fc2ブログ
Welcome to my blog

「アイランド」Asian Academy Creative Awards最終候補に

元記事こちら



ゼベワンを生んだ「ボーイズプラネット」→キム·ナムギルハードキャリー「アイランド」..AACA本賞最終候補



[OSEN=パク·ソヨン記者] CJ ENMドラマおよび芸能コンテンツが今年、AACA候補に大挙選ばれ、グローバル製作競争力を認められた。

CJ ENMはドラマ<アイランド>、<放課後戦争活動>、芸能番組<2億9千:結婚戦争>、音楽番組<ボーイズプラネット>がそれぞれ2023AACA National Winnerに選ばれ、本賞最終候補に上がったと明らかにした。

毎年12月にシンガポールで開催されるAACA(Asian Academy Creative Awards)は、年間アジアコンテンツ市場をレビューし授賞するアジア最大のコンテンツ授賞式だ。 韓国をはじめ中国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポール、インドネシア、ベトナムなどアジア·太平洋17ヶ国から出品された作品は厳格な審査を通じて国家ごとに部門別1作品まで本賞候補に上がる。 本賞の受賞結果は12月7日に予定された授賞式を通じて公開される。

CJ ENMと傘下製作会社のスタジオドラゴンは今年、ティービングオリジナル<アイランド>、<放課後戦争活動>をドラマ主要部門候補に上げる成果を上げた。 AACA2022で「二十五二十一」でドラマ作品賞(Best Drama Series)を、「私たちのブルース」で脚本賞(Best Screenplay)を、「ユミの細胞たち」で最高のOTTオリジナル賞(Best Original Production by a Streamer/OTT)を受賞し主要部門を席巻した経緯がある。




<アイランド>(演出ペ·ジョン、脚本オ·ボヒョン(キットプロジェクト)、提供ティービング、製作ワイラップフレックス、スタジオドラゴン)は最高のOTTオリジナル賞にノミネートされた。 国内だけでなくアマゾンプライムビデオを通じてグローバルにも公開された「アイランド」は美しい済州島を背景に「どこでも見たことのないファンタジーアクションドラマ」という好評を受け、Kコンテンツで初めてアマゾンプライムビデオ全世界63ヶ国TOP10に進入した経緯がある。 また、2023カンヌ国際シリーズフェスティバルの非競争部門のランデビューセクションのリストにも名を連ねた。

<放課後戦争活動>(演出ソン·ヨンイル、クリエイターイ·ナムギュ、脚本ユンス、提供ティービング、企画スタジオドラゴン、製作スタジオドラゴン·ジティスト)は特殊効果賞(Best Visual or Special FX in TV or Feature Films)候補に上がった。 「放課後戦争活動」は原作ウェブトゥーンの独創的な世界観にドラマだけのオリジナリティを強化し一層スペクタクルな「K-学園戦争物」の真髄を披露した作品で、リアルでスペクタクルな映像を通じてジャンル的快感を極大化したという評価を導いた。 特に2023年フランスのドラマシリーズ選定イベント「シリーズマニア(Series Mania)」に韓国作品の中で唯一ラブコールを受けた。

CJ ENM流の芸能の存在感も光を放った。 国内初の結婚資金2億9千ウォンをかけて繰り広げられる本当の予備夫婦の極限カップルサバイバル<2億9千:結婚戦争>(演出:イ·ウォンウン)は最高の芸能賞(Best Non-scripted)候補に上がった。 結婚を控えた予備夫婦のリアルカップルサバイバルを試み、予測不可能な叙事でユニークな面白さを与えたという評価を受けている。

第5世代新人K-POPボーイズグループのデビュープロジェクトとして企画された「ボーイズプラネット」は、最高の音楽番組(Best Music)の最終候補に名を連ねた。 K-POPで初めてデビューと同時にミリオンセラーになり、名実共に最高の話題性を見せているボーイズグループ「ZERObaseONE」を誕生させた<ボーイズプラネット>は98人のグローバル少年たちの輝く挑戦と成長を描き、グローバルファンに感動を与えた。

一方、Kコンテンツがアジア·太平洋多様な地域の数多くの作品と競争を繰り広げるAACA授賞式は今年12月7日(木)シンガポールで開催される。


⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

アジアン アカデミー クリエイティブ アワードという長い名称の授賞式
今まであまり意識した事がなかった気がします。
「アイランド」が最終候補に選ばれたんですね。

最終的にはどうなるかわかりませんが候補に名前があがっただけでもすごい気がします。

バンの登場シーンが毎度毎度カッコよくて初見の時には毎回拍手していた私。。。
今思えばある意味、無邪気に楽しめた作品でした😊

12月はまだ先のような、すぐやってきそうな。年々1年がはやく過ぎる気がしています。

Comments 0