fc2ブログ
Welcome to my blog

これはみたい韓国ドキュメンタリー映画「成功したオタク」

공한(ソンゴハン,成功した)+후(ドクフ,オタク)略して、「성덕(ソンドク)」 「成功したオタク」というタイトル

公式サイトこちら





このドキュメンタリー映画の「推し」は最近5年の刑期を終えて出所したソロのミュージシャン 罪状は「泥酔状態の女性を集団性的暴行し性行為を違法に撮影したりグループチャットに共有・流布した疑い」

いくらどんなに、推しを愛していても犯罪は無理!事実だったらすぐ冷めるし、しかも女性の敵みたいな性暴力犯罪なんて絶対無理。そう思うのが普通だと思います。ところがそう思わないペンもいるようでその辺りがどういう心理なのか興味深く話しを聞いてみたいです。

たしかに世の中、白黒だけで割り切れるなら複雑じゃないし、そうはいかないから苦悩や葛藤があったりもするんだとは思いますけど。。。
推しを好きでいた幸せな時間まで全否定で無かった事になるのかと問われたらわかりません。
推しがいる人はわかるように、推しを好きでいるオタクは、時間もお金も心もほぼ投入する勢いでそれが長かったりしたら人生にも影響が及びます。

推しを推したいのに推せない事態、推しがいる以上決して人ごとではないと思います。
それは推しが犯罪者になるならないに関わらず。

この映画、ぜひみにいきたいです。



Comments 0