fc2ブログ
Welcome to my blog

熱血司祭2はパクボラム監督に


明けましておめでとうございます🎍
本年も宜しくお願い致します


おめでとうございますとは言ったものの、年明けからいろいろ大変なことが起こっていますね。まずは能登半島地震ですがまだ不安の中にいらっしゃる方々が1日も早く落ち着けますように。そしてお亡くなりになられた方々、又、羽田の事故で亡くなられた海保の方々のご冥福をお祈りします🙏

年末からいろいろあって心が晴れない感じですがそんな中、少し嬉しいニュースを見ました。


元記事こちら

長いので熱血司祭以下割愛

[2024年何を見ようかな] キム·ナムギルの「熱血司祭2」から チャ·ウヌの「ワンダフルワールド」まで···地上波·ケーブル
[マックスムービー=チョヒョンジュ記者]

2024年、視聴者を訪れるドラマは規模を拡大し、ジャンルを拡大した。 人気シリーズの続編も待機中だ。

SBSは最高ヒット作である「熱血司祭」シーズン2を今年公開する予定だ。 昨年「恋人」で上昇の勢いに乗ったMBCは、お茶の間劇場の視聴率保証小切手であるイ·ハニ、キム·ナムジュ、ハン·ソッキュなどを前面に押し出した。 昨年SBS演技大賞の主役、イ·ジェフンとキム·テリも空白なく早く新しいドラマで視聴者を出す。

SBS、KBS、MBC、JTBC、tvNが披露すると予告した期待作を見てみた。


「財閥X刑事」のアン·ボヒョン(左)とパク·ジヒョン。 写真提供=SBS
[ SBS ]

● 財閥X刑事

· 演出:キム·ジェホン

· 脚本:キム·バダ

· 出演:アン·ボヒョン、パク·ジヒョン、クァク·シヤン、カン·サンジュン 他

· 公開:1月26日

· ストーリー:世間知らずの財閥3世のチン·ジス(アン·ボヒョン)が強力チームの刑事になってから起こる物語

· Tip:ネットフリックスオリジナルシリーズ「マイネーム」のキム·バダ作家が脚本を、「悪の心を読む者たち」「悪鬼」を共同演出したキム·ジェホンPDが演出を担当した。 遊ぶのが一番良い世間知らず財閥3世が警察になる新鮮な設定で、劇中のアン·ボヒョンはものすごい財力と全方位に伸びた人脈を事件解決に総動員し、ユニークな面白さを与える予定だ。



「強力ではないが、魅力的な強力班」の主演陣。 金ドンウク(左から)、朴ジファン、ソ·ヒョヌ、朴セワン、李スンウ。 写真提供=各所属事務所
写真提供=各所属事務所
● 強力ではないが魅力的な強力班

· 演出:アン·ジョンヨン

· 脚本:イ·ヨンチョル、イ·グァンジェ

· 出演:キム·ドンウク、パク·ジファン、ソ·ヒョヌ、パク·セワン、イ·スンウ 他

· ストーリー:全国最下位の強力班と最高のエリート強力班長が出会い、最強の'ワンチーム'に生まれ変わる過程を描く内容

· Tip:「新郎新婦」キム·ドンウクがコメディジャンルに戻ってくる。 コメディ挑戦はドラマ「特別勤労監督官チョ·ジャンプン」以後5年ぶりだ。 「ハイキック」シリーズを執筆したイ·ヨンチョル作家と「じゃがいも星」を執筆したイ·グァンジェ作家の脚本を書いて滑稽なキャラクターを予告している。 「ラケット少年団」を共同演出したアン·ジョンヨンPDが演出を担当した。



「熱血司祭」キム·ヘイル神父が再びお茶の間劇場を訪れる。 写真提供=SBS
● 熱血司祭シーズン2

· 演出:パク·ボラム

· 脚本:パク·ジェボム

· 出演:キム·ナムギル他

· ストーリー:多血質カトリック司祭キム·ヘイル(キム·ナムギル)とお間抜け刑事ク·デヨン(キム·ソンギュン)がある殺人事件で出会い共助捜査を始める「熱血司祭」シーズン1で続く話

· Tip:2019年に放送され最高22.0%の視聴率を記録した「熱血司祭」後続編で、キム·ナムギルは昨年SBS演技大賞で「来年キム·ヘイル神父に会えるよう最善を尽くす」と話した。 キム·ナムギルは悪を打ち破る司祭ヒーローを誕生させた「熱血司祭」で、その年SBS演技大賞で大賞の栄誉に輝いた。

~・~・~・~・~・~・~・~・~

この記事がとても長いのですがそれだけ各局、話題作があるということで華やかなラインナップです。
ナムギルの共演者関連ではイハニさんの時代劇「夜咲く花」 (ハニさんも忙しいですね)

チャウヌ君の「ワンダフルワールド」(スリラーだそうです)

などもあがってました。


熱血司祭ですがイミョンウ監督が2では携わらないと聞きガッカリしてたのですがパクボラム監督ということで嬉しくなりました。

熱血司祭で助監督だったパクボラム監督。
そのご縁で、いつか彼女が監督デビューをする時には「必ず助ける」と約束していたナムギルさん。それが「悪の心を読むものたち」でした。どうしても男職場でありがちな現場なので女性監督を応援してあげたいということがあったようで、才能ある若い方、活躍の場が狭まりがちな女性を応援したいという心意気が感じられたのですが、この作品はちゃんと評価されましたよね。

そんなパクボラム監督とのご縁。。。
助監督だったので熱血司祭の事もよくわかっていらっしゃるし、俳優のアイディアやアドリブも取り入れてくれそうなので良かったと思います。

世間の期待度が高いだけにハードルも上がってるヒット作のシーズン2。いやしかし2はまだまだ?この作家さんの「神のクイズ」とかもシーズン4までありますよね。他の作品も面白いのばかりらしいので、枯れない泉のような才能の持ち主のようです。

俳優さん達の名演技でキャラが立ちすぎてイメージ確立されてるのでど素人の私でも各キャラのその後を想像してニヤついてしまうぐらいです。プロ作家さんは面白くキャラを動かしてくれる事でしょう。
又、前回そうだったように世相を入れてくるんですよね。芸能界の闇とかに切り込んでほしいですね。やっぱりヘイル、アイドル変装潜入捜査希望。。。



Comments 0