーに加わって
いったんですがけっこう練習したっぽいダンスで。。。
こんなこともできないといけないんだねぇ。リョウン君あまり得意そうじゃ
なかったな。純然たる俳優さんなんですね。(立派な俳優でも踊れる方おおいけどね)

ナムギルさんは終始にこやかに楽しんでいて、最後にあの受賞、
良い1年の締めくくりをされたと思います。


授賞式後、帰路の車中からインスタライブがありましたよね。通知が来てすぐみてみたんですが
最後の方しかみれませんでしたが
お疲れの中にも満ちたりた穏やかな表情にみえました。



ナムギルさんインスタより


最後に良かった芸能記事を共有させて頂きます。
元記事こちら

視聴者の心を読むキム·ナムギル、ふさわしい演技大賞


2022 SBS演技大賞
資格が十分だった。 視聴者の心を読むキム·ナムギルがSBS演技大賞大賞の主人公になった。

2022 SBS演技大賞は地上波放送局3社の演技大賞の中で最も激しかった。 2022年の1年間、多くのヒット作が放映され、多くの俳優たちが熱演した。 こうした中で、「悪の心を読む者たち」のキム·ナムギルが12月31日に行われた2022SBS演技大賞で激しい競合の末に大賞受賞者に呼ばれた。ナムグン·ミンなど錚々たるライバルたちを後にして舞台に上がってトロフィーを受け取ったキム·ナムギルは「年明けに放送したので、実は期待を少しもしなかった。 素材が難しくもあり、大衆的な部分が不足している。 それでたくさん迷った。 忘れずに最後まで愛してくださった視聴者の方々に感謝する。 実際、このドラマは感謝すべき方々が多い。 被害者とその家族のことだけを考えた。 俳優たちは言うまでもなく最高だった。 本質的な悩みをさせてくれた監督、作家さんありがとう。 原作が思い出せない良い文を書いてくれて感謝している」と話した。

続けて「『悪の心を読む者たち』が完成できたのは凶悪犯を演じてくれた俳優たちがいたためだ。 悪役を演じるのは容易ではない。 凶悪犯を演じるのは容易ではない。 俳優という名前で迷わず選択し、最高の演技を披露した。 その俳優たちを見て「演技は有名にするものではない。 韓国には良い俳優が多い。 演技はいつも謙虚でなければならないと思った」と明らかにした。

また「途方もない叙事があるという理由で殺人の言い訳と合理化を防止しようと言ってくれたクォン·イルヨン教授。 トラウマで大変そうなのに現場で良い助言をしてくれてありがとう。「生命と安全のために努めてくれた警察の方々と、悪の心を読むために努力してくれたプロファイラーの方々にこの賞を捧げる」と付け加えた。


2022 SBS演技大賞

キム·ナムギルの感想のように、「悪の心を読む者たち」は今年1月から3月まで放送されたドラマだ。 それでもドラマがプレゼントした余韻は年末まで続いた。 ドラマの作品性は話題になり好評を博し、ドラマのメッセージは忘れられず、視聴者の心を動かした。

特に、キムナムギルの熱演は、ドラマの作品性とメッセージに強烈な傍点をつけた。 感情を表せない高難度のキャラクターを彼らしく表現した。 感情を表に出さなかったが、視聴者にはむしろより大きな感情の波紋を起こした。 キムナムギルの実力、キムナムギルの努力で完成した結果だった。

結局やり遂げた分、軽くないトロフィーで報われた。 胸に抱いて当然の大賞だった。

キム·ナムギルは12月30日からティービングオリジナルシリーズ「アイランド」で視聴者に会っている。 「悪の心を読む者たち」とは違うファンタジーアクションドラマに挑戦した。 「悪の心を読む者たち」では感情のないキャラクターを演じたとすれば、「アイランド」では特別な叙事を持ったキャラクターを引き受けた。 2022年がそうだったように、2023年もキム·ナムギルの年にできるか期待を集めている。