fc2ブログ
Welcome to my blog

星になったピョルバムーピョルバムが教えてくれたことー


ピョルパムが本当の星になったんですね。。。
最後の便りを共有させて頂きます。


ギルストーリーNGOインスタより



gilstory_ngo
こんにちは.
文化芸術NGOギルストーリーです。

星夜 消息を伝えます。

2022年8月、忠清南道扶余の廃畜舎で動物自由連帯を通じて救助された「星夜」が私たちのそばを離れて遠い旅に上がりました。 ビョルバムが救助された後、済州で病気の体を回復していく姿を見て応援と愛情を送ってくださった多くの方々にビョルバムの最後の便りを伝えます。

12月16日、ビョルパムを委託保護しているコッチャワル馬救助保護センターから連絡が来ました。 ビョルパムが昨夜亡くなったというニュースでした。

昨夜、ピョルパムに突然お腹の痛みが訪れたようで、後口麻痺を患っていたピョルバムがお腹の痛みを乗り越えられず、席から立ち上がれないまま息を引き取ったようだという話でした。 コッチャワル馬救助保護センターと動物自由連帯では翌日、ビョルバムのために小さな葬儀を行ってくれました。

救助された後、ビョルバムはコッチャワルで四季を過ごし、怪我をした体を回復し、新しい群れの生活を始めました。 痩せていた体もまた肉がつき、腫れていた足もだんだん元の姿を取り戻していきました。 20年近く人々のそばで、競馬場や乗馬施設などで汗を流して捨てられていたピョルバムは、済州で約1年半を自然と群れの中で過ごして去っていきました。 長くない時間でしたが、ビョルバムにとっては一番ビョルバムらしい人生で満たされた時間だったことを願います。

ビョルバムを通じて私たちは捨てられた競走馬たちの話と治療と世話が必要な動物たちに向き合うことができました。 ビョルバムを通じて「馬の友達」になってくださったすべての方々に感謝を伝えます。

ピョルバムと一緒に志願していたチュンジャは元気に済州の冬を過ごしています。 ギルストーリーはチュンジャと一緒に馬の友達キャンペーンを続け、動物権認識拡散のために努力します。

ありがとうございます。


~・~・~・~・~・~・~・~・~

ピョルパムがギルストーリーNGOに助けられて、チェジュ島のホースサンクチュアリで過ごしたのは1年半という短い間ではありましたが、四季も経験して群れの中で馬らしい暮らしができて最後は幸せでしたよね?そう信じたいです。


僅かながらの支援と外国から動画などをみていただけの私でも悲しいですが先頭切って活動し直接何度も足を運んでピョルパムの脈打つ首を撫で身体の温かさを感じながらブラッシングして優しい瞳を覗き込み話しかけていたナムギルさんの悲しみはいかばかりか。。。


ピョルパムを通じて知りました。
命をモノのように扱って捨てる利己的な人間が後をたたない事を。どこの国にもいるそんな人間。。。
その犠牲になる、もの言えぬ者たちが少しでも減っていきますように。

動物の命は人間より軽いのか、と問われたら正直考えてしまう自分がいます。身近なところで考えたら昔飼ってたペットのウサギと娘や息子の命が同じ重さだとは言い難い自分がいます。
しかしそいういう考えの延長線上に、動物を道具扱いする人間がいるのかもしれない。
いろいろ考えさせられます。








YB 나의 외로움이 널 부를 때
(僕の寂しさが君を呼ぶとき)



나의 외로움이 널 부를 때
僕の寂しさが君を呼ぶとき
ノル ウィハン ナエ マウミ
널 위한 나의 마음이
君のための僕の心が
イジェヌン チョグムッシク
이제는 조금씩
今は少しずつ
シゴカゴ イッソ
식어가고 있어
冷えつつあるよ

ハジマン イッチ アナッチ
하지만 잊진 않았지
だけど忘れはしないよ
スマヌン キョウルドゥル
수많은 겨울들
たくさんの冬たち
ナルル カムッサ アントン
나를 감싸 안던
僕を抱いていた
ノエ ソヌル
너의 손을
君の手を

ソヌラン パラミ
서늘한 바람이
涼しい風が
プロオル ッテッチュメン
불어올 때쯤엔
吹いて来る頃には
ットタシ サラナ
또다시 살아나
また再び生き返って

クヌルジン ノエ オルグリ
그늘진 너의 얼굴이
陰った君の顔が
タシ ネゲ
다시 내게
二度と僕に
トラオル ス オムヌン ゴル
돌아올 수 없는 걸
戻れないってことを
アルゴ イッチマン
알고 있지만
分かっているけど

カックムッシク オヌル ガトゥン ナル
가끔씩 오늘 같은 날
時々今日のような日
ウェロウミ ノル プルル ッテン
외로움이 널 부를 땐
寂しさが君を呼ぶときは
ネ マウムソゲ
내 마음속에
僕の心の中に
チョヨンヒ チャジャワジョ
조용히 찾아와줘
静かに訪ねてきて


ノル ウィハン ナエ キオギ
널 위한 나의 기억이
君のための僕の記憶が
イジェヌン チョグムッシク
이제는 조금씩
今は少しずつ
チウォジゴ イッソ
지워지고 있어
消されている

ハジマン イッチン アナッチ
하지만 잊진 않았지
だけど忘れはしないよ
ヒムギョウン オジェドゥル
힘겨운 어제들
辛い昨日たち
ナルル チキョジュドン ノエ カスム
나를 지켜주던 너의 가슴
僕を守ってくれた君の胸

イロケ ネ マミ
이렇게 내 맘이
こうして僕の心が
ソグルポジル ッテミョン
서글퍼질 때면
悲しくなるときは
ットダシ サラナ
또다시 살아나
また再び生き返って

クヌルジン ノエ オルグリ
그늘진 너의 얼굴이
陰った君の顔が
タシ ネゲ
다시 내게
二度と僕に
トラオル ス オムヌン ゴル
돌아올 수 없는 걸
戻れないってことを
アルゴ イッチマン
알고 있지만
分かっているけど

カックムッシク オヌル ガトゥン ナル
가끔씩 오늘 같은 날
時々今日のような日
ウェロウミ ノル プルル ッテン
외로움이 널 부를 땐
寂しさが君を呼ぶときは
ネ マウムソゲ
내 마음속에
僕の心の中に
チョヨンヒ チャジャワジョ
조용히 찾아와줘
静かに訪ねてきて


~・~・~・~・~・~・~・~・~

クリスマス前にその名前のように星になったピョルパム(星夜)安らかに。。。









Comments 0