FC2ブログ
力を抜くということ
ナムギル公式FCサイトgilveot
スタッフブログ(会員コンテンツ)が
更新されましたね。

韓国サイトetodayに掲載の
スターエッセイhttp://m.etoday.co.kr/view.php?idxno=1145849#cb
のわかりやすい翻訳でした。

20150617065705_656833_600_426_convert_20150619003623.jpg


前に同じような内容の
ナムギルインタビューをみて
ドヨンさんにしろナムギルにしろ
俳優達はここまで考えて演じているんだと感心したんです。

今回の「無頼漢」でドヨンさんがくれた
アドバイスは、ナムギルが悩んでた
ことにドンピシャだったようで。
それは最近頻繁に出てくる表現「力を抜いた演技」についてのこと。
それってどういう演技?そんなことがスッキリと
理解できる内容でした。

ものすごくざっくり言うと、前々から暗い人物を演じるにあたって
感じていた自分のやりすぎ感(力を入れて演技すること)が、
みている人に感情を強要することに
なるんじゃないか
という悩みがあったそうです。
無理に表現していて嘘のように思えるのが苦しかったとも。

ドヨンさんに相談したわけではないけど、察してくれて
「ちょっと来て」としてくれたアドバイスが自分の
「密陽」(シークレットサンシャイン)を撮影時の経験談。
(以下、エンタメコリアの記事よりナムギル談)
『ドヨンさんが映画『シークレット・サンシャイン』を撮影したとき、
とても大変だったとか。
子供を亡くし泣き叫ぶ演技をするのだが、どこか不自然で
わざとらしく思えて。
映画の撮影をしながら、初めて『きょうは無理そう』と言ったらしい。
そのとき、イ・チャンドン監督が『僕は君にこれくらい求め、君はそれよりもっと
うまくやらなければならないと思っているようだ。そのブランクの分だけ、
不自然でわざとらしく見えるから、もう少し力を抜かなければ』と
おっしゃったそうだ。
これくらいが本当なのに、もっとやろうとするとうそになると。』




視聴者に一つの正解を強要してしまうことも、違うと思ったナムギル。
人それぞれの感じ方があって当然という。それだけ受け手は自由なのね。

ドヨンさんエピソードで泣くシーンのことが出てきますが
これはわかりますね。。。。
役者が泣くシーンのときに、泣くために泣いてることを感じると
しらけるんですよね。。。役者が『泣こう、涙を流そう』という意識が
働いた時点でもうアウトぐらいなかんじ。
でも、善徳女王でナムギルに出会ったとき
それを感じなかったことを覚えています。そしてそれが
すごくいいなと思ったんですよね。だから、ある程度
それができていたのではないかとも思うのですが
ナムギルくんとしてはまだまだだったんでしょうか。

「無頼漢」終わってからもまだ「自分の足りない部分がみえて残念だった」と
いってますね。満足したらそこで終わりなのかもしれないし
まだまだ、演技の高みに昇りそうなナムギルくんと思ってよいのでしょうか。

力を抜く演技とは、やりすぎないこと。ドヨンさん流では
「感じた分だけ表現する」ということだそうです。

どうりでドヨンさんの泣くシーンはしみるわけだ。
「無頼漢」でもものすごく悲しそうに泣くんですよね。ラスト近くの
泣くシーンではもうもらい泣きしそうになるぐらいでした。
そういう演技もこういった裏打ちがあってこそなのね。

いろいろと考えるとこれはもう演技論みたいなことになっちゃって
素人にはわからないし、そんな勉強したこともないから
一視聴者としては、そういうことは忘れて泣いたり笑ったりしながら
ただただ作品を感じたいと思いますね。




そーいえば、渡韓前のバタバタで買うことをすっかり忘れていた
KOREAN WEVE61を今頃、購入しました。
KOREAN WEVEさんはやはりナムギル推ししてくれるんだと
思ってていいですか?笑
「キム・ナムギルすべてがわかる大百科」こんなこといわれたら
買うしかないです。これまでの軌跡がとてもよくまとまっていました。
最近、ファンになった方にはおすすめですね。
私、初めて知ったことが3つありました。
・ナムギル生誕の地の詳しい地名
・最初に入った劇団の名前
・フルートはお父さんのすすめだった笑(ネタバレすみません)
このへんはけっこうマニアックですね。

は〜それにしても、どんなインタビューみてももう
ナムギルを好きになる材料にしかならなくて。
これからも、ディープに楽しくナムギルを愛でていきたいです。
ナムギル、サランヘヨ〜







[2015/06/19 01:03] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<「無頼漢」アクションシーン裏話 | ホーム | 無頼漢ナムギルインタビュー>>
コメント
MINAさん こんばんは♪

同じよう記事でも 翻訳が分かりやすいと、コチラの理解度も上がり、助かりますよね~(苦笑)

《力を抜く演技》
にたどり着くまでは、やはり キャリアを重ねて…悩み苦しみ…紆余曲折を経て…だったのですよね。


そういえば…赤と黒の時の 演技について、どなたかの意見に(一般の方)『キム ナムギルの力の入り過ぎている感じが苦手…』とあり…ペンでありながら チョット分かる気もするなぁ~と思った事を思い出しました。(何の予備知識も無く見始めた最初の頃…作りすぎ感チョット感じました(苦笑)それが段々クセになって行くのですが…)

好きな人は、好きだけど…受け取る側は、そういうの苦手…とイウ人いますもんね…。

とにかく…役について深く考える、考えすぎるギル君が ドヨンさんとの共演で得た物は大きくて…
共演出来て 本当に良かったなぁ☆と思うばかりです♪

このインタビュー記事から…ウ~ム!と考えさせられる記事を上げるMINAさんもスゴイなぁ~(笑)

(ゝω・´★)
そして…ソウソウ♪KWさんには、絶対 ギルペンさんいらっしゃいますよね(爆)
買わなくっちゃ☆皆に、ススメなきゃ☆ですね!!
そして…やはり 彼の内面…良いですね。好きですね☆
[2015/06/20 23:01] URL | あやちゅん #- [ 編集 ]
あやちゅんさん

こんばんは〜

> 同じよう記事でも 翻訳が分かりやすいと、コチラの理解度も上がり、助かりますよね~(苦笑)

翻訳サイトだのみだとどうしても限界がありますね。いくつかの翻訳サイトと
にらめっこしてもまだわからないこととかあるともう〜ストレスです笑

> 《力を抜く演技》
> にたどり着くまでは、やはり キャリアを重ねて…悩み苦しみ…紆余曲折を経て…だったのですよね。

力を入れるより抜く方が難しそうですよね。

> そういえば…赤と黒の時の 演技について、どなたかの意見に(一般の方)『キム ナムギルの力の入り過ぎている感じが苦手…』とあり…ペンでありながら チョット分かる気もするなぁ~と思った事を思い出しました。(何の予備知識も無く見始めた最初の頃…作りすぎ感チョット感じました(苦笑)それが段々クセになって行くのですが…)

あぁ〜、たしかにちょっとわかりますね。ギランッとかキッっていうキメ顔が
あったりしますものね笑そういうところでしょうか。
ペンはそれが好きっていうのもあるんですけどね。

> 好きな人は、好きだけど…受け取る側は、そういうの苦手…とイウ人いますもんね…。

そうそう、好きな人はすき。。

> とにかく…役について深く考える、考えすぎるギル君が ドヨンさんとの共演で得た物は大きくて…
> 共演出来て 本当に良かったなぁ☆と思うばかりです♪

また次にドヨンさんと共演してほしいです!ほんとに!

> このインタビュー記事から…ウ~ム!と考えさせられる記事を上げるMINAさんもスゴイなぁ~(笑)
> (ゝω・´★)

読み返してみたらなんか、とりとめもない長文になってました。
読みにくいですね、、すみませんです。

> そして…ソウソウ♪KWさんには、絶対 ギルペンさんいらっしゃいますよね(爆)
> 買わなくっちゃ☆皆に、ススメなきゃ☆ですね!!

KWさんは無頼漢もたくさん?とりあげてくれそうなので楽しみです。

> そして…やはり 彼の内面…良いですね。好きですね☆

内面を知ったらさらに好きになっちゃいますね。
外面も内面も素敵な人です!
[2015/06/21 00:50] URL | MINAM! #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
https://kimnamgil-mamire.info/tb.php/704-3573e423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR