FC2ブログ
休みが増えてした事
皆さま、お元気ですか?コロナ疲れ出ていませんか?


私の住む東京でもオリンピック延期となった途端、検査数・患者数が
線で引いたように増えてウィルスも怖いけど
それと同じぐらい知らない(知らされない)いろんなことが怖いと思いました。
ウィルス対策でも換気が大切ですがいろんな部分をもっと風通しよく
して欲しいですね。

今月はコロナの影響で1ヶ月の休日が普段の倍以上になりました。
路頭に迷う、ということはないにしても収入減は困ります。
この状況は勿論困った事態ではありますが時間が沢山あるというのは
有り難かったりする一面もあるにはあります。
普段しない部分の片付けやだいぶ増えて収納スペースを圧迫している
ナムギルさんの雑誌の切り抜きなど整理したり。
ところで、雑誌の切り抜きをこんなに大事にしてるなんて
中高生時代以来ですよ笑

で、つい読みふけってしまうんですよね。
そこで今読んでみたら、「へーっ?そうだったんだっけ~?」と、面白く思ったことがありました。
記憶力良い方は、へーって思わないかもしれませんが結構忘れてるんですよね私の場合。

一番「へー」と思ったのが2014年のマリクレール。
この時は、アウトドアブランド?アパレルのコーロンが
文化産業後援プロジェクト 「ウォームハートキャンペーン」として視覚障害者の芸術活動を
応援するキャンペーンを展開し、収益の5%がその芸術活動に寄付されるTシャツを販売したんですよね。
ナムギルさんはそれを着用して北村のそこかしこで撮影した素敵なグラビアで登場。
そして北村の道を紹介するナレーションで参加。これはギルストーリーHPでも
聞くことができますよね。

それで、北村の道を撮影して写真展を開催する視覚障害者のアマチュアカメラマンとの
出会いなんかも掲載されているのですが、インタビューで写真の事について
聞かれたナムギルさんのお答えに注目。

「元は写真が嫌いだった」え~、そんな事言ってたっけ。。。
今では、カメラを構えるナムギルさんのお姿はすっかりお馴染みだし
ギルストーリーでも前からご自身の撮影した写真をアップされてますし
ファンの方からもカメラ周りのものをプレゼントされることが多いと思いますが。
最初は嫌いだったって言ってます。なぜかというと、俳優ならば記憶してもらいたい姿を
写真でなく心に残すべきだと思っていたから、とのこと。俳優ならばねぇ。。。
でも風景とかそういうのもそう思ってたのかな。それはわかりませんが、
ナムギル写真集のフォトグラファー、ギルストーリーのプロボノでもある
チョ・ナムリョンさんから写真を少しずつ教わって魅力がわかるようになったそうです。
嫌いとまで思ってたとは、今のお姿からは想像つきませんね。
人と出逢って自分の世界を拡げていくのがナムギルさんらしいです。


そうそう、あとこれは印象的で忘れてなかったですが、ナレーションについて
何があなたの心を動かした?(どうしてそれをやろうと思ったか?)という質問に「なんとなくお父さんのいない子供達に
童話を読んであげたいということを思っていた」というお答え。これが
優しくてねぇ。素敵だよね。

この視覚障害者の芸術活動を応援するキャンペーンで視覚障害者の為に
北村の道を読んであげるプロジェクトのナレーションのオファーを受けた、との
ことだったようですが、ギルストーリーでシリーズ化した「道を読む男」のきっかけは
これだったんですね。それもなんかよく把握してなかったかも。



こんな方が北村歩いてたらどうですか。
わ!モデルかなとまず思う。。。





それでちょっと突然ですが、すね毛に注目(笑

毛深かくはないけどこのぐらいはあるんですよね。でもシベリアの時
すごいつるっとしてなかった?とにかく綺麗な脚だった。
カメラが寄ったらちゃんとあるのかもしれないけど。現に
シベリアの時も後ろから撮ったふくらはぎには少し、ありました。
でも前側はちょっとわかんなかったな~。脱毛とかしてたりするのかな。
いや、するなら後ろもするか。

日本人男性はそうでもないみたいだけど海外の男性は
下半身全脱毛してる方も少なくないらしいですね。
なんか、ナムギルさんにしてて欲しいと思ってるわけではないですが
まぁどっちでもいいですが笑 して欲しい、しないで欲しいと
言ったところで聞き入れて貰えるわけでもないし
みるわけでもないし。
最後下ネタになってきたのでこの辺で終わります(笑
[2020/03/28 13:09] | 日々 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「感染家族」DVDみました
予約して購入した割には、観るのが今ごろになってしまった
感染家族Blu-ray。
でも一応、到着してすぐ特典映像だけは確認しました。
特典映像は全部観たことがあった映像で特筆するものは特にナシ。。。。

改めて感想ですが。。。(ネタバレ有り)
前も書いたけれど家族愛とか恋とかゾンビとかが笑いと涙に包まれていい感じ。

普段は一見それぞれ別の方向向いてるような家族ですが
危機に瀕すると、なんやかんや言いながらも必死に助けあうんですよね。
家族ってそういうものかもしれません。

ミンゴルはヘゴルの事を母親を知らずに育ったかわいそうな子、と思ってるしヘゴルは、自分のせいで母親が亡くなってしまい、父や兄達に申し訳ない気持ちでいます。
心の底ではお互いを思いやっているんですね。。

ナムギルファン目線的には、お調子もののぶっ飛びキャラ、ミンゴルが楽しいです。
パクイナンさんとまた親子になった再共演は良いですね。「頑張れクムスン」のチョンワンがかわいそうすぎたので感染家族のパク一家が笑えてなんだかスッキリ。

「起きろ」と、交通事故死のチョンワンの亡骸にすがるお父さん(頑張れクムスンより)
これだもん。。。涙無しにはみられません。

それが今回はこんな息子


まるであの時のけつバットの復讐かのような笑


ナムギルさんの演技で好きだったシーンの細かい部分。ソファーに座る家族3人を前にゾンビについて講義するミンゴルの痙攣再現シーン。「ふざけるな」って言われてすぐとまらない痙攣の余韻がいい笑
あと、「リ バイ バル」のバルの声がいい声すぎる。

チョンビの匂い付き服を身につけて、ゾンビのフリをしてゾンビ大群の中へ突入するシーン。
ナムギルさんの下手な芝居をする芝居というのを初めてみたので新鮮。ミンゴルゾンビの発する声が「ウォー」とかじゃなく「エッ、グエッ」みたいな短いとこもツボ笑

最後のシーン、ワクチン接種?シーンで集まって来るゾンビ達に拡声器で「皆のものー並ぶがよいー」っていう前に拡声器をフッと吹くでしょ、そこがいい。いかにも得意げで「やったろかぁ」な感じが出てて。

ナムギルさんのそういう細かい演技もセンスのなせる技。なんていうかーフランス人じゃないけどエスプリってやつよね。エスプリが効いてると思うんだけど~。いかがでしょうか~。


ところでこの映画の公開当時と今とでは同じセリフでも違ってきこえる部分が。最後の方でゾンビ達から脱出成功しトンネル前に辿り着いたカーラジオから聞こえる言葉。「これより非常事態宣言を発令します。国内に致命的ウィルスが蔓延しています。外出を控え感染者との接触を避けて下さい。」これ今現実に起こっている事に近いじゃないですか。続けて、ラジオは感染後に回復した人に呼びかけています。
その人が人類の希望になり得るという事で
マンドク父さんがまさにその人となるわけですが。。。

現実世界ではワクチンをどっかの誰かが独占しようとしたなんていう話しも聞こえてましたがこのラストシーンのパク一家のように苦しんでいる全ての人に分け隔てなく無償の勢いで行き渡る日が早くきますように。


[2020/03/24 21:57] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(2) |
日本公開が楽しみです
「クローゼット」日本公開があるとの話しをシネマートnさんの呟きでみかけました。
もう当たり前のようにやるって思っている自分がいたので
やらないとなったらショックすぎて放心するところだった。改めて
やって頂けるというのはありがたい事です。


韓国でのクローゼットの観客数、もうだいたいいくとこまでいった感じでしょうか。
週末までの観客数は1268812名でした。
215万が損益分岐点だそうなので
残念ながら損益分岐点を越えなかったようですね。しかし、なんといってもこのコロナ渦中。
他の映画も一様に打撃を受け、損益分岐点に到達したのが「ヒットマン」(クォン・サンウのコミカルアクション映画)だけだったそうです。

「2月全体の観客数が2005年2月以降、歴代最低観客を記録したものと集計された」とか。

そんな内容の芸能記事こちら
そこで触れられてる「クローゼット」の話し

'南山の部長ら'を押し出し、ボックスオフィス1位を占めた'クローゼット'は、ハジョンウ、キム・ナムギルの初の呼吸と期待を集めた。この映画は引っ越した新居で娘が跡形もなく消えた後、娘を求めて出た父に事件の秘密を知っているという謎の男が来て繰り広げられるミステリアスな話を盛り込んだ作品とした緊張感と独特な演出などで映画ファンを魅了した。公開後、7日間1位の座を守ったが、コロナ19が拡散され、観客数が急激に減少した。弱り目にたたり目で、主演俳優のハ・ジョンウがプロポフォール、不法投薬疑惑に包まれながら、さらに多くの観客を集めなかった。3月6日基準の観客数は126万7308人で損益分岐点の215万人の達成を果たせなかった。




客足は映画館ではなく
公開中からVODに向いたんですね。

別の記事こちら

注文型ビデオ(VOD)市場でも類似した流れを垣間見ることができる。映画振興委員会のオンラインの上映館のボックスオフィス3月初週の集計によると、'クローゼット'(5万2403件)がVOD発売直後、直ちに2位に躍り出た。クローゼットはたんすの中の幽霊を素材にしたミステリー物だ。1位はヒットマン(7万8570件)だった。



「たんすの中の幽霊」笑
どのぐらい怖いんでしょうね
ぞくっとしてもよい季節に日本公開となると
良いですね。その頃にはコロナもある程度、
落ち着いているとよいのですが。。。

先行きみえなくて、いろいろ大変ですが
かわらず季節は巡って桜も咲きはじめて。




[2020/03/23 07:59] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
キムナムギルの娯楽室更新
ギルストーリー キムナムギルの娯楽室更新
こちら

方法         写真:キム・ナムギル




그냥 오는 대로 받아들여.
버티고 서서 오는 대로 받아들여라.
다른 방법이 없어.
- 필립 로스(Philip Roth)


ただ来るままに受け入れる
踏ん張って立って来るままに受け入れろ
他に方法はない
フィリップロス(Philip Roth)



フィリップ・ロスの小説「everyman」の主人公の男の言葉からの引用だそうです。



버티고原形(辞書形)버티다の意味は、耐える、辛抱する、持ちこたえる、頑張る、踏ん張る。。。
羅列してみるとナムギルさんがこの一節を引用した気持ちが伝わってくる気がします。
ただ来るものを受け入れ耐えて立つ、それが方法なんですね。
コロナと闘うナムギルさんの今の心境と、全世界の状況と、とてもマッチした一節だなぁ。。。
そしてこの写真は終わりが見えなくまだまだ続いていく線路と少し、もやがかかったような、或いは逆光なのか、不鮮明な視界で先が見えない状態です。ナムギルさんの心境を代弁してるんでしょうか。
でも個人的にはこの写真は決して暗くはないと思いました。
どこか長閑な景色だからか朝っぽいからか。いちるの希望みたいなものも感じます。
今は苦しいですがそのうち空が晴れ渡って終着駅がみえてくる事を信じたいですね。





[2020/03/17 10:15] | Gil Story | トラックバック(0) | コメント(0) |
クローゼットの公開時から撮影中の今もコロナとの闘いを余儀なくされているナムギルさん。
日本からはファイティンとしか言えないのですが
韓国ファンの方々はいろいろと
動いて頑張っていらっしゃる様子。

ファンカフェでは夜食車でサポートされたようで
夜の12時半提供の予定が1時半からになり
食事を終えて再び撮影再開と。。。
ナムギルさんとウソンさんも召し上がってたようです。

現場お写真はここには持ってこられませんが
(勿論ナムギル写真ないし特筆するような写真ではないですが)
スタッフの服装がダウンコートでめちゃ寒そう。

いつも思いますが韓国の撮影現場は夜通しだったりとんでもない時間だったり過酷。
昼夜逆転生活で撮影かもですが睡眠時間十分確保しずらかったりしますよね。。。
コロナに対抗するためにも
せめて栄養とって頂けて良かったですね。

コロナといえば先日のお誕生日企画の募金は
カフェとゲルあわせて、1660万ウォンにもなったそうです。金額ではなく気持ちが大切とはいえ、金額が多い方が良いにこした事はないですからよかったです。予想してたよりずっと多い金額だったとか。以前よりもファンがずっと増えているんですね~。熱血司祭効果すごいです。

作品撮影時公開時、不可抗力の難題が発生する事が少なくないナムギルさん。
いつもそんなものたちと闘って仲間と共に乗り越えてこられたと思いますが、今回もまたなんとか最後まで無事に進行しますように。







[2020/03/15 17:29] | 出演映画 現代もの | トラックバック(0) | コメント(0) |
前のページ | ホーム | 次のページ
キム・ナムギルまみれ


プロフィール

MINA

Author:MINA
韓国俳優キム・ナムギルが
好きすぎる私の毎日は
キム・ナムギルまみれ

そんな私の日記ブログです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR